マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ブルーラグーンBlue Lagoon

ブルーラグーンは四角い大箱なのですが、なんとルールはたった4ページ。シンプル!クニツィアらしい。


大きく探検フェーズと居住フェーズに分かれていますが、やることはだいたい一緒です。コマを置くだけ。それぞれのフェーズが終わったら得点計算をします。合計点が高いプレイヤーの勝ちです!!


手番では、空いているマスに村コマか部族コマを置きます。部族コマをカヌーの面を表にして置く場合、水上であればどこにでもおくことができます。ただし、水の上に置いても得点には繋がりません。つなげて陸上に村コマか部族コマを置いていくことで、得点になります。


4人戦と2人戦の2回やってみました。こちらは4人戦終了時の盤面。初プレイだったのでルールで推奨されていた通り探検フェーズで終わりにしました。


得点はこんな感じ!エリアマジョリティとセットコレクションで得点になります。ストーンサークルにはペリドット(緑のコマ)があったりして、そういう資源コマは1セット集めると10点です。

3~4人で遊ぶときは、他のプレイヤーとバチバチせずに、空いている場所を見極めて陣地を広げていくのが強そう!実際に89点で買ったプレイヤーは、8個の島全部にコマを置くことができたので、強かった!!


2人戦。探検フェーズの中盤くらい。カヌーだけは自由に空いているマスに置くことができるので、探検フェーズはカヌーを拠点に陣地を広げていく感じになります。探検フェーズが終わると得点化して村コマだけを残して居住フェーズに移ります。居住フェーズはカヌーでも好きなところに置くことができないので、村コマが拠点になります。


2人で遊ぶときは、まるで囲碁のように、ばちばちしたせめぎあいになります。実際、初期セットアップでストーンサークルに置く資源コマはランダムですが、ゲームが始まると運要素のないアブストラクトです。

各島でエリアマジョリティによる得点があるのですが、相手が6点や8点取ることは自身が6点や8点を失うのと同じなので、差が出やすい場所だと思います。


この色鮮やかなボードとコマで、このじわじわとしたせめぎあいが楽しめるゲームというのは、なかなかいいなと思います。2人ならコマは30個あり多いように見えて、特に後半は1手1手がとても重い。相手の狙いも考えて、差をつけられないようにしつつ自分は得になるエリアはどこか、見極める目が大事です。


ほぼ同じことをやるのに2つのフェーズに分かれていて2回得点計算をするっていうのは、新しいですよねー。探検フェーズでは水上ならいつでもどこでも置けるし自由に見えて、居住フェーズに向けて村コマを配置しないといけないし、居住フェーズはカヌーがない分融通が効かず、より1手1手が重くなります。


個人的にめちゃくちゃ面白いしまだまだ遊びたいのですが、プレイ感としてはいい意味で地味なので、うまく楽しさを伝えられない!

遊んでいるときも、みんな、「あー、そこ行くか。。」「なるほど、そういう意図で・・・」といった感じで考え込んでいます。楽しんでいるのですが、声をあげて盛り上がるタイプのゲームではないです!


特に2人プレイの場合は運で負けたというのが絶対にないので、かなりの真剣勝負ですね。けっこうな量のスコアシートがついているので、もっといろんな人と対戦してみたいなー!

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:まつなが
マイボードゲーム登録者
  • 63興味あり
  • 130経験あり
  • 24お気に入り
  • 84持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見3
作品データ
タイトルブルーラグーン
原題・英題表記Blue Lagoon
参加人数2人~4人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 167
    名に参考にされています
    投稿日:2019年08月18日 15時46分

    2019年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート。デザイナーは『モダンアート』『ラー』『ケルト』のライナー・クニツィア。南洋の8つの島の覇権を争う、エリアマジョリティ、セットコレクション、アブストラクトゲーム。この2つで得られる勝利点の多い人が勝ち。ゲームは探検フェーズと定住フェーズの2フェイズ行います。各フェーズは、以下2つの条件のうち1つを満たすと終了します。①全プレイヤーの「部族コマ」「村コマ」がなくなる②ボード上の「資源コマ」がなくなる[探検フェーズ]海から「部族コマ」を置き陸に上陸するというながれで、自分のおいた「部族コマ」の隣接しか次の「部族コマ」はおけません。8つの島に上陸して、最...

    m1114toyさんの「ブルーラグーン」のレビュー
  • 309
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月04日 12時13分

    テーマ性は置いておくとして(笑)、システム的な切れ味には抜群の定評があるライナー・クニツィア氏の作品とのことで、信頼して購入。ボードには明るい色調で南の島々が8つ描かれており、全体はウォーゲームがやりたくなるような6角マスで仕切られており、テーマとしては、それぞれがここにたどり着いた部族グループとなって、互いの勢力範囲を拡大し、その繁栄を競うものです。やることは最近のゲームの中では断トツのシンプルさで、手番には自分の部族コマ(これがけっこう厚みがあってしっかりした丸いコマでいい感じ)を1個どこかに置くだけ。ただこれだけです。ルールに慣れてくると一人の手番が5秒もあれば終わるので、ちょっと...

    Bluebearさんの「ブルーラグーン」のレビュー
  • 121
    名に参考にされています
    投稿日:2019年05月13日 12時44分

    8つの島々を舞台に陣取り&資源獲得を行うアブストラクトゲームです。手番では、ボード上に部族もしくは村駒を配置するだけ。海に配置する場合は制限なし。陸地に配置する場合は、すでにある場所に隣接するように配置します。6つの得点要素においてどこに重点を置くかが悩ましいゲームです。https://nicobodo.com/archives/blue-lagoon.html

    nico_bodoさんの「ブルーラグーン」のレビュー
  • 671
    名に参考にされています
    投稿日:2019年04月11日 14時30分

    ブルーラグーンは四角い大箱なのですが、なんとルールはたった4ページ。シンプル!クニツィアらしい。大きく探検フェーズと居住フェーズに分かれていますが、やることはだいたい一緒です。コマを置くだけ。それぞれのフェーズが終わったら得点計算をします。合計点が高いプレイヤーの勝ちです!!手番では、空いているマスに村コマか部族コマを置きます。部族コマをカヌーの面を表にして置く場合、水上であればどこにでもおくことができます。ただし、水の上に置いても得点には繋がりません。つなげて陸上に村コマか部族コマを置いていくことで、得点になります。4人戦と2人戦の2回やってみました。こちらは4人戦終了時の盤面。初プレ...

    まつながさんの「ブルーラグーン」のレビュー
  • 490
    名に参考にされています
    投稿日:2019年03月28日 16時46分

    【10段階中10】率直な感想として、私自身まだまだボドゲの経験は非常に浅いですが、今まで経験した中で一番面白いボドゲと感じました(あくまで個人的な見解です)。以下理由を箇条書きします。<プラス>1.得点が可視化されていること。色彩とも相まってボード自体の機能美。ターン毎でボード上の経過からおおよその各人の得点状況が分かる。これによってターン毎に自分がこれからどの位攻めるべきか守るべきかの指標が分かりやすい。トップにいつどの得点パターンで躍り出ることが可能か、現在のトップをどうやって妨害するか。トップだけでなく各人の仕掛けをどのように阻止するか、誰が阻止するか、阻止しようとすれば自手が1手...

    shunさんの「ブルーラグーン」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 183
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月15日 11時04分

    コンポ―ネントゲームボード/袋/ショップカード5枚/資源コマ24個/村コマ20個/ティキ像コマ8個/部族コマ120個/スコアノート/ルールブック ルール説明   概要プレイヤーは無人島で資源を集めたり、自らの部族の居住地を作って生活圏を広げていく。集めた素材や、居住地の広さ・配置した部族の数によって勝利点を得る。最も多くの勝利点獲得したプレイヤーの勝利!ゲームの準備ゲームボードをテーブルの中心に置く。得点シートの束をボードのそばに置いておく。資源コマとティキ像コマを袋に入れ、ボード上の郡島上のストーンサークルのある各マスにランダムに1個ずつ配置していく。各プレイヤーは好きな色を選び、その...

    FUTARIASOBIさんの「ブルーラグーン」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿