マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ボードゲームのメカニクス特集
エリアマジョリティ(陣取り)

コマの数を多く配置した人が、そのエリア内で優勢となる
メカニクスを選ぶ
Area Majority / Area Control / Area influence

エリアマジョリティは、プレイヤーがメインボード上の「マス」に自分のコマを配置していき、その数の大小で得点を決定するメカニクスです。エリアを保有することで間接的な効果を得られる「エリアコントロール」との定義付けは曖昧で、海外ではしばしば議論が起こっています。
代表作は、特定区間のボード上に配置したコマ数で「得点獲得権」が移動するカルカソンヌや、大小様々なブロックを出来るだけ多く配置できたプレイターが勝利するブロックスが挙げられます。
代表作以外でも、「配置されたコマの数」を比較し、最も配置しているプレイヤー(マジョリティ)が最も大きな点数を獲得・2位や3位のプレイヤーは「半減する」または「得点が得られない」といった仕組みとなっています。例えば、1位が5コマ設置して5点、2位が1コマ設置して3点といった現象が発生するため、「エリアで最も大きな得点を得ること」が優れた結果に繋がるとは限らない状態が生まれます。
配置できるコマやマスが有限なこと、コマの配置先であるエリアが複数存在すること、獲得エリアの組み合わせでボーナス点の発生があることなど、プレイヤーはゲーム開始早々から各々の事情を抱えて価値基準が異なる状態になります。これにより、引き際や勝負ポイントが生まれ、戦略や他プレイヤーの狙いを見定めていく面白さが助長されています。

  • 1サイズ -大鎌戦役-(SCYTHE)
    ボードゲームのレビュー30件

    サイズ -大鎌戦役-(SCYTHE)

    美しいアートワークと独特な世界観に浸れる、牧歌的戦略ゲーム。

    舞台は第一次大戦が終わったばかりの架空の東欧。ファクトリーと呼ばれる勢力がメックという機械兵器をもたらすが、突如としてその門を閉ざしてしまった。 プレイヤーは各勢力のキャラクターとなり、ワーカーを派遣して資源を生産したりそれを元に発展させ東欧の覇権を握るために奔走することになる。 各勢力はそれぞれ固有の能力を持ち、それを活かしながら拡大生産と侵略を進めていく。 当然いつかは勢力間で戦闘が起こるのがこういったゲームの常だが、このゲームは違う。 戦闘を仕掛けて相手を打ち負かせば、自分の民...

    • 421興味あり
    • 564経験あり
    • 289お気に入り
    • 477持ってる
  • 2ストラグル・オブ・エンパイア~欧州列強の権益闘争~(Struggle of Empires)
    ボードゲームのレビュー1件

    ストラグル・オブ・エンパイア~欧州列強の権益闘争~(Struggle of Empires)

    キミの戦略が、外交が試される!マーチン・ウォレスの名作!

     本ゲームは、18世紀のヨーロッパ列強諸国の勢力拡張ならびに権益獲得競争を取り扱うゲームです。  プレイヤーは、ヨーロッパ列強のうちの一国を担当し、列強の支配が確立していない欧州の地をはじめ、欧州から遠く離れた植民地において、他の列強国と争い、ときには協力して軍事的、経済的、また政治的に成功を収めなくてはなりません。  あなたは一国の指導者となります。そして軍隊を編成して各紛争地に送りこみ、戦ってその地のさまざまな権益を奪い取り、国力をさらに増強することを目指します。  軍隊は権益...

    在庫がありません
    • 19興味あり
    • 30経験あり
    • 13お気に入り
    • 48持ってる
  • 3トワイライト・ストラグル(Twilight Struggle)
    ボードゲームのレビュー10件

    トワイライト・ストラグル(Twilight Struggle)

    冷戦を舞台にした2人用戦略ゲーム

    冷戦時代におけるアメリカとソ連の対立をシミュレートした2人用対戦ゲームです。 世界各地における自国の影響力を強めていき、世界の覇権を握るのが目的です。 核戦争、宇宙開発競争、各地でクーデターをひきおこしたりなど、世界地図の上で熱い戦いが繰り広げられます。 複雑そうに見えますが、ルールやゲームの準備は案外に簡単で慣れれば1プレイ1時間ぐらいで遊べるボードゲームです。 ゲームに使われるカードは、実際にあった歴史的事件などをあつかっているため、世界史の勉強にもなります。 日本語版も201...

    在庫がありません
    • 203興味あり
    • 105経験あり
    • 42お気に入り
    • 144持ってる
  • 4カタン(Die Siedler von Catan)
    ボードゲームのレビュー51件

    カタン(Die Siedler von Catan)

    無人島の開拓競争!5つの資源をめぐったプレイヤー間の「貿易」が超おもしろい!

    世界のボードゲームの中で2000万個以上の販売数を誇る、ドイツ発の大ヒットゲームです。 「カタンの開拓者たち」は、「カタン島」という無人島を舞台に、3~4名のプレイヤーが参加し、島を開拓競争するボードゲームです。開拓地を増やす・街を成長させる・道を拡張する、がメインアクションで、街の数や道の長さを競い合って10点先取した人の1人勝利ゲームです。何をするにも「資源」を消費していきます。 プレイヤー間で「資源の交易」を行いながら、自分の領地を拡大していきます。この交易が、カタンが人気の理由で...

    • 241興味あり
    • 2227経験あり
    • 881お気に入り
    • 1900持ってる
  • 5指輪物語:対決(Lord of the Rings: The Confrontation)
    「ストラテゴ 」や「軍人将棋」のように、対戦相手からは正体のわからない駒を交互に操って、善/闇それぞれの側の勝利条件を目指そう。※善側は白い駒、闇側は黒い駒を操る。対戦相手からは正体がわからない。スタート位置に全ての駒を配置したら闇側から手番を進めます。自手番には必ずひとつの駒を移動させなくてはなりません。進んだ先に敵駒がいれば、それぞれの正体を明かして駒の能力を適用します。それでも決着がつかなければ、プレイした手札と駒の戦闘力の合計値が高い方が勝利します。負けた駒はボード上から排除されます。これを...

    (最も読まれているレビュー「nekomaruさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 62興味あり
    • 43経験あり
    • 17お気に入り
    • 40持ってる
  • 6クランズ・オブ・カレドニア(Clans of Caledonia)
    クランズオブカレドニアの紹介をしたいと思います。カレドニア、という地名は、古代ローマ帝国が、ブリテン島の北部につけた名前らしいですね。舞台は19世紀のブリテン島の北部、つまりスコットランドです。プレイヤーはこの地域の有力氏族=クランの長となり、自分のクランを発展させて、富と名声をもたらそうとしています。ゲームは、ゲームデザイナー本人が、「巨人の肩に乗る」つまり、過去に発明された良いゲームの上にこのゲームを構築した、と言っています。ざっと、ゲーム全体 : テラミスティカ目標タイル : マルコポーロ市場...

    (最も読まれているレビュー「YYYKKKさん」の投稿を表示しました。)

    • 106興味あり
    • 198経験あり
    • 78お気に入り
    • 151持ってる
  • 7バトルライン(Battle Line)
    ボードゲームのレビュー30件

    バトルライン(Battle Line)

    ポーカー×陣取りゲーム!?戦略力が試される2人専用カードゲーム

    バトルラインは、9つのフラッグを奪い合う2人専用のボードゲームです。先に5つのフラッグを取るか、隣り合った3つのフラッグを獲得できれば勝ちとなります。 奪い合うのに使うのは1~10まで番号が振られた6色のカード。これらをフラッグの前に置いて、3枚1セットで役を作って勝負をします。役自体はポーカーを思い出せば簡単に覚えられるでしょう。同じ色、連続した数字を出す事で完成します。 このボドゲの面白い所は、どこのフラッグにカードを置くかは完全に自由だという所です。最初は7枚の手札で始まり、1枚出...

    • 300興味あり
    • 1401経験あり
    • 540お気に入り
    • 1179持ってる
  • 8フィヨルド(Fjords)
    ボードゲームのレビュー0件

    フィヨルド(Fjords)

    ノルウェーの複雑な入り江を形成して畑を拡大していく2人用の傑作ゲーム

    ビッグシティ、コンテナ等の傑作ゲームを作ったデロンシュの2人用対戦ゲームです。 フィヨルドの面白い点は前半と後半でゲームが変わること。 前半はお互いに地形に合うようにタイルを配置していき、いい感じの場所に自分の家を配置する。 タイルを置き終えたら後半は配置した家から畑を伸ばす陣取りゲームに。 前半は半ば協力ゲームのような感じでフィヨルドを作っていき、後半で容赦のない陣取り合戦が始まる。 運と戦略がほどよく混ざって、1ゲーム20分ほどで遊べて繰り返し遊んでも飽きない2人用ゲームの傑作です。 ...

    在庫がありません
    • 65興味あり
    • 47経験あり
    • 18お気に入り
    • 47持ってる
  • 9ランカスター(Lancaster)
    ボードゲームのレビュー4件

    ランカスター(Lancaster)

    権力争いに対外戦争、そして議会で法案の採択。栄誉ある貴族となるために思考するワーカープレイスメント+αなゲーム

    舞台は15世紀。プレイヤーはイングランドに領地を持つ一領主となって国王の歓心を得るべく奮闘していきます。 ゲームは5ラウンド行われ、1ラウンドは3つのフェイズで構成されています。 1つ目の騎士配置フェイズでは、手持ちの騎士駒をイングランドの各州やフランスとの戦争に派遣します。 州には配置することで得られる様々な報奨(騎士を増やす、レベルアップさせる、お金を得る、勝利点を得る等)があり、それを獲得するために騎士を配置していくのですが、このゲームのワーカーである騎士駒には1~4までのレ...

    在庫がありません
    • 66興味あり
    • 127経験あり
    • 48お気に入り
    • 103持ってる
  • 10ブラス(Brass)
    ボードゲームのレビュー5件

    ブラス(Brass)

    9/10重ゲーの重鎮、ワレスの最高傑作とも呼ばれる一品。まず、自分は重ゲーがそんなに好きではない。高いし、重いし、長いし、ルール覚えるのが面倒だし、それで個人的には面白さの満足度は差はあれど、重ゲーをやらなければ!と思うほどの感動はあまりない。だったら軽いゲームをやるといった感じだ。なので、よほどの傑作と呼ばれない限り、重ゲーには手を出さないのだが、このゲームはプレイするべきだと言える。まさしく傑作。ワレスの重ゲーは初プレイで、他のゲームをしていなくても、ワレスは天才と思わせる衝撃がこのゲームにはあ...

    (最も読まれているレビュー「白州さん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 76興味あり
    • 77経験あり
    • 29お気に入り
    • 48持ってる
  • 11エルグランデ ビッグボックス(El Grande Big Box)
    ボードゲームのレビュー1件

    エルグランデ ビッグボックス(El Grande Big Box)

    名作エルグランデに5つ拡張版を同梱した盛々セット!心ゆくまで遊び尽くそう

    クラマー&ウルリッヒによるエリアマジョリティの大傑作。 ノーマル初版は1996年のドイツ年間ボードゲーム大賞作品である。 その発売20周年を記念してこれまでに出た全拡張をセットにしコンポーネントにも改良が加えられえた豪華版が、このエルグランデビッグボックスである。 騎士駒がミープル型になり色もカラフルになったので、これまでの硬派な雰囲気ではなくちょっとポップになったのもビッグボックスの特徴だ。 スペインが舞台の陣取りゲームである。 プレイヤーは自分の騎士を9つある領地に派遣して各地...

    在庫がありません
    • 55興味あり
    • 92経験あり
    • 34お気に入り
    • 121持ってる
  • 12フードチェーンマグネイト(Food Chain Magnate)
    ボードゲームのレビュー13件

    フードチェーンマグネイト(Food Chain Magnate)

    ベテラン向け!?運要素一切無しのガチガチにハードな超大作

    皆さんハンバーガーは好きですか? フードチェインマグネイトは複数のタイルによってできた街にハンバーガーやピザ、レモネードやコーラ等を売ってお金を稼ぐゲームです。しかし、開始時点でハンバーガーを知る街の人は居ません。家で肉じゃが食ってます。 そして商品もありません。初期状態では作る事すらできません。プレイヤーは社長として様々な役職の人を雇い宣伝、製造、販売まで全てを行わなければなりません。これは相当に苦しい。だからこそ上手くいき始めた時の喜びは他の作品ではなかなか味わえないものがあります。...

    • 351興味あり
    • 212経験あり
    • 77お気に入り
    • 212持ってる
  • 13カルカソンヌ(Carcassonne)
    ボードゲームのレビュー29件

    カルカソンヌ(Carcassonne)

    地形を作って占領ポイントをゲット!自分を育てるか・相手を潰すかはあなた次第。

    やることは、引いたタイルを並べて駒を置くだけ! 道や街を作って得点を競うのが、カルカソンヌです。簡単なルールですが、世界大会が行われる程多くの人に愛されているボードゲームでもあります。 得点は、街や道が完成をした時に自分の駒が置いてあると得る事ができます。この時、使っているタイルが多ければ多い程得点は高くなります。大きい街や長い道を作る事が高得点を狙うポイントのひとつですが、そう簡単にはいきません。 完成した街や道に他の人の駒が多く置かれていたら得点はできませんし、完成させないように妨...

    • 271興味あり
    • 1836経験あり
    • 643お気に入り
    • 1442持ってる
  • 14テラミスティカ(Terra Mystica)
    ボードゲームのレビュー22件

    テラミスティカ(Terra Mystica)

    勢力を伸ばして発展させること!舞台は魔法の世界、勢力同士の争いが今始まる!

    魔法ファンタジーの世界「テラミスティカ」を舞台としたエリア征服型ボードゲームです。この世界には7つの地形と川が存在し、この地形を勢力が支配していきます。征服するためには住居などの施設を建てることが必要で、開始時にいくつかの拠点を建てます。ここから自分の勢力を発展させていきます。 プレーヤーは14の勢力から1つを選び、それに従ってアクションを行います。勢力によって内容がかなり異なりますので、ルールをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。 スタートプレーヤーを決める際、ボーナスカードの中...

    • 327興味あり
    • 447経験あり
    • 153お気に入り
    • 306持ってる
  • 15将軍(Shogun)
    ボードゲームのレビュー3件

    将軍(Shogun)

    時は戦国世は乱世。激動の日本を舞台に、将軍の座をかけた国盗り合戦が幕を開ける。

    同デザイナーの名作「ヴァレンシュタイン」。その舞台を日本の戦国時代に移した、競りあり、陣取りあり、経営ありの戦略マルチゲームが本作「将軍」です。 プレイヤーは徳川家康や武田信玄などに代表される戦国大名となり、軍勢を派遣して領国を拡大したり、領国からお金や兵糧米を徴収したり、領国に寺社や城を建設したり、圧政に立ち上がる一揆を鎮圧したりしながら名声を高め、将軍となることを目指します。 10種類のアクションを各自同時に計画、実行するスマートなシステムに、ロマンあふれる長大なボード、そして何より...

    在庫がありません
    • 55興味あり
    • 76経験あり
    • 25お気に入り
    • 75持ってる
  • 16数エーカーの雪(A Few Acres of Snow)
    ボードゲームのレビュー2件

    数エーカーの雪(A Few Acres of Snow)

    イギリスVSフランス! 北米の利権をめぐる二人用デッキ構築型戦争ゲーム

    17世紀初頭、北米にはイギリスとフランスという二つの大国が植民地を保有していました。この地における両国の対立はヨーロッパでの戦争が激化するにつれて本格的なものとなり、17世紀の末から18世紀の中ごろにかけて四度に渡る戦争を引き起こすことになります。 このゲームでは、プレイヤーがイギリスとフランスの各陣営を担当し、相手に先んじて軍事的優位を獲得することを目指します。 基本システムはデザイナーも公言している通り「ドミニオン」に強い影響を受けたデッキ構築型カードゲーム。軍事力や資源、移動手段や...

    在庫がありません
    • 64興味あり
    • 52経験あり
    • 17お気に入り
    • 49持ってる
  • 17ツイクスト(Twixt)
    ボードゲームのレビュー7件

    ツイクスト(Twixt)

    シンプルながらも、非常に濃厚なアブストラクトが楽しめる

    2人専用のアブストラクトゲーム。一面のボードに24×24の小さな穴が開けられており、穴に交互にペグを1本ずつさしていく。自分のペグ同士が桂馬飛びの形になるとリンクと呼ばれる、橋のようなコマをペグの間に掛けることができる。 ボードの4辺には赤と黒(版によって色は異なる)の線が、赤の線は赤の線と向かい合い、黒い線は黒い線と向かい合うように引いてある。 ボードの端の一列は引かれた線が示す通りそれぞれが赤の陣地と黒の陣地となっており、ボードの端同士で向かい合わせになっている自分の色の陣地をリンク...

    在庫がありません
    • 146興味あり
    • 190経験あり
    • 62お気に入り
    • 92持ってる
  • 18カルカソンヌJ(Carcassonne J)
    ボードゲームのレビュー9件

    カルカソンヌJ(Carcassonne J)

    観光地タイル「金閣寺」「姫路城」等が追加された日本カスタマイズ版!拡張セット『川』と『修道院長』も同梱

    カルカソンヌの2016新日本語版 同梱拡張として『川』タイルと『修道院長』コマが入っています。 また、修道院と置き換えて使う『日本の観光地』タイル(五稜郭・雷門・鎌倉大仏・金閣寺・五重塔・姫路城)が入っています。 タイル裏面は旧版と同じだが、表面の画風が異なる。

    在庫がありません
    • 81興味あり
    • 393経験あり
    • 128お気に入り
    • 353持ってる
  • 19遥かなる喜望峰(Harukanaru Kibouhou)
    ボードゲームのレビュー1件

    遥かなる喜望峰(Harukanaru Kibouhou)

    7つの島を巡る商人となって、交易をしたり物資調達したり、時には大胆に移動したり、テーブルにサークル上に並べた7枚の港と、その真ん中に置く母港、たったそれだけなのに世界中を旅しているような感覚になれます。船の方向は時計回りか、反時計回りか、いずれか決めたら母港に戻るまでは変更できない。また他者がいる港に入るにはお金を支払う。そういった制約がある中、効率よく「金」「香辛料」「果物」を集め、変換し、港に投資をして効率の良い条件にグレードアップしていく…。一つの選択があとで大きく響いてくるので、ブレずに効率...

    (最も読まれているレビュー「おざかつ大魔王さん」の投稿を表示しました。)

    • 12興味あり
    • 44経験あり
    • 14お気に入り
    • 45持ってる
  • 20ルナ(Luna)
    ボードゲームのレビュー2件

    ルナ(Luna)

    7つの島で自分のワーカーをぐるぐる移動させ、それぞれの島でアクションを行うワーカームーブメントゲーム。島ごとにできるアクションが異なる。主な得点(失点)源は以下の4つ。●月の巫女:ラウンド終了時、月の巫女がいる島のワーカー数を比べ、順位に応じて得点。●聖堂:ゲーム終了時、建設した聖堂の数に応じて得点。●神殿:ワーカーを中央の神殿に送り込むと得点。神殿タイルには数字が書かれており、タイルを置く時、隣に自分より低い数字のワーカーが置かれているとそいつを除去できる。●背教者:ラウンド終了時、こいつのいる島...

    (最も読まれているレビュー「ゆどうふさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 29興味あり
    • 41経験あり
    • 13お気に入り
    • 30持ってる