マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ボードゲームのメカニクス特集
株/投資(価値変動)

時価(ゲーム中に価格が変化する)で売買できたり換金する
メカニクスを選ぶ
Investment

株式取引とは、ボードゲームで取り入られているものも実際の株式取引の概念に基本的に沿っているものが多いです。これは時価による売買、「安いうちに買う」「高いうちに売る」といったキャピタルゲインの仕組みのことを指しています。コインを支払ってより多くのコインを得るという意味では、ベッティング(賭け)としばしば混同されますが、これは「相場の変動」によって利ざやを稼ぐ仕組み(株券を獲得後、価値を改善するためにアクションを行い、売却する)ではないため、このメカニクスとは別物になっています。
ただしゲームの進行上、簡易的な時価を決定するために、現実のように約定(売買成立)が成立すれば新しい時価になる、という仕組みはあまりありません。取引行為とは別のメカニズムによって「半強制的に株価が変動する」という仕組みになっているものが多いです。
時価に影響を与える登場人物が少ないために、一人ひとりの与える影響は現実の株式取引よりも極めて高いといえます。多くのボードゲームは加点方式によって進行しますが、株式取引のメカニクスが取り入れられたゲームには「損をする」ことがあり、また損益を最小限に留めるための「損切り」が可能になっている仕組みも珍しくありません。

  • 1クランズ・オブ・カレドニア(Clans of Caledonia)
    クランズオブカレドニアの紹介をしたいと思います。カレドニア、という地名は、古代ローマ帝国が、ブリテン島の北部につけた名前らしいですね。舞台は19世紀のブリテン島の北部、つまりスコットランドです。プレイヤーはこの地域の有力氏族=クランの長となり、自分のクランを発展させて、富と名声をもたらそうとしています。ゲームは、ゲームデザイナー本人が、「巨人の肩に乗る」つまり、過去に発明された良いゲームの上にこのゲームを構築した、と言っています。ざっと、ゲーム全体 : テラミスティカ目標タイル : マルコポーロ市場...

    (最も読まれているレビュー「YYYKKKさん」の投稿を表示しました。)

    • 106興味あり
    • 198経験あり
    • 78お気に入り
    • 151持ってる
  • 2コンテナ:10周年ジャンボエディション(Container: 10th Anniversary Jumbo Edition!)
    評価:7(評価基準はこちら)話題の重量級ゲーム(ダブルミーニング)噂に聞いていたが面白い。やれることは単純でコンテナを生産するか、仕入れて港に並べるか、他プレイヤーの港からコンテナを買い付け中央の島で競りにかけるだけ。最終的に自分の島に置かれたコンテナの色ごとの価値と手持ち現金の合計が一番多い人が勝ち。でも・・・コンテナは自分で生産したものは自分の港に並べられない。自分の港にコンテナを並べても自分で島へ納品できない。自分がコンテナを島にいれても競りには参加できない(とはいえ、最高価格を自分が払えば島...

    (最も読まれているレビュー「ももんがさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 61興味あり
    • 72経験あり
    • 28お気に入り
    • 69持ってる
  • 3ナヴェガドール(Navegador)
    ボードゲームのレビュー5件

    ナヴェガドール(Navegador)

    大航海時代のポルトガル。プレイヤーは商人であり冒険家であり、そして未開の地を開拓する開拓使でもあります。砂糖や金、香辛料にそれを生産する植民地や加工販売する工場、さらには未開の地を冒険する名誉などを求めてはるか東方の果てにある島国ジパングを目指すゲームです。メインシステムはマック・ゲルツ氏おなじみのロンデル。過去作のリメイク「古代2」と「古代 対決」を除けば現状最も新しいロンデル採用作となり、相変わらずのスマートさと悩ましさでプレイヤーをうならせてくれます。また、戦争が大きなテーマとして扱われていた...

    (最も読まれているレビュー「大石さん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 112興味あり
    • 265経験あり
    • 93お気に入り
    • 237持ってる
  • 4モダンアート(Modern Art)
    ボードゲームのレビュー16件

    モダンアート(Modern Art)

    絵画の価格の相場を読み、競りで金を儲けよう!

    「モダンアート」 は、 絵画をめぐるオークションゲームです。 プレイヤー達は無名の画家5人のモダンアートを競りに掛けることで価値を高めつつ、売却・購入してお金を稼ぐ事を目的とします。 お金100金と絵画カードがランダムに配られます。順番に出品者となって、それらの手持ちの絵画カードから1枚を出し、他全員を対象とした競りに掛け最高額を提示した人が、その絵画を得ることができます。 画家ごとにそれまでに出品された絵画の枚数に応じて価値が変動し、決算時に枚数が上位にある画家の絵画所持者には大き...

    在庫がありません
    • 287興味あり
    • 989経験あり
    • 301お気に入り
    • 792持ってる
  • 5ポンジスキーム(Ponzi Scheme)
    ボードゲームのレビュー8件

    ポンジスキーム(Ponzi Scheme)

    詐欺を繰り返し、お金を集めて会社を立てまくろう!

    チャールズ・ポンジという人はご存知ですか? 彼は「あなたお金を運用し、配当を支払う」ことを謳い、出資金を集め、後から参加した人の出資金を前の人の配当金として配布する詐欺を行い、逮捕された詐欺師です。 この詐欺方法は彼の名前から取り、「ポンジ・スキーム」と言われています。 日本語でわかりやすく言うと、「自転車操業」です。 このゲームでやることは全く同じく、借金をしてお金を増やし、借金を返すために借金をする借金地獄のゲームです。 誰かが破産すると、ゲームが終了します。 借金が重なり、返済...

    在庫がありません
    • 92興味あり
    • 174経験あり
    • 51お気に入り
    • 121持ってる
  • 6ユニオン・パシフィック(Union Pacific)
    ボードゲームのレビュー3件

    ユニオン・パシフィック(Union Pacific)

    「チケット・トゥ・ライド」などでおなじみ、アラン・ムーン氏の(私が知る限り)元祖鉄道ゲームです。ぱっと見はチケライに似てますが、内容的には似て非なるもの。と言うか鉄道ゲームと紹介しておきながら実際競うのはお金なのです。まあゲーム中手に入れたお金が使われたり減ったりはせず純然たる勝利点として扱われているので、やはりマネー、投資のゲームと言うよりは鉄道のゲームと言った感じでしょう。舞台はアメリカ。プレイヤーはボード上に張り巡らされた鉄道網に全10種類の鉄道会社から選んだ列車を配置して株券を獲得し、保有す...

    (最も読まれているレビュー「大石さん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 24興味あり
    • 69経験あり
    • 20お気に入り
    • 74持ってる
  • 7モンバサ(Mombasa)
    ボードゲームのレビュー5件

    モンバサ(Mombasa)

    植民地時代、うまく貿易を行い世界を経営しましょう

    植民地時代のアフリカを舞台に、プレイヤーは投資家となって「地域にある勅許会社の範囲拡大などによる株関係」「ダイヤ鉱山の採掘」「簿記による事業運営」などで資産(得点)を稼ぎ競う、プレイ時間約2時間の重量級ゲームです。 アクションカードにより5種類のアクションを選択・実行するだけでゲームが進みます。 株価と株券、ダイヤ採掘量、簿記による帳簿の進み具合などによって、資産が決まります。

    • 98興味あり
    • 188経験あり
    • 52お気に入り
    • 147持ってる
  • 8クー(Coup)
    ボードゲームのレビュー0件

    クー(Coup)

    在庫がありません
    • 11興味あり
    • 37経験あり
    • 10お気に入り
    • 29持ってる
  • 9アクワイア(Acquire)
    ボードゲームのレビュー10件

    アクワイア(Acquire)

    ホテルの吸収合併を見据えながら、株券の購入と売却のタイミングを見極めて、財産をたくさん得よう!

    このボードゲームは、ホテルの建設と規模の拡大、それに伴う株の価値を上げて利益を得ていくゲームです。 プレーヤーは主に3つのことを行います。 ・ ホテルを建設するゲームボードがあり、そこに建物コマを1つ配置します。建物コマは、各プレーヤーが6つずつ所持していて、他プレーヤーからは見えないようにします。建物コマに書いてある数字とアルファベットに対応する場所がゲームボードに書かれていて、プレーヤーは手元にある建物コマの中から1つを対応する場所に置きます。その後、建物コマが隣接して2つ以上のエリアが...

    在庫がありません
    • 157興味あり
    • 425経験あり
    • 114お気に入り
    • 268持ってる
  • 10ラ・チッタ(La Citta)
    ボードゲームのレビュー1件

    ラ・チッタ(La Citta)

    在庫がありません
    • 15興味あり
    • 44経験あり
    • 11お気に入り
    • 36持ってる
  • 11フィンカ(Finca)
    ボードゲームのレビュー0件

    フィンカ(Finca)

    在庫がありません
    • 13興味あり
    • 56経験あり
    • 14お気に入り
    • 31持ってる
  • 12チケットトゥライド(乗車券):イギリス&ペンシルバニア(Ticket to Ride: Map Collection Volume 5 United Kingdom and Pennsylvania)
    ボードゲームのレビュー1件

    チケットトゥライド(乗車券):イギリス&ペンシルバニア(Ticket to Ride: Map Collection Volume 5 United Kingdom and Pennsylvania)

    チケットトゥライドの拡張マップ イギリスに線路を引くには色々制約が多い ペンシルバニアでは株券がもらえる

    チケットトゥライドの拡張、UK(イギリス)&ペンシルバニアのマップです。 ゲームの基本的なルールはチケットトゥライドと同じ、 カードを使ってマップ上に自分の路線を敷設していくのです。 マップのボードが両面仕様で、それぞれのマップの目的地カードが付きます。 またこの拡張では専用の列車カード(LSカードの比率が高い)が付属しています。 そしてUKには地域の権利カードや技術カードが、 ペンシルバニアには株券のカードが付属します。 UKマップは追加ルールの多いチケットトゥライドです。 U...

    在庫がありません
    • 12興味あり
    • 30経験あり
    • 7お気に入り
    • 34持ってる
  • 13モテねば。(Moteneba.)
    ボードゲームのレビュー5件

    モテねば。(Moteneba.)

    高校時代はやっぱりモテねば!学園内のトレンドをコントロール!

    元来人間とは、高校生活の3年間でモテねばなりません。 学力、運動、オシャレ、トーク、財力といったモテ要素で女子たちにアプローチ! 学園内のモテトレンドを把握し、磨き、時にはコントロールして、ライバル達よりモテましょう。 卒業を迎える時、もっとも女子たちにモテているのは果たして誰でしょうか……!?

    在庫がありません
    • 38興味あり
    • 160経験あり
    • 37お気に入り
    • 124持ってる
  • 14オートモービル(Automobile)
    ボードゲームのレビュー2件

    オートモービル(Automobile)

    売れるかどうかわからない自動車を製造し、何があっても売れ!

    時は20世紀の黎明期。 自動車なるものが一般社会に浸透し始め、あなたはその普及を手助けしようと思い、自動車の製造に注目しました。 ゲームは4ラウンドに分けられ、各ラウンドに自動車の需要が変わります。 必要な供給量をいかに正しく読み取り、適度の自動車の台数を製造するのがこのゲームのミソです。 新しいもの好きが多い社会はより新しい自動車を好むため、できるだけ他のプレイヤーを出し抜いてより先進の自動車を製造したいが、まずは研究する必要性があります。その上に、自動車を製造するためには工場が必要で...

    在庫がありません
    • 30興味あり
    • 41経験あり
    • 9お気に入り
    • 42持ってる
  • 15すきもの(Sukimono)
    ボードゲームのレビュー6件

    すきもの(Sukimono)

    茶器の仕入れは時間が勝負!リアルタイムの茶器探しが楽しい売買ゲーム

    すきものは茶器の買い付け人となって、お店の主人の要望にあう茶器を日本各地から探し出して売るゲームです。 ラウンド開始時に決められた主人が欲しがっている茶器を求めて、プレイヤーは「東海道」などの日本各地を模した山札を1つ選択します。 まだ、山札の内容を見てはいけません。全員が山札を選んだ後に、いよいよ茶器の仕入れです。 合図と同時に全員が山札の中身を確認し、自分の欲しい茶器カードをピックしていきます。ピックが終わったら、山札を置いて、手番順タイルを獲得します。ここまでは全員が同時に実...

    在庫がありません
    • 58興味あり
    • 213経験あり
    • 46お気に入り
    • 139持ってる
  • 16金星の商人(Merchant of Venus)
    ボードゲームのレビュー1件

    金星の商人(Merchant of Venus)

    伝説のボードゲームが20年以上の時をこえ、新しく蘇る! なんと2つのゲーム盤&ルールで遊べるぞ!

    1988年に発売された古典的傑作ゲーム「マーチャント・オブ・ヴィーナス」がリメイクされ登場します。リメイクとはいえ、旧作ファンも楽しめるよう、2種類のゲームボードと、新・旧、2つのルールが入っているという豪華版。  パーツは多いのですが、やることは意外と単純。プレイヤーは自前の宇宙船を駆って、未知の宇宙を渡り歩き、新たなエイリアンの文明を発見し、交渉し、交易するのです。その間、ミッションを達成し、宇宙船をグレードアップし、海賊と戦い、宇宙ステーションを建造し……と、いろいろなことがやれます。 ...

    • 36興味あり
    • 42経験あり
    • 9お気に入り
    • 50持ってる
  • 17ムガル(旧版)(Mogul)
    ボードゲームのレビュー6件

    ムガル(旧版)(Mogul)

     4人でプレイしたときの感想です。 ミヒャエル・シャハトがデザインしたゲームで、内容は鉄道会社の株券5種類を売買して、暴落カードが出てくる前に、1番お金を稼いだプレイヤーの勝利となります。 プレイヤーは、ゲーム開始前に株券1枚と6コインが配られます。それを元手に、各プレイヤーの手番には、山札から1枚カードを表にして競りを行います。 その競りで、各プレイヤーは、手持ちのコインを1枚ずつカートの上に置いていき、競りから降りたプレイヤーはそのコインを拾えます。競りは、最後まで降りなかったプレイヤーが株券を...

    (最も読まれているレビュー「Nobuaki Katouさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 19興味あり
    • 174経験あり
    • 37お気に入り
    • 134持ってる
  • 18モダンアート:カードゲーム(Masters Gallery)
    ボードゲームのレビュー0件

    モダンアート:カードゲーム(Masters Gallery)

    クニツィアの名作・モダンアートから競りを取り除いたゲーム。でもしっかりモダンアートです。

    競りゲー苦手なんです、そんなあなたも出来るクニツィアの名作「モダンアート」のカード版。競り要素をごっそり取り除いてもしっかりモダンアートしている?! 誰もが持っている絵は大人気で高く取引されますが、不人気な絵はゴミクズ。うまくみんなが欲しがる絵を並べて、自分の持っている絵の価値を高めましょう!

    在庫がありません
    • 11興味あり
    • 48経験あり
    • 10お気に入り
    • 32持ってる
  • 19漁火(Isaribi)
    ボードゲームのレビュー2件

    漁火(Isaribi)

    上手に操り、多くの富を獲得しよう!いつも気まぐれな漁場や市場、そして舟!

     今から300年前の江戸の町では、今より自然豊かな周辺の海から多くの魚介類を獲ることができました。タイ、アジ、エビ、ハマグリなどの漁を生業とした漁師たちが、江戸湾に船を出し、漁を行い、水揚げをすることで市場は活気に満ちあふれていました。江戸の民の食を満足させ、一番の富を得るのはどのプレイヤーでしょうか?  日本を代表するゲームデザイナー・林尚志の人気作品が、二ヵ国語版になって登場。

    • 26興味あり
    • 34経験あり
    • 7お気に入り
    • 31持ってる
  • 20ラスト・スパイク(The Last Spike)
    ボードゲームのレビュー1件

    ラスト・スパイク(The Last Spike)

     実は私がプレイしたのは、ラスト・スパイクのテーマ違いのポーランド語版「BUDOWA MIASTA」なんですよね~。ポーランド語版はテーマがマンション? に変わってます。 マンションの権利を獲得してタイルを置き、タイルの道がつながると株券の配当が起こります。要するに、シンプルになった「ACQUIRE」みたいなゲームです。 ボードを見ればわかりますが、ホントに少ない! なお、ゲームタイトルのラスト・スパイクは、タイル?の左上から右下までがつながったらこのゲームは終了なのですが、その終了を決める最後の一...

    (最も読まれているレビュー「Arugha_Satoruさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 14興味あり
    • 82経験あり
    • 16お気に入り
    • 28持ってる