マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

セブンヴァイスSeven Vice

7つの大罪をテーマとしたカードゲーム キャラクターのスキルを活かしカードを集める

7つの大罪をテーマにしたカードゲームです。

スキルを使うセットコレクションです。

手札2枚から1枚を選んで
自分の前の場に置きます。

置いたときにスキルを使い
相手のカードを奪ったりして
同じ種類のカードを4枚か7種類のカードを集めると点数を獲得します。

【ルール説明】
手札を1枚ずつ配ります。

自分の番になったら山札から1枚手札を補充して
手札が2枚になります。
手札から1枚を選んで自分の前の場に置きます。
手札から自分の場に置いたときにカードの効果を使用します。

7種類のカードにはそれぞれの効果があります。

カードの効果を活かしてカードを集めるセットコレクションです。

誰かが得点を獲得すると次のラウンドが始まります。
自分の場に
①1種類のカードを4枚集めると1点を獲得します。
②7種類のカードを集めると2点を獲得します。

3点以上を獲得した人が勝者となります。

ゲームマーケット2019秋 で発売
完売したため追加生産が決定しました!

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
  2. 妄想ゲームズ☆妄想ゲームズ☆
  3. 妄想ゲームズ☆妄想ゲームズ☆
ゲームマーケット
Autumn 2019
セブンヴァイス -Seven Vice-

7つの大罪をテーマとしたカードゲーム

7種類のキャラクターのスキルを活かし

カードを集めるセットコレクション

この作品は、出展者によってゲームマーケット公式サイトと相互リンクされています。

https://gamemarket.jp/game/151200
セブンヴァイス
セブンヴァイスの通販
7つの大罪をテーマとしたカードゲーム キャラクターのスキルを活かしカードを集める
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,300(税込)
マイボードゲーム登録者
  • 42興味あり
  • 85経験あり
  • 19お気に入り
  • 82持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力6
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘3
アート・外見4
作品データ
タイトルセブンヴァイス
原題・英題表記Seven Vice
参加人数3人~4人(15分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格2,000円
クレジット
ゲームデザインH1R0(Hiro)
アートワークJAIBON
関連企業/団体妄想ゲームズ☆
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 163
    名に参考にされています
    投稿日:2020年05月25日 15時14分

    おもしろい!(勝ったことないけど)2人でのサシ勝負、4人対戦、3人対戦と、合計10数回プレイしました。(勝ったことがない)カナイセイジ氏のワンドローシステムでカード毎の効果も記載されていて、初見のメンバーともすぐに遊べます。(けど勝ったことない)7種類、各5枚のカードを自分の場に「7種類揃える」か「4枚重ねる」かが勝利条件です。(勝ったことないけれど)各カードの効果が強烈ですが、だって7つの大罪だものと言われれば「じゃあ仕方がない。」と納得感。『傲慢』もう1度行動する。では、2枚目の『傲慢』をプレイしてドロー。あっラッキー『傲慢』を引いてプレイしてドロー。わ、また『傲慢』だ!これで4枚目...

    wholebeanさんの「セブンヴァイス」のレビュー
  • 156
    名に参考にされています
    投稿日:2020年04月21日 18時36分

    七つの大罪をテーマにしたお手軽ながらも強烈なカード効果の応酬が魅力的なゲームです。七つの大罪をテーマにしているだけあって、たった7種類のカードしかありません。プレイ自体はラブレターのように手札1枚と山札から引いた1枚のどちらかをプレイするだけ!プレイしたカードは自分の場にプールされていき、最初に同名のカードを4枚集めるか、7種類を集めるかのどちらかで勝利。ごきぶりポーカーの逆とも言えますね。そしてこのゲームの醍醐味はなんと言っても各カードのとんでもなく強力な効果にあると言ってもいいでしょう。他人の場に出ているカードを奪う、山札から1枚自身の場に置く、もう1度プレイする…等々兎にも角にも強...

    ここがええのんかさんの「セブンヴァイス」のレビュー
  • 95
    名に参考にされています
    投稿日:2020年04月18日 20時38分

    進行のやりかたは「ラブレター」方式、手札1枚、手番で1枚引いて2枚のうちどちらかをプレイする……という流れです。ラブレターと違うのは、使ったカードは「場」に置かれて、その枚数や種類で勝敗が決するということ。ただし、七つの大罪をモチーフにしているだけあって、性格の悪いカードがほとんど。うっかり殴り合いにならないよう、気心の知れた相手と遊ぶのがいいかもしれません、

    四十万五十六さんの「セブンヴァイス」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿