マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ボードゲームのメカニクス特集
協力プレイ

プレイヤー同士で援護や役割分担しながらクリアを目指す
メカニクスを選ぶ
Co-operative Play

協力プレイとは、その名の通りプレイヤー同士で協力してゲームが進行していくシステムを指します。
協力の形にも様々な方法が発案されています。例えばアンドールの伝説が代表するような「みんなでモンスターを倒していく、クエスト型のRPG」はもちろん、協力して倒す相手は相手チームのプレイヤーである場合や、全員で脱出を試みる謎解きゲームであったり、一緒に街を育てるなど協力の形は多種多様です。ただし、カタンや多くのボードゲームがそうであるように、暫定順位によって下位プレイヤーが結託して便宜上の仮想敵国を設けることが可能ですが、これはルールとして運命共同体関係を宣言されているわけではないため、このようなボードゲームは協力プレイに該当しません。
例外ケースもなくはないですが、基本的にコミュニケーションが豊富に行われる傾向にあり、一緒に意思決定を行っていきくため、自分だけが長考して相手に待たせる時間(ダウンタイム)をあまり気にすることがなく、まったり・ゆっくり遊ぶことができるようになっています。

1位
勇者が一撃でやられた(Yusha ga Ichigeki de Yarareta)

勇者が一撃でやられた(Yusha ga Ichigeki de Yarareta)

最凶の魔王を前に、頼みの勇者が一撃死!世界を救うはずの勇者を失ったへっぽこ三人組。閉ざされた魔王城で、迫りくる魔王から逃げ延びろ!

レビュー5件
プレイ人数4人用
プレイ時間15~90分
推奨年齢12歳~
発売日2018年

プレイヤーは戦士、僧侶、魔法使い、魔王になって、その役割で遊びます。 戦士、僧侶、魔法使いは、魔王城の中を逃げ回ります。魔王は逃げる3人を追いかけていきます。 「移動」や「とどまる」といったノーマルアクションやキャラクター固有のスペシャルアクションを駆使して、魔王から逃げたり、勇者陣を追いかけたりしていきます。 ラウンドごとにキャラクターを変えてプレイし、10点先取した人がゲームの勝者となります。 このゲームは個人戦です。 勇者陣が魔王から逃げ切るか、魔王が勇者陣を倒すかが決する事...

ゲームデザイン
切札会社ソウキタカ
70興味あり48経験あり32お気に入り41持ってる
取り扱いがありません
2位
エルドリッチホラー:失われた知識(ELDRITCH HORROR: Forsaken Lore)

エルドリッチホラー:失われた知識(ELDRITCH HORROR: Forsaken Lore)

レビュー3件
プレイ人数1~8人
プレイ時間120~240分
推奨年齢14歳~
発売日2015年

「エルドリッチホラー」の拡張セット。目玉の追加要素としては、新たな『エンシェントワン』である『イグ』が追加されます。(基本セットのレビューはこちら:https://bodoge.hoobby.net/games/eldritch-horror/reviews/7689)『イグ』の攻略は非常に難易度が高く、クリアするのに何回もチャレンジすることになると思います。基本セットと同様に、時間がかかった結果負けてしまうことも多々あると思いますので、基本セットの難度の高さに慣れている方にオススメ。さらなる難度の...

24興味あり38経験あり23お気に入り76持ってる
取り扱いがありません
3位
パンデミック・レガシー:シーズン2(Pandemic Legacy: Season 2)

パンデミック・レガシー:シーズン2(Pandemic Legacy: Season 2)

71 年前、世界は滅亡した......

レビュー3件
プレイ人数2~4人
プレイ時間60分前後
推奨年齢14歳~
発売日2017年

その疫病はどこからともなく現れ、世界を荒廃させた。大半の者は1週間以内に死亡した。それを止める術は何もなかった。 世界は全力を尽くしたが、それは充分ではなかった。 3世代に渡って、人類の最後の断片である我々は避難所(ヘイヴン)と呼ばれている海上の浮遊施設群で暮らしている。 疫病から遠く離れ、我々は大陸に補給品を供給し、人類を完全な滅亡から守ることができている。 我々は残存している世界の大都市とのつながりを維持しているが、ここ数年で事態は厳しくなっている。 ヘイヴンから遠く離れた都市と連...

ゲームデザイン
ロブ・ダヴィオー(Rob Daviau)
マット・リーコック(Matt Leacock)
メーカー・販売元
アスモデ(Asmodee)
ズィーマンゲームズ(Z-Man Games)
179興味あり94経験あり56お気に入り150持ってる
パンデミック・レガシー:シーズン2(Pandemic Legacy: Season 2)
9,720円(税込)カートに追加する
パンデミック・レガシー:シーズン2(Pandemic Legacy: Season 2)
9,720円(税込)カートに追加する
4位
サンノゼ(San-jose)

サンノゼ(San-jose)

増築を続ける館で、女主人を悪霊から守る協力型ゲーム

レビュー3件
プレイ人数2~4人
プレイ時間60~80分
推奨年齢12歳~
発売日2017年

ウィンチェスター・ミステリー・ハウスをご存知だろうか。カリフォルニア州サンノゼにあるその館は、「西部開拓時代を征した」ウィンチェスター・ライフルで知られる実業家の未亡人によって建てられた。「銃により死んだ者の呪いを避けるには、休むことなく館を増築し悪霊から逃げ続けるしかない」と吹き込んだ霊媒師の言葉を信じた夫人は、受け継いだ莫大な財産を費し、実に38年もの間、1日も休まず館を増築し続け、無数の隠し部屋と秘密通路を作り上げた。 さて諸君、我々はそれが世迷い言ではなく事実だということを知っている。...

ゲームデザイン
CTR
メーカー・販売元
Studio Turbine(スタジオ・タービン)
29興味あり59経験あり25お気に入り77持ってる
取り扱いがありません
5位
パンデミック・レガシー:シーズン1(Pandemic Legacy: Season 1)

パンデミック・レガシー:シーズン1(Pandemic Legacy: Season 1)

パンデミックを12回でフルゲーム。しかも1度しか遊べない。だからこそ味わえるワクワクとドキドキ。

レビュー12件
プレイ人数2~4人
プレイ時間60分前後
推奨年齢13歳~
発売日2015年

パンデミック:レガシーはかの有名な協力型ゲームの派生ゲーム。 1月から12月まで各月1回(負ければもう1回)パンデミックをプレイし、前月のプレイ状況が次月のゲームに影響してくる上に、オリジナルのストーリー追加された全く新しいスタイル。 そのゲームシステムがゆえになんと1度しか遊べない・・・! 通常のパンデミックを元に極秘のカードにシート、ボックスが指定されたタイミングで開かれることにより、ルールが追加されストーリーも展開していく。同じパンデミックを12回遊ぶのではない。そして、誰がや...

ゲームデザイン
ロブ・ダヴィオー(Rob Daviau)
マット・リーコック(Matt Leacock)
メーカー・販売元
ズィーマンゲームズ(Z-Man Games)
アステリオン・プレス(Asterion Press)
デヴィーア(Devir)
392興味あり365経験あり150お気に入り413持ってる
取り扱いがありません
6位
ギャングスターパラダイス:レクイエム(Gangster Paradise: Reqiem)

ギャングスターパラダイス:レクイエム(Gangster Paradise: Reqiem)

「交渉と恐喝」のカードゲーム

レビュー3件
プレイ人数4~7人
プレイ時間30~90分
推奨年齢10歳~
発売日2018年

「あなたの愛するボスは死んだ。そして始まる骨肉の争い……。」 プレイヤーはギャングの幹部としてボスの跡目をかけた内部抗争を始める。カードを交渉によって交換、または銃などを相手に突きつけカードを脅し取るなどして最終的に手札に特定カードを揃えるのを目指すのが目的となる。このゲームにおいて重要なのは、”手札は自由に公開できる”ということ。「この銃で撃たれたくなければ、金をよこせ」といった、 カードを見せつけての”交渉と恐喝”を楽しむことができる。 また、人狼やシャドハンみたいなチーム要素もあ...

ゲームデザイン
開真
メーカー・販売元
カイシンゲームズ
31興味あり82経験あり33お気に入り98持ってる
取り扱いがありません
7位
パスファインダー・アドベンチャー:ルーンロードの帰還 (Pathfinder Adventure Card Game: Rise of the Runelords – Base Set)

パスファインダー・アドベンチャー:ルーンロードの帰還 (Pathfinder Adventure Card Game: Rise of the Runelords – Base Set)

冒険者よ、デッキを作りサンドポントを脅威から守れ

レビュー2件
プレイ人数1~4人
プレイ時間90分前後
推奨年齢13歳~
発売日2016年

港町サンドポイントに、不穏な気配が忍び寄っていた。 山賊やゴブリン、モンスターに冒険者たちは立ち向かい、街中や森、山や地下墓地などを冒険し、事件を引き起こした恐ろしい盗賊やドラゴン、魔術師を見つけ討伐するのだ。 このゲームでは、プレイヤーはファンタジー世界の冒険者となります。 キャラクターは15枚で構成されたデッキを持ち、固有の能力とカード、そしてダイスを使用して脅威に立ち向かいます。 ゲームは複数の施設のそれぞれに山札が配置され、引いたモンスターや罠を解決し、武器や呪文を得ながら、施設...

ゲームデザイン
マイク・セリンカー(Mike Selinker)
チャド・ブラウン(Chad Brown)
タニス・オコナー(Tanis O'Connor)
メーカー・販売元
パイゾ出版(Paizo Publishing)
ブラックブックエディションズ(Black Book Editions)
デヴィーア(Devir)
48興味あり53経験あり21お気に入り67持ってる
取り扱いがありません
8位
マンション・オブ・マッドネス:第2版(Mansions of Madness: Second Edition)

マンション・オブ・マッドネス:第2版(Mansions of Madness: Second Edition)

アプリを使って進行がより親切に。クトゥルフ神話モチーフの人気ゲーム。

レビュー9件
プレイ人数1~5人
プレイ時間120~180分
推奨年齢14歳~
発売日2016年

 このゲームは無料のアプリと、同梱されているマップタイルやモンスターフィギュア、各種トークンを使用して遊ぶ、恐怖と探索のゲームです。1人から5人までで遊べます。  戦闘や各種の判定に使うダイスはプレイヤー自身が振りますが、シナリオの進行はアプリが行う、ハイブリッドなゲームになっています。  アプリがランダム性を加味したシナリオを展開するため、プレイヤーにはシナリオの先が見えません。プレイヤーは全員探索者として暗い部屋を探索し、異様な秘密を暴き、アプリ上で行う狡猾なパズルに挑んだり、そして...

ゲームデザイン
ニッキー・ヴァレンス(Nikki Valens)
メーカー・販売元
アステリオン・プレス(Asterion Press)
エッジ エンターテインメント(Edge Entertainment)
ファンタジー フライト ゲームズ(Fantasy Flight Games)
239興味あり248経験あり93お気に入り243持ってる
マンション・オブ・マッドネス:第2版(Mansions of Madness: Second Edition)
14,580円(税込)カートに追加する
9位
ダークソウル(Dark Souls: The Board Game)

ダークソウル(Dark Souls: The Board Game)

日本発の高難易度の死にゲー、ダークソウルのボードゲーム版!

レビュー2件
プレイ人数1~4人
プレイ時間90~120分
推奨年齢14歳~
発売日2017年

日本生まれのダークソウルシリーズがボードゲーム化されました。 全てのプレイヤーが協力し、ザコ敵を倒した後にボスを倒せば勝ちます。 本家のダークソウルは鬼畜の難易度を誇り、クリアするまでに何遍も何遍も死ぬことを繰り返すことで有名な作品ですが、ボードゲームになってもその鬼畜っぷりは健在です。 下手すれば一番簡単なマップでも死ぬことがありますので、クリアするのが難しいゲームをプレイしたい方にはうってつけのゲームです。 フィギュアの出来はもちろん、ボスのAIシステムなども良くできていて、ダークソウル...

ゲームデザイン
デビッド・カール(David Carl)
アレックス・ホール(Alex Hall)
マット・ハート(Mat Hart)
メーカー・販売元
スチームフォゲッド・ゲームズ(Steamforged Games .)
ウリセス・シュピーレ(Ulisses Spiele)
135興味あり34経験あり12お気に入り37持ってる
取り扱いがありません
10位
ストラグル・オブ・エンパイア~欧州列強の権益闘争~(Struggle of Empires)

ストラグル・オブ・エンパイア~欧州列強の権益闘争~(Struggle of Empires)

キミの戦略が、外交が試される!マーチン・ウォレスの名作!

レビュー5件
プレイ人数2~7人
プレイ時間180~240分
推奨年齢13歳~
発売日2004年

 本ゲームは、18世紀のヨーロッパ列強諸国の勢力拡張ならびに権益獲得競争を取り扱うゲームです。  プレイヤーは、ヨーロッパ列強のうちの一国を担当し、列強の支配が確立していない欧州の地をはじめ、欧州から遠く離れた植民地において、他の列強国と争い、ときには協力して軍事的、経済的、また政治的に成功を収めなくてはなりません。  あなたは一国の指導者となります。そして軍隊を編成して各紛争地に送りこみ、戦ってその地のさまざまな権益を奪い取り、国力をさらに増強することを目指します。  軍隊は権益...

ゲームデザイン
マーティン・ワレス(Martin Wallace)
メーカー・販売元
アークライト(Arclight)
イーグル-グリフォン・ゲームズ(Eagle-Gryphon Games)
ウォーフロッグゲームズ(Warfrog Games)
39興味あり40経験あり14お気に入り66持ってる
取り扱いがありません
11位
マンション・オブ・マッドネス第2版:境界を越えて(Mansions of Madness: Second Edition – Beyond the Threshold)

マンション・オブ・マッドネス第2版:境界を越えて(Mansions of Madness: Second Edition – Beyond the Threshold)

レビュー1件
プレイ人数1~5人
プレイ時間120~180分
推奨年齢14歳~
発売日2017年

こちらは発売時にちょっとした炎上が起きた話題作?でございます。というのもこの作品では新しく2つのシナリオが追加で遊べるのですが、日本語版発売時点で日本語への翻訳がなされていないという珍事が起きていたからです。(現在は無事翻訳されておりますのでご安心ください)Amazonなどで低評価になってしまっているのはそういう理由でございます。さてさて、本作品はマンションオブマッドネス第2版の拡張でございますが、ゲームシステムは変わりません。マップタイルやキャラクター、モンスター、各種カードなどが多少追加されまし...

ゲームデザイン
カラ・センセル・ダンク(Kara Centell-Dunk)
ニッキー・ヴァレンス(Nikki Valens)
メーカー・販売元
アステリオン・プレス(Asterion Press)
エッジ エンターテインメント(Edge Entertainment)
ファンタジー フライト ゲームズ(Fantasy Flight Games)
27興味あり32経験あり11お気に入り87持ってる
マンション・オブ・マッドネス第2版:境界を越えて(Mansions of Madness: Second Edition – Beyond the Threshold)
4,104円(税込)カートに追加する
12位
スピリット・アイランド(Spirit Island)

スピリット・アイランド(Spirit Island)

侵略者の手から島を守れ! 被入植側視点の協力型アンチ開拓ゲーム

レビュー6件
プレイ人数1~4人
プレイ時間90~120分
推奨年齢13歳~
発売日2017年

島に住まう精霊たちとなり、共存する島民「ダハン」たちと協力して、押し寄せてくる入植者に対抗するゲームです。 入植者たちは島を探検し、集落を建築して「開拓」することで、無自覚に自然を破壊し、汚染させていきます。 はじめは健康だった島も汚染を受けるに従い荒廃し、一定以上島が荒廃が進んでしまうとゲームに敗北してしまいます。 精霊たちやダハンは入植者たちを撃退しようと行動を起こしますが、入植者たちは多少の被害では植民をやめようなど思いもしません。 しかし精霊の力を目の当たりにし、集落や都市が...

ゲームデザイン
R.エリック・ロス(R. Eric Reuss)
メーカー・販売元
グレーター・ザン・ゲームズ フェイブルド・ネクサス(Greater Than Games (Fabled Nexus))
61興味あり38経験あり13お気に入り31持ってる
取り扱いがありません
13位
パンデミック:新たなる試練(Pandemic: A New Challenge)

パンデミック:新たなる試練(Pandemic: A New Challenge)

病原体が勝つか、それとも人類が勝つか?

レビュー36件
プレイ人数2~4人
プレイ時間45分前後
推奨年齢8歳~
発売日2013年

パンデミックとは、伝染病や感染症が世界中に流行することを表す用語。 このゲームは、世界中に拡大しようとする感染症の根絶を目的とし、プレイヤー同士が協力し合って、4種類の病原体すべてのワクチンを発見するという、多人数協力型ゲームだ。 プレイヤーはそれぞれ、別々の特殊技能を持ったエキスパートである「科学者」「研究員」「衛生兵」「通信司令員」「作戦エキスパート」に加え「危機管理官」「検疫官」からいずれかの役割を担い、ウイルスの拡散を防止する戦いに身を投じ、4種類のワクチンの研究、開発おこなって撲滅...

ゲームデザイン
マット・リーコック(Matt Leacock)
メーカー・販売元
ズィーマンゲームズ(Z-Man Games)
アルビ(Albi)
アステリオン・プレス(Asterion Press)
418興味あり1822経験あり622お気に入り1363持ってる
取り扱いがありません
14位
アンドールの伝説:星の盾(Legends of Andor: The Star Shield)

アンドールの伝説:星の盾(Legends of Andor: The Star Shield)

アンドールの世界で、"星の光"と"希望の力"を秘めた「星の盾」を巡る新たなストーリー

レビュー3件
プレイ人数2~4人
プレイ時間60~90分
推奨年齢10歳~
発売日2013年

※この商品は拡張セットのため、単独ではプレイできません。「アンドールの伝説」と合わせてプレイしてください。 2013年ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門の大賞を受賞した協力ゲームの傑作『アンドールの伝説』に拡張セットが登場。 再び災厄に見舞われたアンドールの地で、"星の光"と"希望の力"を秘めた「星の盾」を巡る新規ストーリーが展開される。今回は、プレイヤーの選択および乱数によって様々に変化するストーリーとなっており、新しいアイテムやモンスターに加えて"製図家メリック"、"盗賊ケン=ド...

ゲームデザイン
ミヒャエル・メンツェル(Michael Menzel)
メーカー・販売元
コスモス(KOSMOS)
999ゲームズ(999 Games)
アークライト(Arclight)
39興味あり31経験あり10お気に入り127持ってる
アンドールの伝説:星の盾(Legends of Andor: The Star Shield)
3,024円(税込)カートに追加する
15位
エルドリッチホラー(Eldritch Horror)

エルドリッチホラー(Eldritch Horror)

TRPGが気になっている方にオススメ!

レビュー11件
プレイ人数1~8人
プレイ時間120~240分
推奨年齢14歳~
発売日2014年

「TRPGに興味がある」と思っていても「ゲームマスターが出来る人がいない」「ルールブックを読むのが大変」と諦めてしまった方に是非プレイしていただきたいゲームです。 まず特徴になっているのが、「全員で協力して目的を達成する」という点。ゲームマスターの役割は捲ったカードで簡単に解決できるので、ゲームマスターは必要ありません。 勝つときも負けるときも全員一緒なので、「もう一回がんばろう」と一致団結してワイワイ楽しめます。 世界観はクトゥルフですが、知らなくても全く問題ありません。カードのテキ...

ゲームデザイン
コリー・コニエツカ(Corey Konieczka)
ニッキー・ヴァレンス(Nikki Valens)
メーカー・販売元
ファンタジー フライト ゲームズ(Fantasy Flight Games)
アークライト(Arclight)
デルタ ビジョン パブリッシング(Delta Vision Publishing)
177興味あり226経験あり72お気に入り243持ってる
エルドリッチホラー(Eldritch Horror)
7,344円(税込)カートに追加する
16位
タイムストーリーズ(T.I.M.E STORIES)

タイムストーリーズ(T.I.M.E STORIES)

時間を繰り返し謎を解く次世代型協力系アドベンチャーゲーム!

レビュー23件
プレイ人数2~4人
プレイ時間90分前後
推奨年齢12歳~
発売日2015年

タイムトラベルをして、未来を壊した事件を解決する協力型謎解き&戦闘ゲームです。 プレイヤーはみんなで転送装置に乗り、ある地点に降り立ちます。転送装置は完璧ではなく、精神しか持っていくことができません。転送先の精神病院の患者の肉体を借りることになります。最初にプレイヤーを選ぶのですが、ユニークな効果をいろいろ持っています。 転送先では、まずその地点(カードが複数並んで人の絵や背景が書かれています)のどこにどういう内訳で行くかを決めます。戦いの起こりそうな人が書かれていたら戦闘能力が高いプレ...

ゲームデザイン
ペギー・シャスネ(Peggy Chassenet)
マヌエル・ロゾワ(Manuel Rozoy)
田中 真衣(Mai Tanaka)
メーカー・販売元
スペース カウボーイズ(Space Cowboys)
ADC・ブラックファイアー・エンターテイメント(ADC Blackfire Entertainment GmbH)
アスモデ(Asmodee)
692興味あり558経験あり177お気に入り474持ってる
タイムストーリーズ(T.I.M.E STORIES)
6,480円(税込)カートに追加する
17位
ゾンビサイド(Zombicide)

ゾンビサイド(Zombicide)

武器を捜して、迫り来るゾンビを倒して倒して倒しまくれ!まさにアメリカンパニックムービーの様な協力ボードゲーム!

レビュー7件
プレイ人数1~6人
プレイ時間60~80分
推奨年齢13歳~
発売日2012年

プレイヤーは個性豊かなキャラクター(以下サバイバー[生存者])を操作し、ゾンビが迫り来る世界を生き抜く協力系ボードゲームです。 始めは釘抜きやフライパン等の貧弱な武器ですが、部屋の中を探索する事でショットガンやチェーンソーなどの強力な武器を手に入れることができます。ですが、ここはゾンビ溢れる世紀末な世界!武器を捜している最中に突然ゾンビが現れることも! ゲームの進行はシナリオに沿って行われるため、なんとソロプレイも可能! ルールブックに収録された10の基本シナリオ以外にもオフィシャルH...

ゲームデザイン
ラファエル・ギトン(Raphael Guiton)
ジャンパプティスト・ルリエン(Jean-Baptiste Lullien)
ニコラス・ラウール(Nicolas Raoult)
メーカー・販売元
アスモデ(Asmodee)
クール ミニ オア ノット(Cool Mini Or Not)
128興味あり105経験あり33お気に入り73持ってる
取り扱いがありません
18位
パンデミック:10周年記念版(Pandemic 10th Anniversary Edition)

パンデミック:10周年記念版(Pandemic 10th Anniversary Edition)

レビュー2件
プレイ人数2~4人
プレイ時間45分前後
推奨年齢8歳~
発売日2018年

パンデミックシリーズの第一作、「パンデミック」発売の10周年を記念して発売されたこちら。ゲーム内容は「パンデミック:新たな試練」と同じもので、追加ルール等は入っていません。が、記念版というだけあり、内容物はかなり豪華仕様になっています。まず、プレイヤーが使用するキャラクターのサマリーのデザインが一新!絵柄がより雰囲気のあるものに。そしてプレイヤーの駒がフィギュア化。大きさの割に凝った造りになっています!次に駒がすべて木製になり、病原体駒は各色の収納用にプラスチック製のペトリ皿が付いてきます!他にもボ...

ゲームデザイン
マット・リーコック(Matt Leacock)
メーカー・販売元
ズィーマンゲームズ(Z-Man Games)
アルビ(Albi)
アステリオン・プレス(Asterion Press)
38興味あり49経験あり15お気に入り81持ってる
パンデミック:10周年記念版(Pandemic 10th Anniversary Edition)
12,960円(税込)カートに追加する
19位
丘の上の裏切者の館(Betrayal at House on the Hill)

丘の上の裏切者の館(Betrayal at House on the Hill)

根強いファンがいるミステリアスなボードゲーム!

レビュー8件
プレイ人数3~6人
プレイ時間60~80分
推奨年齢10歳~
発売日2004年

未だに根強いファンがいる人気作。 正体隠匿系だが、人狼とかが苦手な人でも楽しめる(というか毛嫌いしないといった方が正しいか)作品。 なぜなら、最初、誰が裏切り者かわからないから笑 なんと、このゲーム、ゲームのある条件を満たすと、それによって裏切り者が決定し、 しかも50通りのシナリオに分岐する。 つまり、何回でも遊べるってわけだ笑 ルールが粗い、糞な展開になることもある(よって人を選ぶ)など、 かなり目立つ部分はあるが、それをふまえても、今までにないオリジナリティの...

ゲームデザイン
ロブ・ダヴィオー(Rob Daviau)
ブルース・グラスコ(Bruce Glassco)
メーカー・販売元
ハズブロー(Hasbro)
アバロンヒル(The Avalon Hill Game Co)
150興味あり164経験あり50お気に入り87持ってる
取り扱いがありません
20位
オバケやしきのすうじのアクマ(Demons of Numbers)

オバケやしきのすうじのアクマ(Demons of Numbers)

レビュー2件
プレイ人数1~6人
プレイ時間15~30分
推奨年齢8歳~
発売日2019年

3/26、すうじのアクマのイラストと一部ディベロップを担当された326さんとアークライトさんによる先行お披露目会にて、遊ばせていただきました!!協力ゲーム「The Game」の日本独自リメイク版ということで、イラストはオバケですがポップな仕上がりになっています。「手札の内容を伝えてはいけない」というルールが「すうじのアクマがいるから数字のことを話してはいけない」と理由付けされていて、わかりやすくなっています。特殊効果がいろいろありますが、遊ぶ前に特殊効果はなしで、と決めたら、そのまま通常のThe G...

ゲームデザイン
シュテフェン・ベンドルフ(Steffen Benndorf)
メーカー・販売元
アークライト(Arclight)
22興味あり102経験あり31お気に入り99持ってる
オバケやしきのすうじのアクマ(Demons of Numbers)
2,160円(税込)カートに追加する