マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

マンション・オブ・マッドネス:第2版Mansions of Madness: Second Edition

アプリを使って進行がより親切に。クトゥルフ神話モチーフの人気ゲーム。

 このゲームは無料のアプリと、同梱されているマップタイルやモンスターフィギュア、各種トークンを使用して遊ぶ、恐怖と探索のゲームです。1人から5人までで遊べます。

 戦闘や各種の判定に使うダイスはプレイヤー自身が振りますが、シナリオの進行はアプリが行う、ハイブリッドなゲームになっています。

 アプリがランダム性を加味したシナリオを展開するため、プレイヤーにはシナリオの先が見えません。プレイヤーは全員探索者として暗い部屋を探索し、異様な秘密を暴き、アプリ上で行う狡猾なパズルに挑んだり、そして異世界のモンスターと戦いながら、物語に秘められた秘密を、アプリで定められたラウンド内で解決しなければなりません!

 また、このゲームには旧版に登場する探索者やモンスターなどを使用するための、コンバージョンキットも同梱されていますので、旧版をお持ちの方は、更に楽しみが増えるでしょう。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 159興味あり
  • 148経験あり
  • 61お気に入り
  • 170持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力4
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘5
アート・外見5
作品データ
タイトルマンション・オブ・マッドネス:第2版
原題・英題表記Mansions of Madness: Second Edition
参加人数1人~5人(120分~180分)
対象年齢14歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 6件

  • 243
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月14日 12時50分

    重ゲームは初めての所持なので、最初に箱を見たときはデカイなと思いました。開封して、アプリは大画面のiPadに入れて見やすく使用しています。準備に一時間以上かかりました。小物が多いので、終わった後も考えて保管用のものの準備は必須。私は冷凍食品保存用の口が閉められるもので代用しました。ゲームは夜にやるのがオススメ。ある港町でモンスターに追われたのはいい思い出です。スピーカーで音を鳴らすと臨場感抜群です。

    kikyouyaZさんのレビューを読む
  • 215
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月08日 10時59分

    はるか昔にボックス版のTRPGにハマってからずっとクトゥルフものを追いかけてきた我々としてはやはり外せないゲーム。1版を買い逃し、2版もずっと品薄だったのを、たまたまゲームショップで見かけ、高額さに手を出しそびれていたところを思い切って購入したものの、箱の巨大さに改めて怯んでしまい、帰りの電車で肩身の狭い思いをしました。(笑)帰って早速開封すると、大量の部屋タイルとフィギュア!クトゥルフものの目玉であるモンスターフィギュアを並べてまず感動。「クトゥルフの落とし子」がデカイ!(このサイズでも落とし子)しかし私の敬愛する子がいなーい!「ミ=ゴ」も「クトーニアン」も「ビヤーキー」もいない!ちょ...

    Bluebearさんのレビューを読む
  • 426
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月17日 13時29分

    定価1万円越えのボードゲーム、買うのにすごく勇気がいりますよね。でも私個人はプレイしてみて、悩まずにもっと早く購入すればよかったと思いました。クトゥルフの知識はネットでさらっと撫でた程度ですがコレ、とっても楽しかったです。私はクトゥルフ神話系ボードゲームはエルドリッチホラー、クトゥルフパンデミックなどを一応経験済みです。これらのゲームももちろん楽しいのですが、マンション・オブ・マッドネスが飛び抜けて楽しく、上記ゲームと差別化できる点は私の中では以下の2つです。①ゲーム開始時のナレーションや探索中常に流れる不穏なBGM。②シナリオ物であるということ。手探りで物語を広げていく為、徐々にストー...

    かえるきんぐだむさんのレビューを読む
  • 354
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月04日 05時47分

    クトルゥフTRPGがボードゲームで楽しめる今作。GMの役割をアプリがしてくれます。10本のシナリオからなり、探索者を決めて、アプリの指示に従い行動をしていきます。行動自体は自分たちで決めて、その行動通りにアプリを操作するので、非常に楽ですし、物語とBGMもマッチしていて世界観に入りやすいです。ただし、アプリの都合上、欠点もあり、誤操作をした場合に後戻りができない部分があるということですね。ルール上で分かりにくい部分がいくつか散見されますので、そこは自分たちで判断するしかないかもしれません。日本語化されているのは10のシナリオのうち4本のみとなっており、他のシナリオの日本語化も期待したいで...

    あたちゃん。さんのレビューを読む
  • 409
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月16日 17時41分

    第一版も所持していましたが、第2版になって断然遊びやすくなりました!アプリドリブン【無料アプリがシナリオ進行や判定をやってくれます】になったことゲームマスターが不要になり、煩雑な判定なども楽にしてくれています。また、何よりクトゥルフの売りである世界観、雰囲気を盛り上げることに一役買ってくれています。1シナリオ3時間以上かかることもままあり、重ゲーではありますが、5人まで遊べますし、この世界観が好きならお馴染みのキャラを選んで冒険へ旅立ちましょう!残念なのはアプリの日本語翻訳が遅いことと、商品が売り切れていること位でしょうか。

    21_ruifanさんのレビューを読む
  • 1534
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月19日 19時56分

    2016/12/20更新【まえがき】アメリカのメーカー「FantasyFlightGames」社が、2011年に発売した重量級ゲーム「MansionsofMadness(邦題:マンションズ・オブ・マッドネス)」の第2版となります。旧版は国内でも流通しており、この第2版も国内に流通しています。ゲームはクトゥルフ神話をテーマにしたRPGに近い内容のボードゲームで、探索、謎とき、戦闘が主になっているゲームです。なお、タイトルにある「マンション」ですが、日本では「中高層集合住宅」を指しますが、本来は「大邸宅」という意味です(つまり直訳すると「狂気の大邸宅」)。【ルールの簡単な説明】※わざと省略し...

    moroさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク