マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

犯人は踊るDancing Criminal

アリバイカードと犯人カードを両方持っている人は、犯人ではありません。

犯人は踊るは犯人カードの持ち主を当てる推理カードゲームです。

ルールはとても簡単です。まず、1人4枚配ります。「第一発見者」を配られた人がスタートプレイヤーとなり事件の内容を言います。順番に手札を出しカードに書かれたアクションを行っていきます。例えば「うわさ」の効果は全てのプレイヤーは右隣りのプレイヤーの手札からカードを1枚引くことになります。
また「目撃者」は誰か一人の手札を全て見る事が出来ます。「犯人」を持つプレイヤーは、手札を見られる前に、カードの効果を使用して他の人にカードを押し付けてしまいましょう。
さらに、「いぬ」カードは持っている人が誰か1人プレイヤーを選び、カードを捨てさせ、その捨てたカードが犯人だったら、「いぬ」カードを出した人の勝ちです。
「取り引き」カードは他のプレイヤーとカードを1枚交換します。また「情報交換」はカードを1枚左隣のプレイヤーに渡す事が出来ます。

ゲームが終盤に差し掛かると「探偵」が動き出します。このカードはは手札が3枚以下の時に出すことが出来ます。他のプレイヤーを一人指名して、その人が犯人カードを持っていれば探偵の勝利となりますが、犯人が「アリバイ」を持っていた場合、例え犯人であっても。私は犯人じゃない!と発言する事が出来ます。

犯人カードを持つプレイヤーは最後の1枚になった時、犯人カードを手札から出す事が出来れば逃げ切り成功となり犯人の勝ちとなります。また「たくらみ」カードを出したプレイヤーは犯人の協力者となり犯人が勝利条件を満たした時に同時に勝利条件を得ます。

カードの交換を行いながら、みんなでワイワイ盛り上がれるオススメのボードーゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まままま
  2. えいさくえいさく
  3. 煌めきのアメジスト煌めきのアメジスト
  4. 魔オル魔オル
マイボードゲーム登録者
  • 516興味あり
  • 3874経験あり
  • 929お気に入り
  • 3063持ってる
プレイ感の評価
運・確率89
戦略・判断力60
交渉・立ち回り29
心理戦・ブラフ97
攻防・戦闘0
アート・外見22
作品データ
タイトル犯人は踊る
原題・英題表記Dancing Criminal
参加人数3人~8人(10分~20分)
対象年齢8歳から
発売時期2013年~
参考価格1,000円
クレジット
ゲームデザイン鍋野 ぺす(Nabeno Pesu)
アートワーク鍋野 たま (Nabeno Tama)
関連企業/団体鍋野企画(NabenoKikaku)
拡張/関連元犯人は踊るポーカー(2015年)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 58件

  • 113
    名に参考にされています
    投稿日:2020年10月12日 15時04分

    推理ゲームだが仲間内で笑い転げながら遊べるゲーム。一回一回が短くガンガン回せるので負けを引きずらない。少年というカードがある。それを使うと全員が目を伏せ。犯人カードの持ち主のみ顔を上げさせることができる。この時変顔をして笑わせる。冷静になってしまうとなにも面白くないがその時はおかしくて仕方がなかった。また、自分で犯人カードを持ってるのに少年を使うこともできる。「犯人の人は顔を上げてください」もちろん誰も顔を上げるはずないのに、「誰ですか?」みたいな声色を使っている自分に笑えて来る。犬というカードがある。これは誰かの手札から1枚を公開させ、それが犯人だった場合。即犯人の負けとなる。終盤で盤...

    紅茶さんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 81
    名に参考にされています
    投稿日:2020年10月06日 23時58分

    残り何枚移動カードがあるかを覚え解くべき!!始めて,買ったボードゲームですが友達と何回も遊びました.指定の数より人数分のカードを増やすことで1ターン増やすことで遊んだり,頭で考えることで犯人を当てたりします.ボードゲーム初心者でも楽しく遊べると思います!

    Ayuki Katayamaさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 29
    名に参考にされています
    投稿日:2020年09月30日 16時50分

    犯人を突き止めるか。犯人が生き残るか。手札交換により変わりゆく犯人を変わりゆく探偵が当てるゲーム。トランプのババ抜きに似てる。4人以下だと犯人がすぐバレてしまいあまり面白くないので、5人以上がおすすめ。・プレイ人数3~8人・戦略性★★☆☆☆・洞察力★★★★☆・ワイワイ度★★★☆☆・オシャレ度★★★☆☆

    リンクス川越事業所さんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 130
    名に参考にされています
    投稿日:2020年09月22日 00時04分

    持ってるゲームの中で一番面白いです。正体隠匿系とはいっても、バレてはいけない犯人はほかのカードの効果でどんどんプレイヤー間を移りわたっていく。一度も事件の関係者にならずに終わるゲームもあれば、最初は何でもない人だったのに最後には犯人になっていたり、とにかく自分の力ではどうにもならない事態に陥ることが多くて、そのままならなさがすごく楽しい。持ってて損はないと思います。安いし。ルールは超簡単。カードが手汗ですぐダメになったりするので、スリーブ入れた方がいいと思います。

    塩さんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 119
    名に参考にされています
    投稿日:2020年09月01日 18時30分

    人狼ゲームをやってみたいけど何を話せばいいか分からないしトーク力が必要そう・・・という人たちの犯人捜しゲームのパーティーゲームとして凄くお勧めです。殆ど話さなくても大丈夫ですし隠ぺいや探索も楽しめて犯人になった人も嫌なら別の人に渡すことも可能親戚同士が集まったときはこれで凄く盛り上がりました。

    デカさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 199
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月31日 06時33分

    このゲームは、犯人を当てるゲームです。ちなみ犯人とは「犯人カード」持っていて、かつ「アリバイカード」を持っていないプレイヤーです。つまり、「犯人カード」と「アリバイカード」を持っているプレイヤーは犯人では無い。ルールは簡単で、各プレイヤーに手札4枚が配られ、好きな順番に1枚づつプレイしていきます。そして、「探偵カード」か「いぬカード」を使って「犯人カード」を持っている人を当てるだけです(ただしアリバイカードを持っていないことが条件)。当てれば、当てたプレイヤーが勝ちます。しかし、犯人が最後まで当てられず、「犯人カード」がプレイされた場合は、犯人カードを出したプレイヤーが勝ちます。また「た...

    Hideさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 87
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月22日 12時27分

    犯人カードを持ってる人が最後まで逃げ切るか、探偵カード犬カードを持ってる人が犯人を当てるか、で勝敗が決まるシンプルなゲームです。インストも実際のゲームも軽いです。運7:戦略3くらいのゲームだと思います。運と戦略のバランスが丁度良く、フルに頭を使うゲームではないので気軽にできますし、自分の考えた通りにきまった時は嬉しいです。個人的おすすめポイントは、どのカードを何枚ゲームに入れるかをゲーム始める前に自由に選べる点です。そのため運要素の強いゲームにしたり戦略要素の強いゲームにしたり、といった調節が可能ですし、カード構成を変えることで飽きにくくなると思います。

    りーさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 42
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月16日 23時06分

    非常に軽い正体隠蔽系のゲームだが、特徴として犯人役は固定じゃなくて移動したりすること。運と推理がいいバランスでできているので、場所も選ばず簡単にできる気軽さがいい。

    ナオトさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 180
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月03日 19時40分

    推理物を読んだり見ていたりすると、ふと「犯人はお前だ!」と言いたくなることはありませんか?このゲームはそれを実現できるゲームです。ルールは配られたカードを順番に出していき、カードの効果を解決していくという簡単なもの。・勝利条件は犯人を当てるか(『探偵』or『いぬ』のカードの効果)、犯人のカードを最後の1枚として出すかのどちらか二択(『たくらみ』という犯人が勝てば自分も勝ち、負ければ自分も負けというカードもあります。)手札交換カードの存在によって、犯人のカードがどんどん他のプレイヤーに移っていくため誰が犯人か分からなくなってきます、ただ枚数が減ってくれば自然と選択肢は減っていくはず・・・運...

    ぽっぽーくるっぽーさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 140
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月11日 21時17分

    第一発見者のセリフから始まるこのゲーム。『犯人は踊る』のタイトル通り、『犯人』カードがプレーヤーの手札を巡ります!ルールは手札からカードを出して、カードの効果によって手札を交換したり、『探偵』カードがあれば『犯人』カードを持っている人を当てる事も出来ます。しかし、『犯人』が『アリバイ』カードを持っていれば言い当てられても『違います』と言えるので使うタイミングも重要です。3人から遊べますが、人数は多い方が楽しめますので、6人くらいいた方が盛り上がると思います。ルールは簡単なので、オススメですよ!

    Miyさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 268
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月08日 12時09分

    教育現場で授業の中にボードゲームを投入して、子ども間の交流、思考力の強化、発言力・文章構成能力の育成など様々な取り組みをしています。今回は中学校二年生を対象に使用しました。初手に四枚の手札、プレイヤーはターンに一枚ずつカードを切るだけ、トークンなどの他のアイテムが不要というシンプルな構成なので普段ボードゲームをしない子どもたちも病み付きになりました。手札のカードでコンボを考えたり、推測を巡らせて相手を指名するカードを使ったりと(それがうまくいくかは別にして)みんな思い思いに戦略を考え楽しんでいる様子でした。しかし、相手のカードでそれが破綻したときに、あからさまにそれが態度に出てしまう子ど...

    owletさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 129
    名に参考にされています
    投稿日:2020年06月25日 20時39分

    言わずと知れた名作ボードゲームの一つである『犯人は踊る』あり触れたレビューになるかも知れないが、一応残しておこう。ルールは、単純!犯人カードを持った奴を見つけ出し、探偵カードで言い当てる!これだけである。がしかし!勿論それだけでは無い。もし、犯人がアリバイカードを持っていたら、探偵カードを使っても「僕は悪い犯人じゃないよ」と論破しきれず、逃げられてしまうのです!その他にも、情報操作と言うカードで隣のやつに犯人カードを、送りつけたあとに、探偵カードを使い、自作自演の犯行を行ったりと、割と様々な勝ち方逃げ方があったりする。………最後に、1巡目の最初に犬で犯人カード当てた奴、一生許さないからな!

    seekerさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 256
    名に参考にされています
    投稿日:2020年06月12日 21時56分

    8人でプレイしました。自分以外はボードゲームはほとんど経験のないメンバーでしたが、4枚の手札から1枚選んで実行するだけな事と、カードに行動が書いてある事から、すぐにルールが分かって遊ぶことが出来ました。ただ、「【犯人】と【アリバイ】を持っている時に、【探偵】から指名されてしまっても『犯人じゃない』と言える」や、「【わるだくみ】で犯人の味方になった後に【探偵】などの当てるカードで当ててしまったらどうなるのか」などの微妙なポイントでつまづくことがありました。その為、勝利条件に関わる部分はインストする必要があると思いました。それ以外ではさくっと楽しめる良ゲームだと思います!犯人がわかっても探偵...

    酩酊03さんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 200
    名に参考にされています
    投稿日:2020年06月12日 00時42分

    個人的にとても大好きなゲームです!人狼などの正体隠匿系のゲームは脳をフル回転させてずっと緊張感もあって楽しい部分もありますが、ちょっと空いた時間や学校帰りの疲れたときの休憩がてらにやるには少々重く気が引けるときがあると思います。そういうときにちょうど良いスリルとちょうど良い頭の使い具合で遊べるのがこのゲームです。ゲームの種類にもよりますが、相手のターンの時に自分はただ何もせず相手を見ているだけということが他のゲームにはあると思いますが、このゲームはばば抜きのような感じの動きが多いので常に毎ターンほぼ全員動きがあるので飽きが来ないです。ばば抜きと聞くと運任せのゲームに思えてしまうかもしれま...

    おいもさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 133
    名に参考にされています
    投稿日:2020年03月29日 18時30分

    やる時は4ー8人で遊びます。幅広い人数で楽しめる事が出来ます。手札のカードが増えることはなく、カードがよく動くので、最後まで勝敗が分からず、経験者や未経験者問わず楽しめます。またカードの効果もわかりやすい為、年齢層も幅広く出来るかと思います。カードを順番で出していくのですが、カードの効果同様の発言をしていくと盛り上がります。(例:一般人カードを出した際に「え?何かあったの!?」等ロールプレイも簡単にでき、いつも盛り上がります。

    煌めきのアメジストさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 250
    名に参考にされています
    投稿日:2020年02月06日 10時14分

    【評価】6点*評価は10点満点の主観的な参考指標です。 カードの効果に従い、プレイヤー同士でカードを交換・使用しながら、犯人カードを持つ人を探し当てるというゲーム。取っ付きやすいシンプルなルールと、多少の考察が必要なゲームバランスが相まって、あまりボードゲームに馴染みの無い人でもすぐに楽しめるよくできたゲームだと思います。戦略云々よりは多少運に偏るところがある為、いわゆるガチ勢には少し物足りないかもしれませんが、「うわさ」を流して、「犯人」を捕らえた時などはなかなかの充足感です。仲間との旅行で夜軽く遊ぶような場面で最適だと思います。

    サベさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 168
    名に参考にされています
    投稿日:2020年02月02日 09時53分

    小学1年生から大人まで遊べるゲーム。ボードゲーム上級者には運要素が高く物足りないかもしれないが、ゲーム時間(5分程度)、コミュニケーション、ルールの単純さどれをとっても初心者がとっつきやすい要素が満載です。小学生も大人も対等にゲームができる点が素晴らしいと思います。ゲームの最初に事件を考えるのが、小学生たちが一番盛り上がってました。

    うっちさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 177
    名に参考にされています
    投稿日:2019年12月20日 22時26分

    犯人カードを最後までバレずに持っているか、それとも犯人カードを持っている人を特定して探偵として特定するか。いわゆる能力をつかえるババ抜きなのですが、これがゲームとしての面白さが抜群です。単純にババ抜きの様に「犯人カード」が回ってくる、引く引かれるのドキドキも楽しいのですが、それをカード能力をつかってうまく回したり、誰に回っているかを推理したりの戦略的楽しさまであります。その上、最初に自由に事件を設定するというロールプレイ的な要素により「うちの妻の写真に何者かがひげを付け足しました。」などという遊び方もできます。ルールもカードに全部書いてあるのでわかりやすく、いつやっても非常に盛り上がります。

    サマサマさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 352
    名に参考にされています
    投稿日:2019年08月26日 15時45分

    【簡単なルールまとめ】・第一発見者のカードを持ってる方が、『どんな事件が起きたのか』説明するところからスタート。・時計回りに手番でカードを1枚プレイする。(毎ゲーム1人手札4枚)・カードの効果で手札の内容が変わります。(誰かと交換、全員一枚左に渡すなど)・2周目以降は「犯人」カードを持っている人を当てる「探偵」が使え、「犯人」を当てた場合「探偵」をプレイした人の一人勝ち!「犯人」を持っていても「アリバイ」があると犯人ではない!と言えます。・最後の一枚まで「犯人」を持っていれば、逃げ切りで勝ち!この時、「たくらみ」を使っている人がいれば、その人も含めて勝ち!短時間でサクサク遊べる軽いゲーム...

    じょーさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 614
    名に参考にされています
    投稿日:2019年08月12日 15時18分

    たった32枚のカードで、これだけ楽しませてくれるのはすごい!▼以下のカードが遊ぶ人数に応じた枚数分用意されます。・第一発見者1枚・犯人1枚・探偵4枚・アリバイ5枚・たくらみ2枚・うわさ4枚・少年1枚・いぬ1枚・取り引き5枚・一般人2枚・情報操作3枚・目撃者3枚固定で何枚入れるように指定されているカードと、ランダムに組み込まれるカードがあるので、プレイ開始時に何のカードが何枚入っているかはっきりとはわからない状態。手番では手札を1枚ずつ切っていき、カードに書かれたアクションを行います。ゲームはこのカードをが切られて始まります。事件の内容は「私の大福がなくなってるー!!」でも「家のトイレがウ...

    泉谷さんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 747
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月03日 21時13分

    若干の否定的な意見です。(ゲーム自体は良くできてると思いますが万人受けかと思いきや人を選ぶところで万人受けではなかったため)いろんなサイトで評価が高かったため購入。ルールは単純で初心者でも楽しめると思います。初めてプレイした時はみんなゲームに入り込み(カードの役柄になりきってプレイ)笑いが止まりませんでした。しかし、別のグループでゲームした時にカードの役柄になりきるのが恥ずかしいかったり、ルールが簡単であるが故に深みがないという点であまりウケはよくありませんでした。(そもそものゲームの楽しみ方が間違ってるかもしれません。)個人的には軽量級ゲームらしくサクサクできて、メンバーによってはとて...

    チャンヤマさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 441
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月02日 19時07分

    初投稿です。友人と自分、合わせて3人でやりました。もう少し人数がいた方が面白いと思います(5人くらいからなら結構楽しいかも?)。考察要素の増えた、少し難しいババ抜きという印象です。ババ抜きだとババのなすりつけあいになりますが、このゲームは犯人カードを持つ人が勝つ可能性、犯人側の人数が増えるなんてこともあるので、単純にはいきません。自分の手持ちカードを使って、はたまた他の人を使って(?)どんな風に立ち回るか、ルール理解のしやすさの割に、考えることが少し多いですが、それが楽しいです。おそらく説明書を読むより実際にやった方がルール理解は早いです。指示がカードに書いてあるので経験者と初心者、大人...

    おもちねこさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 172
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月01日 01時28分

    最低人数3人ですが、最低人数では正直盛り上がりません。このゲームはカードをぐるぐると回していくこのが面白さのキモだと思いますので、その人数が少ないのでは面白さはやはり半減するでしょう。淡々とカードを回し続けるだけでは何をやっているのかよくわからないまま終わってしまうでしょう。本来必須ではありませんが、状況を楽しめるようなノリが必要でしょう。

    tenugui_budouさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 168
    名に参考にされています
    投稿日:2019年05月30日 17時42分

    ボードゲームショップにて、妻の直感で購入。ギスギスしないパーティー要素強めの正体隠匿ゲーム。犯人が都度都度入れ変わっていくので、案外当てるのは難しそうですが意外と犯人が勝てないゲームです。淡々とやるにはもったいないゲームなので、ノリの良い人が揃ったときにやるのがおすすめのゲームです。ネックは5人以上が盛り上がる人数かなという印象。ノリの良いメンバー5人以上揃えるのは地味に難しい。

    デミーさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 460
    名に参考にされています
    投稿日:2019年04月09日 11時21分

    犯人は回りに悟られぬように一般人に紛れ込んでやり過ごすゲームです嫁と子供達(10歳、8歳)と遊びましたが、ルールもシンプルで軽く遊ぶ事も出来ますし、深い心理戦の元に殺伐としたゲームとして遊ぶ事も出来ます個人的にはどの手札が誰から渡ってきたものかを目で追いながら犬で当てるのが好きです嫁曰くゲームシステムやイラストはともかく、カード毎のテキストや能力が割りと現実味を帯びてて怖いらしく、特に少年のカードについて実際の事考えると背筋が凍るそうです子供達は特にそういう事を考えずに犯人を当てた当てられたで楽しく遊んでいます「あなたが犯人ですね?」「いいえ違います(オタク特有の早口)(脂汗)(ドラゴン...

    hiroさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 523
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月26日 10時41分

    ★8.7/10【100回以上遊んだ僕がオススメする初心者に絶好のゲーム!】個人的に初めてボードゲームをする人に一番オススメのボードゲームはこれです。いままで色々な人と(小学生から大学生そしてお年寄り)このゲームを述べ100回以上はやったと思いますが、このゲームほど万人ウケが良いボードゲームはありません!箱のサイズもポケットに入るくらいですし、忍ばせておけば絶対活躍してくれます!『こんな人におすすめ』●どのボードゲームで遊ぼうか迷っている初心者の方●ちょっとしたスキマ時間に遊びたいゲームを探している方●小学生からお年寄りまで幅広く遊べるゲームお手軽さ★★★★★(ポケットに収まる、説明がすぐ...

    パッチョさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 647
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月01日 09時23分

    初投稿です、拙いですが何卒。カード編成についてと実際プレイしての所感です。今回、私含め4人でプレイしました。(全員ボドゲの経験はほとんどありません。このゲームは全員初プレイです。)まずはインスト、各種カードを見せながら説明をしましてとりあえず軽く一、二戦ほど。カード編成:第一1,犯人1,探偵1,アリバイ1,企み1,犬or少年1,噂2,情報2,取引2,目撃2,一般2計16枚で固定。犬/少年はたまに差し替え、どちらが入っているかは公開。捨て札捨て順オープンで残カードをいつでも把握できるようにし、運要素・カードの受け渡しは少ないカード編成にしました。戦略を練らさせる仕様にできるかなと。(必須カ...

    しののとらさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 387
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月30日 22時57分

    最初の犯人が、最後の犯人だとは限らない!はい、手札が毎回入れ替わります。ぐるぐる回ります。右の人に渡してね。左の人から貰ってね。あの人と交換しよう。お前は犯人だな!?いいえ違います。あっ、犬が走っていった!お前犯人だったのかよ!そんな感じで雑に終わるゲームですw手番でカードをプレイして全体のカードを引っ掛き回し、運悪く犯人カードを持っていてアリバイカードも持っていない人に対して探偵が仕事したら逮捕。アリバイカードがあったら逃げられちゃう。逮捕のチャンスは4回。犯人が逃げ切れたら犯人カードを持っていた人の勝ち。捕まえたら犯人カードを持っていなかった皆の勝ち。問題はこの犯人カードも常に動く。...

    うなさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 202
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月21日 12時44分

    第三版でのレビュー。良くできてるゲームだなと思います。私の場合、インストは使用するカード全ての内容を説明してから、プレイしました。種類もそんな多くないですしね。後は、体で覚えろ的なやり方です。でも、直ぐに終るゲームなので、何回も遊べます。その為、あっという間に慣れます。プレイして気になったのは、探偵や犬や犯人カードなどの主役級のカードを持ってないと、若干傍観者になってしまうことですかね。かと言って気を抜いてると急にその手のカードをが手元に来たりするのですが。皆でワイワイやるには持って来いのゲームだと思います。

    アトルシャンさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 405
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月02日 16時34分

    ★9お手軽ファミリー向け小箱ゲームの傑作!3人~8人と幅広い人数で遊べる上に、小箱、それでいてルールも平易と、これ以上の小箱ゲーがそう思いつかない程度には名作です。素晴らしい。ゲーム内容としては、一言で言えば変則的なババ抜きです。一人四枚ずつカードを配られ、それを順番に一枚ずつ出していき、犯人(ババ)を巡る攻防を繰り広げる。ババ抜きと違うのは、勝利条件が「手札を出し切ること」ではないという部分ですね。ババ抜きおけるジョーカーは引きたくないカードですが、このゲームにおける「犯人」は必ずしもそうじゃありません。むしろ、最後の手札としてこのカードを出せばれその人の勝利でさえあります。じゃあ「犯...

    すあまさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 284
    名に参考にされています
    投稿日:2018年10月13日 23時09分

    犯人はこの中にいる!そう確信して犯人を捜していたのにいつの間にか自分が犯人になっていた…。誰か一人が必ず1枚持っている「犯人カード」、これを所持しているプレイヤーを見つけ出すゲームです。ただこのゲームではカードの効果によって形はどうであれプレイヤー間の手札が頻繁に入れ替わってしまうので冒頭のような状態になることもしょっちゅうです。「探偵カード」をばしっと出して自分の好きな探偵・警察もののドラマ・マンガ・小説のキャラになりきったセリフで犯人だと思う人を告発、崩れ落ち泣きながら犯行を認める犯人…ぜひ役になりきったつもりで楽しみましょう。正体隠匿系に分類されますが、他の同系統のゲームと違い言質...

    弥七さんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 71
    名に参考にされています
    投稿日:2018年09月17日 14時07分

    ルールは簡単。ゲームもすぐ終わる。手札の交換が多いのでなかなか思い通りにいかない。カードの組み方でバランスはある程度調整できるので手札を隣の人に~というカードは少な目のほうがいいのかな。

    いんしゅさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 255
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月16日 15時12分

    宅飲みで複数回プレイしました。ある程度気心知れた人達とやった際、「犯人はお前だ!」「あの、犯人分かっちゃったんですけど」「まるっとお見通しだ」‥等のセリフが飛び交い楽しかったです。あまり面識のない人達とやった際は、仲良くなるきっかけになりました。ルールはババを当てるババ抜きみたいな感じであまり戦略はないので、同じメンバーで連続してやると早く飽きるかなと思いました。

    トメさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 186
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月16日 03時58分

    「事件だ!」ざわ...ざわ...第一発見者カード持っている人がどんな事件が起こったのか言いながらゲームはスタートします。やることは単純で自分の手番になったら手札を場に一枚出してそのカードの効果の処理を行うだけ。それだけなのにかなり盛り上がる!基本は探偵カードで犯人を当てたら勝ち、犯人カードを当てられたら負け。ただしカードの効果でみんなの手札が目まぐるしく入れ替わるので、最初に手札を配られたとき犯人だったとしても犯人ではなくなったりします。逆に最後の最後で犯人カードが回ってきて当てられて負けたり…。そのうちみんなロールプレイングし始めてまるで名探偵のように「犯人はあなたですね!」と言ったり...

    シャッチェさん@ボドゲハマり中さんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 669
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月30日 20時59分

    うちの仲間内ではカードゲーム系はラヴクラフトレター、フラックス、ペンギンパーティー、ニムト等様々やりましたが、タイムボム以外全くウケることなくあんまり面白くないねと言われましたそんな中、この犯人は踊るをあまり期待せずに、ちょっと試しにやってもない?といってルールを説明してゲームを開始そうしたら・・・第一発見者のプレイヤーが壮大な事件を語りだして、次のプレイヤーが目撃者カードを出す際に「私は先ほどの事件の現場で〇〇さんがを〇〇するところをみてしまったんです!!」と勝手にロールプレイしだして、みんなカードに沿った内容のロールプレイをしながらプレイしましたこれが大うけ!!カードを出すことにプラ...

    くずてつさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 263
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月25日 18時08分

    ババ抜き??人狼??UNO??みたいな感覚だけど、、、すごい会話が楽しくて、最後まで展開が読めない。初めましての方とプレイするのにお勧めです。軽い系のゲームだけど大人数でもできるし、癖になる。旅行に持っていくのにお勧めです。【データ】◆正体隠匿系◆軽いゲーム◆大人数(8名)でも楽しめる◆旅行などに最適経験者が多ければ役職の配分などを工夫することで、いつまでも遊べる感じ。【ルール・遊び方】「犯人」カードを持っているのはだれか?ここを特定して、「探偵」「いぬ」カードでトドメを刺す!!見事に犯人カードを持っている人を探偵が当てたら「そーです!私が犯人です!」(変なおじさん風に…)と、正直に正体...

    おざかつ大魔王さんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 146
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月23日 11時24分

    犯人カードが1枚入ってて、そのカードを持っている人を当てるゲームですが、そのカードの持ち主が色々なイベントによって変わるので予測できない展開があったりしてなかなか面白いです!ルールもとても単純で始めやすいし、ゲーム時間も短く、人数も3人から大人数までできるのでとても気軽にできるゲームです。みんなで集まった時、他のボードゲームをして余った人たちでサクッとできるのでおススメです!

    tetsumaniさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 177
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月04日 11時15分

    変則的なババ抜きですね。最初は手札が4枚で、探偵カードを出した人が犯人カードを持っている人を当てるゲームですが、手札を隣の人に引かれたり、もらったり、手札がどんどんぐるぐる変わるので、ちょっとの戦略とたっぷりの運という感じ。とにかく絵がかわいい。10分ぐらいで終わるし、インストも短いし、やることはカードに書かれているし、ボードゲームに慣れてない人がいても楽しめるゲームなので、持ち歩いて外でやったりもしてます。スペースもほぼいらないので、飲食店でもできる。経験者と初心者の差もほぼ出ない。 後腐れなくワイワイできる。飲みながらもできるかわいいゲーム。女の子受けもいい。貴重。

    YONさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 156
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月13日 12時56分

    評価:5インスト簡単。お手軽に、キャッキャわいわいできるパーティゲーム。いわゆるキーカードが、まわってこないと暇なのだが、まぁ1回が短いので、何度も繰り返しやれば問題なし。たくらみカードが、すごい好きです。犯人カードを持ってる人との擬似協力ゲームっぽくなります。

    ももんがさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 194
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月15日 19時35分

    犬の怖さを思いしれ!手札から1枚ずつ使う(捨てる)だけという単純なルール。だけど、正体隠匿で奥深くなっています。犯人カードを、探偵や犬に見つからずに最後まで死守できるか。無理そうなら他の人に押しつけて、逆に追い詰めてしまえ!横の人に犯人を押しつけて、犬でピックアップする凶悪なコンボが存在し、コンボを決めたときの快感、してやったり感は、たまりませんよ。第一発見者が、どんな事件を目撃したのかを発表してゲームが始まるので、そこも面白さのひとつです。コンパクト、インスト楽、盛り上がれる。安い。4拍子もそろったゲームです。

    omiogiさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 405
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月12日 13時01分

    パーティゲームとして、誰にでもおすすめできる傑作の一つです!それ以上はみなさんのレビューがあるのでホント蛇足かと思いますが、あえて書くとすれば、初めてプレイする人がいるときは第一版準拠でプレイするようにしています(「たくらみ」と「少年」を取り除いてプレイする)。ルール説明をコンパクトにするためですが、もちろん一版準拠でも十分面白いですし、二回目、三回目の会合でこれらを追加すれば長く楽しめるのでオススメします。

    9joe_masaharuさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 614
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月23日 16時37分

    「犯人は踊る」は人を選ばず盛り上がれるゲームです。これほどシンプルで楽しいゲームは初めてで、ゲームが苦手な人も楽しくプレイしてました。人が集まり時に毎回プレイしていたら、こんなに面白いなら自分たちでもゲームを作ろうとサークルが出来たくらいです。このゲームを繰り返す内にハウスルールができたので紹介します。【カード調整】①一般カードは使用しない。②アリバイは一度使用したら破棄する。【ポイント制】①探偵側が勝てば当てた人は2000P、犯人・共犯者以外は1000P②犯人が勝てば2000P、共犯者は1000P③犬が犯人をHITすれば5000P上記ルールでやった場合、犬の使用者でHIT率が明らかに代...

    ろっくさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 211
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月20日 16時11分

    誰が犯人か…カードの効果で犯人が動く動く!あっちにいったりこっちにいったり。わいわい盛り上がりながらできるゲームだと思います。3人~8人まで、やりましたが、5人を超えたくらいから一気に盛り上がりがヒートアップ、8人だともう犯人の予測がつかない状況になります。小学2年生くらいの子も盛り上がっていました。気分はまるで名探偵コ○ンだそうです。低年齢にも意外と受けがいい。ただ、小学校低学年だとカードの文章が読めないので、ルールのインストのためにも、一人大人が別でいたほうがよさそうです。

    だかさんさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 347
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月30日 17時56分

    「トランプ、UNO以外にも何かやってみたい…」老若男女、アナログゲームの新たな一歩にはコレ!!面白い上に、ユルいビジュアルも可愛い(*^^*)配られたカードをババ抜きのように持ち、自分の番になったら手札から1枚を選び、それに書いてあることを読み上げながら出して、書いてあることを実行する(効果によって手札は激しく入れ替わります)。勝利条件は主に2つ。最後まで「犯人カード」を持っていた人が勝ち!もしくは「探偵カード」を使って「犯人カード」を持っている人を言い当てたら勝ち!ほんとにコレくらいです(^-^)/なのにアナログゲームの醍醐味である駆け引きも十分に味わえます!捨て札を置くスペースさえあ...

    8ne4さんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 152
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月15日 09時51分

    ゲームも好きなんですが、絵も好きな「犯人は踊る」。その内容は、犯人を当てるか、犯人が逃げ切るかなんですが、タイトル通り「犯人」カードがプレイヤーの間を踊ります。プレイヤーの人数により使えるカード数が違うため、犯人を当てる「探偵」カード数が毎回違うので、それを考えながらゲームを進める必要があります。ただ、何回か面子を代えても、口々に面白いと言ってくれるので、手頃なゲームで助かっています。

    Nobuaki Katouさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 319
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月23日 20時08分

    犯人は踊る。えてして素敵なタイトルです。自分自身がカードに踊らされましょう。犯人役、探偵役とカード配布により役職が決まりますが、カードの選択に踊らされるかのように役職が目まぐるしく変わります。犯人となり逃げ切るか、探偵となり犯人を見つけ出すか、はたまた第三者の犬となり犯人を嗅ぎ分けるかとその選択は自分次第(カードの引きに左右されるけど)。ルールは簡単、カードの意味はカードにすべて記載されているため誰がプレイしても悩むことはない。悩むとすればどのカードを捨て、どのカードを選択するかの運任せの場合のみ。大勢でワイワイやるには非常に楽しいゲームなので友人で集まった時、旅行での夜などにおススメ。

    あたちゃん。さんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 481
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月08日 16時19分

    「犯人」のカードを持った人は最後まで逃げ切り、それ以外の人は犯人を捜して「探偵」で指名するゲームです。普通このような正体隠匿系のゲームは最初に役職が決まったらゲーム中それが変わることはありませんが、このゲームはタイトル通り「犯人は踊る」、つまり動き回ります。ババ抜きのようにカードが目まぐるしく動く中で、犯人の居場所を突き止めましょう。【おすすめポイント】とにかくルールが簡単です。最初は4枚の手札を持った状態で自分のターンが来たら1枚場に出し、その効果が発動して次の人のターン、という繰り返しです。8人までプレイできますが、それでもとてもサクサクと進んで1ゲーム5~10分ぐらいで終わります。...

    ルカさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 225
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月30日 22時01分

    ボードゲームに馴染みのない方に分かりやすく説明すると、チーム戦でババ抜きをしながらジョーカーの持ち主を誰か当てるゲームです。ボードゲーマーさんとビギナーさんが一緒にババ抜きのようなプレイ感覚でサクッと遊べるので、あまりボードゲームはしないよっていうメンバーが複数集まった時などにとても重宝します。私がプレイした時は犯人カードが最初の持ち主から全く移動せずに面白さが半減してしまいましたが、カードの交換を行いながら犯人カードがあちこち移動していくと、推理する楽しさや、犯人だとバレないようにするドキドキ感が生まれてとても盛り上がります。トランプやウノに飽きた方には是非1度遊んでみてもらいたいボー...

    ままさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 497
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月25日 19時47分

    先日こんな事がありました。小学生の娘から「犯人は踊る」を貸して欲しいと言われたので貸しました。居間で友人たちとワイワイ盛り上がっていました。しばらくして娘が来て神妙な面持ちで「ごめんなさい。カード折れちゃった。」との事。うんうん、一枚くらいいいよ。気にしないでと言いながら見たカードは・・・よりにもよって犯人カード...。がーん。折った犯人を捜すゲームを始めたいところでしたが、ぐっと堪えました。これ、もうゴミです(泣)後日買い直しました(泣)小学生への貸し出しは十分ご注意ください♪ノースリーブ派でしたが、隠匿系に限りスリーブ派になりました。

    なまゆきさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 250
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月31日 11時07分

    正体秘匿系ゲームではあるけど、結構違うところがある。普通の正体秘匿系ゲームは、カードが一枚しか配られないがこのゲームは、犯人が一枚しかないのでそれ以外(第三勢力を除いて)は犯人を捜す側になる。手札が人数に応じて配られるのも違うし、何より犯人カードを押し付けることができる。なので、ゲームスタートの第一発見者が犯人になったりするという面白い展開になる。放送にはちょっと制限が付くけど、初心者の人でも普通に楽しめるゲームです。

    nouhuhoumeiさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 154
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月23日 11時58分

    プレイ感はババ抜きですが、各プレイヤー一枚ずつカードを捨てていくので、先抜けがなくカードがなくなってもチーム戦ですからドキドキ出来るゲームです。大人数でそこまでゲームに興味がない人向けですね。ただゲームとゲームの間にカードの入れ替えをする必要があるので、軽いゲームでありながらセットアップはめんどくさいです。

    じーふいさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 252
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月26日 00時28分

    「面白い回」と「面白くない回」がハッキリとあるゲームです。何度かやればその「面白い回」が登場すると思うので、繰り返しプレイをオススメします。6人以上でプレイできるのがいいですね。プレイ感は非常に軽いですが、適度な心理戦が楽しめます。

    tamuさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 165
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月07日 02時12分

    ★★★★☆3.3/5.0パーティゲーム。好んではやらないけど、ボードゲームやったことない人いっぱいいるときにやる分には重宝する。5人以上でも遊べるのがいいところ。一風変わったババ抜きなのでとっつきやすいし、カードを引いてくるときはやっぱり盛り上がる。

    R@さんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 214
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月03日 01時12分

    勝利条件が多くてルール説明は面倒に感じるけれど始めて見るととっても簡単.【自分的ポイント】・全員右隣のプレイヤーからカードを引く・全員左隣のプレイヤーにカードを渡す右だったり左だったりややこしく感じますが,「1枚左に行く」というのは共通してして違いは選択権の有無だけ.なので犯人は大体徐々に左に移動します(カード交換以外)

    IZMさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 561
    名に参考にされています
    投稿日:2016年07月14日 09時03分

    我が家の小学生達に大人気のゲーム。ゲーム展開がうまくハマれば大人もとても楽しいです。ゲーム展開がハマる打率もそう低くない。ただ、そこまでハードルを上げ過ぎず、気の利いたババ抜きくらいのつもりで向き合うとみんなが幸せになれるゲームだと思います。順番が回ってきたら取りあえず手札から一枚出せばゲームが進むし、1ゲーム10分かからず終わるので、インストもそこそこにまずはやってみるのがオススメ。逆に、1ゲーム体験しないことには、何をもって勝ち負けとするのかイマイチ理解できないゲーム。そして、第三版になってカードの質が上がったらしく、実際、大人が遊ぶ分にはまあ大丈夫です。しかし、子どもと遊ぶにはスリ...

    木公ナビーさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 142
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月19日 20時17分

    手持ちのカードを順番に1枚ずつ場に出してゆき最後に犯人のカードを出すことができれば犯人の勝ちカードの効力で犯人を当てる、犯人のカードを場に出させれば犯人以外のプレイヤーの勝ちになります。カードの効力は場に出す時に発揮し「全員右隣のプレイヤーからカードを引く」「全員左隣のプレイヤーにカードを渡す」「カードを交換する」「相手のカードを見る」「犯人を当てる」等の犯人を追いつめるカードと犯人が勝利することで勝利できるカードや犯人のカード持ってて問い詰められても言い逃れすることができるアリバイカードなどがあり交換されることで犯人が移動し、さっきまで犯人だったプレイヤーが犯人を追いつめるという逆転に...

    紙の城:亞猫【あにゃん】さんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 131
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月21日 17時28分

    あなたの近くで起こる小さな事件。物語はいつも第一発見者からはじまるのです。正体隠匿ゲームのような、ブラフゲームのような、ババ抜きのような、それでいてどれとも違うバランスのグッドタイトル^_^各自に配られた手札の中から犯人カードを持っているプレイヤーを指名するというクイズを主軸に、相手の手札を覗いたり、カードを交換したりしていくのですが、タイトル通り犯人が各自の元を踊るように巡ってきます。それゆえ犯人を見つけて上がろうとしていたのに、急に自分の正体を隠さなければならなくなったり、突然犯人の味方になったり、1ゲーム中たった数枚のカードを出し切る間に目まぐるしく変化するので、一瞬の高揚感は爆発...

    tommy_swayさんの「犯人は踊る」のレビュー
  • 241
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月02日 17時27分

    初版・第二版・第三版・・・と進化を遂げている「犯人は踊る」。僕が遊ぶ際は、第一発見者がどんな事件かを言いながらスタートします。それは、密室殺人であったり・・・クラスのマドンナの縦笛が無くなったり・・・。そして全力で犯人カードを押し付けていくのです・・・。そして、見破られたら・・・「仕方ないだろ!俺だって・・・こんなこと・・・」みたいな感じに自白をしだしたりもします。(サスペンスドラマみたいな感じに)まぁ、そんな遊び心も出せるような仕様になってますし、ルールもシンプルです。毎度、進化していってるような気がします。ちょっとした合間にできますのでライトなユーザーさんにもお勧めですよw

    ケントリッヒさんの「犯人は踊る」のレビュー

リプレイ 3件

  • 96
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月21日 15時38分

    久々にやってルール把握が不十分だったこと。8人プレイで、探偵も犬も犯人も回ってこなかったこと。ということで、なんかよくわからんうちに終わってしまった。多人数のほうが面白いかと思ったが、4人ぐらいまでじゃないと、推理にならないなあ

    てら@kotaronopapaさんの「犯人は踊る」のリプレイ
  • 216
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月01日 01時00分

    第一発見者:天真トウタ:アリバイ影龍:情報操作(左に一枚渡す)ネクロス:取引(トウタと一枚交換)マシロ:取引(ネクロスと一枚交換)コンノ:一般人天真:少年(犯人がわかる)トウタ:アリバイ影龍:うわさ(右からババ抜き)ネクロス:うわさ(右からババ抜き)マシロ:うわさ(右からババ抜き)コンノ:アリバイ天真:目撃者(影龍)トウタ:目撃者(ネクロス)影龍:取引(トウタと一枚交換)ネクロス:探偵「犯人はトウタだ❗」→ハズレマシロ:目撃者(コンノ)コンノ:探偵「犯人はマシロだ❗」→ハズレ天真:探偵「犯人はネクロスだ❗」→当たり最初は犯人を影龍が持っていて、2週目のうわさ3連荘の3回目で引いてきてしま...

    ネクロスさんの「犯人は踊る」のリプレイ
  • 226
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月12日 20時53分

戦略やコツ 3件

  • 147
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月12日 12時47分

    立ち回りとしては、初手に犯人があったとしても最後のターンに自分が犯人を出せることはほぼ無いため、終盤で犯人を引いたときにいかに安全に切り抜けられるかが鍵となるでしょう。早い段階で切りたいカードはランダム性の高いうわさ・取り引き辺りが筆頭になるかと思われます。ただしたくらみで犯人と運命を共にする場合など、中盤~終盤の撹乱用に残すのも手です。逆に終盤まで抱えておきたいカードは事故を防げる持ち得のアリバイや、自分の勝ちに繋がる探偵、犬のような犯人特定カード。しかし、どんなカードを持っていたとしても、残りのカード次第では常に放出の危険が付きまといます。常に捨て札を確認してカードを動かせるうわさ・...

    owletさんの「犯人は踊る」の戦略やコツ
  • 135
    名に参考にされています
    投稿日:2020年03月07日 17時28分

    (注)勝つための戦略ではありません新顔さんが入った時は面白札(探偵・少年・犬)を積極的に回してあげるようにすると、次からのゲーム会にも来てくれやすくなる気がします。あとBGMというかアタック音的に犯人が逃げ切ったらルパンⅢ世、探偵が言い当てたらコナンの音楽をアイフォンで鳴らして勝利を讃え盛り上げると反応良かったです。

    サイコロサーカスさんの「犯人は踊る」の戦略やコツ
  • 1492
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月07日 02時23分

    (第一版のみ)運要素がやっぱり強いので戦略とかあまりないと思うけど、犯人でない場合は「うわさ」は早めに使ってしまって、ゲーム後半の不確定要素を減らしていくことが重要そう。情報交換や目撃者はなるべく後半に残しておき、数少ない不確定情報をしっかり確定させて、勝ちに繋げることが大事。逆に、犯人になってしまった場合は、犯人勝ちするのか探偵勝ちするのかの見極めが重要。犯人は渡しちゃって探偵勝ちが一般的なように語られるけど、結構犯人勝ちできるのでおすすめです。欠点は、最終巡で「情報交換」されると、下家にそのまま逃げ切られることですかね。

    R@さんの「犯人は踊る」の戦略やコツ

ルール/インスト 4件

  • 43
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月30日 06時38分

    1)ゲーム名:犯人は踊る2)勝利条件:プレイヤーは以下の3つの方法のいずれかで勝利します。①「探偵カード」を使って、犯人を当てる(探偵カードを出した人が勝利)②「いぬカード」を使って、犯人を引き当てる(いぬカードを出した人が勝利)③「犯人カード」を手札が最後の1枚の時に出す(犯人カードを出した人と「たくらみカード」を出した人が勝利)※「犯人」とは、「犯人カード」を持っていて、「アリバイカード」を持っていないプレイヤー。「犯人カード」と「アリバイカード」の両方を持っているプレイヤーは犯人ではない。3)プレイの方法①プレイする人数に応じて、必要なカードを準備する。詳細はルールブックを参照。②...

    Hideさんの「犯人は踊る」のルール/インスト
  • 38
    名に参考にされています
    投稿日:2020年02月21日 20時22分
  • 151
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月30日 18時33分

    ●概要事件は起こった。そして犯人はこの中にいる―様々なカードの効果によって犯人は流動的です。上手く犯人カードを押し付けるか、アリバイを手に入れて身を守るか…上手に見抜いてください。●準備①カードを切り、各プレイヤーに4枚ずつ配る。②「第一発見者」カードを持つプレイヤーが「第一発見者」カードを出して時計回りにゲーム開始。●プレイ手順①手札から1枚出す。②カードに書かれたアクションを行う。●キャスト・犯人…「犯人」カードを持っていて、「アリバイ」カードを持っていないプレイヤー・犯人ではない…「犯人」カードと「アリバイ」カードを持っているプレイヤー「犯人」カードを持っていないプレイヤー●勝利条...

    ルシュエスさんの「犯人は踊る」のルール/インスト
  • 428
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月05日 18時16分

    ※第一版での内容です。第二版以降でルールの変更がある場合、これに準拠しません。++ストーリー++事件が起きた――――。犯人は今日この場所に集まった、私達の中にいる。(ルールブックより転載)++勝利条件++次の①~③のいずれかが成立した場合勝利となります。①「探偵」カードで「犯人」を当てる②「犯人」カードを場に出す(たくらみカードを出した人がいれば共に勝利)③「いぬ」カードで「犯人」を捨てさせる++ゲームの準備++1.プレイ人数に合わせて使用するカードを決めます(詳細はルールブックを確認)2.カードをよくシャッフルし、プレイヤーに4枚ずつ配ります++スタートプレイヤーの決め方++手札に「第...

    雫さんの「犯人は踊る」のルール/インスト

掲示板 3件

会員の新しい投稿