テレストレーションTelestrations

絵と文字を使った伝言ゲーム!皆でワイワイ楽しむパーティーゲーム!

このボードゲームは、簡単に言えば伝言ゲームのようなものです。
まず、お題となるカードボックスには両面にお題が書かれているので、どちらの面を使うかを決めておきます。カードボックスから1枚引いた後、サイコロを振ります。サイコロの目に対応するお題が書かれているので、スケッチブックにお題を書いてスタートプレーヤーに渡します。

スタートプレーヤーはお題を見て連想できる絵を描きます。描く時間は、付属の砂時計を使って行うと良いと思います。描いたら次の人に渡し、その絵から連想されるお題を文字で書きます。それを次の人に渡してまた絵を描いて、次の人に渡して連想されるお題を書いて・・・を繰り返していきます。

最後のプレーヤーまで終わったら答え合わせです。1枚ずつ描いた絵とお題の文字を確認しながら、その変遷を楽しみます。お題が正しく伝わっていたり、もっとも印象深い絵を描いたりしたプレーヤーが得点を得ます。
これを3ラウンド行い、もっとも得点を獲得したプレーヤーが勝利します。

カードボックスには約1,600問のお題が用意されているので、同じお題となることがほとんどありません。日本語版ではとても一般的な日本語に置き換えられていて、プレイするのに困りません。慣れたら、お題を自分たちで用意したり、得点を付ける方法を独自に設定したりしても良いと思います。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局
  • 興味ある(92人)
  • 経験あり(406人)
  • お気に入り(171人)
  • 持ってる(233人)
コンセプトテーマ
コンセプトテーマ未登録
メカニクス
メカニクス未登録
会員が付けたタグ
タグ未登録
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見9
作品データ
タイトルテレストレーション
原題・英題表記Telestrations
参加人数4人~8人(30分~60分)
対象年齢13歳から
発売時期2009年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体テンデイズゲームズ(Tendays Games)

レビュー 10件

  • 68
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月02日 02時38分

    勝敗なんてどうでもよくなってしまうぐらいの、お絵かき伝言ゲームです。▼ゲームの概要各プレイヤー、9枚シートが重なった冊子を受け取ります。各ページはホワイトボードマーカーで書いたり消したりできるようになっています。お題カードの山があり、各プレイヤー、その中からランダムに1枚引きます。その後、サイコロを振ったら、お題カードにある数字が一致したお題を1枚目に書いて、めくります。よーいどん、で砂時計が落ちきるまでにお題に沿ったイラストを2枚目に書きます。1分計が落ちきったら終了し、そのページを下に向けて、左隣の人に冊子を渡してしまいます。渡された後、全員渡された冊子を一斉に見て、そのイラストが何...

    続きを読む
  • 52
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月14日 09時56分

    絵を使った伝言ゲーム!単語→絵→単語→絵で伝言ゲームをするボードゲームで、仲の良い友人達とやるととても盛り上がります。絵を描くのに使うペンが太くて絶妙に描きにくかったり、制限時間があったりと不自由な中で工夫する楽しみがあるところが面白いです。勝敗を決めるルールがありますが、そんなこと気にせずに皆で伝言ゲームのジレンマを楽しんだら良いと思います。

    続きを読む
  • 49
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月31日 23時16分

    『テレストレーション』の特徴はお絵かきゲームと伝言ゲームを上手く混ぜたところでしょう。上手く伝えるために綺麗にかくというよりかは、時間制限の中で如何に特徴をつかむかがポイントになっていますし、シンプルなお題から難易度の高いものまで幅広く遊びつくせるゲームになっています。問題点は本来の点数ルールがなくても遊べてしまう部分でしょう。お絵かきゲームに点数をつけると、シビアになって純粋に楽しめなくなってしまうので、失敗してもいいから、楽しくやるというスタイルの方がパーティゲームとしては向いているでしょう。<こんな人におすすめ>・伝言ゲームが好きな人。・絵は下手だけど描くのは好きな人。・あえて難し...

    続きを読む
  • 84
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月04日 17時47分

    誰がやってもおもしろい!パーティゲームの傑作です!お題を絵にして相手に伝える、いわゆるお絵かきジェスチャーゲームなのですが、このゲームは絵がうまいとかへたとか、うまく伝わったとかそういうのは度外視で、とにかく全員で爆笑できます!1度ゲームカフェで8人くらいで遊びましたが、クルトン(ポタージュスープに浮かんでいるカリカリのあれ)がお題で回ってきたときには「こんなの絵で描けるか!」と悶絶したものです。(なんと次の人に「クルトン」が伝わったときの感動といったら!)妙な笑いや感動を生むゲームです。ただ最低でも4人、いや5人以上は必要ですね…これがこのゲームの唯一の弱点ですね。ただでさえいつも人数...

    続きを読む
  • 77
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月26日 17時40分

    お題を決め、1分でその絵を描き、次の人に渡してその絵が何なのか文字で書いてまた次の人に渡す。その文字を読んでまた絵を描き………という流れの「お絵かき伝言ゲーム」です。ルールは単純で、恐らく勝ち負け関係なく盛り上がるテッパンゲーム。絵が苦手な人ほどヒーローになれるゲームです。初対面の人同士であっても老若男女の別なく楽しめる非常にいいゲームです。空いてしまったちょっとした時間でも、全くの初心者でも問題ありません。アドバイスとして言えるのはメンバーの中に「絵が得意だ」という人がいた場合、高確率で「もっとちゃんとした絵を描きたいから時間を伸ばしてほしい」と要求があると思いますが、その意見は聞かな...

    続きを読む
  • 113
    名に参考にされています
    投稿日:2016年08月30日 11時45分

    大人も子供も楽しめる絵で伝える伝言ゲームです。カードのお題を元に、絵を描いて隣に伝えます。時間制限内に書き終わったら隣に回し、そのお題が何かを推理してもらいます。この動作を全員が同時に行うため、8人プレイのときは8個のお題を各プレイヤーが持ち、全員が同時に絵を書き、同時に推理をするため、手持ち無沙汰になることはありません。このゲームで面白いことはなんと言ってもゲーム終了後!.このゲーム、お題が滅茶苦茶難しいのです。一人ひとりの絵を好きな順番に公開して爆笑してください。本当に笑えます。.お題:かにみそ→かにかま→かまぼこ→ネズミ捕り.1つ1つの繋がりはなんとなくわかるんですが、最初と最後だ...

    続きを読む
  • 115
    名に参考にされています
    投稿日:2016年07月31日 11時37分

    中学生以上が集まって楽しむなら、盛り上がる事まちがいなしのお絵描き伝言ゲーム。たまに中学生でもわからない単語があって、「意味がわからん」と前の人に耳打ちしてこっそり意味を教えてもらったり。フランスパンがいつの間にかリコーダーに変身していたり、家族旅行をしている一家の絵が何故か最後は家族で大縄跳びをしていたり…で最後のオープンの時にお腹がよじれるほど笑いました。絵が上手い子のページにはおお~!と歓声があがり、シュールな絵が出てきた時には転がって笑い…と勝ち負け関係なしで盛り上がりました。必要ないかなと思ってスコアはつけませんでした。7歳も仲間に入れて欲しくてアピールしてましたが、漢字が読め...

    続きを読む
  • 98
    名に参考にされています
    投稿日:2016年07月17日 13時39分

    鉄板パーティーゲーム。一応勝ち負けをつけるためのルールもありますが、本当に一応。みんなでゲラゲラ笑って楽しむゲームです。対象年齢は12歳からとなっていますが、ひらがなとカタカナの読み書きさえできればプレイ可能。ただし、お題カードの中から全員理解可能であろうお題を選ぶようにルール変更して漢字を使わないようにする必要があります。わが家は小二の息子も楽しく遊んでいます。「いただきます」など、絵にするのに悩ましい絶妙なお題が大量に書かれたカードがこのゲームの肝で、日本語版はていねいにローカライズしてあります。おすすめ。

    続きを読む
  • 64
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月28日 10時23分

    絵心のない人がいると更に楽しくなるお絵かき系のパーティーゲームです。またどんなに絵に自信がある人でも、カード運によってはとても難しいお題が出てくるので油断は禁物!ホワイトボードに黒一色だけで表現するのが難しかったりします!実際私も表現しにくいお題になって頭を抱えましたw勝ち負けを気にせずに遊べて、8人まで遊べるオススメのパーティーゲームです!

    続きを読む
  • 40
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月08日 09時01分

    絵とお題を交互に繰り返していく伝言ゲームです。自分の描いた絵が誤解されてそれがどんどんおかしな方向へと向かうのが面白く、最後の答え合わせの瞬間も非常に盛り上がります。用意されたお題カードの種類も豊富で、何度でも飽きる事なく遊べる盛り上がる事間違いなしのパーティーゲームです。ちなみに私が遊んだ時のお題がロープウェイでしたが、途中からケーブルカーに変わり最終的にロープウェイに戻ってきました。レビュー的にはイマイチですが大抵ハチャメチャな展開になるので是非一度遊んでみて欲しいボードゲームです!

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 48
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月29日 20時42分

    このゲームは、伝達の結果お題がどのように変わるかを答え合わせで笑えばいいだけのゲームだとは思いますが、少しでも正しく最後まで伝達させるためのアドバイスを。どんな伝達でもそうですが、伝達中に元の情報は減る、情報が欠如してしまうものです。欠如した情報は戻らずに少ない情報のまま伝達してしまいます。例えば、チーズバーガーはただのハンバーガーに、トノサマガエルはただのカエルに、といった具合に。欠落しそうな部分を強調して描きましょう。またお題にはあまりに簡単なお題はありませんので、そのような絵が来たら追加の情報を見逃さないようにしましょう。文字で伝える場合にもひらがなで書いたら情報が欠落します。車が...

    続きを読む

ルール・インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

  • テンデイズゲームズの方が、2016年の春~初夏ごろに入荷するとTwitterで仰ってるのを見かけました。
    僕の周りでも大人気で、どこにも売ってなくて、オークションで高値で売買されていました。

    テンデイズゲームズさんの通販サイトリンク、貼っときます。

    http://shop.tendays.jp/

拡張版や派生などの関連作品

会員の新しい投稿