トワイライト・ストラグルTwilight Struggle

冷戦を舞台にした2人用戦略ゲーム

冷戦時代におけるアメリカとソ連の対立をシミュレートした2人用対戦ゲームです。

世界各地における自国の影響力を強めていき、世界の覇権を握るのが目的です。
核戦争、宇宙開発競争、各地でクーデターをひきおこしたりなど、世界地図の上で熱い戦いが繰り広げられます。
複雑そうに見えますが、ルールやゲームの準備は案外に簡単で慣れれば1プレイ1時間ぐらいで遊べるボードゲームです。
ゲームに使われるカードは、実際にあった歴史的事件などをあつかっているため、世界史の勉強にもなります。

日本語版も2016年4月に発売しました。
対戦相手がいない、とりあえずどんなゲームかやってみたいという方は、SteamでPC版の販売(1000円ぐらい)もありますので、そちらから手を付けるのもよいかと思います。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. senshuwatasenshuwata
マイボードゲーム登録者
  • 145興味あり
  • 73経験あり
  • 28お気に入り
  • 97持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力8
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘6
アート・外見1
作品データ
タイトルトワイライト・ストラグル
原題・英題表記Twilight Struggle
参加人数2人用(180分~300分)
対象年齢未登録
発売時期2005年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

  • 163
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月11日 10時52分

    7/10一時期、ボードゲームギークでランキング1位をキープしていたボードゲーム。どちらかというと、ウォーゲームよりなのだが、普通のウォーゲームが丸一日かかるのに比べ、このゲームは早ければ1時間、長くて3〜4時間で終わるので、かなり今のボードゲームよりになっている。ウォーゲームはそこまでプレイしたことないので、詳しくはないが、基本的には、カードを1枚プレイして、そこに書かれている内容のイベントを発動するか、カードの左上に書かれている数字を使って、国に影響力(陣取りの数字的なもの)を配置するのがメイン。面白いのは、このゲームはソ連側とアメリカ側でプレイするのだが、イベントはソ連側に有利なもの...

    白州さんのレビューを読む
  • 145
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月25日 18時37分

    ガチガチの陣取りゲーム。カードは2種類の使い方があり、点数を使って各国への影響を高めるか、イベントを発動させるかです。点数を使う際にも自軍のカード、共有のカードは点数としてそのまま使えるのですが相手国のカードの場合、自分に不利なイベント強制発動。配られたカードは1枚を残して基本そのラウンドで使いきり。うーん悩ましい…得点計算のタイミングも配られるカードをプレイすることで発動する為、ラウンド毎に主戦場がヨーロッパ、アジア等目まぐるしく変わっていく。カード構成もよく練られていて、毎ラウンド配られるカードを眺めて戦略を立てる時が参謀になったむみたいでゲーム背景とベストマッチング。ワクワクが止ま...

    kaya-hatさんのレビューを読む
  • 243
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月19日 19時34分

    冷戦時代の米ソ対立をテーマにした2人用戦略ゲーム。デフコンの低下による核戦争の危機、宇宙開発競争、各地でのクーデターの扇動など、当時の世界的な緊張をうまく表現した作品。複雑そうに見えますが、ルール自体は案外簡単。ゲームは10ターンあり、最終的に勝利点がプラスのプレイヤーが勝ちです。最初にそれぞれのプレイヤーにカードが8枚くばられ、これをどうやって出していくかがゲームの肝。カードは全部で110種類あり、日米安保や朝鮮戦争、文化大革命、キューバ危機など実際にあった歴史的事件などをあつかっているので、世界史の勉強にもなります。手持ちのカードの効果が自国に有利な場合、それを発動させてイベントを引...

    senshuwataさんのレビューを読む
  • 295
    名に参考にされています
    投稿日:2016年02月27日 14時35分

    パンデミックレガシーに抜かれるまで、BGGで長年1位をキープし続けた超名作。冷戦期を舞台にアメリカ陣営とソ連陣営に分かれて世界の覇権を競い合う2人用ゲームで、複雑に見られがちだが手番にやることは【手札からカードを1枚プレイする】だけとシステムは非常に単純。その一方で戦略性も幅広いため、やればやるほど面白くなるスルメゲー。一般的には重ゲーと思われており初プレイも3〜4時間ほどかかってしまいがちだが、慣れれば90分で1ゲームできるようになるし、処理の楽なオンラインなら長くても90分、短ければ30分で終わるようになる。

    オトさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 4件

  • 138
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月07日 21時41分

    1ソ連初期配置通常はポーランドに3ユーゴに3だと思います。これは無難でいい配置だと思います。ただ他の初期配置も知っていたほうがいいと思います。オーストリアに5ユーゴに1ねらいは初手での影響力排除です。米が西ドイツ4イタリア3で初期配置したら、4Pカードで西ドイツに+1の影響力排除を4回しかけます。確率的には0にできます。HLに社会民主党政権をだせると壊滅的な効果があります。西ヨーロッパから米のポイントを消せますw普通そうなったら戦意喪失で投了するでしょう。この戦略をするときは、アジアは捨てるつもりで、ヨーロッパに集中するのがいいようです。西ドイツからフランスへ、ギリシャトルコも支配し、ス...

    TRIGUNさんの戦略やコツを読む
  • 264
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月10日 02時02分

    トワイライトストラグルを数回インストしましたが、皆さんは何をすれば良いのか分からないことが多いので、戦略を書いてみました。http://kidseraph.mods.jp/2016/06/09/ts_strategy/

    kidさんの戦略やコツを読む
  • 271
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月24日 23時48分

    基本的に序盤はソ連、終盤はアメリカ有利です。PC版を遊んでいる人はソ連でプレイしたほうがいいでしょう。・初めに:攻略のための基本的な考え方http://minorgame.blog.jp/archives/2999585.html・セットアップ~序盤(1~3ターン目)の攻略アメリカ側http://minorgame.blog.jp/archives/2998902.htmlソ連側http://minorgame.blog.jp/archives/3166401.html

    senshuwataさんの戦略やコツを読む
  • 327
    名に参考にされています
    投稿日:2016年02月27日 17時20分

    【初心者の方へ】・クーデターが非常に強力です。積極的に使ってみましょう。・とにかく作戦値を使って、中立の係争地を一つでも多く確保しましょう。・非係争地は点数につながりにくいので基本的に不要です。・相手の支配国を強引に奪いにいくこともたいてい無駄手になります。【中級者の方へ】・敵陣営のイベントカードをうまく使ってデッキ内の自陣営カード比率を上げましょう。宇宙開発は甘え。・得点カードをカウンティングしつつ、点数計算を常に意識しましょう。相手が注力しはじめた地域を見逃さないように。【上級者の方へ】・アフリカと中南米で影響力排除を使ってみましょう。・ヨーロッパ制覇勝利を意識してみましょう。この二...

    オトさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 1件

  • 290
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月09日 02時52分

    重ゲーとして敬遠されがちなトワイライトストラグル。実はルール自体が簡単で、意外と難しい所がありません。ルールを3行で説明すると1.VPが高いほうが勝つゲームだが、サドンデスがあります。2.手札からカードを出して、最大5通りの使い方から選びます。3.たまにダイスを振ります。以上です。(笑)私のブログに写真付きのルール説明を詳しく記載しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。http://kidseraph.mods.jp/2016/03/31/twilight_struggle/

    kidさんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク