マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ボードゲームのメカニクス特集
エリアエンクロージャ(囲み)

コマ等の配置でエリアを作り、囲みを作る
メカニクスを選ぶ
Area Enclosure

エリアエンクロージャは、設置されていくタイルや、予め用意されているボードに「囲い」を完成させることで特殊効果を発揮したり、初めて効果が発動するシステムのことを指します。イメージとしては、アグリコラが代表するように、農場内に「柵」を設置するアクションがあり、「囲いを完成させること」で飼育できる動物数が増加するというものです。
古典的なボードゲームで言えば、囲碁はこの「エリアエンクロージャ」と、エリアコントロールのみでゲームの戦略性を実現している対戦型のアブストラクトゲームです。

1位
アグリコラ:リバイズドエディション(Agricola: Revised Edition)

アグリコラ:リバイズドエディション(Agricola: Revised Edition)

発売9年目となる2016年、改定新版となる「アグリコラ:リバイズドエディション」日本語版

レビュー10件
プレイ人数1~4人
プレイ時間30~120分
推奨年齢12歳~
発売日2016年

2007年秋にドイツで発売されて以来、世界中のゲーム賞を総なめにし、世界中のゲーマーを虜にしつづけ、 今やボードゲームの新しいスタンダードとなったゲーム、『アグリコラ』。 発売9年目となる2016年、改定新版となる「アグリコラ:リバイズドエディション」日本語版が登場! 『アグリコラ』とは、ラテン語で『農民』を意味する言葉。 舞台は17世紀ヨーロッパ。プレイヤーはここで農業を営む住人となり、資材を集めて家を建て、家族を増やし、 畑を耕して収穫し、牧場を作って家畜を飼い、自分の農場を豊かに...

ゲームデザイン
ウヴェ・ローゼンベルク(Uwe Rosenberg)
メーカー・販売元
999ゲームズ(999 Games)
コンパヤ(Compaya.hu - Gamer Café Kft.)
デヴィーア(Devir)
229興味あり399経験あり176お気に入り451持ってる
取り扱いがありません
2位
アグリコラ(Agricola)

アグリコラ(Agricola)

農場を開拓して発展させよう!拡大再生産ボードゲームの王道を行く農場経営ゲーム

レビュー19件
プレイ人数1~5人
プレイ時間120~140分
推奨年齢12歳~
発売日2007年

17世紀の中央ヨーロッパが舞台。疫病の脅威は去ったが、人々の生活が潤うのはまだこれから。そんな時代背景をもとに、農場経営で生計を立て、大きく発展させていくボードゲームです。 プレーヤーは自分の農場ボードを所有しており、最初から小屋が2棟建っています。そこに2人の家族が暮らしており、この家族にいずれかのアクションをさせることでゲームを進行していきます。 アクションボードの上には最初から使用できるものと、ラウンドが進むごとに表にして使えるようになるものがあります。家族コマをこのアクションボー...

ゲームデザイン
ウヴェ・ローゼンベルク(Uwe Rosenberg)
メーカー・販売元
ホビージャパン(Hobby Japan)
ルックアウト ゲームズ(Lookout Games)
ブレインゲームズ(Brain Games)
654興味あり1050経験あり342お気に入り677持ってる
取り扱いがありません
3位
スカラビア(Scarabya)

スカラビア(Scarabya)

レビュー5件
プレイ人数1~4人
プレイ時間15~20分
推奨年齢8歳~
発売日2018年

日本語版発売が発表されましたね!確かGenConで発売されて話題になっていたので、エッセンで試遊してみました。参考になればいいなーと思って、思い出して書いてみます。タイル配置・パズル系のゲームです。5マスのいろんな形のピースをはめていきます。スカラベを埋めちゃわずに見える状態にして囲むことができたら、そのエリアのマス分得点となります。私は茶色のボードでやりましたが、箱絵に対応したいろんな色のボードがあったような気がします。でも得点化できるのは、4マス以下の場合だけ。つまり1~4点が囲うと入ってきます...

ゲームデザイン
ブルーノ・カタラ(Bruno Cathala)
ルドヴィック・モーブロン(Ludovic Maublanc)
メーカー・販売元
ブルー・オレンジEU(Blue Orange (EU))
ブルーオレンジゲームズ(Blue Orange Games)
ワン・モーメント・ゲームズ(One Moment Games)
22興味あり93経験あり23お気に入り41持ってる
スカラビア(Scarabya)
4,320円(税込)カートに追加する
4位
ブルーラグーン(Blue Lagoon)

ブルーラグーン(Blue Lagoon)

レビュー2件
プレイ人数2~4人
プレイ時間30~45分
推奨年齢8歳~
発売日2018年

【10段階中10】率直な感想として、私自身まだまだボドゲの経験は非常に浅いですが、今まで経験した中で一番面白いボドゲと感じました(あくまで個人的な見解です)。以下理由を箇条書きします。<プラス>1.得点が可視化されていること。色彩とも相まってボード自体の機能美。ターン毎でボード上の経過からおおよその各人の得点状況が分かる。これによってターン毎に自分がこれからどの位攻めるべきか守るべきかの指標が分かりやすい。トップにいつどの得点パターンで躍り出ることが可能か、現在のトップをどうやって妨害するか。トップ...

ゲームデザイン
ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)
メーカー・販売元
ブルー・オレンジEU(Blue Orange (EU))
ブルーオレンジゲームズ(Blue Orange Games)
32興味あり30経験あり5お気に入り11持ってる
取り扱いがありません
5位
フェイ(Fae)

フェイ(Fae)

正体隠匿系陣取りゲーム

レビュー5件
プレイ人数2~4人
プレイ時間30分前後
推奨年齢10歳~
発売日2018年

2〜4人用正体隠匿系陣取りゲーム。プレイヤーは各自自分の陣営の色が割与えられます。マップにいる5種類のドルイドを操り1箇所に集めたとき、ドルイドは儀式を始めます。その時に儀式を行うことができた陣営に勝利点がもらえるわけですが、自分の手番で起こした儀式がほかの陣営にも勝利点を渡すことにもなりますのでいかに自分の陣営を気づかせずに一番点数を稼げるかが勝利の鍵となるゲームです。

ゲームデザイン
レオ・コロヴィーニ(Leo Colovini)
メーカー・販売元
ズィーマンゲームズ(Z-Man Games)
ホビージャパン(Hobby Japan)
33興味あり63経験あり9お気に入り57持ってる
フェイ(Fae)
4,860円(税込)カートに追加する
6位
囲碁(Igo)

囲碁(Igo)

1000年以上遊ばれている超定番アブストラクトゲーム

レビュー0件
プレイ人数2人用
プレイ時間-
推奨年齢
発売日

奈良時代に日本に伝わり、紫式部や織田信長も楽しんだと言われる囲碁。マンガ『ヒカルの碁』で囲碁を知った方も多いと思います。 19×19マスの盤面に白と黒との石を交互に置き、自分の石で囲った領域が多い人が勝ちという2人用のゲーム。 石そのものに役割はなく、自分の力で真っ白な大地(盤)に自分の陣地を築いていきます。 相手の陣地を邪魔したり、その裏をかいたり、時には妥協したりと、対戦相手とのやりとりも醍醐味のひとつです。 初心者の方は9路盤(9×9)や「ななろのご」(7×7)という小さい...

23興味あり221経験あり19お気に入り96持ってる
取り扱いがありません