マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ボードゲームのメカニクス特集
ブラフ

情報に個人差があり、ハッタリ勝負を仕掛けられる
メカニクスを選ぶ
Bluff

ブラフとはいわゆる「はったり」。お互いの手札・正体がブラックボックスに伏せられていることを利用して、相手を引かせるために「はったり」を突き通して自分に有利な状態を生むことが出来るゲームシステムを指します。
ボードゲームで人気のメカニズムの1つですが、はったりが失敗すると情報が漏れて逆に不利になるものが多く、「はったりのはったり」(疑われやすい行動をわざととるけど「はったり」じゃない)といったややこしいブラフもよく行われています。
ボードゲームによっては、はったりをダウト(プレイヤーに嘘つきを宣言できる)するものもありますが、ダウトが失敗した時は相手に得点が入ったり、自分が何かを失うなど、心理戦要素が満載となっているシステムです。

  • 1指輪物語:対決(Lord of the Rings: The Confrontation)
    「ストラテゴ 」や「軍人将棋」のように、対戦相手からは正体のわからない駒を交互に操って、善/闇それぞれの側の勝利条件を目指そう。※善側は白い駒、闇側は黒い駒を操る。対戦相手からは正体がわからない。スタート位置に全ての駒を配置したら闇側から手番を進めます。自手番には必ずひとつの駒を移動させなくてはなりません。進んだ先に敵駒がいれば、それぞれの正体を明かして駒の能力を適用します。それでも決着がつかなければ、プレイした手札と駒の戦闘力の合計値が高い方が勝利します。負けた駒はボード上から排除されます。これを...

    (最も読まれているレビュー「nekomaruさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 62興味あり
    • 43経験あり
    • 17お気に入り
    • 40持ってる
  • 2毒の王冠(Doku no Oukan)
    ボードゲームのレビュー4件

    毒の王冠(Doku no Oukan)

    王に成りたくば、親兄弟に毒を盛れ

    死に瀕した王が言った。『すべての王の血筋の者に、王位継承権を渡す』 国中に存在した王の隠し子たちが自分こそが王にふさわしいと名乗りを上げた。暗殺と謀略が渦巻く、世界で最も醜い戦いが始まる。自分が王座につくために邪魔する相手に毒を盛れ。 自分が王座につくために邪魔な相手にこっそりと毒を盛れ。 毎ターン誰に毒を盛るか投票し、最多得票者に毒が盛られる。盛られた側は誰が自分に毒を盛ったか考え報復を行う。以下にばれないように邪魔なやつを消すかが勝負の鍵となる。 王が死んだとき、もっとも王位継承...

    在庫がありません
    • 24興味あり
    • 37経験あり
    • 13お気に入り
    • 28持ってる
  • 3惨劇ルーパー5th(Tragedy RoopeR 5th)
    ボードゲームのレビュー2件

    惨劇ルーパー5th(Tragedy RoopeR 5th)

    時を巻き戻す能力で脚本家の邪悪な計画を解明、阻止しろ!

    1人のプレイヤーが脚本家となり、邪悪な脚本に従ってキャラクターたちを操り、惨劇を起こし、主人公のプレイヤー3人を敗北させようとする。主人公たちは脚本の内容は何も知らず、信じるべきキャラクターが誰か、何故敗北するかさえも分からない状態でスタートします。しかし、主人公たちには時を巻き戻す能力がある。敗北してもループを繰り返し、脚本家の惨劇の内容を明らかにし、阻止を目指そう! 前バージョン 惨劇RoopeR Xとの主な違いは ・新キャラクターカード(鑑識官、A.I.、教師、軍人、転校生、黒猫)追加...

    在庫がありません
    • 67興味あり
    • 100経験あり
    • 34お気に入り
    • 127持ってる
  • 4幻影探偵団(Phantom Detectives)
    ボードゲームのレビュー4件

    幻影探偵団(Phantom Detectives)

    豪華なコンポーネント!繰り返し何度でも楽しめる本格推理ゲーム!!

    怪人・髑髏王VS4つの探偵団!! 大正末期の帝都・東京。 美女ばかりを狙う連続猟奇殺人事件が幕を開けた!! 互いに捜査を繰り返し、制限時間内に、怪人・髑髏王と各探偵団のメンバーの正体を推理するゲームです。それぞれの正体を当てることで加算されるポイントに、宝石ポイントと、ボーナスポイント追加して、一番ポイントの多いプレイヤーが勝利します。 団長の中に紛れ込んだ変装の達人・影男に注意しながら、捜査を優位に進めるアクションカードを駆使して、他のプレイヤーを出し抜けるか!?

    在庫がありません
    • 76興味あり
    • 90経験あり
    • 30お気に入り
    • 84持ってる
  • 5ルーム25:シーズン2(Room 25: Season 2)
    ボードゲームのレビュー1件

    ルーム25:シーズン2(Room 25: Season 2)

    従来のルーム25のキャラクターに特殊能力を付加できたり、新キャラや新要素(ロボット)、新部屋カードが入ったボリュームある拡張となってます。 あらかじめ入れておけよ!と突っ込みたくなりますので、ルーム25とシーズン2を同時に購入して遊ぶのをお勧めします。

    (最も読まれているレビュー「さいスケさん」の投稿を表示しました。)

    • 34興味あり
    • 43経験あり
    • 14お気に入り
    • 69持ってる
  • 6マゴス(MAGOS)
    ボードゲームのレビュー2件

    マゴス(MAGOS)

    異界を探検して呪文書を持ち帰ろう!分かりやすく奥深い戦闘システムが高評判の1人~2人用ゲーム

    魔法使いの過度に平和的な戦争——頭のおかしい公爵がお城の地下で拷問を繰り返していたら、世界を切り裂く悲鳴によって魔法使いの土地と繋がってしまいました!異界を探検して呪文書を持ち帰りましょう。 プレイヤーは5つの呪文を選び、手番ごとにダイスを振ってそれらに割り当てます。相手の体力を0にすれば見事勝利です! ◆知識は力なり(対戦モード) 火球や嵐など28種類の呪文を組み合わせて、相手を欺く「隠密の技」が勝利をもたらします。全てを虚無へ返す角笛は、果たして誰がために鳴るのか。 ◆いざ探...

    在庫がありません
    • 19興味あり
    • 36経験あり
    • 11お気に入り
    • 45持ってる
  • 7髑髏と薔薇 / スカル(Skull & Roses)
    ボードゲームのレビュー28件

    髑髏と薔薇 / スカル(Skull & Roses)

    気軽に出来る深い心理戦!山札の構成を予想しよう!

    プレイヤーの手元にある3枚の薔薇と1枚の髑髏。 プレイヤーは1枚ずつ好きなカードを裏向きに出し、出されたカードをある枚数、髑髏をめくらずにめくることが出来ると思ったプレイヤーはその数字を宣言して勝負することが出来ます。 誰かが数字を宣言したら、より多い数字を宣言できるかの勝負となり、他のプレイヤーが下りたとき、もっとも宣言枚数の多いプレイヤーが出されているカードを1枚ずつめくります。 この時、髑髏を出すことなく宣言枚数までめくることができれば1勝。ただし、めくることができなければペナルティ...

    在庫がありません
    • 258興味あり
    • 1300経験あり
    • 395お気に入り
    • 652持ってる
  • 8月夜の人狼(Tsukiyo no Jinro)
    ボードゲームのレビュー2件

    月夜の人狼(Tsukiyo no Jinro)

    月夜の人狼は80枚52役職入っているたぶん日本で販売(もしくは頒布)されている人狼カードの中で最大数の役職が入っている人狼カードセットですね!各役職もバランスよく、普通の人狼に飽きてきた方には新しい人狼ゲームの世界を知ることができると思いますただ、役職が多い分いっぱい入れようとするとカオスなレギュレーションになってしまいがちなので、ルールブックに入っているレギュレーションで一度遊んでみて、慣れてきたらオリジナルレギュレーションにトライするといいかと思います

    (最も読まれているレビュー「兄者さん」の投稿を表示しました。)

    • 22興味あり
    • 69経験あり
    • 20お気に入り
    • 88持ってる
  • 9アンドロイド:ネットランナー(Android: Netrunner)
    ボードゲームのレビュー6件

    アンドロイド:ネットランナー(Android: Netrunner)

    プレイヤー毎に異なるルールで戦う、異色の対戦カードゲーム

    『アンドロイド:ネットランナー』(英題:Android Netrunner)は、リチャード・ガーフィールド博士による2人対戦型LCG[※]。本作は同氏が1996年に発売したTCG『Netrunner』をリファインしたタイトルであり、非常に挑戦的なゲームシステムが採用されています。 [※]LCG(リビング カードゲーム)とは、トレーディング要素を排除した構築型カードゲームのこと。基本セットを購入すれば、デッキ構築に必要なカードがすべて封入されているのが特徴です。 対戦を行う場合、プレイヤー...

    • 89興味あり
    • 125経験あり
    • 36お気に入り
    • 181持ってる
  • 10あやつり人形:新版(Citadels)
    ボードゲームのレビュー4件

    あやつり人形:新版(Citadels)

    名作中の名作カードゲームに新しい要素がオン!王様にふさわしい立派な都市を建設せよ!

     本ゲームにおいて、地元の人物たちを動かして資金を集め、建物を建て、都市を完成させなくてはなりません。  とにもかくにも、結果的に最も素晴らしい都市を築いた者だけが「マスター・ビルダー」の称号に輝くのです。  手段は選びません。健闘を祈ります。  本作品の原版『あやつり人形』は、25 の言語に翻訳・出版され、数々のゲーム賞にもノミネートされており、「現代では最も優れたカードゲーム」の一つと広く認識されています。  その決定版とも言える本作品は、原版とその拡張セットのカードばかりでなく...

    • 76興味あり
    • 186経験あり
    • 53お気に入り
    • 191持ってる
  • 11トリックと怪人(Tricks and the Phantom)
    ボードゲームのレビュー8件

    トリックと怪人(Tricks and the Phantom)

    カード内訳を推理せよ!ヒントは君の目の前に・・・。

    一人2枚づつカードが配られます。 一枚づつ順番にカードを伏せて出します。 出されたカードの中で一番大きな数字を推理します。 中には特殊効果を持ったカードもあります。 ヒントはカード裏に示された色、プレイヤーのカードを出す順番、一番大きいと予想した場所、考えた時間、一枚目に出したカード・・・。 互いの心理を読み合う戦略推理ゲームです。

    在庫がありません
    • 47興味あり
    • 95経験あり
    • 27お気に入り
    • 98持ってる
  • 12凶星のデストラップ(NOT ALONE)
    ボードゲームのレビュー4件

    凶星のデストラップ(NOT ALONE)

    クリーチャーが闊歩する恐るべき惑星で救助を待て! 行き先の読み合いが熱い非対称ゲーム

    舞台は人類が地球を棄てた後の25世紀。何故か公式には記録が抹消されていたとある惑星の調査中、不時着を余儀なくされた探査隊のメンバーがその惑星の力を借りて襲い来るクリーチャーの襲撃を避けながら、救助船の到着まで生き残るというのがこのゲームの目的です。 当初探査隊のメンバーが行ける場所は少ないですが、ゲーム中に訪れた場所の効果で行けるようになる場所が増えていきます。追加されていく場所はどれも強力な効果を秘めていますが、クリーチャーとバッタリ出くわしてしまったが最後、生きる意志をどんどんと削がれてい...

    • 29興味あり
    • 130経験あり
    • 36お気に入り
    • 105持ってる
  • 13コヨーテ(Coyote)
    ボードゲームのレビュー28件

    コヨーテ(Coyote)

    カードを見るな、顔を見ろ!?

    自分「以外」のプレイヤーのカードを見て、少なくとも何匹のコヨーテがこの場にいるのか推理します。 ポイントは相手の表情を読むこと!でもあなたの表情も、誰かに読まれていることをお忘れなく。 もしも宣言した数だけいなかったら……コヨーテに命を奪われてしまいます!インディアン、嘘つかない。コヨーテだって、嘘が大キライなのです。 プレイ人数はオリジナル版では6人までですが、NGO/タンサン版では10人まで遊べます。

    • 199興味あり
    • 1490経験あり
    • 404お気に入り
    • 1051持ってる
  • 14アイランド / サバイブ!(Survive: Escape from Atlantis!)
    ボードゲームのレビュー9件

    アイランド / サバイブ!(Survive: Escape from Atlantis!)

    島が沈む!噴火直前!あの手この手を使ってサメやモンスターに囲まれた島「アトランティス大陸」から逃げ切ろう

    アトランティス大陸が今にも沈没しかけています!プレイヤー達は安住の地を求め、島を取り囲むクジラ・サメ・海龍に捕まらないよう新たな島を目指します。 コマを陸地まで泳がせて脱出を目指したり、一緒にボートに乗せたりすることが出来るため、協力要素が高いボードゲームに見えがちです。しかし勘違いしてはいけません。ボートを破壊するクジラや、泳いでいる人を食べてしまうサメなどのモンスターは、常にプレイヤーの指示によって動かされるのです。 プレイヤーは各自10人の生存者コマを、合計40枚のタイルで構成され...

    在庫がありません
    • 71興味あり
    • 241経験あり
    • 64お気に入り
    • 196持ってる
  • 15手荷物検査(Hart an der Grenze)
    ボードゲームのレビュー1件

    手荷物検査(Hart an der Grenze)

    7/10無駄に超豪華なカバンコンポーネントが雰囲気を盛り上げてくれる贅沢なブラフゲー。1人が検察官となって、他のプレイヤーが密輸(高得点だけど、見つかるとヤバイカード)を手に入れようと試みるというテーマが、このゲームの面白さをほとんど占めている。だが、検察官は1人だけしか指名できないため、ほぼ運まかせではあるものの、高級なコンポーネントとテーマが合わさって、ドキドキ感は他のゲームよりもかなり強め。また、このゲームが面白いのは、検察官に呼び止められたその後のやりとり。なんと、検察官に賄賂を渡して、スル...

    (最も読まれているレビュー「白州さん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 12興味あり
    • 34経験あり
    • 9お気に入り
    • 19持ってる
  • 16ラブレター(Love Letter)
    ボードゲームのレビュー38件

    ラブレター(Love Letter)

    短時間で決着がつく奥深いカードゲーム!

    プレイヤーの目的はある国のお姫様にラブレターを届ける事。 様々な役職の人に渡して出来るだけお姫様に近い身分の人にラブレターを託しましょう! ルールがとにかくシンプル。 16枚のカードをシャッフルして1枚を抜きます。(伏せカード) 全員に1枚ずつカードを配り、残りのカードは山札とします。 1枚引いて1枚捨てるを繰り返し、捨てる際に必ずカードの効果に従います。 カードの効果によって脱落したプレイヤーは手札を公開します。 1人以外全員脱落者が出た場所は残った人の勝ちとなり、山札がなく...

    • 216興味あり
    • 1820経験あり
    • 476お気に入り
    • 1449持ってる
  • 17クメル(Khmer)
    ボードゲームのレビュー2件

    クメル(Khmer)

    手札の増減に制約のあるブラックジャック。2人のうちどちらかが、ゲームの終了を宣言すると終了となるため、チキンレースの雰囲気もあります。カードのデザインが良い反面、防水加工のない紙のため取り扱いには注意が必要です。

    (最も読まれているレビュー「とっきーさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 12興味あり
    • 46経験あり
    • 12お気に入り
    • 46持ってる
  • 18ホワイトチャペルからの手紙(Letters from Whitechapel)
    ボードゲームのレビュー3件

    ホワイトチャペルからの手紙(Letters from Whitechapel)

    19世紀末、ロンドン。ホワイトチャペルの路地に殺人鬼“切り裂きジャック”現わる!

     あふれんばかりの人混みと悪臭に満ちた貧民街が連なる通りこそ、ロンドンでも貧しくみじめで哀れな者たちが我が家と呼ぶ場所だ。街角はどこもかしこも娼婦たちが立ち、客を呼び込んでおり、そのような女たちは「さげすまれ者」と呼ばれ、その名の通りの境遇の、哀れな者たちだった。そしてここはこれ以上ひどい場所はないであろう、最底辺の街だ。そして、通りを殺人鬼が歩き、「さげすまれ者」の哀れな人生に恐ろしい幕引きをしていた。切り裂きジャックの夜が来たのだ。  『ホワイトチャペルからの手紙』は、19世紀末ヴィクトリ...

    在庫がありません
    • 37興味あり
    • 58経験あり
    • 15お気に入り
    • 56持ってる
  • 19デッド・オブ・ウィンター(Dead of Winter: A Crossroads Game)
    ボードゲームのレビュー10件

    デッド・オブ・ウィンター(Dead of Winter: A Crossroads Game)

    ゾンビを倒しながら、それぞれの物語を成し遂げよ! 極めて斬新な協力型ゲームを体験しよう。

    プレイヤーは、ゾンビが徘徊する死の世界の中で、唯一残った≪最後の砦≫にこもったスペシャリストたちです。それぞれ信頼できる部下を持ち、またそれぞれが完遂すべき目的を持っています。しかし皆の目的はバラバラで、しかもその本心は誰にも分かりません。さらにプレイヤーの中には、裏切り者が紛れているかもしれません。 ゲーム中、プレイヤーは毎回発生する危機に対処し、ゾンビどもを倒し、避け、自分の目的をクリアしつつ、時には多数決によって仲間の1人を追放することができます。 ただし、このゲームでは追放されたプレイヤ...

    • 225興味あり
    • 378経験あり
    • 97お気に入り
    • 304持ってる
  • 20バン!:ダイスゲーム(BANG! The Dice Game)
    ボードゲームのレビュー2件

    バン!:ダイスゲーム(BANG! The Dice Game)

    西部アメリカをテーマとしたバン!をダイスゲーム化。

    このゲームは、開拓時代のアメリカ西部劇をテーマとした作品をダイスゲーム化したものだ。元のゲームと同様に、プレイヤーはそれぞれ能力の異なる16種類あるキャラクターの一人となり、自分の属する陣営を隠しながら、自陣営の勝利のためにダイスをふって激しい銃撃戦を繰り広げることになる。元のゲームの要素を残しつつ、スピーディーな展開が楽しめるダイスゲームとなっている。

    在庫がありません
    • 12興味あり
    • 55経験あり
    • 14お気に入り
    • 45持ってる