マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

クアックサルバーmaroさんのレビュー

579名 が参考
6名 がナイス
約1年前

まずはボードゲームギーク(BGG)の1一100位を見てほしいと思います。

その中にいわゆる、運ゲーはどれだけ存在しているでしょうか?


BGGでは重量級の複雑なゲームは評価されやすく、軽量級、パーティゲームは軽視される傾向が

あります。

このクアックサルバーはその中で80位、15000投票で平均レート7.8を記録していま

す。(レビュー時点)


それではゲームにおける運とは何でしょうか。

例えば、2人で、サイコロの出目比べを複数回行えば、その結果はばらつきが出ます。

しかし、麻雀などの勝負では、少ない回数ではばらつきがでるものの、回数を増やすに従い、勝

率は実力のあるプレイヤーに収束してきます。


麻雀はよく運7技3といわれますが、これが、囲碁、将棋、チェスなどのアブストラクトでは、

当然、麻雀以上に実力のあるプレイヤーに極めて強く収束することになります。


私は以前、日本チェス協会の公式戦に参加していたころ、1800程度のレーティングを保持して

いました。その経験からいうと、チェスのようなゲームでも、究極的に選択に迷う局面では、運

の要素が顔を出します。さらにいうと、相手のオープニング(序盤での定石)に対し、どのオープ

ニングを用いるかの時点で、運が絡んでいるともいえます。


クアックサルバーは確かに運の要素がかなり強い部類に入るゲームです。

バッグビルド(よくバックビルドいわれるが、bag buildというメカニズムである。これをバック

と呼ぶのであれば、good gameはクッドケーム、Googleはクークルと言わなくてはならなくな

る)、バーストなどの要素が中心となっているのですから、デザイナーも運の要素を持たせた

ファミリーゲームとしてデザインしているのでしょう。


とはいえ、運7技3の麻雀よりは運の介入する度合いは小さいです。運5技5から運4技6くらいですかね。

ファミリーボードゲームとしては絶妙なところです。

バッグビルドであるため、因果応報というか、自分のまいた種が未来のドローに影響を及ぼしてきます。

その上でバッグの中身は分かっていますから、バーストするかどうかの悩みは先ほどの究極的に

迷う場面に似たものもあります。



話は戻りますが、クアックサルバーはBGGで高い評価を受けている、つまり、ヘビーゲーマーで

も楽しめる運ゲーであると認識することもできるでしょう。BGGのコメントを見ていると、低評

価を下しているプレイヤーは、おしなべて、運だけのゲームであることが気に入らないような内

容を記しています。


普通に考えれば、運に関する各プレイヤーの条件は同等です。問題は重要な勝ち負けに関係

する局面での運の良否であるから、要はそこまでの工程でいかに運要素を制御し、有利な展開を

構築しておけるかということに尽きるわけです。


クアックサルバーでは、まさにこれらの要素がゲームを楽しむ上で重要となります。



他のバッグ系と異なるのは、ドローしたチップそのものが直接ゲームに与える影響がやや

大きいところです。つまり、運がからんでいるドローの結果が2重構造、3重構造の処理を

経ずにそのまま勝利点、得られる金額などに反映されがちです。

オルレアンなどは許せてもクアックサルバーが許せない人はこのような点が引っかかる

のかもしれません。


しかしクアックサルバーはゲームの構造はシンプルながら、色付チップの特殊効果が多く、

それにより戦略性とリプレイ性がうまく付与されています。

ドローの運、ビルドの戦略、チップの効果の面白さとバーストのジレンマ、そしてラウンド

終了時のボーナスなど、様々な要素のバランスが絶妙なのがこのクアックサルバーの最大の

強みであると思います。

ダウンタイム対策もされており、所要時間も1時間程度とゲーム内容にぴったりです。

ファミリーゲームの範疇であることは間違いありませんが、その点、過度な期待さえしなければ

ゲーマーも楽しめるものなのではと感じました。


まあ、バッグに入れたチップがうまく引けずにバースト寸前になることも多々あるため、

戦略性と言っても、運のせいでうまくいかないことも多いのは確かです。


ボードゲーム史をみたとき、運要素が強いながら名作と呼ばれている作品がいくつか

思い浮かびますが、クアックサルバーをプレイした後の感覚はそのようなゲームの

それに似ていると感じてしまうのは私だけでしょうか。とてもよい作品だと思います。

この投稿に6名がナイス!しました
ナイス!
wacky777
きよ
みなと minato@麻雀,ボドゲ,音楽
zeeetto
すあま
Nobuaki Katou
maro
maro
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 468興味あり
  • 1369経験あり
  • 451お気に入り
  • 705持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率39
戦略・判断力35
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見25
作品データ
タイトルクアックサルバー
原題・英題表記Die Quacksalber von Quedlinburg
参加人数2人~4人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

maroさんの投稿

会員の新しい投稿