マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ボードゲームのメカニクス特集
言葉遊び

言葉を作ったり単語を発見する、言語中心のゲーム
メカニクスを選ぶ
Word Game

言葉遊び(ワードゲーム)は、文字を使って言葉を作ったり、言葉をヒントにゲームが展開するゲームを指します。
イメージ的には知育系によく利用されていそうですが、実際はパーティゲームとして使われることが多く、大人が楽しめるように俗語(スラング)・流行ワード・外来語を中心にしたものが多いといえます。言語依存度や文化依存度が強いといえるため、英語圏のワードゲームが国内ではなかなか流行りにくく、流通することがほとんどありません。。
国内では、ひらがなや漢字に関するゲームがいくつか誕生しており、楽しく学びが得られる工夫がされています。

  • 1横暴編集長:ニンジャ記念日(Obo henshucho: Ninja nikki)
    横暴編集長の第二弾。ルールは横暴編集長と全く同じ。これ単体でも遊べて、「横暴編集長」や「中ノ章」はたまた横暴編集長のブランクカードで自作したものを混ぜて遊んでも問題なし。箱裏の小ネタテキストが相変わらずおもしろい。普通の横暴編集長もそうなのだけど、やっぱり元ネタを知っている方が面白い。もちろん、直球でへんてこなタイトルにするのも面白いけど。タイトルを披露する際に、こういう内容のお話。って軽く説明つけるのも盛り上がる。すべっても手札のせいにすればOK!コンポーネントは横暴編集長と同じく、文庫本をイメー...

    (最も読まれているレビュー「なとりうむさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 29興味あり
    • 70経験あり
    • 23お気に入り
    • 65持ってる
  • 2我流功夫極めロード(Garyu Kung Fu Kiwame Road)
    ボードゲームのレビュー4件

    我流功夫極めロード(Garyu Kung Fu Kiwame Road)

    試されるのは中二力!僕が考えた最高にかっこいい必殺技を叫ぶゲーム!

    カードを使ったパーティゲームです。 手持ちのカードを並べて、いかにかっこいい必殺技を作れるかを競うゲームです。 龍 神 氷 拳 破 ……等の必殺技にぴったりな漢字カードを使って誰よりもかっこいい必殺技を作りましょう。 1ラウンドに2回カードを揃える手番があり、最高7枚までカードを持つことが出来ます。 全員が必殺技を発表した後一番かっこいい人に投票して、投票された数 × 使用したカード数が得点となります。 使わなかったカードは得点から引かれてしまうので、いかにかっこいい文字だけを残す...

    在庫がありません
    • 26興味あり
    • 86経験あり
    • 26お気に入り
    • 60持ってる
  • 3ワードラミー牌(Word Rummy)
    ボードゲームのレビュー1件

    ワードラミー牌(Word Rummy)

    ひらがな一文字、伸ばし棒、濁点/半濁点といった牌から手牌9枚とって自分の手番に3枚以上で言葉(名詞に限らないし接続詞入りもおk、場の人間が言葉として納得すれば)をつくって場に晒したり他の人の晒したものを崩してアナグラムにして自分の牌を付け加えたり(場に出てる牌が全て3枚以上の言葉に組み込まれていることが必須)これによって手牌をなくした人が上がり言葉の存在を納得させる話術が、ひらがなポーカーと似通ったものがありひらがなポーカーにアナグラムのパズルが入った感じと言い換えてもいいんでしょうか言葉遊び、大喜...

    (最も読まれているレビュー「tapy_walkerさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 9興味あり
    • 53経験あり
    • 16お気に入り
    • 18持ってる
  • 4私の世界の見方(Wie ich die Welt sehe...)
    ボードゲームのレビュー18件

    私の世界の見方(Wie ich die Welt sehe...)

    珍回答に笑顔溢れる大喜利系コミニュケーションゲーム!

    「私の世界の見方」は180枚あるお題カードの空欄部分を、392枚の単語カードでユーモラスに回答したり、時には思わず頷いてしまうようなベストな回答を選出して得点を競っていく大喜利系のパーティーゲームです。 ルールは非常にシンプルです。出題者はお題カードを場に出します。このカードには空欄部分が1〜2個あり、この数に応じてお題カードの空欄部分に当てたらベストであると思う単語カードを手札から1〜2枚選んで伏せて場に出します。 全員が出し終わったら親が一番良いなと思った単語を選び発表しましょう。親に...

    • 176興味あり
    • 909経験あり
    • 264お気に入り
    • 528持ってる
  • 5ディクシット:オデッセイ(Dixit Odyssey)
    ボードゲームのレビュー4件

    ディクシット:オデッセイ(Dixit Odyssey)

    傑作コミュニケーションゲーム「ディクシット」の別バージョン

    「ディクシット:オデッセイ」は名作ゲーム「ディクシット」を最大12人で遊べるように調整した新バージョンです。 基本セットと同様の遊び方が出来る他、7人以上の場合は投票権が一人二票に増える等、若干の調整ルールによって多人数でもプレイ感を損なわずに「ディクシット」を楽しむことが出来ます。 カードの陳列に便利な得点ボードに加えて、若干倒れにくくなったウサギ駒や拡張カードの収納に便利な箱等、細かい点でユーザビリティの向上が認められ、さらに「オデッセイ」だけのオリジナルカードも収録されているため、...

    • 42興味あり
    • 323経験あり
    • 90お気に入り
    • 265持ってる
  • 6コードネーム(Codenames)
    ボードゲームのレビュー29件

    コードネーム(Codenames)

    スパイマスターのヒントを手掛かりに、敵対組織より先に味方のエージェント全員と接触せよ!

    2つの敵対するスパイ組織がある。 各組織のスパイマスターは、25人のエージェント全員の正体を知っている。君たち現場諜報員は、エージェントたちのコードネームしか知らない。君たちの目的は、相手の組織よりも先に味方のエージェント全員とコンタクトを取ること。 スパイマスターは、自分の組織のエージェントのコードネームに関するヒントとして、単語1つだけを言うことができる。1語で複数のコードネームのヒントを表現することも可能だ。これを手掛かりに組織の部下たちは、敵のエージェントに接触することなく、味方...

    • 266興味あり
    • 1285経験あり
    • 330お気に入り
    • 631持ってる
  • 7アネクトパンチ(Annecto Punch)
    ボードゲームのレビュー3件

    アネクトパンチ(Annecto Punch)

    宇宙人を喜ばせよう!キミと心のアネクトパンチ!

    ある日、地球にやってきた宇宙人はコミュ力抜群のいいヤツらだった。 彼らは世界中を旅し、色々な文化を持つ人たちと交流。そしてひとつだけ、どこに行っても伝わる挨拶があることに気づく。 それが、お互いに拳を突き合わせる、アネクトパンチ! プレイヤーは、1人がこの宇宙人役となり、他のプレイヤーはこの宇宙人が喜びそうな、お題の答えを順に答えていきます。 そして全員の中で1番好きだったものを答えられた人が、今回の勝者。 答えは大喜利みたくしても、真面目に好きなものを答えてもOK。宇宙人...

    在庫がありません
    • 6興味あり
    • 39経験あり
    • 10お気に入り
    • 32持ってる
  • 8横暴編集長 ~映画三昧~(Obo Henshucho: Movie)
    横暴編集長の映画タイトル版小説版のと混ぜてもよし 映画好きとやるならこれだけでもよしおっぱいバレーの「おっぱい」が取り合いになるゲームですw

    (最も読まれているレビュー「tapy_walkerさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 14興味あり
    • 36経験あり
    • 9お気に入り
    • 37持ってる
  • 9横暴編集長(Obo Henshucho)
    ボードゲームのレビュー8件

    横暴編集長(Obo Henshucho)

    編集長「よし、このタイトル採用!」編集部員「そんなの横暴です!」

    横暴編集長はプレイヤーが編集者となり、面白い組み合わせで文学作品のタイトルを付けていく斬新なボードゲームです。 遊び方はとても簡単です。上下に分かれたタイトルを組み合わせて1人ずつ面白い題名を作成していきます。全員が発表し終えたら編集会議を行って多数決優秀作品を選び、人数×2回分の選出を行ったら正式採用のタイトルを決定します。 正式タイトルが1人に決まらなかった場合は、じゃんけん勝負で勝った人が横暴編集長となります。横暴編集長となったら、編集長という権力を振りかざして横暴に正式採用のタイトル...

    在庫がありません
    • 91興味あり
    • 369経験あり
    • 92お気に入り
    • 172持ってる
  • 10たほいや(Fictionary)
    ボードゲームのレビュー3件

    たほいや(Fictionary)

    辞書を使った、嘘つき達の騙し合い

    辞書から出題された単語の意味をもっともらしくでっち上げ、他プレイヤーを騙すゲームです。 元は英語圏のゲームで、「Fictionary」という名で呼ばれていましたが、日本ではフジTVの深夜番組名と共に「たほいや」として知られています。 ルールは以下の通り。 1:辞書と回答用紙、チップ(人数×10枚)を用意し、最初の出題者を決める。以降、出題は持ち回り。 2:出題者は辞書から、「恐らく回答者の誰も意味を知らない」単語を選び、その読みを出題する(例:「たほいや」)。 3:回答者はその単語の意...

    在庫がありません
    • 38興味あり
    • 135経験あり
    • 33お気に入り
    • 36持ってる
  • 11フラッシュワード(Flash Word)
    ボードゲームのレビュー5件

    フラッシュワード(Flash Word)

    スピード型瞬間連想ゲーム FLASH WORD

    ゲーム概要 カードに「数字」が描かれた面を上にし、よくシャッフルして山札とします。山札からカード一枚をめくり、「ひらがな」を上にして山札横に置きます。山札の上の「数字」が規定の文字数、めくった「ひらがな」1文字からはじまる単語を連想してすばやく発声します。手番中、制限時間内に正しく単語を発声できれば成功!失敗した場合は場の全てのカードを抱えます……。 遊び方は2種類、地名や人名、食べ物など、単語に「しばり」を設けると、より遊びの幅が拡がります。知育・脳トレにフル活用!ひとつの文字と数字からは...

    • 13興味あり
    • 51経験あり
    • 12お気に入り
    • 25持ってる
  • 12ホッサ!(Hossa!)
    ボードゲームのレビュー0件

    ホッサ!(Hossa!)

    在庫がありません
    • 9興味あり
    • 47経験あり
    • 11お気に入り
    • 26持ってる
  • 13狩歌 基本セット(CARU UTA)
    ボードゲームのレビュー9件

    狩歌 基本セット(CARU UTA)

    懐かしのJ-POPでカルタをしよう!あれ、この単語、よく出てくるな…。

    好きな歌を流して、出てきた単語をとるカルタゲームです。 カルタには、「君」「愛」「いつか」「大切」「約束」といった、歌詞にありそうな単語がそれぞれ書かれています。よくある言葉には1点、あまりなさそうな言葉には3点や5点など高得点がついていて、3曲終わった時点で点数の高い人が勝ちです。 流す音楽は決まっていません。言葉カードにありそうな歌詞が多い曲で、かつ声が聞き取りやすいものをみんなで選びましょう。みんな知ってる曲であれば、ノリノリで最後まで楽しむことができます。 音を流すので場所...

    在庫がありません
    • 86興味あり
    • 395経験あり
    • 91お気に入り
    • 307持ってる
  • 14詠み人知らず(Yomibito Shirazu)
    ボードゲームのレビュー9件

    詠み人知らず(Yomibito Shirazu)

    大人数のパーティーでやるといいと思います自分がきれいな方向で句を完成させようと文字を書き込んでも他の人に伝わらない、もしくは世界観をぶっ壊しにかかる輩がいる往々にして迷句にたくさん巡り合うゲームとなります迷句たちがSNSにアップされてこのパーティーでのノリを恥じることになる恐ろしいゲームでもあります

    (最も読まれているレビュー「tapy_walkerさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 43興味あり
    • 200経験あり
    • 46お気に入り
    • 99持ってる
  • 15□□◯◯◯ / 四角四角マルマルマル(Shikaku Shikaku Maru Maru Maru)
    6/10『大怪獣コトバモドス』で有名なサークル「一年中未来」のゲームマーケット2018春新作。ポンコツペイントとかと同じで、1人が回答者となり、他のプレイヤー全員がお題のプレゼンをして当ててもらうタイプのゲーム。ただし、そのプレゼン方法は、「漢字2文字+カタカナ3文字」だけ!例えば「ライオン」であれば「百獣キング」のように書いて、書き終わったら、発表順番のトークンを取る。このとき、好きな数字をとっていいのが肝で、親は1度しか回答できないため、2番目とかの方が前の人のプレゼンもヒントになり、当ててもら...

    (最も読まれているレビュー「白州さん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 4興味あり
    • 31経験あり
    • 7お気に入り
    • 14持ってる
  • 16ナンジャモンジャ・シロ(Toddles-Bobbles White)
    ボードゲームのレビュー13件

    ナンジャモンジャ・シロ(Toddles-Bobbles White)

    あ!これは…えーと、さっきいたんだけど、誰だっけ?

    「ナンジャモンジャ」はヘンテコな絵のキャラクターにプレイヤーが自由に名前をつけてあげるゲームです。 次に同じキャラのカードがめくられたときには、最も早くその名前を思い出して呼んであげた人がカードを受け取り、得点となります。 …というシンプルなボードゲームです。 このゲームの真骨頂は続けて2回、3回と遊ぶ場合に直前についた名前なのか前のゲームでついた名前なのかが思い出せなくなる事だったりします。

    在庫がありません
    • 37興味あり
    • 532経験あり
    • 115お気に入り
    • 375持ってる
  • 17コレハヤ辞典(Korehaya Jiten)
    ボードゲームのレビュー2件

    コレハヤ辞典(Korehaya Jiten)

    コトバの生まれる編集部へようこそ!肩を寄せ合ってのモノづくりから今までなかった表現を共有しよう

    ランダムな6文字からなぜか新語が湧いてくる... 編集チームで協力して「はやるコトバ」を作り出せ 世界で一つの辞典がリアルタイムにできあがる コトバの誕生をみんなで共有できる新しい体験! 背景  コレハヤ辞典編集部は、まだ発見されていない新語を人々の意識の奥  から掬い取る画期的な仕組みを開発した。  ここで作られる新語とは「わくわく」「どんどん」「ぎりぎり」などのように  2文字を2回繰り返すタイプのコトバを言う。  (あとから分かったことだがこれを畳語と呼ぶそうだ)  プ...

    • 24興味あり
    • 47経験あり
    • 10お気に入り
    • 25持ってる
  • 18あてっこついたて(Atekko Tsuitate)
    ボードゲームのレビュー2件

    あてっこついたて(Atekko Tsuitate)

    質問と答えの食い違いが楽しいパーティクイズゲーム!

    一つテーマを決めます 「テーマに合っていて」「プレイヤー全員が知っているであろう」物を考えてついたてに書きます そのついたては他の誰かの前に立ちます 自分の番が来たらハイ・イイエで答えられるような質問をします 他の全員がそれにジェスチャーで答えてくれます その答えを元に正解を推理しましょう。

    在庫がありません
    • 17興味あり
    • 126経験あり
    • 26お気に入り
    • 34持ってる
  • 19ボブジテン(Bob Jiten)
    ボードゲームのレビュー14件

    ボブジテン(Bob Jiten)

    誰にでも誰とでも、何度だって楽しめる

    日本語大好きな外人ボブになって、日本語だけでカタカナ語を説明する。 例えば、コーヒーというお題だったら、「茶色い飲み物で、温かいのも冷たいのもある」など頭をふりしぼって説明。 他のプレイヤーは早押しで答えを出し、出題者と正解者に得点が入る。 なんといってもお題が多く、参加者によっても答え方が変わる。 ルールも分かりやすく、小学生とおじいちゃんが同じ土台で戦える。 誰にでも誰とでも、何度だって楽しめる。

    在庫がありません
    • 93興味あり
    • 597経験あり
    • 121お気に入り
    • 288持ってる
  • 20ワードスナイパー(Word Sniper)
    ボードゲームのレビュー1件

    ワードスナイパー(Word Sniper)

    インスト10秒、かんたん楽しいワードゲームの新定番

    「カードの裏表にお題と文字が書かれています。山札をめくって出た文字から始まり、山札の上に書かれているお題に合う言葉を答えるゲームです」 直感的で分かりやすい単純なルールなのでゲーム初心者でもすぐ始められます。 カードをシャッフルすればお題と文字の組み合わせが変わるのでリプレイ性も高いです。 プレイ時間も短く、推奨プレイ人数を超えた人数でもワイワイと遊ぶこともできる楽しいゲームです。

    在庫がありません
    • 22興味あり
    • 88経験あり
    • 17お気に入り
    • 38持ってる