マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ボードゲームのメカニクス特集
バッティング

宣言した物や数が他プレイヤーと被るとペナルティが発生
メカニクスを選ぶ
Batting

バッティングは、主に国内のボードゲーマーに人気のメカニクスの1つで、国内最大の頒布イベント「ゲームマーケット」で発表される同人ボードゲームでも比較的よく採用されるメカニクスと言えます。
このメカニクスは、まずプレイヤーが「欲しいアイテム」「行いたいアクション」「入札額」などを予め確定させておきます。全員が決まったら、一斉に全プレイヤーの選択を公開します。この時、同じ内容を選択していたプレイヤー達は何かしらのペナルティを受けます。ペナルティ内容は、一般的に「無効になる」がほとんどで、ゲームによっては効果の弱いおまけを貰える場合(例:アクションは出来ないが1コインを獲得する等)もあります。この仕組をバッティングと呼びます。
バッティングシステムにより、例えばバッティングを回避するために「2マス移動する」よりも「1マス移動する」を選択するといった、敢えて効果の劣るアクション選択する心理戦が生まれます。

1位
戦国ドミノ(Domino of War)
ボードゲームのレビュー 2件

戦国ドミノ(Domino of War)

プレイヤーは武田、上杉、織田、毛利の戦国時代の四大武将。配下の武将を模したドミノ牌を配置して、縦列・横列それぞれの合計数を競います。もっとも列を獲得した武将が、そのエリアの城を獲得。ふたつの城を獲得した武将が勝者となります。・・・と、簡単にまとめるとこんな感じですが、かなり悩ましい。ついつい長考しがちになりますが、楽しいから問題ない!!!!ルールもわかりやすく、初心者から楽しめる、歴史好きにはたまらないゲームです!おすすめ!!!!!!

33興味あり68経験あり21お気に入り65持ってる
戦国ドミノ(Domino of War)
3,801円(税込)カートに追加する
2位
プララーヤ(Pralaya)
ボードゲームのレビュー 4件

プララーヤ(Pralaya)

沈みゆく島から他の誰よりも多くの宝を運び出そう。引き際を見誤った者は島と共に海の藻屑となるチキンレースゲーム!

遙か昔、栄華を極めた島が南海に存在したという。 しかし、突如として目覚めた悪魔によって島が沈められようとしていた。未曾有の危機に王は決断を下す。 「一刻も早く島の素晴らしき叡智と美しい命を集め、北の地に脱出するのだ」と。 プレイヤーは王の腹心の1人となり、沈みゆく島からより多くの宝を集めて脱出することを目指します。 ゲーム開始時、「島」は3列6行のカードで表され、大きく分けて「海」または「宝」のいずれかで構成されます。 プレイヤーは「宝」を集めるための「行動力」を消費して、手番中に「宝...

24興味あり83経験あり24お気に入り77持ってる
取り扱いがありません
3位
ミラリス(Miraris)
ボードゲームのレビュー 6件

ミラリス(Miraris)

神秘的な世界感。他のプレイヤーと同じ数字を出さないこと。

鏡が映す、夢の世界の7つの奇跡を探索しましょう。 世界の真の姿を見た時、現世への道が開かれます。 しかし、この世界を訪れた人はあなただけではありません。 もし、勇気と慎重さが彼らに及ばなければ、あなたの魂は帰る処を失ってしまいます。 『Miraris』は神秘の世界を渡り歩き、その真の姿に迫る事が目的のカードゲームです。 ​ゲームの最初に与えらえる限られた所持金を使い、より多くの場所を探索しましょう。 ■あなたの望みは何? ゲームは8ラウンド。その中で、より多くの奇跡を探索するこ...

53興味あり220経験あり60お気に入り161持ってる
ミラリス(Miraris)
2,700円(税込)カートに追加する
4位
レース・フォー・ザ・ギャラクシー(Race for the Galaxy)
ボードゲームのレビュー 5件

レース・フォー・ザ・ギャラクシー(Race for the Galaxy)

他のプレイヤーの行動を予測しながら、相性の良いカード同士のコンボを決めつつ、自分の銀河帝国を構築する。1ゲーム10分で終わる拡大再生産ゲームの傑作

レースフォーザギャラクシーは、プレイヤーそれぞれが、さまざまな惑星や技術、建造物などを集めて、自分の銀河帝国を構築するゲームです。10年前に発売されたゲームですが、まったく古びておらず、いまだに新しい拡張がでる人気作です。 カードで表された惑星や技術は、それぞれ、資源を生産したり、プレイヤーの手札をふやしたり、あるいは他のアクションのコストを下げたり、生産した資源を勝利点に変換したりできます。特殊効果をうまく使い、自分を強化していく拡大再生産のゲームですが、さらにこれらの中から相性の良いカード...

56興味あり249経験あり65お気に入り147持ってる
取り扱いがありません
5位
凶星のデストラップ(NOT ALONE)
ボードゲームのレビュー 4件

凶星のデストラップ(NOT ALONE)

クリーチャーが闊歩する恐るべき惑星で救助を待て! 行き先の読み合いが熱い非対称ゲーム

舞台は人類が地球を棄てた後の25世紀。何故か公式には記録が抹消されていたとある惑星の調査中、不時着を余儀なくされた探査隊のメンバーがその惑星の力を借りて襲い来るクリーチャーの襲撃を避けながら、救助船の到着まで生き残るというのがこのゲームの目的です。 当初探査隊のメンバーが行ける場所は少ないですが、ゲーム中に訪れた場所の効果で行けるようになる場所が増えていきます。追加されていく場所はどれも強力な効果を秘めていますが、クリーチャーとバッタリ出くわしてしまったが最後、生きる意志をどんどんと削がれてい...

32興味あり138経験あり36お気に入り110持ってる
凶星のデストラップ(NOT ALONE)
3,024円(税込)カートに追加する
6位
魔法にかかったみたい(Wie verhext! / Witch's Brew)
ボードゲームのレビュー 2件

魔法にかかったみたい(Wie verhext! / Witch's Brew)

魔女達の思惑が絡み合う!うまく出し抜いてより多くの魔法薬の作成を目指せ!!

 魔女となり、材料を獲得したり魔法を使ったりして、魔法の薬を作り得点を競います。  ラウンドの開始時に各プレイヤーは12種類の役職カードから5枚を選んでそのラウンドに行なうアクション(材料の獲得・魔法薬の作成・金の獲得・金と材料の交換・魔法など)を選択します。スタートプレイヤーは手札の1枚を表に出し、必ず「能力を全部使う」を宣言します。後続のプレーヤーは出された役職カードが無ければパスですが、有れば必ず出し「能力を全部使う」「能力の一部だけを使う」のどちらかを選び宣言します。  「能力の...

42興味あり198経験あり45お気に入り129持ってる
取り扱いがありません
7位
ズーポリス(Zoopolice)
ボードゲームのレビュー 2件

ズーポリス(Zoopolice)

5/10バネストの2017年間売り上げランキングで4位になったというそこそこ人気のあるらしいカードゲーム。中身はざっくりいうと推理+バッティングゲーム。だけど、ハゲタカとかとはかなり違う。4つの列があって(これだとマニアックだけど「ネコチーズを奪え!」に近い)、そこに得点カードが毎回出てきて、そこに1人1枚ずつ数字が1〜5のどれかを選んで裏向きで並べていく。全員が全ての列に1枚ずつカードを置いたらオープン!もちろん数字がでかい人がとれるが、バッティングすると、とることはできない。といったのが基本。だ...

10興味あり55経験あり12お気に入り35持ってる
取り扱いがありません
8位
バッティング(Xing)
ボードゲームのレビュー 1件

バッティング(Xing)

このゲームは名前の通りバッティング形式のボードゲームです。場に置かれた宝石を、一斉に指を指して他の人と被らなければその宝石をゲット、他の人を被ってしまった人は被ってしまった人全員、宝石を得る事はなくなります。前のラウンドで誰も取得しなかった宝石はそのまま持ち越しになり、そのまま次ラウンドに宝石が追加されていきます。たくさん宝石が置かれてるタイルは当然みんな欲しいので、狙いが集中するかもしれません。ただし、バッティングしてしまうと宝石は得られなくなるというジレンマ。…ここまではよくあるバッティングゲー...

8興味あり82経験あり17お気に入り37持ってる
取り扱いがありません
9位
東海道 デラックスエディション(Tokaido Deluxe Edition)
ボードゲームのレビュー 0件

東海道 デラックスエディション(Tokaido Deluxe Edition)

キャラクターが立体化!拡張版含む特別版

変則すごろく東海道の、コンポーネントが豪華になった特別版。通常東海道+拡張版『四辻』の内容が含まれます。 キャラクターたちは立体化したコマに、お金はずっしり金属製。ボードもリニューアルして大きく。サントラCD付き。 魅力的な旅人たち、新なきもちで東海道を楽しめます。 ※これまでの東海道を全て持ってるかたには特別コンポーネントのみの商品(collector accessory)があります

24興味あり34経験あり7お気に入り28持ってる
取り扱いがありません
10位
TABOO GAME ~宝石泥棒の掟~(TABOO GAME)
ボードゲームのレビュー 5件

TABOO GAME ~宝石泥棒の掟~(TABOO GAME)

宝石を盗め!ライバルは禁忌(タブー)に陥れろ!読み合いが楽しい宝石泥棒ゲーム

宝石泥棒の一員となり、宝石獲得を目指すゲーム。ですが、集団内で犯してはいけない行為「タブー」が存在します。それを規定回数犯すと仲間から信用を無くし、脱落します。 プレイヤーは共通のタブーの手札8種類とハンドアウト兼ライフカードを持ちます。ゲームは3ラウンド行います。 ラウンド開始時に様々な能力を持った4つのキャラクター、ゲーム内では「バディ」と呼ばれていますが、その中から一人をランダムで選びます。各キャラには色と数字が振ってあり、1から順番に手番を行います。そして1ラウンド目はそのキャラと同じ色...

24興味あり59経験あり12お気に入り41持ってる
TABOO GAME ~宝石泥棒の掟~(TABOO GAME)
2,376円(税込)カートに追加する
11位
グラスロード(Glass Road)
ボードゲームのレビュー 3件

グラスロード(Glass Road)

ガラス職人たちが一生懸命働くアクション選択ゲーム!相手の行動を読みながら、より高得点を目指せ!

18世紀のドイツ、バイエルン。その片田舎に住むガラス職人たちが、様々な建物を建てていくゲームです。 プレーヤーはいろいろな専門家カードを手札として、そのカードに書かれている資源の獲得や建物の建築などを行っていきます。専門家カードには2種類の効果が記載されています。同じ専門家カードを他のプレーヤーが出した場合は、1種類の効果しか発揮されません。自分が出した専門家カードを他プレーヤーが出さなかった場合、2種類の効果を発揮することができます。ここは、手札の読み合いとなります。 専門家カードで資...

64興味あり234経験あり46お気に入り174持ってる
取り扱いがありません
12位
ゲット★スマートラブ(GET SMART LOVE)
ボードゲームのレビュー 3件

ゲット★スマートラブ(GET SMART LOVE)

4人の女性が好みを暴露しつつ楽しみました!最初に選ぶ男性カードへの好みがバラバラだったのも凄いですね。皆さん一体どんなキャラクターや人物を想定して選んだのか…「メガネだから」「イケメンだから」と言ってたかな?ちなみに私は一番『人外っぽい』というので大人しそうな子を選びました(笑)そして属性カードを付けていった際に序盤から『ひきこもり』を置いて(ピッタリだったし!)、『置くカードは全て裏にする』という効果が発動。8枚全て揃った最後まで、どのような子になったかは分からず楽しかったです。リアルでも付き合っ...

43興味あり140経験あり27お気に入り136持ってる
取り扱いがありません
13位
ブルームサービス(Broom Service)
ボードゲームのレビュー 7件

ブルームサービス(Broom Service)

魔法を駆使して薬を届けよう!心理戦のアツい移動型カードゲーム

このゲームでは、あなたは魔法使いとなり、お城から各地の塔へと薬を届けるゲームです。 ドイツ年間ゲーム大賞2015 エキスパート部門 受賞 スタート地点のお城から遠くに届ければ遠いほど評価が高いのですが、その途中には邪魔な雲があるため、それらを魔法で取り除く必要があるなど、困難もつきまといます。 どれだけ多くの薬を、多くのところに届けられるかを競い、最も評価の高い魔法使いが勝者です。 各魔法使いは、みな様々な魔法やアクションを使って進んでいくのですが、その積極性がゲームには大きく影...

138興味あり296経験あり56お気に入り198持ってる
ブルームサービス(Broom Service)
6,264円(税込)カートに追加する
14位
キティズ(KITTYS)
ボードゲームのレビュー 6件

キティズ(KITTYS)

ゲームマーケット大賞2017、優秀作品賞&キッズ賞のダブル受賞作品。餌場をめぐって始まる、ねこたちのなわばり争い!

キティズは、簡単に遊べるカードゲームです。プレイヤーはネコとなり、ネコ同士のネコ会議を行います。いいエサにありつける上等な餌場を目指しますがボスネコよりいい餌場に行こうとしたら大変です。ボスネコに邪魔されないようにいいエサにありつきましょう。 プレイ時間:5分~30分 プレイ人数:3名~6名 ゲームデザイン:エミユウスケ(代表作:東京サイドキック、サンゴク、ワー!ワーウルフ、黄金体験) イラストレーション:Orie(ワー!ワーウルフメインビジュアル、リトルケイブロゴ) セット内容 ...

26興味あり128経験あり21お気に入り100持ってる
キティズ(KITTYS)
2,200円(税込)カートに追加する
キティズ(KITTYS)
2,200円(税込)カートに追加する
15位
ゲットビット!(Get Bit!)
ボードゲームのレビュー 6件

ゲットビット!(Get Bit!)

1〜7のカードを使ったバッティングゲームです。ラウンドごとに1枚ずつカードを場に出します。他の人と同じカードを出す(バッティングする)と逃げ遅れてサメに食べられます。カードの選択肢が少なく、5〜6人でやると数字が被る可能性が高いです。そこで全員が『この数出しておけば被らないだろう』と考えて妙な数字で見事に被るのが面白いです。ややブラックな設定ですが、人形の可愛さがそれをカバーしてくれます。

27興味あり221経験あり35お気に入り100持ってる
取り扱いがありません
16位
ラッツィア(Razzia)
ボードゲームのレビュー 1件

ラッツィア(Razzia)

基本はバッティングゲーム、カジノでの収益を得よう。ギャンブラーだけでなく警官をもうまく使ってクレバーに儲ける!

「ラッツィア」は、カジノでの収益を得るゲームです。ギャンブラーだけでなく警官をもうまく使ってクレバーに儲けます。 ゲームの前には、6つカジノをテーブルに配置し、各プレイヤーには5枚の手札が配られます。 親は6つある5000から50000までのカジノの収益金を1枚ずつ順番に配置し、7枚目は手札を見て好きな場所に配置します。もしそれ以前にカジノにある収益金は、そのままそこに足されます。 その後、どのカジノを狙うかをカードを1枚出して決定します。カードにはギャンブラーと警官が書かれていて、またタ...

11興味あり52経験あり8お気に入り44持ってる
取り扱いがありません
17位
ちんあなごっこ(Chinanagokko)
ボードゲームのレビュー 4件

ちんあなごっこ(Chinanagokko)

小5の息子と小2の娘との3人で。かわいいカードの皮を被ったガチゲーなのでは。相手が何を選ぼうとしてるのかを考えながら監視員のコマを置いて邪魔をしつつ、自分は監視員の目をかいくぐって欲しいカードをゲットしていくという心理戦が簡単に楽しめるいいゲームです!あと、ちんあなごのカード全部にうんこさんが描かれてて、子供のハートわしづかみ!!

18興味あり92経験あり14お気に入り60持ってる
ちんあなごっこ(Chinanagokko)
2,160円(税込)カートに追加する
18位
ルビーモンスターズ(Ruby Monsters)
ボードゲームのレビュー 1件

ルビーモンスターズ(Ruby Monsters)

 2人でプレイした際の感想です。 2人〜6人までプレイでき、ルールは極限までシンプルで、1ゲーム5分も掛からないけど、読み合いがとても面白いです。 各プレイヤーは、モンスターを上手く使って宝物の取り合い、3つの勝利条件いずれかに該当すれば勝利となります。・ルビーを5個以上集める・ドクロを2個集める・4人のモンスターがお宝を手に入れる 始める前に、各プレイヤーは、手札として1〜5の連番の数字が書いてあるモンスターカードを各1枚ずつ受け取ります。 次に、山札からお宝カード1枚を公開し、全員が手札から任意...

4興味あり33経験あり5お気に入り18持ってる
ルビーモンスターズ(Ruby Monsters)
2,100円(税込)カートに追加する
19位
ミレ・グラツィエ(Mille Grazie)
ボードゲームのレビュー 1件

ミレ・グラツィエ(Mille Grazie)

☆8罠にかかれば「ミレグラツィエ!!」 ゲームは心理戦です。手番のプレイヤーが目的地まで無事に進んで点数を得ることができるのですが、他プレイヤーが道中に罠を仕掛けるのでそれを見極めてコマを進まないといけません。そういった駆け引きで30点を誰よりも早く稼げれば勝ちです。 ボードはイタリアを舞台に色々な町とそれを繋げる道が沢山描かれています。各プレイヤーは旅人として、目的地タイルを持っていてその目的地へたどり着けば勝利点を手に入れられます。 手番でやることは、1.手番プレイヤー以外の他プレイヤーがコンパ...

3興味あり47経験あり7お気に入り46持ってる
取り扱いがありません
20位
ヘッジホッグジレンマ(Hedgehog's dilemma)
ボードゲームのレビュー 2件

ヘッジホッグジレンマ(Hedgehog's dilemma)

ルールでは、「まず、場のカードとペアを作れるかどうかを判定した後、1(ウニ)のペアができていたら場の最大の数字のカードで作ったペアはできなかったものとする」っていう流れになっています。たしかにこの流れの方が、「長いけれどもそこそこ柔らかいトゲでいい感じに距離を保っていたヤマアラシのカップルの仲がウニの鋭いトゲによって引き裂かれる」という物語が表現できているのですが、この流れが直感的にわかりにくい。実際には、「まず1(ウニ)のペアができるかどうかを判定し、できていたら、場の最大数値の札をすべて破棄し、...

10興味あり41経験あり6お気に入り45持ってる
取り扱いがありません