マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ボードゲームのメカニクス特集
セットコレクション

数字・色・形など、特定の組み合わせによって「役」が生まれる
メカニクスを選ぶ
Set Collection

セットコレクションとは、手に入れられるカード(またはアイテム)などの「組み合わせ」を達成することで、特殊効果や追加ポイントが得られるシステムを指します。麻雀やポーカーでいう「役」は、ボードゲーム用語に置き換えるとセットコレクションとなります。
例えば、限られたプレイ回数の中で最もポイントの低い「1点」を集める理由はあまりありませんが、「同じ種類の1点・2点・3点を集めるとボーナスで10点」といった追加点が与えられる仕組みが代表的です。代表作は、宝石の煌きのように、宝石の集め方によって「得点を含む宝石」や「得点が得られる貴族」を獲得できたり、カタンの建設物や発展カードは得点になるとは限りませんが、定められた資源を集めること(セットコレクション)で実行できるようになっています。
主に序盤と終盤で価値基準が変化(インフレ)してくる場合、終盤で「今更そのカードは要らない。事実上のハズレカードだ。」といった自体が起きにくくなります。逆に言えば、序盤で手に入れるカードが終盤でも活用できるため、何を集めていくか(他のプレイヤーは何を集めているのか)など考えていくことができ、ゲーム全体の戦略性向上に役立っています。

  • 1パンデミック・レガシー:シーズン1(Pandemic Legacy: Season 1)
    ボードゲームのレビュー12件

    パンデミック・レガシー:シーズン1(Pandemic Legacy: Season 1)

    パンデミックを12回でフルゲーム。しかも1度しか遊べない。だからこそ味わえるワクワクとドキドキ。

    パンデミック:レガシーはかの有名な協力型ゲームの派生ゲーム。 1月から12月まで各月1回(負ければもう1回)パンデミックをプレイし、前月のプレイ状況が次月のゲームに影響してくる上に、オリジナルのストーリー追加された全く新しいスタイル。 そのゲームシステムがゆえになんと1度しか遊べない・・・! 通常のパンデミックを元に極秘のカードにシート、ボックスが指定されたタイミングで開かれることにより、ルールが追加されストーリーも展開していく。同じパンデミックを12回遊ぶのではない。そして、誰がや...

    在庫がありません
    • 281興味あり
    • 234経験あり
    • 109お気に入り
    • 295持ってる
  • 2宝石の煌き(Splendor)
    ボードゲームのレビュー42件

    宝石の煌き(Splendor)

    この宝石は取られたくない、あの宝石は欲しい。宝石の魅力に取りつかれたカードコレクション・獲得ゲーム

    プレーヤーは、色とりどりの宝石に魅せられた商人の1人。商人ギルドの長となり、鉱山から得られる原石をもとに資産を築いて職人たちを雇い地位や名声を得ていくボードゲームです。 内容は実にシンプルで、5種類の宝石と黄金を引き換えに発展カードを獲得していき、そのカードに記載されている点数の合計となる名声値を競います。この名声値がゲーム終了時点で一番高かったプレーヤーが勝利します。 内容は、バランスの良いゲームとなっています。まず、用意されている宝石トークンには限りがあり、1ターン中にこの宝石を最大3つ...

    • 393興味あり
    • 1626経験あり
    • 704お気に入り
    • 1149持ってる
  • 3グランドオーストリアホテル(Grand Austria Hotel)
    このゲームは、ゲームのテーマとゲーム内でのプレイがよく一致しています。客引きをする、部屋を準備する、客にサーブする、客の満足を得る。とても良いプレイ感です。ですが欠点もあります。スタッフカードに明らかに強すぎるものがあるのです。・1か2のダイスを取ったら部屋を1つ準備できるスタッフ・1か2のダイスをとったらもらえるものが1つ増えるスタッフ・6のダイスを無料で取れしかも+1できるスタッフこれらのカードは効果が強のにコストが安すぎます。最初配られたカードにこれらがあれば悩むことなくピックして、よほどのミ...

    (最も読まれているレビュー「異人館さん」の投稿を表示しました。)

    • 75興味あり
    • 111経験あり
    • 44お気に入り
    • 83持ってる
  • 4カタンの開拓者たち(Die Siedler von Catan)
    ボードゲームのレビュー46件

    カタンの開拓者たち(Die Siedler von Catan)

    無人島の開拓競争!5つの資源をめぐったプレイヤー間の「貿易」が超おもしろい!

    世界のボードゲームの中で2000万個以上の販売数を誇る、ドイツ発の大ヒットゲームです。 「カタンの開拓者たち」は、「カタン島」という無人島を舞台に、3~4名のプレイヤーが参加し、島を開拓競争するボードゲームです。開拓地を増やす・街を成長させる・道を拡張する、がメインアクションで、街の数や道の長さを競い合って10点先取した人の1人勝利ゲームです。何をするにも「資源」を消費していきます。 プレイヤー間で「資源の交易」を行いながら、自分の領地を拡大していきます。この交易が、カタンが人気の理由で...

    • 229興味あり
    • 2043経験あり
    • 809お気に入り
    • 1761持ってる
  • 5世界の七不思議:デュエル(7 Wonders Duel)
    ボードゲームのレビュー14件

    世界の七不思議:デュエル(7 Wonders Duel)

    ドラフトゲームの最高峰「世界の七不思議」が2人専用対戦ゲームとして登場!

    カードドラフトにて得点を争う「世界の七不思議」が、2人対戦用となったのがこのボードゲームです。 このボードゲームでは、手札のカードをドラフトして使用する「ブースタードラフト形式」ではなく、場にあるカード順に1枚ずつ取って使用していく「ロチェスタードラフト形式」で行います。 場に出すカードは世代ごとに20枚あります。これを世代によっていろいろな方法で並べて、取れるところからカードを取っていくことになります。例えば第1世代であれば、上から2枚、3枚、4枚、5枚、6枚と並べて置き、6枚のところから...

    • 187興味あり
    • 505経験あり
    • 200お気に入り
    • 417持ってる
  • 6バトルライン(Battle Line)
    ボードゲームのレビュー28件

    バトルライン(Battle Line)

    ポーカー×陣取りゲーム!?戦略力が試される2人専用カードゲーム

    バトルラインは、9つのフラッグを奪い合う2人専用のボードゲームです。先に5つのフラッグを取るか、隣り合った3つのフラッグを獲得できれば勝ちとなります。 奪い合うのに使うのは1~10まで番号が振られた6色のカード。これらをフラッグの前に置いて、3枚1セットで役を作って勝負をします。役自体はポーカーを思い出せば簡単に覚えられるでしょう。同じ色、連続した数字を出す事で完成します。 このボドゲの面白い所は、どこのフラッグにカードを置くかは完全に自由だという所です。最初は7枚の手札で始まり、1枚出...

    • 279興味あり
    • 1279経験あり
    • 501お気に入り
    • 1094持ってる
  • 7チケットトゥライド(乗車券):北欧の国々(Ticket to Ride: Nordic Countries)
    ボードゲームのレビュー0件

    チケットトゥライド(乗車券):北欧の国々(Ticket to Ride: Nordic Countries)

    2~3人用にデザインされた、シリーズ中の人気作。北欧の壮大な景色を楽しもう。

     「チケット・トゥ・ライド:北欧の国々」は、コペンハーゲン、オスロ、ヘルシンキ、ストックホルムなどの北欧の大都市への旅、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンを巡る北欧への冒険へあなたをお連れします。ラウマ鉄道に乗って、ノルウェーの美しいフィヨルドや、壮大な山の景色を楽しんでください。  バルト海に面したあわただしいスウェーデンの港で、塩風を吸ってみましょう。かつてバイキングたちが歩いたデンマークの地域を走りましょう。北極圏内の白夜の地域をフィンランドの鉄道に乗って横断しましょう。...

    • 26興味あり
    • 49経験あり
    • 19お気に入り
    • 47持ってる
  • 8アズール(Azul)
    ボードゲームのレビュー16件

    アズール(Azul)

    ジレンマゲーム、相手の邪魔をするのか自分の利益を優先するのか。

    エッセンシュピール17の人気作 Azul 美麗なタイルが印象的なコンポーネントでありつつ、どのタイルを取りどのタイルを相手に与えてしまうかの選択が悩ましいドラフトゲーム。 主に、2つのフェイズで構成されている。タイル取得フェイズでタイルを取得し、タイル配置フェイズで配置して得点を得る。さらに、ボーナス等も絡み悩ましさが増す。それを壁タイル横一列が完成するまで、という終了トリガーが発生するまで行うゲーム。 ■タイル取得 タイル取得フェイズでは2つの選択肢がある。丸いボードに乗ったタ...

    • 184興味あり
    • 656経験あり
    • 250お気に入り
    • 418持ってる
  • 9トラヤヌス(Trajan)
    ボードゲームのレビュー3件

    トラヤヌス(Trajan)

    西暦110年トラヤヌス帝時代のローマ帝国を舞台にした権力争い、的確な戦略により勝利せよ!

     「至高の皇帝」と称されたトラヤヌス帝に統治されたローマ帝国は繁栄の絶頂にありました。プレイヤーはローマの有力一族となり、政治・交易・建築・軍事などの様々な分野に働きかけ、4四半期(1年間)において勝利点を競いあいます。  各自が持つプレイマット上にはアクションサークルがあり、古典ゲーム「マンカラ」の要領でアクションマーカを動かす事で、6種類のアクションを実行します。  ・「広場」…様々な効果を持つタイルの獲得  ・「軍事」…北方への軍団兵の派遣、様々な効果を持つタイルの獲得や勝利点の獲得 ...

    在庫がありません
    • 79興味あり
    • 121経験あり
    • 46お気に入り
    • 98持ってる
  • 10マルコポーロの旅路(The Voyages of Marco Polo)
    ボードゲームのレビュー11件

    マルコポーロの旅路(The Voyages of Marco Polo)

    マルコポーロとなり、ヴェネチアから北京を目指せ!!

    このゲームは、マルコポーロの旅を追体験し、その旅を成功させるゲームです。 2015年 ドイツゲーム賞 大賞 受賞 2015年 ドイツ年間ゲーム賞エキスパートゲーム賞推薦リスト 2015年 国際ゲーマーズ賞一般ストラテジー部門 大賞 受賞 様々なイベントで評価を受けている、ファンからの支持が熱い作品です。 各プレイヤーは、マルコ・ポーロ本人、またはその関係者、あるいは同時代に活躍した有名なキャラクターとなり、マルコ・ポーロとともにヴェネツィアから北京を目指します。 マルコ・...

    • 243興味あり
    • 495経験あり
    • 184お気に入り
    • 334持ってる
  • 11コンテナ:10周年ジャンボエディション(Container: 10th Anniversary Jumbo Edition!)
    評価:7(評価基準はこちら)話題の重量級ゲーム(ダブルミーニング)噂に聞いていたが面白い。やれることは単純でコンテナを生産するか、仕入れて港に並べるか、他プレイヤーの港からコンテナを買い付け中央の島で競りにかけるだけ。最終的に自分の島に置かれたコンテナの色ごとの価値と手持ち現金の合計が一番多い人が勝ち。でも・・・コンテナは自分で生産したものは自分の港に並べられない。自分の港にコンテナを並べても自分で島へ納品できない。自分がコンテナを島にいれても競りには参加できない(とはいえ、最高価格を自分が払えば島...

    (最も読まれているレビュー「ももんがさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 45興味あり
    • 35経験あり
    • 13お気に入り
    • 44持ってる
  • 12センチュリー:ゴーレム(Century: Golem Edition)
    ボードゲームのレビュー8件

    センチュリー:ゴーレム(Century: Golem Edition)

    センチュリー:スパイスロードのファンタジーテーマ版

    日本語版も発売された、センチュリー:スパイスロードのテーマ違いのバージョンです。 ルール的には同じゲームですが、4種のスパイスをトレードして集めるというテーマが、4種のクリスタルを集めてゴーレムを手に入れるというファンタジーテーマに変更になっています。 ファンタジーテーマにひかれる方、透明なクリスタルが綺麗と感じる方は、こちらを選んでみるのもいいかもしれません。

    • 87興味あり
    • 183経験あり
    • 64お気に入り
    • 115持ってる
  • 13ブルゴーニュ(The Castles of Burgundy /  Die Burgen von Burgund)
    ボードゲームのレビュー5件

    ブルゴーニュ(The Castles of Burgundy / Die Burgen von Burgund)

    葡萄は作らない!ワインも作らない!

    プレイヤーはブルゴーニュ地方の領主となって、中央のボードに配置された土地や資源を獲得し、最も豊かな街を作ったプレイヤーが勝利するボードゲームです。 いわゆる「大箱」サイズのパッケージに入っているコンポーネントは中央に配置されるボード、各自の手元に置かれるサマリーを兼ねたシート、資源や土地、労働者を表すチップ、各プレイヤーの色のマーカー、6面ダイス2つです。 大まかなシステムは2d6(6面ダイス2つ)を振って、それぞれに出た目を振り分けて中央に置かれた土地や資源を手元に取ったり、取った土地...

    在庫がありません
    • 99興味あり
    • 272経験あり
    • 94お気に入り
    • 223持ってる
  • 14ツォルキン:マヤ神聖歴(Tzolk'in: The Mayan Calendar)
    ボードゲームのレビュー8件

    ツォルキン:マヤ神聖歴(Tzolk'in: The Mayan Calendar)

    歯車がキモ!マヤ文明が発展させた様々な場所から部族に利益をもたらそう!

    マヤ文明が発展させた5つの古代都市が舞台。プレーヤーはマヤ人の一部族となり、パレンケ・ヤシュチラン・ティカル・ウズマル・チェチェンイッツァという場所に労働者を派遣します。資材やコーンの獲得、建物の建造などを行って勝利点を稼ぐワーカープレイスメントボードゲームです。 ゲームボード上には真ん中に大きな歯車があり、それと一緒に動く周りの歯車5つが存在します。この周りの歯車がそれぞれの古代都市です。プレーヤーは歯車の「0」の位置から順番に労働者コマを配置することができます。配置するコマの数や位置によっ...

    • 200興味あり
    • 475経験あり
    • 163お気に入り
    • 358持ってる
  • 15パンデミック:新たなる試練(Pandemic: A New Challenge)
    ボードゲームのレビュー24件

    パンデミック:新たなる試練(Pandemic: A New Challenge)

    病原体が勝つか、それとも人類が勝つか?

    パンデミックとは、伝染病や感染症が世界中に流行することを表す用語。 このゲームは、世界中に拡大しようとする感染症の根絶を目的とし、プレイヤー同士が協力し合って、4種類の病原体すべてのワクチンを発見するという、多人数協力型ゲームだ。 プレイヤーはそれぞれ、別々の特殊技能を持ったエキスパートである「科学者」「研究員」「衛生兵」「通信司令員」「作戦エキスパート」に加え「危機管理官」「検疫官」からいずれかの役割を担い、ウイルスの拡散を防止する戦いに身を投じ、4種類のワクチンの研究、開発おこなって撲滅...

    • 262興味あり
    • 1161経験あり
    • 392お気に入り
    • 909持ってる
  • 16ショッテン・トッテン(Schotten Totten)
    ボードゲームのレビュー1件

    ショッテン・トッテン(Schotten Totten)

    バトルラインの元となった作品です。にぎやかな雰囲気でより和やかに遊べます。戦略カードがなく、よりシンプルです。

    ライナー・クニツィアのバトルラインより前の作品です。 バトルラインは戦いがテーマでしたが、ショッテントッテンでは賑やかなおじさんたちが色鮮やかに描かれており、牧歌的なイメージです。 バトルカードとルールは同じなのですが、戦略カードがなく本当に数字の勝負のみになります。

    在庫がありません
    • 30興味あり
    • 42経験あり
    • 14お気に入り
    • 45持ってる
  • 17ラミィキューブ(Rummikub)
    ボードゲームのレビュー17件

    ラミィキューブ(Rummikub)

    カラフルな色と数字のタイルを上手く組み合わせて、全てのタイルを使い切れ!

    このボードゲームは、全世界に多くの愛好者がいるポピュラーなゲームです。 使うタイルには、4種類の色で書かれた1~13の数字か顔マークが描かれています。顔マークのタイルはオールマイティに使用することができます。 最初に何枚か山になっているタイルを手元に獲得してゲームをスタートします。ここから、役を作って場に出していきます。そして、手元のある全てのタイルを使い切ったプレーヤーが、その1ゲームの勝利者となります。 他のプレーヤーは残っているタイルを計算し、その合計をマイナス点として計上し...

    在庫がありません
    • 189興味あり
    • 940経験あり
    • 310お気に入り
    • 660持ってる
  • 18ユーフォリア(Euphoria: Build a Better Dystopia)
    「自分たちが理想郷だと思っていた場所が実は、ディストピアだった!!」そんな感じのストーリで始まるユーフォリアですが、自分の手番で出来ることは実質2択となります。・ワーカーを配置してそこの効果を使用する・オレンジが幸せトークンを払い、モラルを2上げる。または、モラルを1下げて、任意の数のワーカーを回収する。この二つだけです。例外として、コストを払って1回だけ使用できる効果もあります。そして勝利条件は至って簡単。手持ちの星10個を全て置ききりこのディストピアをいち早く制圧しきった人の勝ちというゲームです...

    (最も読まれているレビュー「ケントリッヒさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 27興味あり
    • 44経験あり
    • 14お気に入り
    • 28持ってる
  • 19サグラダ(Sagrada)
    ボードゲームのレビュー8件

    サグラダ(Sagrada)

    サグラダファミリアのステンドグラス職人となって、毎ゲーム異なる目標に合うようステンドグラスを作っていくゲームです。ゲームの概要始めにまず窓枠のパターンカードが配られ、その中から1つを選んで自分の個人ボードにセットします。難易度の高いパターンほど特殊効果に支払うトークンを多く持ちます。場にはランダムに3枚の目標カード(同じ色が1列揃うと5点など)と3枚のツールカード(トークンを払うとダイス目を操作できるなど)が公開されます。これとは別に各人が非公開の目標カードを1枚持ちます。ゲームは10ラウンドで、ラ...

    (最も読まれているレビュー「atsさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 128興味あり
    • 342経験あり
    • 106お気に入り
    • 201持ってる
  • 20アバブ・アンド・ビロー(上へ下へ)(ABOVE and BELOW)
    コンポーネントとアートワークが美しい。家や洞窟、前哨のカードを見ているだけでもワクワクします。ゲームは村人によるアクションポイント制で、あちらを立てればこちらが立たずと、いい感じに悩まされます。探索により様々な物語が紡がれるエンカウンターブック。探索は選択肢によってその後のストーリーや難易度、報酬が異なります。ゲームプレイ後に「あっちの選択肢の方が良かったのかな」や「あそこで半魚人助けてたほうが良かったのかな」など振り返りの話にも花が咲きます。得点行動もいくつか種類があるので、次のプレイはこっちを伸...

    (最も読まれているレビュー「nAoさん」の投稿を表示しました。)

    在庫がありません
    • 50興味あり
    • 81経験あり
    • 25お気に入り
    • 48持ってる