2人用の
人気ボードゲーム・おすすめランキング

このランキングは、2人用のボードゲームのうち「経験あり」に対して「お気に入り」の登録割合が高いボードゲームから順にリストアップしています。また15名以上が「経験あり」に登録しているボードゲームが集計対象となっています(プログラムの都合により「2人で遊んでも面白い」というボードゲームは除外されていますのでご了承ください)。ボドゲーマにログインすると、各ボードゲームの横に表示されているボタンから、マイボードゲームに追加することができます。

通信販売ショップはこちら
  • 1指輪物語:対決(Lord of the Rings: The Confrontation)
    • 12人
    • 16人
    • 10人
    • 22人
  • 2ストイケイア(STOIKHEIA)
    ボードゲームのレビュー2件

    ストイケイア(STOIKHEIA)

    2人用の拡大再生産型のワーカープレイスメントゲームです。カードはユーロサイズ43mm×67mm。縦横3×3のフィールドで順番にワーカーを配置して、4種類のエレメントを獲得して魔法の杖(点数+追加エレメント)を集めるのが目的。プレイ感覚は「宝石の煌めき」にも似ているが、ワーカーが一列揃うと、「杖の購入チャンス→イベント発生→ワーカー回収」の流れが楽しい。非常に戦略的だけど、シンプルにまとまっていて何度も遊びたくなる面白い

    (最も読まれているレビュー「Yudeptanさん」の投稿を表示しました。)

    • 8人
    • 16人
    • 9人
    • 21人
  • 3オニタマ(onitama)
    ボードゲームのレビュー0件

    オニタマ(onitama)

    毎回動きが変わる変則将棋

    プレイヤーは陰陽師家の跡継ぎ候補となり、自分が跡継ぎに相応しいことを証明するために式神を操り自分の力を証明しようとします。相手の陰陽師コマを取るか自分の陰陽師コマを相手陰陽師コマのスタート地点に到達させれれば勝利です。 遊ぶ為に駒を動かす方法が変わる変則的な将棋で、駒には陰陽師と式神の二種類しかありません。 ゲーム中、場にあるカードは五枚のみ。これらによってゲームが進行していきます。手番のプレイヤーは二枚のうちどちらかをプレイ。その指示通りに駒を動かします。動か...

    • 8人
    • 16人
    • 8人
    • 14人
  • 4フィヨルド(Fjords/Fjorde)
    ボードゲームのレビュー0件

    フィヨルド(Fjords/Fjorde)

    • 12人
    • 25人
    • 12人
    • 34人
  • 5ツイクスト(Twixt)
    ボードゲームのレビュー4件

    ツイクスト(Twixt)

    シンプルながらも、非常に濃厚なアブストラクトが楽しめる

    2人専用のアブストラクトゲーム。一面のボードに24×24の小さな穴が開けられており、穴に交互にペグを1本ずつさしていく。自分のペグ同士が桂馬飛びの形になるとリンクと呼ばれる、橋のようなコマをペグの間に掛けることができる。 ボードの4辺には赤と黒(版によって色は異なる)の線が、赤の線は赤の線と向かい合い、黒い線は黒い線と向かい合うように引いてある。 ボードの端の一列は引かれた線が示す通りそれぞれが赤の陣地と黒の陣地となっており、ボードの端同士で向かい合わせにな...

    • 77人
    • 77人
    • 35人
    • 49人
  • 6世界の七不思議:デュエル(7 Wonders Duel)
    ボードゲームのレビュー7件

    世界の七不思議:デュエル(7 Wonders Duel)

    ドラフトゲームの最高峰「世界の七不思議」が2人専用対戦ゲームとして登場!

    カードドラフトにて得点を争う「世界の七不思議」が、2人対戦用となったのがこのボードゲームです。 このボードゲームでは、手札のカードをドラフトして使用する「ブースタードラフト形式」ではなく、場にあるカード順に1枚ずつ取って使用していく「ロチェスタードラフト形式」で行います。 場に出すカードは世代ごとに20枚あります。これを世代によっていろいろな方法で並べて、取れるところからカードを取っていくことになります。例えば第1世代であれば、上から2枚、3枚、4枚、5枚、6枚...

    • 104人
    • 237人
    • 106人
    • 218人
  • 7八人の魔術師(8 Wizards)
    ボードゲームのレビュー3件

    八人の魔術師(8 Wizards)

    手札に何をそろえる?あえて負ける?駆け引きが熱い決戦カードゲーム

    プレイヤーは魔石を差し出し、8人の魔術師やモンスターを操り勝利することで魔石を獲得し、相手より多くの魔石を集めて勝利を目指します。 各プレイヤーは山札からルールに従い5枚のカードを手札として選び、先攻・後攻を決めて1枚公開し勝負します。勝負に勝ったら先攻、負ければ後攻と入れ替わっていき、そしてまた2枚目を出して勝負・・・と手札がなくなるまで繰り返します。この勝負に3回以上勝つと差し出した魔石が初めて点数化され自分の手元に残り、逆に3勝できなければ無価値な石ころとし...

    • 21人
    • 18人
    • 8人
    • 23人
  • 8数エーカーの雪(A Few Acres of Snow)
    ボードゲームのレビュー2件

    数エーカーの雪(A Few Acres of Snow)

    イギリスVSフランス! 北米の利権をめぐる二人用デッキ構築型戦争ゲーム

    17世紀初頭、北米にはイギリスとフランスという二つの大国が植民地を保有していました。この地における両国の対立はヨーロッパでの戦争が激化するにつれて本格的なものとなり、17世紀の末から18世紀の中ごろにかけて四度に渡る戦争を引き起こすことになります。 このゲームでは、プレイヤーがイギリスとフランスの各陣営を担当し、相手に先んじて軍事的優位を獲得することを目指します。 基本システムはデザイナーも公言している通り「ドミニオン」に強い影響を受けたデッキ構築型カードゲ...

    • 32人
    • 27人
    • 12人
    • 32人
  • 9オペラ座の怪人(Le Fantôme de l'Opéra)
    ボードゲームのレビュー1件

    オペラ座の怪人(Le Fantôme de l'Opéra)

    我が家では「バトルライン」に次ぐ、2人用大人向けボドゲの定番です。 怪人役と捜査役に分かれて、毎ターン「怪人が出現できるか」を賭けて様々な能力をもったプレイヤーコマ(その内ひとりが怪人)をオペラ座内に動かしていき、消去法的に怪人を炙り出していく、またはそれを回避していくことになります。 プレイ感が似ているゲームが経験上なく、説明しづらいのですが、、「正体隠匿系詰め将棋」とでも言うような感覚です。 基本的に「相手がこう来たらこう返す」を考える詰め将棋思考ですが、慣れ...

    (最も読まれているレビュー「ばやし(on twitter:bayacchi)さん」の投稿を表示しました。)

    • 20人
    • 25人
    • 11人
    • 22人
  • 10バトルライン(Battle Line)
    ボードゲームのレビュー17件

    バトルライン(Battle Line)

    ポーカー×陣取りゲーム!?戦略力が試される2人専用カードゲーム

    バトルラインは、9つのフラッグを奪い合う2人専用のボードゲームです。先に5つのフラッグを取るか、隣り合った3つのフラッグを獲得できれば勝ちとなります。 奪い合うのに使うのは1~10まで番号が振られた6色のカード。これらをフラッグの前に置いて、3枚1セットで役を作って勝負をします。役自体はポーカーを思い出せば簡単に覚えられるでしょう。同じ色、連続した数字を出す事で完成します。 このボドゲの面白い所は、どこのフラッグにカードを置くかは完全に自由だという所です。最...

    • 157人
    • 602人
    • 263人
    • 542人
  • 11ショッテン・トッテン(Schotten Totten)
    ボードゲームのレビュー0件

    ショッテン・トッテン(Schotten Totten)

    • 14人
    • 23人
    • 10人
    • 24人
  • 12クメル(Khmer)
    ボードゲームのレビュー1件

    クメル(Khmer)

    • 6人
    • 23人
    • 10人
    • 26人
  • 13フリート・コマンダー(Fleet Commander)
    ボードゲームのレビュー1件

    フリート・コマンダー(Fleet Commander)

    銀河英雄伝説、宇宙戦艦ヤマト、バトルスターギャラクティカ、スタートレック、etc… 宇宙での艦隊戦が登場するアニメやドラマが好きな方なら絶対にハマる2人用ボードゲームです!! ダイスゲームなので、理詰めな戦術をしようとしても、かならずアクシデントが発生します。 それがほどよいバランスを作ってくれるので、ボドゲ初心者から楽しく遊ぶことができます。 個人的には2対2のペア戦でワイワイやりながら遊ぶのが好きですね。

    (最も読まれているレビュー「HappyGames_RYOさん」の投稿を表示しました。)

    • 22人
    • 21人
    • 9人
    • 28人
  • 14きょうあくなまもの(Terrible Monster)
    ボードゲームのレビュー2件

    きょうあくなまもの(Terrible Monster)

    2人の魔法使い同士の戦いというTCGテースト対戦型のゲームなのですが、それぞれ違う効果のカードが16枚と非常に少ないのに関わらず、絶妙なバランスで非常に深い読み合いと戦術を楽しめるゲームです。残念ながら、私はアナログゲームは出戻りでして、大学生活のため実家の愛知から東京に上京後、しばらくヲタ文化からは離れてしまいました。そのため、TRPG冬の時代を到来させた主な原因だと聞かされている「マジックザギャザリング(いわゆるギャザ)」にハマることが無かったので、TCGの深いとこ...

    (最も読まれているレビュー「松尾直樹(なおぶ@AHC)さん」の投稿を表示しました。)

    • 26人
    • 47人
    • 19人
    • 48人
  • 15世界の七不思議:デュエル - パンテオン(7 WONDERS DUEL: Pantheon)
     2~7人で遊べる文明開発ゲーム、「世界の七不思議」の2人用バージョンです。実は自分はこちらの二人用から先に覚えて、その後複数人でやる「世界の七不思議」をプレイしました。複数人でやるゲームと違うのは、カードをピラミッド型に配置して、そこから見えているカードだけを取っていくという方式になっていることですかね。相手の狙いをよく見て、軍事の進歩を目指すのか、科学の進歩を目指すのか、どのカードを取って得点を稼ぎに行くのか、という立ち回りが複数人戦よりもシビアになる気がします。結...

    (最も読まれているレビュー「ishikawahaanpaiさん」の投稿を表示しました。)

    • 19人
    • 47人
    • 19人
    • 76人
  • 16インシュ(YINSH)
    ボードゲームのレビュー1件

    インシュ(YINSH)

    流行りのギプフシリーズの中でも人気作。馴染みがあるのに新しくておしゃれな2人用アブストラクト。

    箱もコンポーネントであるリングやマーカーもとってもいい素材でできていて、盤面もおしゃれ。遊んでいる場面が様になります。 5目並べとオセロを組み合わせたようなルールです。 先に3回、自分の色のマーカーを5つ直線状に連続して並べると勝ちです。 手番にできることは、自分の色のリングをどれか1つ移動することです。 リングはマーカーを飛び越すことができ、飛び越えられたマーカーは、白黒のどちらであっても反転します。 その結果、5つ直線状に連続して並ぶことがあれば、そのマー...

    • 26人
    • 35人
    • 14人
    • 27人
  • 17アサンテ(Asante)
    ボードゲームのレビュー2件

    アサンテ(Asante)

    あなたはアフリカの商人です。特殊効果を使いながら金貨を稼ぐ、バランスの良い2名用リソースマネジメントゲーム

    このボードゲームはジャンボ(Jambo)の改良版としてリメイクされた作品です。アフリカの商人となり様々な動物効果や秘宝効能など様々なアクションを使って、対戦相手より早くお金を稼ぐ事を目的としたカードゲームです。 商品は商品カードと必要なお金を支払うことで仕入れることができます。仕入れた商品を売却すると買った時以上の値段で売ることが出来ます。これを繰り返していきますが、様々なアクションがあり相手から妨害を受けることも多々あります。アクションにはいくつか種類があります。 ...

    • 21人
    • 28人
    • 11人
    • 43人
  • 18トワイライト・ストラグル(Twilight Struggle)
    ボードゲームのレビュー7件

    トワイライト・ストラグル(Twilight Struggle)

    冷戦を舞台にした2人用戦略ゲーム

    冷戦時代におけるアメリカとソ連の対立をシミュレートした2人用対戦ゲームです。 世界各地における自国の影響力を強めていき、世界の覇権を握るのが目的です。 核戦争、宇宙開発競争、各地でクーデターをひきおこしたりなど、世界地図の上で熱い戦いが繰り広げられます。 複雑そうに見えますが、ルールやゲームの準備は案外に簡単で慣れれば1プレイ1時間ぐらいで遊べるボードゲームです。 ゲームに使われるカードは、実際にあった歴史的事件などをあつかっているため、世界史の勉強にもなり...

    • 106人
    • 54人
    • 21人
    • 75人
  • 19ドラコ(Drako)
    ボードゲームのレビュー1件

    ドラコ(Drako)

    ドラゴンVSドワーフ3兄弟!! 岩場に追い詰めたドラゴンを倒すべく、 能力の違うドワーフを駆使して戦う2人用ボードゲームです。 ミニチュアの出来もよく、ルールもシンプルなので、 普段ボードゲームをやらない方にもおすすめ!! 最近、入手しづらいのが残念です。 ドラゴンとドワーフで勝利条件も違うので、 それぞれ1回ずつ遊んでもらいたいですね。

    (最も読まれているレビュー「HappyGames_RYOさん」の投稿を表示しました。)

    • 14人
    • 26人
    • 10人
    • 26人
  • 20ペアネコ(Pair Neko)
    ボードゲームのレビュー1件

    ペアネコ(Pair Neko)

    木製の札を使うシンプルな神経衰弱+セットコレクション+戦略の2人用ボードゲーム。11枚の木製札のみ使用し、裏表にはそれぞれ違う組み合わせの猫の絵が書いてある。対面に座り、木製札をランダムに立て、手番を順番に行っていく。手番にできることは3つ。①札を手前(相手にしか見えない絵側)に倒す、倒した札とペアになると両方の2枚の札が貰える②札を奥(自分が見えている絵側)に倒す、倒した札とペアになると片方の1枚の札が貰える③終了宣言をする、自分の手番を終了し相手は立っている札を全部...

    (最も読まれているレビュー「とっとりさん」の投稿を表示しました。)

    • 24人
    • 30人
    • 11人
    • 17人
  • 21ヌメロン(Numer0n)
    ボードゲームのレビュー1件

    ヌメロン(Numer0n)

    相手の設定した3桁の数字をお互いに推理し合い、先に並びも含めて全て言い当てたら勝利という1vs1のガチンコ数字あてゲーム。 類似のゲームは多く存在すると思いますが、ヌメロンではゲームスタート時に3つのアイテムを選択するシステムが存在し、そのアイテムを駆使することで正解へより近づく事が出来るようになっています。 フジテレビの番組が元ネタとなっており、芸能人が対戦する様子が楽しめました。 カードとメモできるものがあれば遊べる為、気軽にどこでも遊べるのが魅力的です。

    (最も読まれているレビュー「あきらさん」の投稿を表示しました。)

    • 6人
    • 41人
    • 15人
    • 26人
  • 22パッチワーク(Patchwork)
    ボードゲームのレビュー11件

    パッチワーク(Patchwork)

    布の切れ端を集めて1枚の大きなキルトを作ろう!2人対戦用タイル配置ゲーム

    パッチワークとは、様々な布の切れ端をはぎ合わせて1つの作品を作り出す手芸のことです。不規則な形や柄の布地を合わせて1つの芸術作品を作り上げます。こうして、今日も多くの芸術家たちが作品を完成させています。 このボードゲームは2人用です。用意されている布地タイルを自分のゲームボード上に上手く置いていき、なるべく隙間のないよう1枚の布を完成させます。最終的に、ゲームボード上の隙間が少なく、ボタンを配置した数の多かったプレーヤーが勝利します。 まず、このボードゲームには...

    • 131人
    • 452人
    • 165人
    • 376人
  • 23時の潮流 / タイズ・オブ・タイム(TIDES OF TIME)
    ボードゲームのレビュー3件

    時の潮流 / タイズ・オブ・タイム(TIDES OF TIME)

    失われていく文明の中からあなたは何を残しますか?洗練された2人用ドラフトゲーム。

    このゲームはたった18枚のカードにドラフト要素、深い読みあい、そして繁栄した古代文明を想起させる美しいデザインがぎゅっと詰まっています。 あなたがこのゲームで行うことは非常にシンプルで5枚ある手札から1枚選んでお互いに公開するだけです。その後、残った手札を交換し、また1枚選んで公開を繰り返し、手札が無くなった時点で得点計算、そして次のラウンドへ進みます。この時に場にある5枚のカードの内、1枚を場に残し1枚を捨て札に、残りの3枚は再び次のラウンドで使用します。ここで...

    • 10人
    • 22人
    • 8人
    • 23人
  • 24聖杯サクセション(Throne and the Grail)
    ボードゲームのレビュー1件

    聖杯サクセション(Throne and the Grail)

    いこかもどろか。手番で行うのは、カード群を取るか手札から1枚出すかの2択。盤面から沢山の情報を拾って頭で整理して推測して…。楽しめる人もいるでしょうが私は苦手。その点このゲームは情報が少ない。ゆえに分かりやすい。だからこそ悩む。取るか出すかだけなのに。プレイ時間も短くサクッと遊ぶのに向いている良いゲームだと思います。

    (最も読まれているレビュー「天羽 ハイボールさん」の投稿を表示しました。)

    • 20人
    • 50人
    • 18人
    • 55人
  • 25王と道化(King & Jester)
    ボードゲームのレビュー2件

    王と道化(King & Jester)

    • 19人
    • 25人
    • 9人
    • 28人
  • 26桜降る代に決闘を(Sakura Arms)
    ボードゲームのレビュー6件

    桜降る代に決闘を(Sakura Arms)

    それぞれ得意分野の異なる6人のキャラクターから2人を選び、そのキャラクター専用のカードから10枚だけ使ってデッキを作る対戦型カードゲーム。 間合い、フレア(必殺技ゲージ)、オーラ(シールド)というシステムで構成されている為、簡単に言えば格闘ゲームをアナログ化したもの。 選択したキャラ毎に用意されているカードは通常カード7枚と切り札カード4枚の全11枚。それを2キャラ分使えるので計22枚の中から、通常カード7枚と必殺技カード3枚の10枚構成でデッキを組むのだが、キ...

    (最も読まれているレビュー「あきらさん」の投稿を表示しました。)

    • 61人
    • 125人
    • 45人
    • 152人
  • 27ブルームーン:レジェンド(Blue Moon Legends)
    ボードゲームのレビュー2件

    ブルームーン:レジェンド(Blue Moon Legends)

    カードを買い集めなくてもデッキが組める

    トレーディングカードゲームをやってみたいけれども、本格的に始めるにはお金がかかる。そんな方におすすめなのが、このブルームーン:レジェンドです。 これ一箱に9種族のデッキが入っており、さらにそれらを組み合わせることで自分のデッキを作ることもできます。戦いは数字の大きさ比べですが、さまざまな特殊効果があり一筋縄ではいきません。 300枚ほどのカードがあるので、カードゲームが好きな人はそれを眺めながら、あれこれ考えるだけでも楽しいですよ。

    • 35人
    • 64人
    • 23人
    • 97人
  • 28クアルト:ミニ(Quarto Mini)
    ボードゲームのレビュー5件

    クアルト:ミニ(Quarto Mini)

    16個のコマを使ったアブストラクトゲーム「クアルト!」の簡易版

    ルールは「クアルト!」と全く同じなので、ルールはそちらを参照してください。 コンポーネントが全体的に少し小さくなっており、持ち運びにも便利になりました。クアルト!を持っていない方や、クアルトが好きで旅行中・長時間移動中にもやりたい方は、こちらを買っても良いと思います。

    • 36人
    • 139人
    • 49人
    • 80人
  • 29たぎる論理(Boiling Logic)
    ボードゲームのレビュー2件

    たぎる論理(Boiling Logic)

    シンプルながらも攻防、読み、計算が熱いボードゲームです。ざっくり内容は「自分の数字5桁を当てられる前に、相手の数字を当てに行く」というサシゲーです。パッと聞くとヌメロンに似ています。 細かく緻密な戦術を立てていくヌメロンは、ピンポイントで数字を言い放って、少しずつ幅寄せしていくゲームシステムだと思いますが、たぎる論理は動きがかなり大胆になります。ヌメロンのようにまどろっこしい(笑)消去法を書き記していく必要はありません。個人的にたぎる論理のほうが「策が成功した感」...

    (最も読まれているレビュー「ぽっくりさん」の投稿を表示しました。)

    • 22人
    • 55人
    • 19人
    • 47人
  • 30RRR(RRR)
    ボードゲームのレビュー0件

    RRR(RRR)

    • 5人
    • 29人
    • 10人
    • 29人
  • 31アンドロイド:ネットランナー(Android: Netrunner)
    ボードゲームのレビュー2件

    アンドロイド:ネットランナー(Android: Netrunner)

    プレイヤー毎に異なるルールで戦う、異色の対戦カードゲーム

    『アンドロイド:ネットランナー』(英題:Android Netrunner)は、リチャード・ガーフィールド博士による2人対戦型LCG[※]。本作は同氏が1996年に発売したTCG『Netrunner』をリファインしたタイトルであり、非常に挑戦的なゲームシステムが採用されています。 [※]LCG(リビング カードゲーム)とは、トレーディング要素を排除した構築型カードゲームのこと。基本セットを購入すれば、デッキ構築に必要なカードがすべて封入されているのが特徴です。 ...

    • 32人
    • 64人
    • 22人
    • 92人
  • 32ジャイプル(Jaipur)
    ボードゲームのレビュー4件

    ジャイプル(Jaipur)

    対戦相手を出し抜いて、品物を上手に売りさばこう!ダイナミックでスピーディな展開の2人用カードゲーム

    プレイヤーはインドの商人です。2人の間にある市場には「ダイヤ」「金」「銀」「スパイス」「布」「革」(以下:品物カード)が並んでいます。これらを効率よく手に入れ、出来るだけ早く、出来るだけ多く、出来るだけまとめて品物を売りさばくことで、商人としての成果を競争するボードゲームです。 手札7枚制限のなかで、何を目指すのか・何を諦めるのか、時には相手を有利にするアクションをとらざるを得ない、スピーディなのにジレンマが発生するボードゲームとなっています。相手の戦略を見極めな...

    • 33人
    • 188人
    • 64人
    • 168人
  • 33トーキョー・ハイウェイ(TOKYO HIGHWAY)
    ボードゲームのレビュー4件

    トーキョー・ハイウェイ(TOKYO HIGHWAY)

    2016年のゲムマ秋で購入しました。Twitterで宣伝ツイートを見た瞬間「この見た目!!最高!!」と思い、ゲームルールも深く読まずに予約していました(笑)プレイされた方であれば最後に終わった瞬間の写真を撮りたくなる気持ちが分かると思います。実際のルールとしては、自分の持つ車をすべてハイウェイ上に乗せれば価値という単純なものですが車を置くルールとして相手の道路を越えるかくぐらなければなりません。結果自分の道路と相手の道路が複雑に重なり合うことになり、写真のような完成形と...

    (最も読まれているレビュー「 雫さん」の投稿を表示しました。)

    • 69人
    • 45人
    • 15人
    • 41人
  • 34ジンラミー(Gin Rummy)
    ボードゲームのレビュー0件

    ジンラミー(Gin Rummy)

    • 0人
    • 15人
    • 5人
    • 4人
  • 35ローゼンケーニッヒ / ローズキング(Rosenkoenig / The Rose King)
    ボードゲームのレビュー3件

    ローゼンケーニッヒ / ローズキング(Rosenkoenig / The Rose King)

    赤い薔薇と白い薔薇、両家の陣取り戦争。その思惑に振り回されながら王のシンボルは動き、次第に全土が赤と白の薔薇で埋め尽くされていく。

    歴史上の出来事である薔薇戦争をモチーフに作られた2人用の対戦ゲーム。 各プレイヤーは赤い薔薇(ランカスター家)・白い薔薇(ヨーク家)を担当し、陣地を広げていきます。 公開情報として配置してある剣のカードを使用すると、 現在の位置からカードに記された方向・数字分、王冠を移動。 その際に自家の薔薇を配置し、そこを領土とします。 互いにこれを繰り返して領地を拡大していきます。 しかし、途中でカードが尽きてしまうので、移動をせずにそれを補充する必要もあり...

    • 40人
    • 156人
    • 51人
    • 135人
  • 36バベル(Babel)
    ボードゲームのレビュー0件

    バベル(Babel)

    五民族を動員し天へ届く塔を建てよ。シンプルでダイナミックなカードバトル

    5種類の民族を使い、5箇所の地に、6段の塔を建てるゲームです。 民族カードを使って建設地を移動し、民族を配置して塔を建て、配置した民族を3枚セットで捨てることで特殊能力を使用します。 塔には1〜6の段階があり、順番に1の上に2、2の上に3と積み重ねてゆかなければなりません。また建てようとする塔カードの数以上の民族カードが配置されている必要があります。 自分の塔が合計15段を越えた時に、相手が10段未満なら勝利です。10以上ある場合は先に合計20段にした方が...

    • 12人
    • 43人
    • 14人
    • 55人
  • 37タルギ(Targi)
    ボードゲームのレビュー1件

    タルギ(Targi)

    二人専用のワーカープレイスメントゲーム。 プレイヤーは砂漠の民となって、部族発展のために5×5のカードにコマを設置してアクションをしていく。 どちらかのプレイヤーが部族カード12枚を置ききった、または、12ターン経過でゲームが終了。 最も点数の高いプレイヤーが勝利。 . 部族カードには、「○○を獲得した場合、追加で1個余計にもらえる」とか、「○○のカードを購入するとき、支払う資源を一つ少なくて良い」など、アクションを強化するものや、 「ゲーム終了時、オアシス...

    (最も読まれているレビュー「oshio_senseiさん」の投稿を表示しました。)

    • 27人
    • 82人
    • 26人
    • 62人
  • 38花見小路(Hanamikoji)
    ボードゲームのレビュー2件

    花見小路(Hanamikoji)

    芸者が使う伝統的な道具を集めよう!花見小路にいる7人の名高い芸者を迎えいれるのは誰だ?

    料亭の美人芸者さんたちを巡って競い合う、短めで初心者に優しいゲームです。 芸者の気を引くためにプレゼントをあげたり、対戦相手と道具を交換したりします。 こちらは、台湾で発売してから非常に売れ行きが好調で、ただいま日本語版を制作中です(2016年4月27日時点)。

    • 23人
    • 64人
    • 20人
    • 61人
  • 39桜降る代に決闘を:夜天会心(Sakura Arms: Yaten-Kaishin)
    『桜降る代に決闘を』の拡張第2弾。両者とも癖が強いと思いますがこのゲームが好きなら使いこなせると思います!まずはハガネ。基本5以下の距離で攻撃を当てますが、奥義が2~8と広範囲。しかもその奥義、間合の変化によって攻撃力が増大するという癖の強いキャラです。詳しくは実際に買って確かめましょう。そして二人目はチカゲ。相手の山札に「毒」のカードを仕込み、引かせることにより相手が不利になるように仕向けるキャラです。詳しいルールは購入して確かめましょう。どちらも今までになかった性能...

    (最も読まれているレビュー「さいスケさん」の投稿を表示しました。)

    • 11人
    • 27人
    • 8人
    • 45人
  • 40桜降る代に決闘を:細音雪花(Sakura Arms: Saion Sekka)
    『桜降る代に決闘を』の修正&拡張です。初版を持っている方はこちらを購入しましょう。持ってない方は第2版を購入すればこれは必要ありません。追加されるキャラカードは、中距離で攻撃を与えるのが得意な薙刀使いです。特筆すべきは奥義で、間合が合えば最大3回攻撃を叩き込めます。しかし距離の管理をちゃんとしないと攻撃が当てにくいので注意しましょう。またカードだけでなくメガミの設定集がついてます(第二幕の方はあるかわかりません)

    (最も読まれているレビュー「さいスケさん」の投稿を表示しました。)

    • 8人
    • 17人
    • 5人
    • 43人
  • 41クアルト(Quarto)
    ボードゲームのレビュー7件

    クアルト(Quarto)

    同じ形状のコマを縦・横・斜めに揃えよう!16個のコマを使ったアブストラクトゲーム

    このボードゲームは、4×4のマスの縦・横・斜めのいずれかに同じ種類のコマを並べたら勝ちとなる知育ゲームです。 並べたら勝ちなので簡単そうなゲームですが、その種類がいくつかあり、16種類のコマもそれぞれ複数の条件に属しているので、頭を悩ませてくれます。 ゲームに勝つには、以下の4パターンのいずれかを成立させる必要があります。 ・ コマの色(白または黒)を4個揃える ・ コマの高さ(高いまたは低い)を4個揃える ・ コマの形状(円柱または四角柱)を4個揃える ...

    • 51人
    • 249人
    • 73人
    • 104人
  • 42アンギャルド(En Garde)
    ボードゲームのレビュー3件

    アンギャルド(En Garde)

    フェンシング形式の決闘ゲーム!相手の動きを読んで攻撃を命中させよう!

    このボードゲームはフェンシングのように前後の動きで相手を揺さぶりながら自分の攻撃を命中させていく2人対戦用カードアクションゲームです。海外版では、中世の騎士がモチーフとなっています。日本語版では日本フェンシング協会公認となり、コンポーネントもフェンシングの試合を思わせるようなものとなっています。 ゲームボード上の端にお互いのコマを配置し、1~5の数字が書かれているアクションカードで前後に移動したり攻撃したりします。各数字のカードは5枚ずつ入っているので、それを考慮...

    • 20人
    • 134人
    • 38人
    • 119人
  • 43アグリコラ(2人用):牧場の動物たち(Agricola: All Creatures Big and Small)
    ボードゲームのレビュー4件

    アグリコラ(2人用):牧場の動物たち(Agricola: All Creatures Big and Small)

    農場を経営していろんな家畜を飼育しよう!2人対戦用の農業拡大再生産ゲーム

    色々な家畜を飼って牧場を経営するボードゲームです。同作者の農場経営ゲーム「アグリコラ」を、家畜の飼育に注目して2人用ゲームにしました。ファンの間では「フタリコラ」と呼ばれています。プレーヤーは農夫となり、羊や猪、牛や馬といった家畜を飼育しながら農場を発展させていきます。 プレーヤーは自分の農場ボードを保有しており、この上で柵や建物を建てて家畜を飼育していきます。働き手が3人おり、働き手コマをアクションに配置して資源や家畜の獲得、農場の拡大や建物の建築を行います。2...

    • 35人
    • 138人
    • 38人
    • 165人
  • 44バックギャモン(Backgammon)
    ボードゲームのレビュー3件

    バックギャモン(Backgammon)

    先日教えてもらってすっかりハマった。伝統ゲームらしいシックかつシンプルな見た目で「全然何するものか分からない」「とっつきにくい」と近づきもしていなかったのだけど実際はとても易しいルール!一言で言ってしまえば「すごろく」こう言われるとなんだか身近に感じる。自分の駒を先に全部ゴールに入れたら勝ち。自由に動かせるとゲームにならないのでもちろんお約束がある。・ゴールする前にゴール前1/4のエリアに自分の駒を全部集めないといけない・相手の駒が2つ重なっている場所に自分の駒は置けな...

    (最も読まれているレビュー「なとりうむさん」の投稿を表示しました。)

    • 33人
    • 194人
    • 53人
    • 114人
  • 45ガイスター(Ghosts! / Geister)
    ボードゲームのレビュー17件

    ガイスター(Ghosts! / Geister)

    全ての行動が騙し合いに!短時間でサクサク、子どもと一緒に遊べる簡単ゲーム

    2名対戦限定のボードゲームになりますが、ルールは非常にシンプルで、早ければ1分で終わります。 お互いに「赤いガイスター 4個」+「青いガイスター 4個」の計8体のガイスター(コマ)を使って戦います。 6×6の小さな盤の中で、1コマ・1マスずつ順番にプレイするので、初めての方への説明も20秒ほどあれば十分なレベルです。 ①メインの勝敗条件もシンプル ・相手の青いガイスターを全部とったら勝ち(相手の良いオバケを捕獲する) ・自分の赤いガイスターを全部とらせたら...

    • 98人
    • 671人
    • 181人
    • 465人
  • 46ドラゴンクエスト・ダンジョン・R(Dragon Quest Dungeon R)
    古典的な2人対戦「ラビリンスゲーム」を元ネタにしたゲームです。(マンガ「嘘喰い」の・・・で通じる人がいるかもしれません)ゲーム自体は紙とペンさえあればできてしまうシンプルなものですが、ドラクエというパッケージで包むことで没入感というか、やる気が全然違います(笑) シンプルルールなので子どもでも楽しめますし、読みあい要素もそれなりにあります。 ドラクエ好きならボトルキャップフィギアなどで好きなモンスターを導入するのも楽しいかと。

    (最も読まれているレビュー「ばやし(on twitter:bayacchi)さん」の投稿を表示しました。)

    • 11人
    • 15人
    • 4人
    • 18人
  • 47ロスト・シティ(Lost Cities)
    ボードゲームのレビュー4件

    ロスト・シティ(Lost Cities)

    巨匠ライナー・クニツィア氏による2人専用ゲームの傑作です。1枚出して、1枚引くという単純なゲームフローですが、相手とカードを共有しているため、駆け引きが重要になってきます。探検にはコストも必要なので、達成が難しい所には初めから挑戦しないという判断も必要になります。また、ここぞという時には、あらかじめ達成を約束することで、ポイントが2倍にも3倍にもなります。もちろん、相手はそれを阻止するために動きますので、こちらの意図を読まれないように上手く仕込んでいくのがポイントになり...

    (最も読まれているレビュー「横浜ボードゲーム会@はまりばカフェさん」の投稿を表示しました。)

    • 39人
    • 193人
    • 51人
    • 129人
  • 48フンギ(Morels / Fungi)
    ボードゲームのレビュー4件

    フンギ(Morels / Fungi)

    森の奥までキノコ狩り。たくさん見つけてバターで料理!夜にはキノコがおいしくなる。。

    見とれるくらいきれいな絵のカードでキノコ狩り。 フライパンを持って、バターや料理酒と、採集したキノコを炒めて食べていきます。たまに見つかる毒キノコはとってしまわないように。。夜に見つかるキノコはおいしさ2倍! カードには、いろんな種類のキノコや、フライパン・バター・料理酒などの料理関係のアイテム、手札上限が増えるカゴ、夜のキノコを採取できる月カードがあります。 最初は手札3枚、森の見えているカードは8枚で、そのうち2枚は足元にあるためすぐに取ることがで...

    • 25人
    • 60人
    • 15人
    • 70人
  • 49トゥエルブ・ヒーローズ(Twelve Heroes)
    ボードゲームのレビュー1件

    トゥエルブ・ヒーローズ(Twelve Heroes)

    2人対戦専用。トレーディングカードゲームの面白さを凝縮して、手軽に楽しめるようにした中量級ゲーム。ゲームスタート前に自軍を構成するユニットのカードを選びデッキを構築する(オススメ標準デッキあり)。大まかな流れとしては、自軍のユニットを招集して、奪い合う領地に派遣して、ユニットの戦力を比較して領地を占領し、一定数の領地を占領すれば勝利。ユニットの招集や維持には、食料資源が必要で、強いユニットを招集できても、一方的に形勢が決まることがないようなシステムとなっている。ユニット...

    (最も読まれているレビュー「sugar_ray1956さん」の投稿を表示しました。)

    • 17人
    • 49人
    • 12人
    • 71人
  • 50路面電車(Trambahn)
    ボードゲームのレビュー1件

    路面電車(Trambahn)

    レトロな雰囲気が漂う、2人専用のカードゲーム。カードは合計142枚もあり、表は駅と乗客、裏はお金として両面を使用します。ルールを簡単に説明すると、共通の場に乗客カードを配置し、対応する色の駅を自分の場に配置。これを得点化します。そして、合計10回得点計算を発生させたらゲームが終了です。最初はどのカードを駅、乗客、お金にするかなど考えなければいけない事が多く、手番に何をすればいいのか分からなくなる人が多いと思いますが、ゲームに慣れている人なら遊んでいる途中で自分なりにカー...

    (最も読まれているレビュー「ままさん」の投稿を表示しました。)

    • 25人
    • 50人
    • 12人
    • 42人
通信販売ショップはこちら