マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ボードゲームのメカニクス特集
デッキビルディング(デッキ構築)

場札を獲得し、自分の山札(デッキ)に編入させていく
メカニクスを選ぶ
Deck / Pool Building

デッキビルディングは、ボードゲームにおける人気メカニクスの1つではありますが、その人気はほぼドミニオンシリーズによるものと言っても過言ではありません。イメージとして似ているのは、プレイヤーがカードを集めて自分のデッキを作り、相手プレイヤーと対戦するTCG(トレーディングカードゲーム)・TCGの仕組みを利用したソーシャルゲームです。
ただしデッキ構築型ボードゲームでは、プレイヤーは自分のデッキを保有しておく必要がありません。基本的に全員、ゲーム開始時は必要最低限の状態から始まります。全プレイヤーがこれから入手可能なカードが、カード置き場(サプライと呼ばれます)に並んでいるため、そこからカードを仕入れて「自分のデッキ」に加え、徐々に強化していきます。ドミニオンシリーズに影響を受けている作品は多く、「①自分のプレイ手番で、自分のデッキから5枚引く。」「②手番プレイ時に余ったカードは、捨て札として処理する。」「③デッキのカードが無くなったら、捨て札をシャッフルして山札とする」という基本ルールは、比較的よく見られます。また、序盤に活躍していたカードが後半不要になるといった場合は、5枚中5枚が有用なカードになるようデッキから廃棄(デッキ圧縮)することが出切るゲームも多く存在しています。
2017年と比較的新しいエルドラドや、注目度の高いセンチュリーシリーズも、デッキビルディングがメインメカニクスの1つとなっているボードゲームです。また、ドミニオンシリーズ同様、製品仕様として「コレクティブルカードゲーム」になっているものも少なくありません。これは、製品単位でなくカード単位でゲームが構成されているために、最初に発売されたものと、以降に発売されたものを混ぜて遊ぶことができるという仕様です。

1位
スターレルムズ(Star Realms)
ボードゲームのレビュー 1件

スターレルムズ(Star Realms)

ルールはシンプル、カードも一つ一つはシンプル、それでも一つ一つは小さいけど組み合わせれば百人力!手札を全部「必ず」出す事が前提であるため、手札で重なって見えない文字を確認しながら悩む必要はありません。このゲームは買い物をして自軍の内政面や軍事面を強化していって、最終的に敵軍を打ち負かしたら勝利です。プレイヤーが1ターンに二回ある選択の一つ・買い物の一応のガイドがあります。同色カードは相乗効果が予め設定されていて、互いのカードで第二の効果が追加で発生するといった具合です。しかし色毎にテーマがあり、不得...

29興味あり41経験あり19お気に入り22持ってる
取り扱いがありません
2位
東京サイドキック(Tokyo Sidekick)
ボードゲームのレビュー 9件

東京サイドキック(Tokyo Sidekick)

東京を舞台にスーパーヒーローとサイドキックが、事件を解決したり襲い来るヴィランと戦う。爽快感溢れる事件解決型デッキ構築ボードゲーム。東京の平和を守り抜け!!2018年春登場。

「東京サイドキック」 プレイ時間:45分~60分 プレイ人数:2名~4名 ゲームデザイン:エミユウスケ(代表作:Kittys、サンゴク、ワー!ワーウルフ、黄金体験) イラストレーション:平林知子、Nuda、松(A・TYPEcorp.)、ikuyoan、田村正平、ゆうる 価格:¥6,480(税込み) 東京の街を舞台に、スーパーヒーローや彼らの相棒のサイドキック達が、次々に発生する事件や襲い来る敵ヴィラン達に挑み、東京の平和を守るのが目的の事件解決型協力ボードゲームです。 特色...

83興味あり128経験あり52お気に入り120持ってる
東京サイドキック(Tokyo Sidekick)
6,480円(税込)カートに追加する
東京サイドキック(Tokyo Sidekick)
6,980円(税込)カートに追加する
3位
グレートウェスタントレイル(Great Western Trail)
ボードゲームのレビュー 8件

グレートウェスタントレイル(Great Western Trail)

ウチの牛が一番良い牛だ! 拡大再生産+すごろく+デッキ構築

プレイヤーは19世紀アメリカはテキサスの牧場主。アメリカNo.1の牧場を目指します。 自らの牧場の評判を上げるには希少な牛を飼育し、遠方まで届ける交通網を敷き、牧場施設を充実させていく必要があります。その為には、まず優秀な人材、各職業のプロフェッショナル達を雇い、また各都市とのコネクションを繋いで取れる行動を増やさなければなりません。 拡張性のあるすごろくのようなボードに、一周する度に進歩が無ければマイナス点を負ってしまう緊張感、プレイヤーの個性を出せる様々な勝ち筋と程よく絡む運要素。

189興味あり282経験あり109お気に入り201持ってる
取り扱いがありません
4位
ドミニオン:第二版(Dominion (Second Edition))
ボードゲームのレビュー 6件

ドミニオン:第二版(Dominion (Second Edition))

定番デッキ構築カードゲームに内容新たに第二版が登場

 「ドミニオン:第二版」はドミニオンの新しい基本セットです。旧版のドミニオンを含めて、ドミニオンの全ての拡張セットと合わせてプレイすることが可能です。この新しい基本セットでは、旧版のドミニオンから 6 種類のカードが抜け、新たに 7 種類のカードが加わりました。また、「廃棄置き場」はカードからマットに仕様変更しました。ルール自体の変更はありませんが、数多く発売された拡張セットとの整合性をとるため、ルールの表現を若干修正しています。  これから新たに「ドミニオン」を始める方も、従来のファンも注目...

64興味あり328経験あり126お気に入り317持ってる
ドミニオン:第二版(Dominion (Second Edition))
4,860円(税込)カートに追加する
5位
ドミニオン(Dominion)
ボードゲームのレビュー 26件

ドミニオン(Dominion)

デッキを構築しながら強化しよう!成長型カードゲームの最定番

自分の王国を発展・拡大し、他の王国と競い合うデッキ構築型ボードゲームです。ドミニオンとは「領土」のことですが、実際に領土を取り合う訳ではありません。自分の所持するカードの束(デッキ)が、いわゆる王国の「財産」です。そのカードを使用して新たなカードを購入したり不要なカードを破棄したりして、自分のデッキを強くしていくことが王国の発展となります。 最終的に自分のデッキにあるカードの「勝利点」が一番多いプレーヤーが勝利します。 プレーヤーは銅貨7枚と屋敷3枚のデッキから始まります。最初の財産ですね。デッキ...

313興味あり1755経験あり631お気に入り1182持ってる
取り扱いがありません
6位
コンコルディア(Concordia)
ボードゲームのレビュー 11件

コンコルディア(Concordia)

いかに効率よく発展させられるかが鍵!古代ローマを舞台とした拡大再生産ゲーム

ローマ帝国が地中海を支配していた2千年前、様々な名家が経済の発展、属州の安定をもたらしました。 プレーヤーはそんな名家の1つとなり、入植者を各都市に送って自分の商業網を拡げ、古代の神々の望みへと導きます。 このボードゲームは、人物カードを使用しながら進めていきます。初期手札として7枚の人物カードを保有しており、手札から人物カードを使うことで、それぞれのカードに記載されているアクションを行います。品物を生産したり、入植者を移動して都市に建物を建築したり、新たな手札を購入したりするなどして、勝利...

152興味あり430経験あり153お気に入り352持ってる
コンコルディア(Concordia)
8,000円(税込)カートに追加する
7位
オルレアン(Orléans)
ボードゲームのレビュー 5件

オルレアン(Orléans)

ワーカープレイスメントとデッキ構築と陣取り いろいろな要素が混じってるよ

ワーカープレイスメントとデッキ構築の要素を併せ持つ、 ワーカー構築プレイスメントとでも呼ぶべきゲームです。 18ラウンドを行い最終得点を競う、2時間くらいのゲームです。。 4人までですが、拡張を加えると5人まで遊べます。 共通ボード2枚と個人ボード、それに袋、袋には最初4個のワーカー。 大きい方の共通ボード、半分は資材置場と各自のパラメーターを示す所。 もう半分はオルレアンと周囲の街を示すMAPで、 ここで各プレイヤーは競って自コマを動かし、資材を拾って街に家を建てる。 小さい共...

157興味あり291経験あり103お気に入り188持ってる
取り扱いがありません
8位
エルドラド(The Quest for El Dorado)
ボードゲームのレビュー 13件

エルドラド(The Quest for El Dorado)

デッキビルディングして密林を走破。財宝を目指すレースゲーム。

ライナー・クニツィア氏がデザインしたデッキビルディング/レースゲームです。 最初に、モジュラー式になった六角形のタイルをつなげてゲームボードを作ります。推奨の組み合わせは説明書に載っていますが、それ以外の自分たちのオリジナルの組み合わせで作っても構いません。ゲームごとに違うマップでレースを進めることになります。 目的は、スタート地点から自分のコマを進めて、最も早く最奥にあるエルドラドまで到達することです。 自分の手番にはカードをプレイして、プレイしたカードだけ自分のコマを進め行きます。...

218興味あり534経験あり182お気に入り249持ってる
エルドラド(The Quest for El Dorado)
5,500円(税込)カートに追加する
9位
数エーカーの雪(A Few Acres of Snow)
ボードゲームのレビュー 2件

数エーカーの雪(A Few Acres of Snow)

イギリスVSフランス! 北米の利権をめぐる二人用デッキ構築型戦争ゲーム

17世紀初頭、北米にはイギリスとフランスという二つの大国が植民地を保有していました。この地における両国の対立はヨーロッパでの戦争が激化するにつれて本格的なものとなり、17世紀の末から18世紀の中ごろにかけて四度に渡る戦争を引き起こすことになります。 このゲームでは、プレイヤーがイギリスとフランスの各陣営を担当し、相手に先んじて軍事的優位を獲得することを目指します。 基本システムはデザイナーも公言している通り「ドミニオン」に強い影響を受けたデッキ構築型カードゲーム。軍事力や資源、移動手段や...

67興味あり56経験あり19お気に入り51持ってる
取り扱いがありません
10位
センチュリー:ゴーレム(Century: Golem Edition)
ボードゲームのレビュー 9件

センチュリー:ゴーレム(Century: Golem Edition)

センチュリー:スパイスロードのファンタジーテーマ版

日本語版も発売された、センチュリー:スパイスロードのテーマ違いのバージョンです。 ルール的には同じゲームですが、4種のスパイスをトレードして集めるというテーマが、4種のクリスタルを集めてゴーレムを手に入れるというファンタジーテーマに変更になっています。 ファンタジーテーマにひかれる方、透明なクリスタルが綺麗と感じる方は、こちらを選んでみるのもいいかもしれません。

100興味あり248経験あり84お気に入り146持ってる
センチュリー:ゴーレム(Century: Golem Edition)
5,184円(税込)カートに追加する
11位
コンコルディア:ガリア & コルシカ(Concordia: Gallia / Corsica)
ボードゲームのレビュー 0件

コンコルディア:ガリア & コルシカ(Concordia: Gallia / Corsica)

名作コンコルディアの新マップ

※「コンコルディア」の拡張セットです。単体では遊べませんので「コンコルディア」と合わせて遊んでください。

18興味あり33経験あり11お気に入り71持ってる
取り扱いがありません
12位
ハートオブクラウン(Heart of Crown)
ボードゲームのレビュー 7件

ハートオブクラウン(Heart of Crown)

ストーリーのあるデッキ構築カードゲーム

姫を帝国の帝位につけることが目的のデッキ構築カードゲームです。 戦略に応じてデッキを強化して進めていきます。

104興味あり423経験あり140お気に入り256持ってる
ハートオブクラウン(Heart of Crown)
4,860円(税込)カートに追加する
13位
クアックサルバー(Die Quacksalber von Quedlinburg)
ボードゲームのレビュー 11件

クアックサルバー(Die Quacksalber von Quedlinburg)

つい先日、2018年のドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門を受賞した作品です。デザイナーのヴォルフガング・ヴァルシュ(Wolfgang Warsch) は、同年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートした『ザ・マインド』と、同じくエキスパート部門にノミネートした『ガンシュンクレバー』もデザインしており、1年間の間に発表した4作品のうち3作品がドイツ年間ゲーム大賞とそのエキスパート部門ににノミネート、その内1つは受賞という鬼才です。クアックサルバー(quacksalber)とはドイツ語で「ヤブ医者」という意...

95興味あり301経験あり98お気に入り157持ってる
クアックサルバー(Die Quacksalber von Quedlinburg)
5,940円(税込)カートに追加する
14位
ハートオブクラウン~フェアリーガーデン~(Heart of Crown: Fairy Garden)
ボードゲームのレビュー 1件

ハートオブクラウン~フェアリーガーデン~(Heart of Crown: Fairy Garden)

ハートオブクラウンの別バージョンと考えた方がいいです。ルール自体は変更ありませんが、初期カード自体がハートオブクラウンとは違ってきており、また、ハートオブクラウンに比べてカードの追放をうまくやらないと農村カードがバンバン増えてしまったり…ちょっと戦略が前作に比べて変わってきます。ハートオブクラウンにはまった人は、買って損はないと思います。何度やっても飽きない。非常に面白い作品だと思います。拡張版自体はそれぞれ別になっているので、まとめて買うにはちょっと注意が必要です。

21興味あり90経験あり29お気に入り102持ってる
取り扱いがありません
15位
ハートオブクラウン~北限の魔女~(Heart of Crown: Northern Enchantress)
ボードゲームのレビュー 1件

ハートオブクラウン~北限の魔女~(Heart of Crown: Northern Enchantress)

ハートオブクラウンの拡張になります。第1弾拡張の極東と混ぜる事で上級ルールで遊ぶ事ができます。北限の姫は魔女というだけあって、呪いカード関連の特殊効果を持っているので、使い方によっては非常に強力です。その他カードも一癖あるものが多い印象でした。極東にも慣れ、更なるルールで遊びたいのであれば購入して損はないと思います!

10興味あり98経験あり31お気に入り104持ってる
ハートオブクラウン~北限の魔女~(Heart of Crown: Northern Enchantress)
3,780円(税込)カートに追加する
16位
ダイスフォージ(Dice Forge)
ボードゲームのレビュー 17件

ダイスフォージ(Dice Forge)

オレのダイスに1の目は要らない

「ダイスフォージ」は、英雄と呼ばれた人間が神に選ばれ、半神になるための試練に挑む、と言ったストーリーの、中世ファンタジー的な世界観のゲームです。 プレイヤーは英雄となり、怪物と戦ったり、神々へ捧げものをして新たな力を得ていきます。 このゲームの最大の特徴は、この「新たな力」を得る事を、ダイスの目そのものを付け替える事で表現している点です。 付属のダイスは各面が全て取り外し可能になっています。プレイヤーは「新たな力」を得た場合、自分のダイスから不要と思われる面を取り除き、代わりにいま獲得した...

167興味あり553経験あり174お気に入り304持ってる
取り扱いがありません
17位
クランク!(Clank!: A Deck-Building Adventure)
ボードゲームのレビュー 4件

クランク!(Clank!: A Deck-Building Adventure)

アセンションやドミニオン系のデッキ構築&ダンジョン探索。間違いなく面白い

アセンションやドミニオン系のデッキ構築&ダンジョン探索。間違いなく面白い

126興味あり234経験あり73お気に入り98持ってる
取り扱いがありません
18位
アバブ・アンド・ビロー(上へ下へ)(ABOVE and BELOW)
ボードゲームのレビュー 3件

アバブ・アンド・ビロー(上へ下へ)(ABOVE and BELOW)

コンポーネントとアートワークが美しい。家や洞窟、前哨のカードを見ているだけでもワクワクします。ゲームは村人によるアクションポイント制で、あちらを立てればこちらが立たずと、いい感じに悩まされます。探索により様々な物語が紡がれるエンカウンターブック。探索は選択肢によってその後のストーリーや難易度、報酬が異なります。ゲームプレイ後に「あっちの選択肢の方が良かったのかな」や「あそこで半魚人助けてたほうが良かったのかな」など振り返りの話にも花が咲きます。得点行動もいくつか種類があるので、次のプレイはこっちを伸...

54興味あり98経験あり30お気に入り58持ってる
取り扱いがありません
19位
ミスティック・ヴェイル(Mystic Vale)
ボードゲームのレビュー 2件

ミスティック・ヴェイル(Mystic Vale)

生命[いのち]の谷を呪いが覆った。自然の精霊たちの助けを呼ぶ声を聴き、ドルイドの一族が駆け付け、そして決意する。神の恩恵を使って大地を癒し、精霊たちを救わんことを。それには、勇気と、細心の注意が必要だ。気を抜くと、呪いは圧倒的なパワーですべてを押し流してしまうのだから――。ミスティック・ベールは、2-4人のプレイヤーがドルイドの一族のものとなり、大地を覆う呪いを払うために戦います。あなたの手番では、強力な進化要素[advancements]や便利なベールカード[Vale cards]を獲得するため、...

24興味あり37経験あり11お気に入り10持ってる
取り扱いがありません
20位
コーヒー・ロースター(Coffee Roaster)
ボードゲームのレビュー 2件

コーヒー・ロースター(Coffee Roaster)

コーヒーの焙煎をテーマにした、一人用ボードゲーム。

プレイヤーはコーヒーの焙煎しとなり、コーヒー豆を焙煎していきます。 ボード上にチップを配置し特殊効果を発動させ、ゲームを進め、コクや香りなどのコーヒーの魅力を引き出すことが高得点の鍵になります。 たくさんの種類のコーヒー豆があり、一人用のゲームですが高いリプレイ性がある作品です。

59興味あり64経験あり19お気に入り73持ってる
取り扱いがありません