マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

麻雀Mahjong

歴史がありプレイヤーも多いゲーム。麻雀牌を1つずつ入れ替え、役と呼ばれる組み合わせにすれば得点!

ボードゲームの中でも、歴史があり年齢層が高い人に多くプレイヤーがいる印象の麻雀。
タバコをすいつつお金をかけてやる印象もありますが、運と戦略(確率計算等)、知識やプレイヤー同士の駆け引きなどの要素が詰まっており、意外と誰でも楽しめるゲームです。
まずは簡単な役を3つ程度覚え、詳しくて仲のいい友達を含む4人で遊ぶなど、理解のある環境で遊ぶことをオススメします。

どんじゃらをしたことがある人は、流れはだいたい一緒で、得点計算が複雑になり、役の条件も複雑になって増えたと思って守られればだいたいあっています。13枚持っていて、1枚引いて14枚になったときに役がありあがれる状態になっているか、もしくは14枚目は誰かが捨てたものを拾ってあがることもできます。

3つの「中」を集めるとできるシンプルな役から、ほぼ全部の麻雀牌が指定されていて得点がカンストのような「国士無双」というものまで様々です。

誰かひとりが役を作ると同時にそのラウンドは終了となってしまうので、高い点数の役を目指すことも大事ですが早く役を作ることも大事です。
また、複数ラウンド行ない基本的には1位を目指すものなので、1位から点数を奪えるようなアクションを行なうことも上級者にとっては重要になってきます。

遊ぶ環境とプレイヤーの数は厚いゲームなので、ぜひ機会があれば遊んでみてください。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 431経験あり
  • 109お気に入り
  • 226持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率9
戦略・判断力10
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル麻雀
原題・英題表記Mahjong
参加人数3人~4人(120分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1850年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 185
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月16日 17時24分

    私の年代では、高校の時に必ず誰しもやっていた、ギャンブルというイメージの強いゲームです。しかしながら、これほど頭を使う読みあい、中毒性のあるゲームは他にないと思います。基本は1~9までの萬子・筒子・索子と、東西南北白發中の字牌を14枚使って、役を作るゲームです。雀頭と呼ばれる2枚の同じ牌、その他同じ牌3枚の刻子、同じ模様の牌の1.2.3の様な順子を計4種組み合わせて役を作ります。あと1枚で揃う状態で立直をかけ、自分で引くか、誰かがその牌を捨てれば上がりです。役や〇点場、点数の数え方など、細かく覚える事と大変ですが、基本ルールは上記のような感じで覚えておけば大丈夫かと思います。ネットで一人...

    だかさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク