エルドラドThe Quest for El Dorado

デッキビルディングして密林を走破。財宝を目指すレースゲーム。

ライナー・クニツィア氏がデザインしたデッキビルディング/レースゲームです。

最初に、モジュラー式になった六角形のタイルをつなげてゲームボードを作ります。推奨の組み合わせは説明書に載っていますが、それ以外の自分たちのオリジナルの組み合わせで作っても構いません。ゲームごとに違うマップでレースを進めることになります。
目的は、スタート地点から自分のコマを進めて、最も早く最奥にあるエルドラドまで到達することです。

自分の手番にはカードをプレイして、プレイしたカードだけ自分のコマを進め行きます。しかしゲーム開始時にプレイヤーが持っているカードは弱いカードばかりなので、ボード上の難所を越えて進んでいくことができません。より強いカードを購入して自分のデッキを強くし、時には特殊カードの助けも借りて難所を突破し、奥地へと進んでいきましょう。

デッキビルディングとレースを組み合わせた、ファミリーでも楽しめるシンプルなゲームに仕上がっています。2017年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. sokuri3510sokuri3510
マイボードゲーム登録者
  • 103興味あり
  • 199経験あり
  • 94お気に入り
  • 103持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルエルドラド
原題・英題表記The Quest for El Dorado
参加人数2人~4人(30分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 286
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月20日 10時25分

    ライナークニツァの2017年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品。デッキ構築とレースを組み合わせた新しいゲームメカニクスで秘境のエルドラドを目指す。ボードは6角形が複数入っていて、初級から上級まで8-9種類ぐらいの組み合わせができる。自分たちで組み換えてもいいので、コースは無数作ることができる。最初全員一緒の8枚のカードを使って共通の場にある機能の高いカードを買ったり、コースの上の人を進めたりしてゴールインする。買ったカードはデッキに追加され次回以降使用できる。コース全体を見て、どのカードをつかって進んでいくかを考えてカードを購入していくところが面白い。相手が止まっている場所は通ることも、...

    m1114toyさんのレビューを読む
  • 229
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月19日 22時36分

    デッキ構築しつつ、レースを行うゲームです。レースボードが可変で、初級から上級まで8-9種類あるようです。デッキ構築にありがちな、デッキから除外する、追加で引く、などありますが、バリエーションが少ないのにすっきりまとまっている印象を持ちました。▼ゲームの概要最初にボードを作成します。初級から上級があり、プレイヤーで相談して決めます。次にカードのサプライを作ります。サプライとはこれから手に入れることのできるカードセットです。それぞれ3枚ずつあり、種類別に置かれます。ただし、最初からすべてのカードを手に入れることが出来る訳でなく、種類数が決まっているのと、最初に置かれているカードが決められてい...

    atcktさんのレビューを読む
  • 240
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月17日 08時34分

    私は男性4名で初見プレイ。カードを購入したりアクションしたり、適度な戦略要素が心地よい(^◇^)カードデッキシャッフルでランダム要素あるので完全実力ゲーでなく、初心者にもチャンスがちゃんと有って、優しい設計。とはいっても、無計画では勝てません。先を予想しながら進めないといけません。これで私は、SDJノミネート3作品を全て体験しましたが、個人的には【エルドラド】が適度に戦略あり、乱数あり、難易度もバランスの良い作品だと感じました。

    特別純米酒2017さんのレビューを読む
  • 313
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月22日 14時39分

    デッキ構築をしながらゴールを目指します。最初にゴールした人が基本的に勝ちですが、そのラウンドで他の人がゴールできた場合、途中に手に入れた区切り線のタイルで勝敗が決まります。手番にできることは、アクション(移動)+1購入です。手札を山札から引きます。4枚です。移動ですが、地面の色には植物の緑、水の青、市場の黄などがあり、対応する地面の色のカードを出すと、移動することができます。写真の通り、ひとつのマスにアイコンがいくつか書かれていて、その分のアイコンがカードにも必要です。購入は、1枚だけ可能です。黄色いお金カードだけでなく、緑や青のカードも1枚0.5金としてお金になります。市場で売っている...

    まつながさんのレビューを読む
  • 407
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月10日 01時10分

    デッキ構築のゲームです。数パターンある地図の、ジャングルや川のマスをカードを使って進み、エルドラドへの到着を競うレースゲームです。誰がゴール、勝ちに近いかが見えて分かりやすい。全てのカードは新たなカードの購入資金購入として使えるので、今移動に使えないカードが無駄になりにくい。使わなかったカードを手札に残しても捨ててもよいので、次の手番での計画が立てられる。などなど、このジャンルの筆頭ドミニオンと比べてずっと簡単。他人がいるマスへは侵入不可のため先に進んだ後に後続をブロックしたり、ゲーム終了が決まってからの逆転とか、同ターンでのゴールで判定勝ちとか、抜きつ抜かれつで接戦になることも多く、新...

    異人館さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 214
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月17日 08時40分

    男性4名で初見プレイした時の感想としては、序盤は先に進むのをグッと堪えて、アクション特殊カードをゲットして中盤でヘリチャーターゲットして終盤のコストの高い地帯を躱せるので余裕が生まれると思いました。

    特別純米酒2017さんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 1件

  • 157
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月17日 08時51分

    ①初手は9枚シャッフルして、伏せたまま4枚ドロー、残り5枚は山札に残して、毎ターン4枚になるよう補充。②手番で出来ることは、カードアクション、カード購入。③最大3名までエルドラドにゴールできる。なのでゴールが出た後、残りのプレイヤーは1ラウンドアクションできるので2番3番まではゴールチャンスがある。

    特別純米酒2017さんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿