マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 10分~20分
  • 8歳~
  • 2013年~

犯人は踊る木公ナビーさんのレビュー

506
名に参考にされています
2016年07月14日 09時03分

我が家の小学生達に大人気のゲーム。ゲーム展開がうまくハマれば大人もとても楽しいです。ゲーム展開がハマる打率もそう低くない。ただ、そこまでハードルを上げ過ぎず、気の利いたババ抜きくらいのつもりで向き合うとみんなが幸せになれるゲームだと思います。

順番が回ってきたら取りあえず手札から一枚出せばゲームが進むし、1ゲーム10分かからず終わるので、インストもそこそこにまずはやってみるのがオススメ。逆に、1ゲーム体験しないことには、何をもって勝ち負けとするのかイマイチ理解できないゲーム。

そして、第三版になってカードの質が上がったらしく、実際、大人が遊ぶ分にはまあ大丈夫です。しかし、子どもと遊ぶにはスリーブに入れるのがオススメです。枚数少ないし。

スリーブを使うのは嫌いなのですが、ノーガードで子どもと遊ぶと、判別可能な傷を数ゲームでつけてしまうのです。特に、第三版から加わったらしい「少年」のカードは、「みなさん!目を閉じて下さい!犯人だけ目を開け…」と呼びかけるギミックなのですが、それはそれは嬉しそうにカードを握り締めて呼びかける小学生。肝心な「犯人」カードもどうしても…。

一般的な小学生は何だかんだでUNOやら単純なババ抜きを喜んでやっているものなので、それに付き合わされるのにウンザリしている方は、スリーブとセットで買うと幸せになれると思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
木公ナビーさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 218興味あり
  • 1809経験あり
  • 411お気に入り
  • 1474持ってる
プレイ感の評価
運・確率42
戦略・判断力25
交渉・立ち回り17
心理戦・ブラフ43
攻防・戦闘0
アート・外見13
作品データ
タイトル犯人は踊る
原題・英題表記Dancing Criminal
参加人数3人~8人(10分~20分)
対象年齢8歳から
発売時期2013年~
参考価格1,000円
クレジット
ゲームデザイン鍋野 ぺす(Nabeno Pesu)
アートワーク鍋野 たま (Nabeno Tama)
関連企業/団体鍋野企画(NabenoKikaku)
拡張/関連元犯人は踊るポーカー(2015年)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク