マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

おばけキャッチGhost Blitz

頭の回転の速さが勝負!素早く見切っておばけをキャッチ!

赤い椅子、青い本、緑の瓶、灰色のネズミ、そして白いおばけ・・・これらの駒をカルタ取りのように早い物勝ちでキャッチするのが、おばけキャッチというボードゲームです。どの駒を取るのかは、山札からめくったカードによって決まります。ここで取る駒を見切るのが、このボドゲの難しく面白いポイントになります。

カードには、キャッチする駒と似たような絵が描いてあります。しかし、本が緑だったり、おばけが赤かったり・・・どこか少しだけ違うようです。その中から、カードの絵に描いてあるのと全く同じアイテムがあればその駒をキャッチ!なければ、色も形も被っていない駒を探してキャッチ!をしなければなりません。

ルールは単純ですが、やってみるとどんどん混乱して何を取ればいいかだんだん分からなくなってきます。子どもの方が強いかも?親子で遊ぶのもきっと楽しいでしょう。

簡単な頭の体操、脳トレにもなるおすすめのボードゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 84興味あり
  • 1125経験あり
  • 252お気に入り
  • 694持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力20
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘10
アート・外見14
作品データ
タイトルおばけキャッチ
原題・英題表記Ghost Blitz
参加人数2人~8人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2010年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 15件

  • 98
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月14日 21時26分

    カードをめくって、形+色が一緒のものがある?    yes それをとる。no カードの形、色とちがうものをとる。5種類の木のフィギュアの名前と色『おばけ(白)、ねずみ(灰色)、いす(赤)、本(緑)、ボトル(青)』を覚えておいて、カードがめくられた時にまず、5つの形+色が同じのがあるか?という見方をするだけでかなり早くとれるようになります。

    m1114toyさんのレビューを読む
  • 95
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月19日 22時04分

    「ワニに乗る?」の次に2番目に購入したゲームです。これならば、子供に手加減しなくても楽しめるだろうと思っていましたが、全くあてが外れました。本気を出しても勝てません笑ルールは至極簡単、インストは小学校低学年でも数分で終わります。子供の無邪気さというか、直感というか、考えれば考えるほど勝利からは遠ざかります。左脳のゲームなんでしょうね、よくできていると思います。難点を言えば、手を出したのがどっちが早いかを判断するのが難しく、若干の争いが起きることがあります。このゲームを勧め、購入した後輩からは、激しい取り合いでイスが壊れてしまったなんて話も聞きました。ゲームの勝敗は勝敗として、譲り合う心も...

    IOUさんのレビューを読む
  • 70
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月06日 19時15分

    このゲームを実際やるまでは、大変失礼な話ですが、『どうせ軽ゲー好きがやる糞アクションパーティーゲームだろボケが』と(多少盛ってますが)思っていました。、、、、、すみません、これむちゃくちゃ面白いです(爆)皆が慣れてきてテンポが上がってくると、お手付きが頻発してその度に爆笑が起きます。奪い合うのにこんな平和的(?)なゲームあるんですね。これは1個持ってて絶対に損のないゲームです(断定!)。おばけキャッチ2やより難しいバージョンもあるとの事なので、そちらも購入したくなる出来でした。ゲームのやらず嫌いはよくないですね(笑)☆個人的評価☆良い+

    Koniromann_Aさんのレビューを読む
  • 150
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月28日 13時10分

    ついつい違う色取っちゃうんですよねぇ…コレ。一瞬の判断で、同じものがあれば同じものを、同じものが無かったらつかわれていない物を取るだけなのに、子どもから大人までみんなが楽しめるすごいゲームだと思います。先日、大人5人でワイワイやってたら、気付けば1時間あっという間に経っていました。

    だかさんのレビューを読む
  • 99
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月10日 22時41分

    ざっくりレビュー実施回数:数回(仲間内・初めて同士で)1.無いものもさがす「かるた」で、ルール簡単2.学習すると成長がみえるタイプの面白さ(なので、メンバー次第でハンディ付けたほうがいい)3.コマの質感がかなり良い!総論:いろいろと幅(時間・人数・ルール)が効くのでおひとつあると便利なゲーム。番外:おばけの顔がいやらしい

    kumatti0さんのレビューを読む
  • 156
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月02日 12時06分

    2人から8人までできるお手軽ではあるものの、非常に頭を使わせるし、反射神経が必要なゲームです。内容は、緑色の瓶、青色の本、赤色の椅子、白色のおばけ、灰色の鼠の計5個の駒を取り合うのてすが、取るための条件が一捻り効いていて面白いです。カードに描かれている絵を見て、同じ駒と色があればそれを素早く取るのですが、同じ駒と色がなければ、5個の駒のうちどれかカードの絵に同じ駒と色が使われていない駒があるので、それを素早く取るというものです。後段の条件をいかに咄嗟に判断して、駒を取りに行くかがこのゲームのコツかもしれません。ただし、間違った駒を取ると、所謂お手付きとなるので、そこは気を付けなければいけ...

    Nobuaki Katouさんのレビューを読む
  • 166
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月25日 00時37分

    単純だが、一言で説明できないゲームだ。付属しているカードに書かれている絵と、実際のコマを比較し、「色も形も存在しない」ものか、「コマと同じ色と形」の物を探す。いち早く対象を選んだ人が、カルタのようにコマを手に取る。判断力、瞬発力がモノを言うゲームのため、大人と子どもが平等に戦うことができる。また、ルールブックには追加ルールも記載されており、より難易度を上げたゲームをすることもできる。

    さとおむさんのレビューを読む
  • 84
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月08日 09時25分

    iPadのアプリであそんでいて、ちびっこが興味をしめしたので、ボドゲも買おうかとページを開けていたら、、、レゴで作りたーい!え、あ、ハイ。カード作らせていただきます。組み合わせで絵を描いて、コピーすること12枚。色を塗り塗り塗り塗り。塗り塗り塗り塗り塗り塗り塗り塗り。120枚のカードが出来ました。あれ、カードの枚数、倍ほどあるやん。。。。。頭の体操になりましたが、お手頃価格なので、買った方がいいと思います。はい。

    koorinonoさんのレビューを読む
  • 100
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月07日 19時36分

    大人と子どもが一緒になって本気でプレイ出来るところが最大の魅力です。そしてガチンコ勝負の行方は子どもの勝ちで終わることがしばしば。どんなボードゲーム初心者とでもワイワイと楽しくプレイ出来ます。これがあれば誰とでも楽しめる万能なゲームですね。

    マン・フレッティさんのレビューを読む
  • 108
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月15日 10時17分

    かるた取りの様にカードで示されたものを素早く取るという反射神経を使うゲームだが、取るもの示すカードのひとひねりが楽しい。(1)色も形も一致したものがあればそれを取る。(2)色と形が一致したものが無い場合はカードに色も形も示されてないものを取る、の2種類があります。ルールは簡単ですぐ楽しむことができます。また、木製のコマが可愛らしく、ゲームに馴染みのない人の目を引きます。見た目がキャッチーで比較的安価でコンパクトでプレゼント等には最適。ボードゲームへの導入、一見さん大歓迎なゲーム。ただ、ゲーム全体を通してみると変化がなく、また勝ち負けが固定されがちで、瞬発力に優れるが持久力に欠ける感があり...

    Pinoさんのレビューを読む
  • 74
    名に参考にされています
    投稿日:2016年07月31日 08時06分

    反射神経と咄嗟の判断力がものを言うゲーム。これ、小1次男がとにかく強い。大人に混ぜても中学生に混ぜても圧勝です。適性があるんでしょうね^^;児童教室へ持って行きましたが、小1同士でも遊べました。とりあえず早いモノ勝ちでなんでも取っちゃえ!って子や、お手付きしたくないのでじっくり考える子、個性が出ます。「難しいね…でも面白い。」と最後につぶやいてました。

    DARKGREEN99さんのレビューを読む
  • 158
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月20日 11時05分

    難易度の高いアクションゲーム「白いおばけ、灰色のネズミ、赤いイス、緑の瓶、青い本」「5つの物」を机の上に並べ、その隣に山札をシャッフルして配置してゲームスタート。.誰かが1枚カードをめくります。カードには1枚ずつ、「正解」が存在するので、.その「正解」を誰よりも早く見つけて、「正解の物」を取ったら勝利、1点獲得。ただ、「正解」が非常にややこしいのがこのゲームの特徴。正解は以下の手順で解決されます。.1.カードに写っている物について、「色と形が一致している物は正解」2.「1」に該当する物がない場合、その「色も形も無いものが正解」.この二つです。例を示します。.カードに「緑の瓶と赤い本」が書...

    oshio_senseiさんのレビューを読む
  • 37
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月19日 23時36分

    白いオバケ、灰色のネズミ、赤いイス、緑の瓶、青い本があります。進行役はカードを一枚引き中央に置きます。そのカードには色とモノが必ず一緒か全く無いものがあります。それを素早くみつけ、当てはまるものを取ることができればカードを獲得できます。カードが無くなったときに、一番カードを獲得できたプレイヤーが勝利できます。カードに書かれている絵柄を瞬時に判断と、行動へと移す。動体視力を養えるゲームです。

    紙の城:亞猫【あにゃん】さんのレビューを読む
  • 60
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月28日 19時53分

    スピード勝負でどちらかの条件に唯一あうコマをとる。・絵と同じ色and同じモノのコマ・絵と異なる色and異なるモノのコマ反射的にぱっととれることもあったり、とったあとに、え?それってあってるんだっけ?ってみんなで悩んだり。子どもでもできそうかなと思って知育玩具を探してる母親に紹介したけど、高学年くらいじゃないと難しいのと、スピード勝負なので子ども同士でやると熱くなりすぎるのとで却下。ボドゲという言葉も知らない母親・父親でも、オバケが思いっきり飛んでいく程度に熱中して一緒に遊べるくらい簡単なので、ボドゲ初心者におすすめ。ボドゲ初心者だと初めてのゲームで難しかったり周りに責められたりで嫌な思い...

    まつながさんのレビューを読む
  • 28
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月16日 21時06分

    カードに描かれている色と型がある物を探す、或いは色も型もない物を捜して素早くキャッチするカルタ立体版のようなボードゲーム。ルールは簡単なのに実際遊んでみるとこれがなかなか難しく、集中力もついて脳トレ的な要素があるなという感じ。ある物探しだけにカードを絞れば小さな子供と一緒に遊べますし、小学生くらいから大人と対等に遊べる数少ないボードゲームだと思います。家族や親戚同士でワイワイ遊ぶのにとてもお勧めのボードゲームです!

    ままさんのレビューを読む

リプレイ 1件

  • 115
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月09日 19時54分

    小3の息子と2人でプレイしました。プレイ当初は、どの駒を取って良いのかよく分からなかった息子ですが、そのうち直ぐにどの駒を取れば良いのか分かるようになり、私よりも直ぐ取れる場合も出てきました。2戦目までは手加減して負けましたが、父親の(無い)威厳を見せるため素早く取るようにして、3戦目は私の勝利に終わりました。今回は、まだ息子には負ける気がしませんでしたが、そのうち抜かされる日が来るのだろうなぁと思っております。ただ、簡単には負けないように、日夜アプリで鍛えようと画策しています。なお、息子からは、年末年始の休み期間にプレイしたゲームの中で、一番面白かったそうです。

    Nobuaki Katouさんのリプレイを読む

戦略やコツ 4件

  • 23
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月29日 19時26分

    戦略になるかはわかりませんが、掴み合いになったら大声で「痛い!!!」と叫びましょう、大岡越前のアレです相手は情から離してくれると思いますただこの戦法、弱点があります2度目がないことです

    卓上ビリーさんの戦略やコツを読む
  • 85
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月27日 15時20分

    おばけキャッチは戦略云々じゃなくて、まず5種類のコマの内容と色を覚えるのが重要だと思います。色と物を繋げて覚えておくと、個人的には取りやすくなりました。カードをめくった時に、該当の物がないかを判断すれば自然と取る速度が上がってきます。最終的には、反復して判断力を上げるしかないかなぁ…。子どもとやっていると、速度がものすごい勢いで上がっていきます。適応能力の差が…モロ出ます!

    だかさんの戦略やコツを読む
  • 21
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月20日 16時41分

    慣れが全てです。それぞれのアイテムと色の結びつきをすぐに思い出せるようにしておかねばなりません。

    うさこさんの戦略やコツを読む
  • 321
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月17日 01時04分

    基本的には反射神経ゲームなので戦略なんて無いに等しいと思っている方も多いと思いますが、「このゲームに全然勝てない」といった方へのアドバイスを記載します。まず、その実際の物があるカードはその物を取る(赤い椅子がカードにある場合赤い椅子を取る)というルールを上手く利用する必要があります。どういうことかというと、実際にあるアイテムの中で2つだけに集中します。例えば『「赤い椅子」と「青い本」が出たときは絶対に取る』といったことをゲームのスタート前に考えて望みます。この意識付けだけで驚くように取れるようになります。実際に赤い椅子が出たときはすぐに取れるようになりますし、「赤くない椅子」と「青くない...

    まつりさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    カードサイズは91mm×59mmです。「CAC-SL35、同SL36 ユーロサイズ」などのスリーブが最適です。カードは60枚入っています。

    0件のコメント69ページビュー4ヶ月前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク