マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ボードゲームのメカニクス特集
パターン認識(正解の絵が存在)

絵や図に含まれる/欠如している情報から正解を特定
メカニクスを選ぶ
Pattern Recognition

パターン認識は、絵・形・文字などの情報から、正解の絵を当てるシステムです。ドブルのように、子供と一緒に遊べるシンプルな絵合わせも「パターン認識」ですが、大人向けのボードゲームではは、ゲーム性を拡張するために敢えて混乱させるような仕掛けが含まれているケースが、少なくありません。
例えば、長らく世界中で親しまれているおばけキャッチは、2018年6月10日の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の放送で遊ばれた作品の1つです。これは、テーブルに置かれた【白いおばけ】【赤い椅子】【青い本】【緑のボトル】【灰色のネズミ】のコマのうち、たお題に対して「正解のコマ」を1番早く手に取るというボードゲームです。例えば「赤いボトルをもつ青いおばけ」のようなカードが公開されます。この時の正解コマは「赤ではない、かつ、ボトルではない、かつ、青ではない、かつ、おばけではない」物、つまり灰色のネズミです。このコマを取ったプレイヤーだけが、1ポイント得るという仕組みです。
多くのボードゲームで、反射神経や記憶力を使うようになっています。

1位
メンタル・ブロックス(Mental Blocks)

メンタル・ブロックス(Mental Blocks)

レビュー4件
プレイ人数2~9人
プレイ時間10~20分
推奨年齢10歳~
発売年2019年

kurumariで行われた #ジェンコンアフタートーク で持ち込んでくださってたのを遊びました!協力系の立体パズルゲームで(一部正体隠匿ルールもあるそう)、たいへん盛り上がりました。入っているブロックは色は4色、形は大小の四角や三角などいろいろです。プレイヤーはそれぞれ違う場所から見た立体の図を持っています。真横、その反対側の真横、前、後ろの4面と、5人以上で遊ぶ場合は斜めから見た図です。横から見た図は奥に何があるのかわかりません。斜めから見た図は色が書かれていません。みんなで協力して情報を出し合い...

ゲームデザイン
ジョナサン・ギルモア(Jonathan Gilmour)ミカ・ソーヤー(Micah Sawyer)
メーカー・販売元
パンダザウルス ゲームズ(Pandasaurus Games)
61興味あり120経験あり30お気に入り95持ってる
メンタル・ブロックス(Mental Blocks)
カートに追加する6,160円(税込)
2位
コードネーム(Codenames)

コードネーム(Codenames)

スパイマスターのヒントを手掛かりに、敵対組織より先に味方のエージェント全員と接触せよ!

レビュー44件
プレイ人数2~8人
プレイ時間15分前後
推奨年齢14歳~
発売年2016年

2つの敵対するスパイ組織がある。 各組織のスパイマスターは、25人のエージェント全員の正体を知っている。君たち現場諜報員は、エージェントたちのコードネームしか知らない。君たちの目的は、相手の組織よりも先に味方のエージェント全員とコンタクトを取ること。 スパイマスターは、自分の組織のエージェントのコードネームに関するヒントとして、単語1つだけを言うことができる。1語で複数のコードネームのヒントを表現することも可能だ。これを手掛かりに組織の部下たちは、敵のエージェントに接触することなく、味方...

ゲームデザイン
ヴラーダ・フヴァチル(Vlaada Chvátil)
メーカー・販売元
チェコゲームズエディション(Czech Games Edition)ミンドク(MINDOK)バーグサラ・エニグマ(Bergsala Enigma)
622興味あり2815経験あり695お気に入り1389持ってる
コードネーム(Codenames)
カートに追加する3,300円(税込)
3位
ヨメン(YOMEN)

ヨメン(YOMEN)

「テメェの2番は何色だ!?」「聞きたい事はソレだけかァーッ」

レビュー0件
プレイ人数2人用
プレイ時間15分前後
推奨年齢8歳~
発売年2017年

『YOMEN』は2人対戦型の立体積み木推理ゲームです。 互いが3色のブロックで組んだ形を、質問を駆使して推理する、空間把握タイプの論理ゲームです! 質問を繰り返して相手のブロックの組み合わせを推理し…先に当てたら勝ちです! 衝立の裏でこっそり自分のブロックを、3×3のマス目上に、3色のブロックを高さ3段に収まるように自由に配置します。 ブロックは 1■■ 2■■   ■ 3■■■    ■ という形の3種類しかありません。 質問は「一列のみを真横から見た場合...

ゲームデザイン
倉橋 良平(Ryohei Kurabashi)
メーカー・販売元
ブッコ(Bucco)
5興味あり48経験あり11お気に入り36持ってる
通販の取り扱いがありません
4位
ポーションエクスプロージョン(Potion Explosion)

ポーションエクスプロージョン(Potion Explosion)

材料を爆発させてポーションを作ろう!狙うは大連鎖!

レビュー23件
プレイ人数2~4人
プレイ時間30~60分
推奨年齢8歳~
発売年2016年

ポーションエクスプロージョンは材料を集めてポーションを作るゲームです。 作ったポーションはいつでも飲むことができて、ポーションによって色々な効果があります。 自分の番にやることは基本的には1つだけ。5つのレーンの好きな場所から材料を取ることです。 材料はビー玉になっていて、取ると間が詰まってビー玉がくっつきます。くっついたビー玉が同じ色だと爆発が起きて、さらにその材料を取ることができます。その連鎖は同じ色がくっつく限り何回でも発生するので1回取っただけで6〜7個取ることができます。...

ゲームデザイン
ステファノ・カステッリ (Stefano Castelli)アンドレア・クレスピ(Andrea Crespi)ロレンツォ・シルバ(Lorenzo Silva)
メーカー・販売元
ホリブルゲームズ(Horrible Games)999ゲームズ(999 Games)CMONリミテッド(CMON Limited)
287興味あり1013経験あり231お気に入り421持ってる
再入荷までお待ち下さい
5位
ゼンドー(Zendo)

ゼンドー(Zendo)

禅の弟子となって師匠の作り出した法則を読み解け!究極の禅問答ゲーム!!

レビュー2件
プレイ人数3~5人
プレイ時間60分前後
推奨年齢8歳~
発売年2003年

禅問答は分かるようでわからない・・・ でも、視点を変えてみた時に初めて「気づき」を得ることができる。 禅の師匠が繰り出した問いに、君は答えることができるか? プレイヤーは禅の修行をしている弟子となり、マスターが作り出した法則を読み解くにはマスターの思考と同調しなければならない。 このゲームはとても奥が深く、癖になる面白さがあります。 マスターの出題は時にシンプルで簡単な「法則(ルール)」で作られていることもありますが、場合によっては難解な法則によって作られている場合もあります。  ...

ゲームデザイン
コーリー・ヒース(Kory Heath)
メーカー・販売元
ルーニー ラボ(Looney Labs)
30興味あり79経験あり18お気に入り33持ってる
通販の取り扱いがありません
6位
ミステリウム(Mysterium)

ミステリウム(Mysterium)

霊と霊媒師になって事件の真相を突き止めよう。あなたの第六感が研ぎ澄まされる。

レビュー26件
プレイ人数2~7人
プレイ時間42分前後
推奨年齢10歳~
発売年2013年

この邸宅ではどうやら不思議な事が起きるらしい。調べていくと30年前に当時の従者が殺されていた…。 霊媒師を集め、霊を降臨させ、事件の真相を突き止めよう。 ゲームでは、霊役(1人)と霊媒師役(1〜6人)に分かれて事件を突き止めていく。 記憶が混濁している幽霊は各霊媒師それぞれに対しての容疑者、犯行現場、凶器のヒントしか伝えられない。最終的には各霊媒師の推理が成功した「容疑者・犯行現場・凶器」のセットから、更に"本物の"容疑者・犯行現場・凶器を当てることが目標。 美しい絵とコンポーネント...

ゲームデザイン
アレクサンドル・ネフスキー(Oleksandr Nevskiy)オレグ・シドレンコ(Oleg Sidorenko)
メーカー・販売元
アスモデ(Asmodee)バーグサラ・エニグマ(Bergsala Enigma)エスデヴィウム(Esdevium)
670興味あり1246経験あり262お気に入り551持ってる
ミステリウム(Mysterium)
カートに追加する7,480円(税込)
7位
おばけキャッチ(Ghost Blitz)

おばけキャッチ(Ghost Blitz)

頭の回転の速さが勝負!素早く見切っておばけをキャッチ!

レビュー44件
プレイ人数2~8人
プレイ時間20分前後
推奨年齢8歳~
発売年2010年

赤い椅子、青い本、緑の瓶、灰色のネズミ、そして白いおばけ・・・これらの駒をカルタ取りのように早い物勝ちでキャッチするのが、おばけキャッチというボードゲームです。どの駒を取るのかは、山札からめくったカードによって決まります。ここで取る駒を見切るのが、このボドゲの難しく面白いポイントになります。 カードには、キャッチする駒と似たような絵が描いてあります。しかし、本が緑だったり、おばけが赤かったり・・・どこか少しだけ違うようです。その中から、カードの絵に描いてあるのと全く同じアイテムがあればその駒を...

ゲームデザイン
ジャック・ゼメ(Jacques Zeimet)
メーカー・販売元
999ゲームズ(999 Games)コンペト・マレクトイ(Competo / Marektoy)デヴィーア(Devir)
274興味あり2747経験あり577お気に入り1601持ってる
再入荷までお待ち下さい
8位
クレイジータイム(Crazy Time)

クレイジータイム(Crazy Time)

ひねくれ者のための愉快なパーティー・コミュニケーションゲーム

レビュー1件
プレイ人数4~7人
プレイ時間30分前後
推奨年齢12歳~
発売年2014年

ラウンドごとに増えていく謎の時の規則に従い見抜き、勝利をつかめ! うかうかしていたら勝利は掴めんぞ! 負けても大丈夫。 本当の勝者は、4ラウンド目を制した者なのだ!

ゲームデザイン
アレックス・プットフィン(Alex Putfin)
メーカー・販売元
ダイヴダイス(Divedice)イン・ルード・バリタス(In ludo veritas)コリア・ボードゲームズ(Korea Boardgames co.)
27興味あり77経験あり16お気に入り27持ってる
通販の取り扱いがありません
9位
トポロメモリー3(toporo memory3)

トポロメモリー3(toporo memory3)

脳がとろける超理系カルタ第3弾!

レビュー0件
プレイ人数2~5人
プレイ時間10分前後
推奨年齢5歳~
発売年2019年

『トポロメモリー』シリーズは、図形や記号が描かれたカードの中から、トポロジー的に同じ形のペアを見つけていち早く取るという、カルタと神経衰弱を足したシンプルなルールのゲームです。 カードに描かれているのはすべて、どこかで見たことがあるような図形たち。ですがそれらを先入観を捨ててトポロジー的に見なければいけないため、大いに混乱しながら大人も子供も対等に楽しめるゲームです。『トポロメモリー』『トポロメモリー2』『トポロメモリー3』のシリーズを通して、すべて同じルールでそれぞれ遊ぶことができ、混ぜても...

ゲームデザイン
ミヤザキ ユウ(Yu Miyazaki)
メーカー・販売元
バンソウ(Banso)
7興味あり49経験あり10お気に入り44持ってる
トポロメモリー3(toporo memory3)
カートに追加する2,200円(税込)
10位
ドブル(Dobble / Spot it!)

ドブル(Dobble / Spot it!)

スピード勝負で図形認識能力を競おう!

レビュー29件
プレイ人数2~8人
プレイ時間15分前後
推奨年齢7歳~
発売年2009年

1枚のカードの中に8種類のイラストが描かれた円型のカードが55枚。 この中の任意2枚のカードから共通のイラストを探し出す、観察力と反射神経を使うカードゲームです。 カードを沢山集めた人が勝ち、カードを早く減らした人の勝ちなどのルールで5種類の遊び方があり、大人から子供まで楽しめるボードゲームです。 50種類以上のマークのうちの8つのマークが描かれた55枚のカードで構成されており、全てのカードは他のカードとたった1つだけ同じマークが描かれていて、それを探すのが目的のカードゲーム。5種類のミニ...

ゲームデザイン
デニス・ブランショ(Denis Blanchot)ギヨーム・ギルナベス(Guillaume Gille-Naves)イゴール・プルーチン(Igor Polouchine)
メーカー・販売元
ADC・ブラックファイアー・エンターテイメント(ADC Blackfire Entertainment GmbH)アスモデ(Asmodee)アステリオン・プレス(Asterion Press)
292興味あり2344経験あり443お気に入り1409持ってる
ドブル(Dobble / Spot it!)
カートに追加する1,980円(税込)
11位
ニャーロックホームズ:モリミャーティーの痕跡(Purrrlock Holmes: Furriarty's Trail)

ニャーロックホームズ:モリミャーティーの痕跡(Purrrlock Holmes: Furriarty's Trail)

ネコになったシャーロック・ホームズとモリアーティの推理対決カードゲーム!

レビュー3件
プレイ人数2~5人
プレイ時間20~30分
推奨年齢10歳~
発売年2017年

推理小説、シャーロック・ホームズシリーズに登場する、犯罪界のナポレオン、モリアーティとの戦いをモチーフに、動物の世界に舞台を移したボードゲーム。 プレイヤーはそれぞれ警部補になり、犯人を捕まえつつ大ボスであるモリミャーティを捕まえます。 捕まえたときに一番捜査に貢献した人が勝ちです。 まず、推理対象は5種類の動物と1から12までの時間が書かれたカードです。同じカードはないので、カードは全部で60枚あります。 自分のカードだけが見えない状態となっていて、手札の中からカードを選んで、自分...

ゲームデザイン
ステファン・サウアー(Stephen Sauer)
メーカー・販売元
IDWゲームズ(IDW Games)ディアシュピール(Dear Spiele)
51興味あり86経験あり16お気に入り58持ってる
ニャーロックホームズ:モリミャーティーの痕跡(Purrrlock Holmes: Furriarty's Trail)
カートに追加する3,980円(税込)
12位
エニグマ(Enigma)

エニグマ(Enigma)

レビュー0件
プレイ人数2~4人
プレイ時間45分前後
推奨年齢8歳~
発売年2012年

ゲームデザイン
トウコ・ターコカリオ(Touko Tahkokallio)
メーカー・販売元
アルビ(Albi)コンペト・マレクトイ(Competo / Marektoy)フィロソフィア エディションズ(Filosofia Éditions)
11興味あり79経験あり14お気に入り41持ってる
通販の取り扱いがありません
13位
ナインタイル(Nine Tiles)

ナインタイル(Nine Tiles)

ライバルよりも早くタイルの絵柄を合わせよう!スピードと判断力が勝負の分かれ道!

レビュー25件
プレイ人数2~4人
プレイ時間15分前後
推奨年齢6歳~
発売年2015年

ナインタイルは、9枚のタイルをパズルのように入れ替えたりひっくり返したりして、ライバルよりも早く、お題と同じタイルの完成を目指すボードゲームです。 タイルの裏表には6種類の模様のいずれかが描いてあります。一見簡単そうに思えますが、タイルの裏表の組み合わせをよく考えないとどれか1枚だけ揃わず、あっちっこっちタイルをひっくり返えす事になるかも!? 単純明快なルールで大人から子供まで幅広い年齢層にお楽しみ頂けるパーティーゲームです。 いずれか1人が4枚のお題カードを獲得したら、ゲーム終了...

ゲームデザイン
ジーン・クラウデ・ペロン(Jean-Claude Pellin)
メーカー・販売元
オインクゲームズ(Oink Games)
185興味あり1308経験あり229お気に入り811持ってる
ナインタイル(Nine Tiles)
カートに追加する2,420円(税込)
14位
ナンジャモンジャ・ペアセット(Toddles-Bobbles 2in1)

ナンジャモンジャ・ペアセット(Toddles-Bobbles 2in1)

レビュー5件
プレイ人数2~6人
プレイ時間15分前後
推奨年齢4歳~
発売年2016年

製造元のロシアで大人気になったゲームで、ロシアでは児童心理センターの認定を受けているゲームです。 このペアセットは「シロ」と「ミドリ」の両方がセットになっているもので、両方合わせて24種類の謎の妖精「ナンジャモンジャ族」のカード5枚ずつ、合計120枚のカードを使ってプレイできます。プレイヤーは順番にカードをめくっていき、初めて出たカードの妖精には名前をつけてあげ、同じカードが出たら先につけた名前を呼んだ人がカードを取ることが出来ます。 カードに名前をつける発想力、つけた名前を覚える記憶力...

ゲームデザイン
アレナ・リベディバ(Alena Lebedeva)
メーカー・販売元
シンプルルールズ(Simple Rules)
56興味あり312経験あり54お気に入り224持ってる
通販の取り扱いがありません
15位
ローリーズストーリーキューブス:冒険(Rory's Story Cubes: Voyages)

ローリーズストーリーキューブス:冒険(Rory's Story Cubes: Voyages)

冒険の物語を創作しよう!広大なスケール感でワクワク感が止まらない

レビュー1件
プレイ人数1~12人
プレイ時間20分前後
推奨年齢8歳~
発売年2013年

ローリーズストーリー キューブス:オリジナルを何度か遊んでいて、物語がワンパターン化してきたときにはまずこれを手に入れると良いでしょう。 「地図にも載っていない伝説の大陸で…」といったスケール感が一気に大きくなり、ワクワクする創作ストーリーを楽しめるようになっています。 ちなみに「お城」「盗賊」「洞窟」など冒険感満載、新しい話の広げ方ができるダイスが中心に含まれています。本作だけでも遊んでも楽しいですし、他の作品と混ぜると奇想天外なストーリーが生まれるので面白いです。 オリジナルを...

ゲームデザイン
ローリー・オコナー(Rory O'Connor)
メーカー・販売元
ザ・クリエイティビティ・ハブ(The Creativity Hub)ゲームライト(Gamewright)ミンドク(MINDOK)
12興味あり35経験あり6お気に入り51持ってる
ローリーズストーリーキューブス:冒険(Rory's Story Cubes: Voyages)
カートに追加する1,562円(税込)
16位
トゥキ(Tuki)

トゥキ(Tuki)

レビュー1件
プレイ人数2~4人
プレイ時間30~45分
推奨年齢8歳~
発売年2019年

バランス積み木ゲーム。白ブロックを使って、上手く重心取って完成させよう。とても単純で面白いゲームです。ただ難しいお題もあり、四苦八苦してこれしかあり得ないだろと思った答え出しても横を見ると全然別の解き方してたりする。結構奥が深いです。→もっと読む

ゲームデザイン
グルゼゴルツ・レヒトマン(Grzegorz Rejchtman)
メーカー・販売元
ネクストムーブゲームズ(Next Move Games)
24興味あり111経験あり19お気に入り41持ってる
トゥキ(Tuki)
カートに追加する6,600円(税込)
17位
ナンジャモンジャ・ミドリ(Toddles-Bobbles Green)

ナンジャモンジャ・ミドリ(Toddles-Bobbles Green)

不思議生物たちに名前をつけてあげよう

レビュー27件
プレイ人数2~6人
プレイ時間15分前後
推奨年齢4歳~
発売年2016年

手足と大きな顔だけの謎の生物「ナンジャモンジャ族」に名前を付けてあげるカードゲームです。 山札からめくったカードに描かれているナンジャモンジャに、即興で名前を付けて行きます。 次に同じカードがめくられた時、その名前をいち早く声に出して呼ぶことができたプレイヤーは、それまでに重ねられてきたカードを全て貰うことができます。 最終的に一番たくさんのカードを集めた人の勝ちとなります。 手足が生えた大きな頭の持ち主なのに、すぐに自分たちの名前を忘れてしまうナンジャモンジャ族たちを助けて新し...

ゲームデザイン
アレナ・リベディバ(Alena Lebedeva)
メーカー・販売元
シンプルルールズ(Simple Rules)すごろくや(Sugorokuya)
149興味あり1750経験あり299お気に入り1136持ってる
通販の取り扱いがありません
18位
シャドウズ アムステルダム(Shadows: Amsterdam)

シャドウズ アムステルダム(Shadows: Amsterdam)

探偵となって未解決事件を捜査!リアルタイム競争ゲーム

レビュー2件
プレイ人数2~8人
プレイ時間20分前後
推奨年齢10歳~
発売年2018年

プレイヤーは探偵社の諜報員、探偵となり、未解決事件の捜査を行います。 ライバルである探偵社よりも早く手がかりを集め、依頼人の元へ向かうことが目的です。 ただし、警察に見つからないよう慎重に行動しなければなりません。 プレイヤーは2つのチームに分かれます。チームは1人の「諜報員」と複数人の「探偵」で構成されます。 諜報員のみが手がかりの場所、依頼人の場所を把握していますが、会話をすることができません。 諜報員がヒントとなるイラストを探偵に渡して、目的地へ導きます。 イラストを介して...

ゲームデザイン
マシュー・オーバート(Mathieu Aubert)
メーカー・販売元
リベリュー(Libellud)レベル(Rebel)
41興味あり112経験あり19お気に入り68持ってる
シャドウズ アムステルダム(Shadows: Amsterdam)
カートに追加する3,960円(税込)
19位
ペンタゴ(Pentago)

ペンタゴ(Pentago)

馴染み深い五目並べ。でも、回転しちゃうんです。

レビュー1件
プレイ人数2人用
プレイ時間5分前後
推奨年齢8歳~
発売年2005年

アブストラクトゲームです。日本のゲームに一番近いものとすると...五目並べ。 ただ、そんな五目並べが、回転してしまうんです。 6×6の盤面が、4つの3×3に分かれており、プレイヤーは自分の駒(白か黒のビー玉)を置いたあと、必ずどの区画かを90°回転させなければなりません。序盤は特に何も苦労しない五目並べですが、後半になってくると、『回転』の効果が活きてきます。自分に有利に事を運ぼうとすれども、相手の駒も一緒に回転してしまうので、いつの間にか相手に好機を与えていたり...気付かないうちに5個並んで...

ゲームデザイン
トーマス・フローデン(Tomas Flodén)
メーカー・販売元
カロムアート(Carrom Art)エグモント ポルスカ(Egmont Polska)ギシー・ファーラグ(Giseh Verlag)
16興味あり65経験あり11お気に入り51持ってる
通販の取り扱いがありません
20位
おばけの試験カードゲーム(Schloss Schlotterstein: Das Kartenspiel)

おばけの試験カードゲーム(Schloss Schlotterstein: Das Kartenspiel)

見習いおばけのおどろかせ試験!おどろかせる相手を覚えて見つけだそう

レビュー2件
プレイ人数2~4人
プレイ時間10~15分
推奨年齢4歳~
発売年2010年

おばけの試験はおどろかせること! お城の住人たちをこっそり覗いておどろかせる相手を選びます...。 みんなでお題のカードを見て、どんな人、動物が描かれていたかを覚えます。 お題カードが裏返されたら試験開始! ひとりずつ順番にカードに書かれていたと思うものを場にある住人カードから選んでいきます。 もうだれも思い出せない!となったらお題カードを表にして答え合わせ。 正解した数だけ得点をゲットしますが、間違っていたらその分マイナスです。 お題カードの住人たちは大きく書かれたものは目立...

ゲームデザイン
カイ・ハーファーカンプ(Kai Haferkamp)マルクス・ニキッシュ(Markus Nikisch)
メーカー・販売元
ハバ(HABA - Habermaaß GmbH)
12興味あり95経験あり16お気に入り84持ってる
通販の取り扱いがありません