• 2人~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2008年~

ドミニオンDominion

デッキを構築しながら強化しよう!成長型カードゲームの最定番

自分の王国を発展・拡大し、他の王国と競い合うデッキ構築型ボードゲームです。ドミニオンとは「領土」のことですが、実際に領土を取り合う訳ではありません。自分の所持するカードの束(デッキ)が、いわゆる王国の「財産」です。そのカードを使用して新たなカードを購入したり不要なカードを破棄したりして、自分のデッキを強くしていくことが王国の発展となります。
最終的に自分のデッキにあるカードの「勝利点」が一番多いプレーヤーが勝利します。

プレーヤーは銅貨7枚と屋敷3枚のデッキから始まります。最初の財産ですね。デッキをシャッフルして最初の5枚を手札として引き、ゲームを開始します。「銅貨」は「財宝カード」と呼ばれ、その上位に「銀貨」や「金貨」があります。主にデッキを発展させるためのカードを購入する際に使用します。「屋敷」は「勝利点カード」と呼ばれ、その上位として「公領」や「属州」があります。こちらは勝つための勝利点を得るために使用します。その他に、デッキの発展をサポートするための王国カード(いわゆるアクションカード)が用意されています。
ドミニオン基本セットには、全部で24種類の王国カードが用意されており、そのうち10種類を1ゲームに使用します。この10種類の組み合わせは自由であるため、1ゲームごとに戦略が変わります。その内容に応じて戦略を考え、色々な戦術を駆使してゲームを進めていきます。

このボードゲームの醍醐味として、1ターンに何度も王国カードを使用する、いわゆるアクションのコンボ(連鎖)があります。アクション数を増やして王国カードを連続して使用したり、カードをたくさん山札から引いて上位のカードを獲得したり、不要なカードを排除して山札から欲しいカードを引きやすくしたりするなど、色々な方法で自分のデッキを強くしていくのです。
また王国カードによっては、他プレーヤーの妨害工作も行うことができます。手札の数を制限したり、勝利点をマイナスする「呪い」といったカードを相手のデッキに潜り込ませたりすることができます。

このように様々なことが行えますが、基本的なルールは難しくありません。自分のターンの開始時には1回のアクションフェーズがあり、その後は1回の購入フェーズがあります。王国カードによってこの回数は増えますが、そこは手札からプレイする順番に処理していくだけです。最後に残ったカードを処理するクリーンアップフェーズを行ってターン終了となります。

ドミニオンには様々な拡張セットが発売されていますが、まずはこの基本セットでおおまかな流れを掴んでおくと良いでしょう。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
  • 157興味あり
  • 908経験あり
  • 366お気に入り
  • 695持ってる
販売中の商品
該当商品が見つかりませんでした
プレイ感の評価
運・確率16
戦略・判断力37
交渉・立ち回り7
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘11
アート・外見7
作品データ
タイトルドミニオン
原題・英題表記Dominion
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2008年~
参考価格4,860円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 15件

  • 154
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月07日 07時25分

    ドミニオンを最初知った時の印象は「有名で面白そうだけど、難しそうだな」でした。しかし、実際にやってみると奥深さはありますがやる事はとってもシンプル。1、1枚カードの効果を使う2、1枚カードを買う3、カードを全て捨て札へ4、カードを5枚引くたったこれだけをひたすら繰り返すだけ。それを、続けて少しずつ自分のデッキを強くしていきます。それだけなのに25種類のカードから10種類を選んで、約300万通りのゲーム展開を楽しめます。更に拡張版を組み合わせるとその組み合わせは無限大です。凄い盛り上がるゲームという訳でもないですが、だんだん自分のデッキが強くなっていき勝利に近づいた時は他のゲームにはないジ...

    続きを読む
  • 148
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月29日 23時58分

    デッキ構築型ボードゲーム隆盛の祖たる作品。デッキ構築系の作品の中では1番個人的に好き。サプライが最初に10種類の王国カードが決まってからは変化しないため、プレイングやカードカウンティングなどのプレイヤーの経験の差が出やすいのが特徴だと私は思う。しかし、裏を返せばサプライの変化の流れによる運には左右されないので何が原因で負けたのか、どのプレイングが勝敗の天王山になったのかが振り返りやすくプレイスキルの上達がしやすいゲームであると思う。ボードゲームを上達したいと思って来た人の入門にもってこいの作品、10種類の王国カード+αの盤面と手札のカードから最適解を打てるようになっていく快感がボドゲのス...

    続きを読む
  • 123
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月13日 00時16分

    ドミニオンはデッキのカードを用いて新たにカードを購入し、それらをデッキに加えていく、デッキ拡張型カードゲーム。デッキのカウンティングが正確であるほど、勝ち目も大??いや、運が味方する場合もあるぞ!購入できるカードはゲーム開始前に決定!より良いデッキを構築して、勝ち点を多く奪い取るのは果たして誰だ!!?

    続きを読む
  • 120
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月08日 23時32分

    いつ『属州』を増やすかが、ゲームを左右する…。ドミニオンは、一番よくやっているボードゲームです。毎回やるたびに新しい発見があり、次の戦略を考えるのが楽しくなります。デッキ構築型のこのゲームですが、戦略の組み方は人それぞれ。ひたすら貨幣を増やし続けるもよし。デッキを圧縮して毎ターン必ず引き切るようなギミックを作るもよし。自由度が高く、遊んでいて飽きないゲームですね。オリジナルセットも良いですが、さすがに説明書に記載されているセットは遊びやすいです。比較的ボードゲームに慣れて来て、ちょっとがっつりやってみたいな、という人にオススメです。もちろん、このゲームから始める、というのも全然OKです。、

    続きを読む
  • 145
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月11日 22時34分

    慣れれば、30分ほどで終わるので、手軽。後日追加予定。

    続きを読む
  • 106
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月29日 00時21分

    カードゲーム好きの人にオススメ!場のカードを購入しながら自分のデッキを育て、得点を競うゲームなので、カードゲームのデッキを作るのが好きな人には相性が良いと思います。カードの強さには格差があり、全く使いどころが思い付かないカードもあります。しかし場のカードの組み合わせによって強さや使い勝手が変動したり、コンボが組めるカードがあったり、特定のカードのメタになってるカードがあったりと強さが変動するところが面白いですね。上手く自分の思わぬ通りにデッキが回った時や、デッキに仕込んだコンボが炸裂したときは凄く気持ちいいです。ここはオススメポイント!

    続きを読む
  • 201
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月04日 17時29分

    カードゲームの王様!ドミニオンです。全員1金カード7枚と、1勝利点カード3枚の10枚のうち、よくシャッフルして5枚を持ってはじめます。自分の手番でできることはABCです。A…Actionアクションカードを場に出して効果を適用B…Buy金カードを場に出して、毎ゲームランダムに使用するアクションカード(10種類)か、金カード(1金・2金・3金)か、勝利点カード(1勝利点・3勝利点・6勝利点)を購入(してもいいし、しなくてもいい)6勝利点カードがすべてなくなるか、場の3種類のカードがなくなったらゲーム終了。勝利点の高い人の勝ち!C…Cleanup場のカードの手札の使用しなかったカードをすべて流...

    続きを読む
  • 104
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月04日 15時16分

    数あるボードゲームの中で自分が一番好きなゲームのシリーズです。最初は銅貨7枚、屋敷3枚というシンプルな手札から、どんどん自分のデッキを構築していき、最終的にはたくさんの勝利点を集めるゲームです。いつ勝利点を買い始めるのか、お金をいかに効率よく集めるか、コンボをいかに早く決めるか、毎回変わる10枚の王国カードの組み合わせ(サプライ)で、毎回違ったゲーム展開が楽しめます。拡張版も多数出ており、その拡張版と組み合わせると、本当に無限に遊べます。一旦やり始めると半日以上はずっと夢中になれるゲームです。一回のゲーム時間自体はそこまで長くないし、サプライにもよりますが、慣れてくれば20分くらいで1ゲ...

    続きを読む
  • 101
    名に参考にされています
    投稿日:2016年08月23日 09時17分

    デッキ構築ゲームの原点にして頂点です。ゲーム時は全員同じデッキを使用しますが、ゲームの進行とともにカードを購入して自分のデッキを作り上げていきます。TCGの類になじみがある人はすぐに楽しめると思います。自分でデッキを作り上げていく楽しみと勝負の収束性が素晴らしく、ゲーム内で使用するカードの組み合わせでいろいろな戦略で勝負することができます。ゲームの性質上何回もデッキをシャッフルするのでスリーブは必須といえます。また実力に差があると悲惨なことになるので、不安な人はオンラインで実力を試してみるのもいいかもしれません。

    続きを読む
  • 193
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月25日 17時01分

    デッキ構築型の元祖といわれるカードゲームです。遊戯王やマジックザギャザリング、ヴァンガードなどのトレーディングカードゲームと違い、各プレイヤーは、プレイ中に共通の場からカードを購入しながら自らのデッキを構築します。購入したカードは、一度は捨て札に置かれますが、現在の山札がなくなった場合、購入したカードを含む捨て札を全てシャッフルし、新たな山札とします。つまり、購入後に現在の山札を使い切ることで、新たな山札は強化された状態となるのです。カードには、自分に対して有利になるもの、他のプレイヤーに影響を及ぼすものの他に、ゲーム中には全く役に立たないが、ゲーム終了時にデッキに含まれている点数が最も...

    続きを読む
  • 99
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月19日 19時43分

    2~4人で遊べるゲームでデカイ箱の中には500枚ほどのカードが入っており「これ絶対むずかしい!」と思わせるゲームですが、意外に簡単で奥が深く爽快なゲームです。プレイヤーはアクション、買い物を繰り返し自分の領土(勝利点)のカードを増やして行くだけです。ただアクションも買い物も自分のターンにできるのは1回だけ、しかも手札はいつも5枚しかもてません。しかしアクションカードを上手く使うことでアクションの回数や買い物の回数がどんどん増えお金も増えていきます。勝利点も手札のなかにいれるので序盤から勝利点を買いすぎると手札の5枚に何の効果もない勝利点が邪魔したりなどいろんなことが考えられアクションカー...

    続きを読む
  • 57
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月13日 12時30分

    デッキ構築型ゲームの元祖。用意されたサプライの中からカードを購入、自分のデッキを強化し、他人よりも勝利点を稼いだ状態でのゲーム終了を目指します。サプライは説明書ににある程度の組み合わせが例示されていますがランダムピックももちろん可能。強いカード、組み合わせを毎試合考えながらプレイできます。勝利点カードを獲得し、点数を増やさないと当然勝てませんが、基本的には勝利点カードには他の効果がなく、獲得すればするほどデッキが弱くなってしまうため、どのタイミングまでデッキを強化して仕掛けるかも重要。TCGはやった事あるけど……という友達をボドゲに誘うのにうってつけなゲームです。

    続きを読む
  • 81
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月10日 18時28分

    色んな種類の拡張版がでているドミニオン!この拡張版の数がドミニオンの面白さを証明しているなって思います♡覚えるカードの枚数が多いのがちょっと大変だけど、一度覚えちゃうと本当に面白くて次はこっちのカード集める感じで遊んでみようってなるので何回遊んでも全然飽きない♡遊戯王が好きな人ならきっとハマると思います!

    続きを読む
  • 75
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月31日 13時07分

    まず、ゲームのルール自体は簡単ですがカード1枚1枚の効果を把握しておく必要があります。ソロプレイ感の強いゲームなので初めてプレイをする時は経験者さん後ろから少し見てもらえる環境であるなら、後ろで助言してもらいながら進めると良さそうです。私も最初は何のカードを購入していいか分からず、強そうな人のカードを真似して買ってみたり、困ったら銀貨をひたすら購入し続けてみたりとイマイチ展開が読めないままプレイしていましたが、熟練プレイヤーさんのアドバイスの元に1度いい感じの組み合わせでコンボを達成して「ずっと俺のターン!」が出来た中盤以降からこのゲームの本性が現れたな!という感じになりました。遊ぶ度に...

    続きを読む
  • 127
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月18日 16時08分

    1度目に遊んだ段階で、ひたすら自分のデッキを構築していくソロプレイ感がすごいゲームだと感じました。ただ、どのようなデッキを構築していって、手番をつなげる「コンボ」を作るのかを考える事は面白い。でも他人の絡みがある変遷セットをオススメします。

    続きを読む

リプレイ 3件

  • 139
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月07日 08時12分

    経験者2名、初プレイ2名(内1名はカードゲーム未経験者)でプレイ。最初大まかな説明をするも中々イメージが沸かなそうであった為、プレイしながら適宜説明することでスタート。初めて使うカードに対しては一つずつ最小限の説明をしていく。5巡程すると概ねルールを理解してもらい、そこから各自考えながらプレイをする事が出来ました。結局3セット行って、全員がそれぞれの戦略で戦う事が出来楽しめたかと思われます。今回使用した拡張は「繁栄」で大きな数字が動くので楽しくプレイしました。最初の準備はゲームマスターが行い、インストは最小にしてプレイしながら伝えていくのが適切なのではないかと思いました。

    続きを読む
  • 44
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月30日 07時35分

    久しぶりにムスコくんとサシドミ。1ターン分だけ、属州買えるけど他のカード買うという手加減しましたが、結果1点差で負け。なかなかやるやん。やっぱり楽しいっすね。

    続きを読む
  • 300
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月14日 01時38分

    ドミニオンに関してソロプレイ感と表現されてしまうことがありますが、他人の動きの影響がないなんてとんでもないです。人為的に作られたドミニオン日本選手権のサプライは他者の思考を読む必要があるサプライであることが多いです。高度なじゃんけん大会です。以下が私の思考とサプライ解説です。第6回ドミニオン日本選手権のサプライ解説その壱http://d.hatena.ne.jp/yudai214/20160707/1467898262第6回ドミニオン日本選手権のサプライ解説その弐http://d.hatena.ne.jp/yudai214/20160712/1468306883第5回ドミニオン日本選手権...

    続きを読む

戦略やコツ 3件

  • 269
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月18日 19時21分

    ドミニオン攻略のコツを非常に簡略化して言えば、「手番中に、手札に8金以上を発生させ、属州を買える確率の高いデッキを作ること」となります。初期の手札は5枚。すべて初期の銅貨だとした場合、最大でも5金までしか発生しません。つまり、属州だけでなく、金貨を買うことも不可能です。主に、ドミニオン基本セットでは手札で8金を発生させて属州を買える状況を作る3つのルートしかありません。または、3つのルートの組み合わせです。1.銀貨や金貨を足して、手札5枚での1枚あたりの発生するお金を増やすこと2.手札をドローして、そもそもの手札の枚数を増やすこと(鍛冶屋や研究所など)3.お金が発生するアクションカードを...

    続きを読む
  • 267
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月28日 09時47分

    どうしても勝てないならまず「鍛冶屋戦略」を試してみてください。(基本セットのみを使っている場合に限る)当然場に鍛冶屋が無いと成立しないし、万能の戦略ではありませんが、この戦略で何回か戦えば初心者が陥りやすい「絞らずにアクションカードを買ってしまう」「どのタイミングで得点カードを集めるのに切り替えるか解らない」を抜け出す切っ掛けになると思います。方法としては初手に3枚銅貨が有るときは銀貨→鍛冶屋、初手に4枚銅貨が有るときは鍛冶屋→銀貨を購入します。その後、どこかのタイミングで鍛冶屋をもう一枚買い後は銀貨・金貨・勝利点カード以外は買いません。(初手銅貨2枚・5枚の時はちょっと遠回りになります...

    続きを読む
  • 224
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月28日 20時55分

    アクションばかりじゃなくてちゃんと銀貨と金貨を買おうゲームが終わると思ったら勝利点を買おう

    続きを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿