マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

クアックサルバーDie Quacksalber von Quedlinburg

つい先日、2018年のドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門を受賞した作品です。


デザイナーのヴォルフガング・ヴァルシュ(Wolfgang Warsch) は、同年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートした『ザ・マインド』と、同じくエキスパート部門にノミネートした『ガンシュンクレバー』もデザインしており、1年間の間に発表した4作品のうち3作品がドイツ年間ゲーム大賞とそのエキスパート部門ににノミネート、その内1つは受賞という鬼才です。


クアックサルバー(quacksalber)とはドイツ語で「ヤブ医者」という意味。

プレイヤーはヤブ医者となり、毎ラウンド鍋の中に素材を入れて薬を作ります。


鍋に入れる素材のチップは、自分が持っている袋の中からランダムに引いたものを1枚ずつ順に入れていき、なるべく多く鍋の中に素材を入れることができるほど、ラウンドごとに得られる点数は高くなります。


しかし、素材の中には最初からもっている白い豆があり、この豆を多く入れすぎてしまうと鍋は爆発してしまうのです!

爆発すると、そのラウンドでは点数はもらえないので、どこまでチップをひいて、どこで身を引くかというチキンレースです。


うまくいくと、毎ラウンド新しい素材を購入することができるので、自分の袋の中から白い豆を引く確率を下げることができます。

感覚的には、カードではないですが「デッキ構築」に近いです。


素材はいくつか種類があり、素材ごとに特殊効果があるのですが、ほしいタイミングでいい効果の素材を袋から引けた瞬間の快感がかなり楽しいものでした。


また、この素材の効果はコンポーネントごとに1種類というわけではなく、今回はこの赤きのこはこの効果、かぼちゃはこの効果で遊ぼう、とかなり多くの組み合わせで遊べるので、僕はまだ一回しか遊べていないものの、毎回異なったプレイ感を楽しめるのではないかと期待しています!


アークライトから完全日本語版の発売が決まっているようなので楽しみですね。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:あらい
マイボードゲーム登録者
  • 63興味あり
  • 62経験あり
  • 20お気に入り
  • 16持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルクアックサルバー
原題・英題表記Die Quacksalber von Quedlinburg
参加人数2人~4人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 149
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月17日 01時28分

    各プレイヤーは怪しげな薬剤師となって自分の巾着袋から中身を見ずに薬材を毎ラウンド一つづつ引き出して、鍋(盤面)に入れていきます。薬材を多く入れれば入れるほど完成した薬の評価は高くなりますが入れてはいけない白キノコ(白い豆?)を8個入れてしまうと鍋が爆発してラウンドボーナスにペナルティがついてしまう・・・薬材を入れるのをやめるのは自分の判断なので、どこで投入をやめるかを決めるのが重要。早くやめれば安全だけど後でもらえるポイントやお金が少なくなる。とはいえギリギリまで攻めていくのはリスクがあるというチキンレース。毎ラウンドの終了時、鍋に入れた薬材の量によって勝利ポイントとお金がもらえて、お金...

    コテツさんのレビューを読む
  • 158
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月14日 20時14分

    各プレイヤーは魔法使いだか薬師だかで治療薬を作っていくゲームです各プレイヤーに袋が渡されその中から治療薬の素材を引いてゲームを進めていくバックビルディングシステムが採用されています素材には、かぼちゃ・カラスの頭蓋骨・マンドラゴラ・キノコ等怪しい物体が多々あります(こんなのでできた薬飲みたくないw)プレイヤーボードは大きな鍋になっており、中心から外側に向かって数字が増えていく渦巻き状の特需なボードで、引いた素材に書いてある数字分、ボードの数字を進めた個所にその素材を置きます。中心から外側へ行くほどこのメインフェイズ後のVP獲得や新たな素材を購入する資金が増えます基本各プレイヤーは鍋の数字を...

    くずてつさんのレビューを読む
  • 394
    名に参考にされています
    投稿日:2018年07月25日 19時20分

    つい先日、2018年のドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門を受賞した作品です。デザイナーのヴォルフガング・ヴァルシュ(WolfgangWarsch)は、同年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートした『ザ・マインド』と、同じくエキスパート部門にノミネートした『ガンシュンクレバー』もデザインしており、1年間の間に発表した4作品のうち3作品がドイツ年間ゲーム大賞とそのエキスパート部門ににノミネート、その内1つは受賞という鬼才です。クアックサルバー(quacksalber)とはドイツ語で「ヤブ医者」という意味。プレイヤーはヤブ医者となり、毎ラウンド鍋の中に素材を入れて薬を作ります。鍋に入れる素材のチ...

    あらいさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク