マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 10分~20分
  • 8歳~
  • 2013年~

犯人は踊る弥七さんのレビュー

240
名に参考にされています
2018年10月13日 23時09分

犯人はこの中にいる!そう確信して犯人を捜していたのにいつの間にか自分が犯人になっていた…。
誰か一人が必ず1枚持っている「犯人カード」、これを所持しているプレイヤーを見つけ出すゲームです。

ただこのゲームではカードの効果によって形はどうであれプレイヤー間の手札が頻繁に入れ替わってしまうので冒頭のような状態になることもしょっちゅうです。
探偵カード」をばしっと出して自分の好きな探偵・警察もののドラマ・マンガ・小説のキャラになりきったセリフで犯人だと思う人を告発、崩れ落ち泣きながら犯行を認める犯人…ぜひ役になりきったつもりで楽しみましょう。

正体隠匿系に分類されますが、他の同系統のゲームと違い言質をとったり嘘を重ねたりということはなく、犯人が嫌ならかなりの確率でほかの人に役割を譲ることができるので、ピリピリした感じにはならずに終了時には必ず全員が笑顔になれるゲームです。


(私は初版しか所持していないので2版以降のルール変更と違う部分があると思われます。プレイ前にはルールのご確認をお願いします)
プレイする人数によってどのカードを何枚いれるか変わって来ます。
全員に決まった枚数を配り、「第一発見者」カードを持つプレイヤーからゲームを始めます。
自分の番になると手札から場にカードを一枚出します。
カードによっては出したときに何らかの効果を持つものもあります。
一番重要なカードである「探偵カード」もその一つです。
探偵カードは出した後に犯人カードをもってると思われる他のプレイヤー一人を指名して「犯人ですね?」と問いかけます。(ここのセリフは各自で大いにアレンジして楽しんで下さい)
もしそのプレイヤーが犯人カードを持っていれば素直に自供してそこでゲーム終了、探偵カードを使ったプレイヤーとその時点で犯人カードをもっていないプレイヤーに勝利点が与えられます。
ただし犯人カードをもっていない場合や、犯人カードを持っていても「アリバイ」カードをいっしょに持っていれば犯人ではないということができ、そのままゲーム続行。冤罪にもかかわらず探偵カードを使ってはずしたプレイヤーには何のお咎めもなしです。
これ以外には他のプレイヤーの手札を見ることのできるもの、他のプレイヤーと手札を交換するものなどがあります。
これらを使って誰が「犯人カード」を持っているのかを探っていきますが、手札を交換するカードが2種類あるので探偵カードや犯人カード、「いぬカード」(探偵カードに近い効果を持つ)といった重要なカードも意図的にも不意にもどんどん自分の手札から出入りしていきます。
万が一、自分の手札に犯人カードがあることがばれても他の人に流出させられるので見られたから終わりにはならないです。
犯人カード」は手札交換系カードの効果によって他のプレイヤーに渡す事ができますが、自分の番に場に出すことはある状況を除いてはできません。
犯人カードを場に出せるタイミングは手札が1枚になった状態で自分の番になったときのみで、その状況が訪れたときは犯人が逃げ切ったということで犯人の勝利です。
これを誰かが規定の勝利点に達するまで何ラウンドか繰り返し、勝者を決めます。


何度か遊びましたが、ボードゲーム初心者もすぐにいっしょに楽しめるゲームです。
ババ抜きに近いルールだと言ってから説明を始めるとたいがいの人はスムーズに入れますし、カードの効果もちゃんと書いてあるので覚えきらなくても読めばわかります。
ただ、いぬカードはちょっと特殊なのでフォローが必要でした。
よく言われるババ抜きと比べると、
・ゲームの序盤から犯人カード(ババ)を持つ人に探偵カードで告発される緊張感がある
・途中で1抜けがないので終盤まで全員で楽しめる
・犯人カードを意図的に他人に押し付けができる → 手札の移動が激しい
・犯人カードから逃げるだけではなく、探偵カード・いぬカードで犯人探しを楽しめる
・犯人カードを持つ人にも勝つチャンスがある
・ちょっとしたロールプレイも楽しい
ぱっと思いつくくらいでこれくらい違いがあります。
ババ抜きというゲーム自体に知名度的があることを活かして、
「ちょっと一味違うババ抜きって感じのゲームがあるんだけど」みたいにお誘いすればゲームのハードルも高くならないので興味を持ってくれると思います。
短時間で終わるゲームですが探偵カードで犯人を告発したとき、犯人カードを持って逃げ切ったときの快感はクセになります。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
弥七さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 281興味あり
  • 2395経験あり
  • 542お気に入り
  • 1888持ってる
プレイ感の評価
運・確率55
戦略・判断力35
交渉・立ち回り21
心理戦・ブラフ60
攻防・戦闘0
アート・外見16
作品データ
タイトル犯人は踊る
原題・英題表記Dancing Criminal
参加人数3人~8人(10分~20分)
対象年齢8歳から
発売時期2013年~
参考価格1,000円
クレジット
ゲームデザイン鍋野 ぺす(Nabeno Pesu)
アートワーク鍋野 たま (Nabeno Tama)
関連企業/団体鍋野企画(NabenoKikaku)
拡張/関連元犯人は踊るポーカー(2015年)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

弥七さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク