枯山水Stone Garden

第一回東京ドイツゲーム大賞受賞作品!力強い人気の和製ボードゲーム

このゲームはプレイヤーは禅僧となって、自分のボード上に美しい『枯山水庭園』を作ることを目指すボードゲームです。

商品代は少し高めなのですが、出来るだけ金額を落とすために、コンポーネントの箱詰め作業・ゲームに使われる庭石の塗装作業は、製作者達自身によって行われたそうです。限界まで金額を抑えてもらっているようで、嬉しい限りです。
プレイ経験者達の評判は非常に良く、長く遊び続けられることを考えれば、むしろコストパフォーマンスは良い方だと思われます。

◆ゲームの目的
「作庭家が枯山水を作る」という面白いコンセプトです。プレイヤー同士は「力」「体力」などではなく、『美しさ』を競い合います。

◆ルールの概要
自分の出番には砂紋が描かれたタイルを引き、矛盾が生じないように配置します。この時、渦などの模様が作れるとより良い庭園となりますが、矛盾が生じた場合は減点となってしまいます。
こうして配置をしたくないタイルであった場合は他のプレイヤーにタイルを譲ったり、また自分が欲しかった砂紋タイルを他のプレイヤーが配置しようとした際にそのタイルを強奪するといったプレイを繰り返していきます。
タイルを譲ると徳ポイントが上がり、強奪する時は徳ポイントが下がります。徳ポイントが貯まれ様々な形をした石を得る事ができ、それをボード上に配置していく事でも得点を得る事が出来ます。

プレイヤー全員の枯山水庭園が完成したらルールに従い出来栄えを点数化し、最も高得点のプレイヤーが勝者となります。

是非とも和室でお茶をすすりながら、遊んでほしいボードゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まま
  2. ◇◆モモ◆◇
  • 興味ある(207人)
  • 経験あり(419人)
  • お気に入り(92人)
  • 持ってる(207人)
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見10
作品データ
タイトル枯山水
原題・英題表記Stone Garden
参加人数2人~4人(75分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2013年~
参考価格8,000円
クレジット
ゲームデザイン山田 空太(Koota Yamada)
アートワークママダユースケ(Yusuke Mamada)
関連企業/団体ニューゲームズオーダー(New Games Order, LLC)

レビュー 9件

  • 42
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月19日 00時58分

    パッケージに描かれた激渋お爺ちゃんが特徴的。見た目通り純和風テイストで癒されるゲーム。大量得点を得るためには、波紋の矛盾を無くし多くの石を配置する必要があるのですが、その両方に『徳ポイント』が必要となる。そしてこの『徳ポイント』をどのタイミングでどうやって貯めるかが悩ましい。誰かが庭を完成させた時点でパネルの廃棄が出来なくなるので、一気に残りの手番が少なくなるし、矛盾を許容しなければいけなくなるのでスピードも重要となる。そのため、周りの進捗を見つつ確実にポイントを稼ぎに行く必要がある。その分、思い通りに美しい庭が出来たときの喜びは大きい。そして、得点集計が終わると必ず各自の庭に品評会がス...

    続きを読む
  • 51
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月03日 20時01分

    タイルや石といったパーツを組み合わせて、いかに美しい石庭を作れるかを競うゲームです。あっという間にゲームが終わるので、アレもコレもと欲張らないことがコツのような気がします(タイルが埋まらなかったり、ガラが繋がらないとマイナス点になる)。また、過剰に石を置けば良いということもなく、適切に配置する必要があります。ここらへん、ワビサビの世界を上手く表せているのではないでしょうか。また、このゲームの良いところは、勝ち負けだけでなく、完成された庭を眺めて自己満足に浸れるところかもしれません。たとえ点数が低くても、自分で作った庭を眺めるのは楽しいです。コンポーネントは物理的に少々重いですが、雰囲気が...

    続きを読む
  • 104
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月16日 12時02分

    何度か知人同士でプレイしました。最初パッケージを見た時は、とっつきにくそうな装丁だなと思いましたが、実際にやって見ると、ルールもそこまで複雑では無く、初見から楽しむ事が出来ました。自分自身ボードゲームに慣れている訳では無く、ルールを読み解くのに必死になり、結果楽しむ事が出来なかったりするので、とてもありがたかったです。また回数をこなしても、同じ庭が出来上がる事は無く、大きなミステリーサークルが出来たり、苔が一切ない庭というより駐車場のような物が出来上がったりと、以外と何度やっても楽しめます。購入するには少し勇気のいる値段なので、お近くにボドゲカフェ等があるなら、そちらで試してみてもいいか...

    続きを読む
  • 74
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月30日 15時28分

    庭園に配置する石がしっかりしているので、それだけでも雰囲気が出ます。

    続きを読む
  • 232
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月24日 21時59分

    枯山水は水を使わずに水を表現し、ひいては世界観や宇宙観まで表現する非常に抽象的な美術です。有名な龍安寺の石庭は、どの角度から見ても石がひとつ隠れる・・・これは、「世界は不完全なものだ」という思想を表しているのです。---枯山水---ルールを覚えるのに必要な時間:20分1ゲームの時間:60-90分評価:☆☆☆☆(☆5で満点)発売されたのは2014年のゲームマーケットで、「おおー、なんかコンポーネントが豪華だなぁ。個人ボードがラベンスバーガーっぽいなぁ」「価格は強気だなぁ」ぐらいに思っていたのですが、年が明けてから(2015年初頭)話題が爆発。ボードゲームの常であっという間に品薄。手に入りづ...

    続きを読む
  • 100
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月04日 14時41分

    まだ、数回しかプレイしていないのですが、綺麗な庭園を造って芸術点を競う、日本の「わび」「さび」の文化を反映したお上品なゲームですね。プレイしていると思わず綺麗な庭造りに夢中になってしまいます。プレイヤー同士で「いやー、○○さんの庭は素晴らしいお庭ですなあ・・・ふぉっふぉっふぉ。」「いえいえ、△△さんの庭こそ奥ゆかしくて味わい深い。これぞ和の文化とも言うべきお庭ですぞ?・・・ふぉっふぉっふぉ。」などとRPしながらやると更に世界観に入り込めそうです。個人的には、戦略や駆け引きを楽しむよりは世界観を楽しむゲームかと思います。

    続きを読む
  • 137
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月18日 14時28分

    綺麗な枯山水庭園を造る為に、時には徳を捨てでも相手のタイルを奪う!順番に庭を形造る砂紋タイルを引き、砂紋が繋がるように自分の庭に配置していく箱庭ゲーム。良い砂紋が来た!と喜んでいると相手に強奪されてしまう事も暫し。砂紋が繋がり、きれいに石が配置できるとにんまりしてしまいます。このゲームの味噌は気に入らない砂紋タイルが来た場合、配置せずに破棄してもたいしたペナルティにならない事。なのでカルカソンヌ等に比べて自分の思い描いているタイル配置が比較的しやすいところでは無いでしょうか。

    続きを読む
  • 106
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月14日 16時40分

    新装版発売前の意見です。新装版については中身を見たことがないため、下記が当てはまらない可能性があります。一時期ネットでものすごく話題になり、今も希少品としてプレミア価格で取引されている作品です。特徴は何といっても、石膏で作られた庭石です。これらは1つ1つが手塗りで色を付けられているそうで、眺めれば眺めるほどによくできた作品です。ゲームで使用するポイントとして「徳」があるのですが、引いてきた砂紋タイルを他人に譲渡すると上がったり、他人からタイルを奪うと下がったりします。ゲーム終盤に差し掛かると、自分の作った枯山水に愛着がわき愛おしくなります。また気が付くと勝ち負けを気にせず全員が美しい枯山...

    続きを読む
  • 65
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月14日 12時47分

    一時期ツイッターで話題になっていた枯山水を遊びました!矛盾しないようにタイルを配置していって、渦巻き模様がキレイに完成した時とか、貯まった徳で欲しい石を配置出来た時にちょっとした達成感が得られて嬉しい♡おじいちゃんカードの使いどころも結構大事だなーと思います!箱庭系のゲームが好きな人に特にオススメ!!

    続きを読む

リプレイ 2件

  • 90
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月18日 09時02分

    一度、上中下段すべて左右対称にしたことがあります。でもこれでは勝てませんでした。このボーナス点は苦労の割に得点が低いです。

    続きを読む
  • 145
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月08日 12時13分

    時期を逃してしまいできてなかった枯山水。ディアシュピールで枯山水曜日!と銘打ってやっとできた。ひいたカードは、「大仙院」と「賢庭」。「大仙院」は隣あっている石があるため苔必須。右下に石を置く必要があるからなかなか置けず、その代わり点が14点と高い。「賢庭」は置いた石を置き換えられる能力。インスト時に苔以外に石を置くと隣に置けないっていうのを聞き逃していたため最初に砂のところに石を置いてしまい、半分絶望のところをこの置き換え能力でなんとか退避。最終的にできた庭!!私の庭!!!!苔が一部途切れちゃったのが残念。カウンティングができてなくて、絶対当てはまらないように置いてしまった。。見た目的に...

    続きを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール・インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿