マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ザ・ゴッドファーザーThe Godfather: Corleone's Empire

"ゴッドファーザー"ことヴィトー・コルレオーネの帝国ニューヨークで、覇権を争う中小マフィアの陣取り&ワーカープレイスメント

「ゴッドファーザー:コルレオーネの帝国」は、名作として知られるマフィア映画「ゴッドファーザー」の世界を舞台にした陣取り&ワーカープレイスメントゲームです。
ゲームは映画の第一作目を模した4ラウンドで構成されています。その間にプレイヤーは巨大マフィア「コルレオーネファミリー」の傘下に属する各自の組を操作し、組織内でより高い地位につくために、組員を派遣したり、ドンから頼まれた仕事をこなしたり、市長や警察署長などの外部の協力者に助けを求めたりしてお金を稼ぎます。

このお金を最も多く稼ぐことがプレイヤーの目的ですが、下部組織の悲しい宿命。稼ぎが全てプレイヤーの懐に入るわけではなく、鞄の中にしまっておかなかったお金などの一部は貢物としてドン・コルレオーネに上納しなければいけません。
とにかくお金を稼いだらドンに求められる前に鞄にしまい、必要に応じて外部の協力者への賄賂を払うなどして効率よく私腹を肥やしましょう。最終的に、一番多く鞄の中にお金を溜め込んでいたプレイヤーがゲームの勝者となります。

渋い絵と分厚い箱で、一見難しそうな印象を与えますが、記載どおり90分前後で終わる中量級ゲームとなっています。ルールブックやカードの名称など随所に映画の名台詞を想起させる部分があるので、原作ファンならぜひ一度遊んでみてはいかがでしょうか。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 大石大石
マイボードゲーム登録者
  • 9興味あり
  • 2経験あり
  • 0お気に入り
  • 3持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトルザ・ゴッドファーザー
原題・英題表記The Godfather: Corleone's Empire
参加人数2人~5人(60分~90分)
対象年齢14歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 179
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月13日 20時36分

    映画「ゴッドファーザー」を題材にした陣取り&ワーカープレイスメント(+ハンドマネージメントと競りの要素あり)な感じのゲームです。有名な原作から派生した作品ですが、別に原作を知らなくても問題なく遊べます。仕事カードの名称(例:CAN'TREFUSE(断れない申し出))とか各ラウンド(Actと表現されてます)の名称とかに原作映画でおなじみらしいフレーズだったり章タイトルだったりが使われてるだけらしく、知っていたらにやりとするくらいはあるかも知れません。かくいう自分も原作は未見なので、ルールブックの節目節目に差し込まれる原作から台詞が引用された箇所なんかは何の感慨もなく読み飛ばしてしまいました...

    大石さんの「ザ・ゴッドファーザー」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク