マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アンドールの伝説Legends of Andor

仲間と協力してミッションをクリアせよ!王道の協力型RPG!!

アンドールの伝説は、プレイヤー同士で力を合わせ与えられたミッションをクリアしていく、協力型冒険ボードゲームです。

2013年度ドイツ年間ゲーム大賞 エキスパート部門受賞

数々の冒険が繰り広げられるこのアンドールの地で、プレイヤーたちは、その地に伝わる数々の伝説を作っていきます。時には魔物を倒し、時には城を守りぬき、次々と迫り来る脅威に立ち向かわなければなりません。

全員で目的を達成するために、誰がどこに行き何をするのか、役割分担がゲームの鍵となります。キャラクターたちにはそれぞれ特殊能力があるため、それらを考慮し、最も効果的な方法を選択しましょう。敵は強大で迅速です。油断すると一気に窮地に陥ってしまいます。

また、目的は最初から全てが明かされているわけではありません。一つゴールを達成すると、そこからまたストーリーが進み、次の冒険への道が示されます。そのため、その後の展開を見越して、バランス良く備えておくこともまた重要です。

全員で知恵を振り絞り、魔物たちに打ち勝つことができるでしょうか? さあ、伝説のはじまりです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. R@R@
マイボードゲーム登録者
  • 284興味あり
  • 407経験あり
  • 110お気に入り
  • 389持ってる
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力14
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘5
アート・外見2
作品データ
タイトルアンドールの伝説
原題・英題表記Legends of Andor
参加人数2人~4人(60分~90分)
対象年齢10歳から
発売時期2012年~
参考価格5,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 10件

  • 295
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月07日 14時16分

    親2人と12歳の子供1人の家族3人で、3つめの物語までプレイしての感想です。僕が考える「ウチの家族にとってのこのゲームの魅力」をまとめてみると、要するにインストが楽。楽しみながらインストできるチームとしての一体感と達成感が大きいの2つなのではないかと思います。今のところ奥さんも子供も、もちろん僕もアンドールを気に入っています。なので子供がこれくらいの年齢に達しているなら、ファミリー向けにもたぶん安心してお勧めできると思います。そして、これから述べる感想はあくまでウチの家族のハナシではありますが、ファミリーでない人がアンドールを気に入りそうかどうか判断する場合にも、おそらく参考にできるとこ...

    Craftsmanさんのレビューを読む
  • 166
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月01日 17時25分

    重厚で、ギリギリの展開で、クリアした時の達成感が半端じゃない、ファンタジー系協力ゲーム。超好きです!4人、3人、ソロで2キャラと色々な人数でプレイしましたが、個人的には3人が一番楽しかったです。敗北条件の『城への魔物の侵入』が、4人だと2体入るとアウトでかなり厳しく、2人だと4体と大分余裕があります。(敵を倒す毎にタイムリミットが短くなるので、4人いるからと言ってガンガン倒しまくることができない)なので、少なすぎず多すぎずの3人が割と無難なバランスかなぁ、と思いました。4人は難しいですが、その分クリア時の達成感はひとしおです。注意点としては、奉行問題はある程度仕方ないかなぁという事と、1...

    Koniromann_Aさんのレビューを読む
  • 225
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月20日 13時39分

    小中学生のお子様やドラクエ世代の大人など、剣、魔法、王様、魔物とかそういうワードでテンション上がる人達には断然おすすめなゲームです。といっても、まだ途中までしか出来てません。子供たちと時間を合わせるのが大変なので続きがなかなか出来ないんです。定期的に遊べる相手がいたら完璧だと思います。ていうか羨ましいです。そしてこのゲーム、なんといっても親切♪次に何をすべきかインストされながらやってる感じです。まるで日本人が作ったかのようなきめ細かい配慮に満ちてるので、そういう部分も大好きなゲームです。早く最後までやりたいです♪

    なまゆきさんのレビューを読む
  • 253
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月24日 02時12分

    RPG系ボドゲの入門には最適なゲームです。あえて批判的なことを書きます。まず全てのシナリオを遊ぶには相当な時間がかかるので、完走しようとしたら定期的に遊べるメンバーか途中参加でもいいよというある程度の経験者が必要になります。更に戦闘はサイコロの出目に左右されるので勝てないときはとことん勝てなくなります。そして失敗したらそのシナリオの最初から始まる死んで覚えるゲームです。良くも悪くもクラシックなゲームですね。

    さいスケさんのレビューを読む
  • 347
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月25日 12時54分

    ボードゲームにもRPGはいくつかありますが、初心者の方にはオススメしやすいゲームです。なぜならチュートリアルがあり、指示通りにプレイすれば自然にルールも覚えられる優れもの。ゲームのタイプとしては、協力ゲーム型で、プレイヤーは剣士、魔法使い、ドワーフ、弓矢使いから選択します。キャラクターごとに能力が違うため、キャラが変われば戦略が変わるので何度も楽しめます。ゲームバランスも、クリアできるか、できないかの絶妙なバランスになってます。ちなみにチュートリアルは4名でプレイして2時間ほどかかりました。個人的に好きなポイントとしては、RPGにも関わらず無闇に敵を倒せば良いというものではないこと。どう...

    あたちゃん。さんのレビューを読む
  • 318
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月04日 12時19分

    数少ない、嫁さんと娘がつきあってくれるゲーム。だれかと闘って勝ち負けを決めるのではなく、全員で協力してクリアを目指すというところが良いのかも知れません。『パンデミック』しかり、クリアできるか否かのギリギリのバランスが絶妙で、このゲームのデザイナーは天才だなと思いました。ゲーム自体は、ヨーロッパの中世風ファンタジー世界を舞台にした剣と魔法の物語で、最大4人プレイ(拡張もあるようですが)。それぞれが剣士、魔法使い、アーチャー、ドワーフを担当します。戦いの際に振るサイコロの数や簡単なルールの違いでキャラクターの個性を出しているのも面白く、複雑ではないのにゲームに奥深さを加えています。強大な敵を...

    オサムさんのレビューを読む
  • 518
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月12日 17時02分

    ボードゲームのRPGを経験したことのない人には是非プレイして欲しい作品です。世界観も万人受けする感じがしますし、何よりRPG系のボードゲームの中では格段にプレイのしやすさがすごいです。チュートリアルステージがあり、準備に必要なものもしっかりとガイド付きで進めることができます。開けてから事前準備の必要なくプレイまで行けるくらいの親切さです。ただ難易度は中々のものです。絶妙な難易度と言いますかRPGといってもこのゲームはばったばった敵MOBを倒せないシステムになってます。と、いうのも敵を一体倒す事に物語が進んでしまう。そして、目的を達成しないままに物語が終わるとゲームオーバーになってしまうと...

    ひなよぴさんのレビューを読む
  • 188
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月14日 20時20分

    剣と魔法そしてドラゴンなファンタジー、かつ協力プレイが嫌いでないならば一度は経験して欲しいゲーム。ルールの総量は多めながら段階的に開放されるようになっており難解さは感じません。ただしクリアするには大の大人が頭をフル回転させて丁度くらいの絶妙なバランスになっています。シナリオは5種類あり繰り返しプレイには向かないものの十分なボリュームになっています。拡張も複数販売されているので是非序章から遊んでもらいたいゲームです。

    だちうさんのレビューを読む
  • 287
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月09日 01時57分

    この「剣と魔法のファンタジー!」「伝説の勇者達!」「ドラゴン討伐!」という古典的で王道なRPG設定が最高に好き。TheLordoftheRingsとか、TheGameoftheThronesみたいな、北欧神話式の中世ダークファンタジー感がプンプンしてたまらんですな。アンドールの伝説の画像を見たり話を聞いて興味を持つような人なら、多分どっちか見たことあるんじゃないかな?俺のイメージだが、ドラゴンっていうのは空を飛んで火を吹く、街を2つくらい燃やす生き物なんだよ。そんで颯爽と登場した勇者のパーティと戦いになり、まずは魔法がヒットして失速、エルフが羽に命中させて地上戦になり、人間の剣士が致命打...

    48面ダイスさんのレビューを読む
  • 200
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月16日 17時41分

    ゲームを遊びながら基本ルールが理解出来るチュートリアルが用意されているのな非常に親切だなと思いました。それ以降も物語カードを読むだけで自然とゲームが進行していくので最初は難しそうだなと思いましたが、私でもすぐに馴染む事が出来ました。重ゲーなのでゲームの進行状況を時々撮影して記録しておく事で次はここからまた始めましょう!と工夫して遊んでいます。重ゲーは好きだけど時間がない!という人達でもこのようにすれば十分遊べるのではと思います。仲間と協力して冒険したい方にとってもお勧めのボードゲームです!

    ままさんのレビューを読む

リプレイ 2件

  • 258
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月11日 17時01分

    はじめにこの物語は、ほとんどなんの予備知識もないままアンドールの地に降り立ち、とりあえずチュートリアルをやってみた家族のお話しです。詳しいプレイ経過のレポートというよりは、そんな初見プレイヤーが感じた楽しさを、できるだけそのまま残せたらいいなというのがねらいです。感じたことの再現を中心にしているため、勝手なフレーバーテキストが多めです。とくに後半、物語のクライマックスに近づくにつれてフレーバーも量を増していきます。フレーバーの密度が、実際のプレイの盛り上がりを反映しています。たぶん。アンドール経験者から見れば、実際のダイス目とかのデータが抜けてるのが、もの足りなく思えるかもしれません。未...

    Craftsmanさんのリプレイを読む
  • 106
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月04日 22時04分

    先日、伝説第1章(チュートリアル)をプレイしました。S7が「早く続きがしたい!」と言うので、本日伝説の第2章に挑戦しました。第1章では迫り来る怪物たちを前に「本当に守りきれるのか…?」と絶望しかけましたが、最終ラウンドであと一歩まで迫っていた怪物を倒すことができて見事勝利!さて、今回は伝説の第2章。ネタバレになるので多くは語れませんが、前回の「絶望感」よりいくらか気持ちは楽でした。チュートリアルで協力プレイ(共同戦闘)の大切さを学んだので、S7とY10が共闘して城周辺の護衛を担当し、yunopjとさくらもち(つまり大人2人)がミッション担当となって進めた結果、連続して勝利することができま...

    ばんろっほさんのリプレイを読む

戦略やコツ 1件

  • 253
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月28日 23時48分

    場面ごとに変わるのですが、序盤で大切なことを。お金は溜めるだけでは意味がないので、アイテムを買って攻略を工夫しましょう。ネタバレになるので多くは語れませんが、その場面(シナリオ)でしか使えないものというのがるので、忘れず最大限活用しましょう。

    さいスケさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 1件

  • 159
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月03日 16時17分

    プレイヤーキャラクターの射手の能力について最初のストーリーが非常に親切なチュートリアルになっていて、プレイを楽しみながらインストができちゃうというのが、このゲームの大きな特徴になっています。なのでインストについて言うべきことはほとんどないのですが、ただ一点チュートリアルだけではピンとこないところがあったので、そこだけ補足したいと思います。単に僕の飲み込みが悪いだけで、普通はさらっと納得できるのかもしれません。とくにひっかからなかった方は、たぶんこの文章を読む必要はないです。その一点というのは、タイトルを見ればわかるわけですが射手の"能力"です。射手の"能力"には戦闘時のダイスの振り方攻撃...

    Craftsmanさんのルール/インストを読む

掲示板 1件

  • ヒロトさんの投稿
    個人的に考えたヴァリアントルールです。

    個人的に考えた「ライトモード」。敵を撃退した時に1マス進む「物語トラックの物語コマ」を、撃退した敵1体ではなく、2体で1マス進むに変更する(北方システム風)。これでゲーム的に多少の猶予や自由度が...

    0件のコメント162ページビュー2年以上前

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク