マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ブレイドロンドBlade Rondo

7枚の手札で対戦するデジタルTCG風のカードゲーム。
各カードごとに使用するために必要なコストがあり、毎ラウンド使用することができるコストの上限が増えていき(デジタルTCGの「シャドウバース」や「ハースストーン」で採用されているのと同じシステム)、徐々に攻防が派手になりつつ、手札は対戦開始時に選択した7枚のみで、途中でカードが増えることが無いため、対戦中の選択肢の幅は少なく、収束性良いシステムに思えました。
対戦中の選択肢の幅は少ないと書きましたが、対戦開始時に全20種のカードからランダムに15枚が配られ、その内の7枚をその対戦で使用するカードとして選び、その7枚のカードのみで対戦することになるため、この段階のカード選択が面白いところです。
20種のカードが2枚づつのため、自分のところに2枚配られたカードは相手が持っていることは無い、といった情報を元に、カードを選択していくことになります。
最初のカード選択が肝で、対戦中はその選択の読みが当たっていたかの答え合わせという感じが、個人的には「十二季節の魔法使い」に似た印象を受けました。(あちらのように手札補充やダイス要素といった不確定要素が無いので、よりカード選択が重要なように思います)
なお、2人用対戦ゲームですが、1人プレイモードがあり、こちらはよりカード選択部分が際立っているように感じます。
なかなかに歯応えがあり、1人用ゲームとしても十分に遊べる印象でした。
また、このサークルさんのゲームはいつもイラストの雰囲気も良いのも魅力ですね。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:D
マイボードゲーム登録者
  • 28興味あり
  • 91経験あり
  • 32お気に入り
  • 129持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力9
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘7
アート・外見12
作品データ
タイトルブレイドロンド
原題・英題表記Blade Rondo
参加人数1人~2人(10分~20分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格2,700円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 551
    名に参考にされています
    投稿日:2018年07月25日 07時03分

    1~2人で遊べるカードゲーム。1人プレイの感想です。ゲーム性としては、こちらにも詰みがある詰め将棋といった感じ。カードの枚数は20種×2の40枚です。その中から、15枚をランダムで選び、さらにその中から7枚任意で選んだものが手札となります。(手札の作り方は2人プレイと同じ)次に、敵となる「イデア」と呼ばれるカードが20枚。シャッフルした20枚の山札の1番上のカードが最初の敵となります。プレイヤーは毎ターン使えるコストが増える中で、最善と思えるカードを使い、イデアにダメージを与えていきます。一方、「イデア」は特定のターンが経過すると行動を開始します。カードに記載された行動を毎ターン行ってく...

    カドカワ@TRPGさんのレビューを読む
  • 870
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月03日 10時42分

    7枚の手札でお互いのライフを削り合う、2人対戦型のカードゲーム。1試合15分くらいの短時間で遊べる手軽さながら、毎回異なる展開と読み合いが楽しめます。このゲームの醍醐味となるのが、7枚の手札の構築。40枚のカードから互いのプレイヤーに15枚ずつが配布され、その中から対戦に使う7枚を選定します。カードは全20種×2枚なので、自分に配布されたカードから、相手の戦略を想像することが出来ます。(自分が同じカードを2枚持っていたら、相手にはそのカードは配られていないということが分かります。)手札構築が終わったら対戦となりますが、ここでの戦略もとても重要。毎ターン使えるコストが増えていくので、その範...

    Ellisさんのレビューを読む
  • 1014
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月10日 22時07分

    7枚の手札で対戦するデジタルTCG風のカードゲーム。各カードごとに使用するために必要なコストがあり、毎ラウンド使用することができるコストの上限が増えていき(デジタルTCGの「シャドウバース」や「ハースストーン」で採用されているのと同じシステム)、徐々に攻防が派手になりつつ、手札は対戦開始時に選択した7枚のみで、途中でカードが増えることが無いため、対戦中の選択肢の幅は少なく、収束性良いシステムに思えました。対戦中の選択肢の幅は少ないと書きましたが、対戦開始時に全20種のカードからランダムに15枚が配られ、その内の7枚をその対戦で使用するカードとして選び、その7枚のカードのみで対戦することに...

    Dさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    カードサイズは89mm×63mmです。「CAC-SL21 T.C.G.HARD」などのTCGレギュラー(スタンダード)スリーブが最適です。カードは65枚入っています。

    0件のコメント1163ページビュー5ヶ月前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク