• 3人~12人
  • 10分前後
  • 6歳~
  • 2017年~

みんなでぽんこつペイントMinna de ponkotsu paint

回答者が自分には見えないようにお題のカードを持ってサイコロを振り、

出た目に対応するお題を出題者達が描いて、何を描いたのか回答者が当てるというゲームなのですが、

このゲーム最大のポイントとして、描けるのは原則として真円(真ん丸)と直線の2種類だけというものがあります。

丸一つ、直線一本で1画としてカウントし(なので長方形を描くと4画になります)、画数の少ない人から発表していきます。回答者に当ててもらえた出題者に2ポイント、当てた回答者に1ポイント入り、最もヒントになった絵の出題者にも1ポイント入ります。

画数を少なく抑えて早く発表したい(得点を得るチャンスがある)けれど、そうすると何を描いたのか当てられにくい…というジレンマがあります。少人数より大勢の方が盛り上がると思います。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:かわちや
  • 13興味あり
  • 69経験あり
  • 14お気に入り
  • 35持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルみんなでぽんこつペイント
原題・英題表記Minna de ponkotsu paint
参加人数3人~12人(10分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2017年~
参考価格2,500円
クレジット
ゲームデザインちかすず(Chikasuzu)
アートワーク長谷川 登鯉(Tori Hasegawa)
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 56
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月15日 09時30分

    回答者が自分には見えないようにお題のカードを持ってサイコロを振り、出た目に対応するお題を出題者達が描いて、何を描いたのか回答者が当てるというゲームなのですが、このゲーム最大のポイントとして、描けるのは原則として真円(真ん丸)と直線の2種類だけというものがあります。丸一つ、直線一本で1画としてカウントし(なので長方形を描くと4画になります)、画数の少ない人から発表していきます。回答者に当ててもらえた出題者に2ポイント、当てた回答者に1ポイント入り、最もヒントになった絵の出題者にも1ポイント入ります。画数を少なく抑えて早く発表したい(得点を得るチャンスがある)けれど、そうすると何を描いたのか...

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿