ラミィキューブRummikub

カラフルな色と数字のタイルを上手く組み合わせて、全てのタイルを使い切れ!

このボードゲームは、全世界に多くの愛好者がいるポピュラーなゲームです。

使うタイルには、4種類の色で書かれた1~13の数字か顔マークが描かれています。顔マークのタイルはオールマイティに使用することができます。

最初に何枚か山になっているタイルを手元に獲得してゲームをスタートします。ここから、役を作って場に出していきます。そして、手元のある全てのタイルを使い切ったプレーヤーが、その1ゲームの勝利者となります。

他のプレーヤーは残っているタイルを計算し、その合計をマイナス点として計上します。これを何ゲームか行って最終的にマイナス点が一番少なかったプレーヤーが全体的な勝利者となります。

タイルを場に出すルールがいくつかあります。
・ 初めて場にタイルを出す場合は、数字の合計が30以上になるようにしなくてはなりません。複数の役を作ってその合計が30以上であっても構いません。

・ 役は、同じ色でかつ連続する数字が3枚以上ある「ラン」と、異なる色で同じ数字が3枚か4枚ある「グループ」があります。
・ 既に場に出してある役に追加して場に出すこともできます。他のプレーヤーが作った役でも構いません。
・ 既に場に出してある役を崩して別の役を作るために活用することもできます。(アレンジと呼びます)この場合、自分のターン終了時に全ての役がきちんと成立している必要があります。但し、オールマイティタイルはアレンジの対象にすることはできないこともあります。(この辺のルールは最初にきちんと確認しておく必要があります)
・ 場に出すタイルがない場合は、山からタイルを1枚獲得します。

最初は麻雀のようなゲームかと思うかもしれません。しかし、プレイしてみると麻雀とは違った楽しみのあるゲームだと気づかされます。その楽しみの1つとして、手元にあるタイルは役さえ作れば一気に何枚でも場に出せるというものがあります。

これで一気に手元のタイルを減らせたときは、爽快感が得られると思います。また、アレンジによる組み換えを考えることができるのも醍醐味の1つとなります。

難しいアレンジを完成させたときには、何かを発明したかのような優越感に浸れることと思います。

ルール自体はそれほど難しくないので、子供から大人まで幅広く遊べる、大衆向けのボードゲームだと思います。ただ、1度悩むとかなり時間がかかってしまうので、制限時間を設けるなどしてスムーズに進行できるような配慮が必要です。

数字を使ったゲームが好きな人などにうってつけのゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 116興味あり
  • 566経験あり
  • 221お気に入り
  • 445持ってる
プレイ感の評価
運・確率11
戦略・判断力16
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルラミィキューブ
原題・英題表記Rummikub
参加人数2人~4人(60分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1980年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 9件

  • 92
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月28日 00時08分

    同色の数字を順番に並べる、または、同じ数字の色違いを並べて、手持ちのカードを出し切ったら勝ち…簡単に説明するとそれだけなんですけど、これが非常に奥深い。場に出たカードをいろいろと組み換え、自分の数字をきっちり出せたときの快感はもう最高です。ハマるとあっという間に数時間なんてざらです。中毒性がありますので、購入の際にははまりすぎにご注意くださいって感じでした。

    だかさんのレビューを読む
  • 192
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月15日 19時43分

    イスラエル生まれの世界的なゲームです。一部では世界三大ゲームの1つと呼ばれます。後はモノポリーとウノだっけ?なんだっけ?トラップを2セット使ったようなタイルがランダムに最初14枚配られて、手元から最初にすべて無くしたプレイヤーが勝利します。得点制にすることも出来、何ラウンドか行って、高得点を目指す遊び方も出来ます。▼ゲームの概要最初にタイルを7枚ずつ積んでいきます。このタイルはジョーカー抜きのトランプをちょうど2セット、さらにジョーカーを2枚足した構成です。じゃ、カードでやればいい?写真を見てもらえればわかると思いますが、専用のタイルの方じゃないと楽しめません(多分最初に山を2つ取って、...

    atcktさんのレビューを読む
  • 102
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月02日 13時26分

    麻雀的なゲーム。最初に合計30ないと出せないところはやや運もあり、手が悪いと1枚も出せないままゲームが終わることも。1回ノルマをクリアした後は、相手の出したものに対して付け加えたり、各パーツが3枚以上残るなら牌をとって自分のものと付け加えたり。かなり考え込んだりするため、1ターン30秒とか1分とか区切ってさくさく回したほうがいいと思います。

    kiteさんのレビューを読む
  • 71
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月20日 16時15分

    1980年発売で驚いた。古いのに古くない。シュピールギーグに奨められて初見プレイしたら一瞬で好きになった。コンポーネントに手札スタンドがあって好印象。。

    特別純米酒2017さんのレビューを読む
  • 117
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月23日 18時56分

    ルールはシンプル。同じ数字で色違いを3つそろえられる数字を出すか、同じ色で連番になる数字を3つそろえられる数字を出すか、それだけなのに、場に出された組み合わせを自由に弄れるため、組み合わせが無数に出てきて、完全にパズルです。頭を悩ませながら出したと思ったら、出した直後にあの数字も出せた!となる事は良くあります。しかし、それゆえに面白く、盛り上がる。最初の1手目だけは合計で30以上になる組み合わせ(複数可)を出す必要があるため時にはまったく出せずに駒がたまっていくこともある。しかし、そろうと一気に数字を吐き出せて逆転勝利なんてこともあって、その時の気持ちよさと言ったらなんともいえません。ぜ...

    あたちゃん。さんのレビューを読む
  • 93
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月14日 10時08分

    変則7並べ?(13まであるけど)ルールに従って「手札を場に出す」か「山札を引く」を繰り返し、一番先に手札が無くなったら勝ち!というゲームです。場に既に出ている札を組み換えて手札を出してもいいので、場に出揃ってきた後半戦は頭を使います。刻々と変化する場の中でパズルを解くように自分の考えた出し方がうまく決まり、大量の手札を出すことができた時には脳からなんか汁が出てるような快感を得ることができるのは間違いないでしょう。頭を使う快感を得たい人にオススメ。

    男爵さんのレビューを読む
  • 122
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月26日 11時44分

    偉大な数学者を数多く排出したイスラエルの名作ボードゲーム。世界大会も開催され、ゴルゴ13の98巻に「ラミィキューブの巻」で紹介されるなど知名度の高いゲームです。1~13の数字タイルが4色の2組、それにオールマイティーに使えるジョーカーが2枚という内容。ジョーカーを2枚入れたトランプ2組だと思っていただけたら。手元に来たタイルを最も早く出し切ったプレイヤーが勝利します。タイルの出し方は「色違いの同じ数字3枚以上」か「同色の連番3枚以上」の2種類のみ。しかし、ユニークなのが一度捨てて場に出されたタイルを誰が使ってもよいというところです。出されたタイルをジョイントしたりセパレートしたり、自由に...

    Furukawa Sorwhichさんのレビューを読む
  • 123
    名に参考にされています
    投稿日:2016年08月27日 10時16分

    1〜13の数字が書かれた黒、赤、青、黄の4色の牌を使ったゲームです。手持ちの牌を全部使い切ったプレイヤーが勝者です。マージャンに近いルールですが、このゲームの最大の特徴は、場に出された牌を組み替えて、自分の牌を追加できること。最近では東急ハンズや量販店などでも取り扱いがあるのもいいですね。発売元によって、ルールが微妙に変更されているようなので、プレイ前に確認すると良いでしょう。マージャン同様、配牌によってどうしても勝てない展開もあるので、複数回プレイして楽しみたいですね。

    HappyGames_RYOさんのレビューを読む
  • 143
    名に参考にされています
    投稿日:2016年08月26日 11時30分

    説明するときには麻雀とセブンブリッジを合わせたようなやつ、でだいたい理解してもらえます。それでもわからなかったらドンジャラのちょっとむずかしいやつ。これで日本人口の8割はカバーできると思います。ポンジャン、発売当時の絵柄で復刻しないかな。さておき、ラミィキューブのざっくりした進め方は次の通り。同色の数続きか同じ数字グループの役を作って公開(しなくてもよい)、すでに出ている場の役を組み替えてもよく、それらのアクションを駆使して手持ちのタイルをカラにしたらおしまい。個人的にはセブンブリッジになれた人なら全く違和感なく遊べると思います。麻雀と違うのは手元でじっくり役を作るだけではなく、むしろ場...

    hickoryさんのレビューを読む

リプレイ 1件

  • 105
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月12日 23時49分

    「初めて場にタイルを出す場合は、数字の合計が30以上にならなければならない」このルールのせいでひとつも札を出せないまま終盤まで自分の手番で一枚ずつ札を取るだけの我慢が続いた。みんないっぱい場に札を出せていいなぁ。でも、最後まで諦めなかった。大量に貯まった自分の手札でそっくり全部場の札にくっつく組み合わせが出来上がっていたのだ!合計30以上の組みがやっと自分の手札に出来上がった次の番では、12連コンボを決め、一気に上がってしまった。ウソでしょ?ってみんなビックリしてたよこんな大逆転劇があるのはこのルールのおかげなのかもしれない。

    Jed Aさんのリプレイを読む

戦略やコツ 1件

  • 323
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月20日 03時16分

    ラミィキューブ初見プレイなりに感じたことは、如何に他プレイヤーのコマを最大限利用するか。これに尽きると思います。戦略としては、出せる手札を見逃さずにキッチリ出し切ること。うっかり見逃すのが一番で最大の敵だと感じました。

    特別純米酒2017さんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿