おばけキャッチGhost Blitz

頭の回転の速さが勝負!素早く見切っておばけをキャッチ!

赤い椅子、青い本、緑の瓶、灰色のネズミ、そして白いおばけ・・・これらの駒をカルタ取りのように早い物勝ちでキャッチするのが、おばけキャッチというボードゲームです。どの駒を取るのかは、山札からめくったカードによって決まります。ここで取る駒を見切るのが、このボドゲの難しく面白いポイントになります。

カードには、キャッチする駒と似たような絵が描いてあります。しかし、本が緑だったり、おばけが赤かったり・・・どこか少しだけ違うようです。その中から、カードの絵に描いてあるのと全く同じアイテムがあればその駒をキャッチ!なければ、色も形も被っていない駒を探してキャッチ!をしなければなりません。

ルールは単純ですが、やってみるとどんどん混乱して何を取ればいいかだんだん分からなくなってきます。子どもの方が強いかも?親子で遊ぶのもきっと楽しいでしょう。

簡単な頭の体操、脳トレにもなるおすすめのボードゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 63興味あり
  • 753経験あり
  • 172お気に入り
  • 492持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力14
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘6
アート・外見9
作品データ
タイトルおばけキャッチ
原題・英題表記Ghost Blitz
参加人数2人~8人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2010年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 9件

  • 151
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月25日 00時37分

    単純だが、一言で説明できないゲームだ。付属しているカードに書かれている絵と、実際のコマを比較し、「色も形も存在しない」ものか、「コマと同じ色と形」の物を探す。いち早く対象を選んだ人が、カルタのようにコマを手に取る。判断力、瞬発力がモノを言うゲームのため、大人と子どもが平等に戦うことができる。また、ルールブックには追加ルールも記載されており、より難易度を上げたゲームをすることもできる。

    さとおむさんのレビューを読む
  • 73
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月08日 09時25分

    iPadのアプリであそんでいて、ちびっこが興味をしめしたので、ボドゲも買おうかとページを開けていたら、、、レゴで作りたーい!え、あ、ハイ。カード作らせていただきます。組み合わせで絵を描いて、コピーすること12枚。色を塗り塗り塗り塗り。塗り塗り塗り塗り塗り塗り塗り塗り。120枚のカードが出来ました。あれ、カードの枚数、倍ほどあるやん。。。。。頭の体操になりましたが、お手頃価格なので、買った方がいいと思います。はい。

    koorinonoさんのレビューを読む
  • 95
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月07日 19時36分

    大人と子どもが一緒になって本気でプレイ出来るところが最大の魅力です。そしてガチンコ勝負の行方は子どもの勝ちで終わることがしばしば。どんなボードゲーム初心者とでもワイワイと楽しくプレイ出来ます。これがあれば誰とでも楽しめる万能なゲームですね。

    マン・フレッティさんのレビューを読む
  • 97
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月15日 10時17分

    かるた取りの様にカードで示されたものを素早く取るという反射神経を使うゲームだが、取るもの示すカードのひとひねりが楽しい。(1)色も形も一致したものがあればそれを取る。(2)色と形が一致したものが無い場合はカードに色も形も示されてないものを取る、の2種類があります。ルールは簡単ですぐ楽しむことができます。また、木製のコマが可愛らしく、ゲームに馴染みのない人の目を引きます。見た目がキャッチーで比較的安価でコンパクトでプレゼント等には最適。ボードゲームへの導入、一見さん大歓迎なゲーム。ただ、ゲーム全体を通してみると変化がなく、また勝ち負けが固定されがちで、瞬発力に優れるが持久力に欠ける感があり...

    Pinoさんのレビューを読む
  • 69
    名に参考にされています
    投稿日:2016年07月31日 08時06分

    反射神経と咄嗟の判断力がものを言うゲーム。これ、小1次男がとにかく強い。大人に混ぜても中学生に混ぜても圧勝です。適性があるんでしょうね^^;児童教室へ持って行きましたが、小1同士でも遊べました。とりあえず早いモノ勝ちでなんでも取っちゃえ!って子や、お手付きしたくないのでじっくり考える子、個性が出ます。「難しいね…でも面白い。」と最後につぶやいてました。

    DARKGREEN99さんのレビューを読む
  • 126
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月20日 11時05分

    難易度の高いアクションゲーム「白いおばけ、灰色のネズミ、赤いイス、緑の瓶、青い本」「5つの物」を机の上に並べ、その隣に山札をシャッフルして配置してゲームスタート。.誰かが1枚カードをめくります。カードには1枚ずつ、「正解」が存在するので、.その「正解」を誰よりも早く見つけて、「正解の物」を取ったら勝利、1点獲得。ただ、「正解」が非常にややこしいのがこのゲームの特徴。正解は以下の手順で解決されます。.1.カードに写っている物について、「色と形が一致している物は正解」2.「1」に該当する物がない場合、その「色も形も無いものが正解」.この二つです。例を示します。.カードに「緑の瓶と赤い本」が書...

    oshio_senseiさんのレビューを読む
  • 29
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月19日 23時36分

    白いオバケ、灰色のネズミ、赤いイス、緑の瓶、青い本があります。進行役はカードを一枚引き中央に置きます。そのカードには色とモノが必ず一緒か全く無いものがあります。それを素早くみつけ、当てはまるものを取ることができればカードを獲得できます。カードが無くなったときに、一番カードを獲得できたプレイヤーが勝利できます。カードに書かれている絵柄を瞬時に判断と、行動へと移す。動体視力を養えるゲームです。

    紙の城:亞猫【あにゃん】さんのレビューを読む
  • 53
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月28日 19時53分

    スピード勝負でどちらかの条件に唯一あうコマをとる。・絵と同じ色and同じモノのコマ・絵と異なる色and異なるモノのコマ反射的にぱっととれることもあったり、とったあとに、え?それってあってるんだっけ?ってみんなで悩んだり。子どもでもできそうかなと思って知育玩具を探してる母親に紹介したけど、高学年くらいじゃないと難しいのと、スピード勝負なので子ども同士でやると熱くなりすぎるのとで却下。ボドゲという言葉も知らない母親・父親でも、オバケが思いっきり飛んでいく程度に熱中して一緒に遊べるくらい簡単なので、ボドゲ初心者におすすめ。ボドゲ初心者だと初めてのゲームで難しかったり周りに責められたりで嫌な思い...

    まつながさんのレビューを読む
  • 27
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月16日 21時06分

    カードに描かれている色と型がある物を探す、或いは色も型もない物を捜して素早くキャッチするカルタ立体版のようなボードゲーム。ルールは簡単なのに実際遊んでみるとこれがなかなか難しく、集中力もついて脳トレ的な要素があるなという感じ。ある物探しだけにカードを絞れば小さな子供と一緒に遊べますし、小学生くらいから大人と対等に遊べる数少ないボードゲームだと思います。家族や親戚同士でワイワイ遊ぶのにとてもお勧めのボードゲームです!

    ままさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 208
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月17日 01時04分

    基本的には反射神経ゲームなので戦略なんて無いに等しいと思っている方も多いと思いますが、「このゲームに全然勝てない」といった方へのアドバイスを記載します。まず、その実際の物があるカードはその物を取る(赤い椅子がカードにある場合赤い椅子を取る)というルールを上手く利用する必要があります。どういうことかというと、実際にあるアイテムの中で2つだけに集中します。例えば『「赤い椅子」と「青い本」が出たときは絶対に取る』といったことをゲームのスタート前に考えて望みます。この意識付けだけで驚くように取れるようになります。実際に赤い椅子が出たときはすぐに取れるようになりますし、「赤くない椅子」と「青くない...

    まつりさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿