マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
テレストレーション
  • テレストレーション当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 4~8人
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2009年~

テレストレーション

メーカー・卸元:テンデイズゲームズ

1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
描いて伝える、おかしな伝言ゲーム!

絵を用いて伝言するパーティゲームです。
文字通りに描く。そして見た絵から推測し、書く。そしてその文字通りにまた描く。
答え合わせでは、予想外の結果に大盛り上がりするでしょう!
描いて、渡して、考えて、見せて、笑って、楽しもう!

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 41件

レビュー
269名が参考
4年弱前

俺のお題は・・・氷河期!?イラストと単語を交互に伝言してゆく鉄板パーティーゲーム。
初めに各プレイヤ1ずつカードとサイコロを使いランダムにお題が単語で与えられます。全員お題を確認し、自分のノート型ホワイトボードに書き込んだら準備完了!
砂時計をひっくり返し全員お題に沿ったイラストを描きます。砂時計の砂が全部落ちたらノートを1枚めくり、隣の人に回します。次の人はそっと前の人が書いたイラストを確認し、イラストからお題を予想します。予想したお題を単語で書きこんだら一枚めくり、隣の人に回します。次の人は単語を確認し、砂時計の時間分イラストを描く。次の人はイラストから単語・・・という風に自分のノートが手元に戻ってくるまで続けます。
イラストにしやすい簡単な物から、キスシーン等の抽象的なものまでお題は千差万別。ノートが手元に戻ってからがこのゲーム最大の山場!皆で1冊のノートを一枚目から順にめくり内容確認。イラストから単語。単語からイラストへ変換されるときの妙異をみんなで楽しみます。
ポイントをつけて勝敗を決める事も出来るようですが、純粋にパーティーゲームとしてみんなでお腹を抱えて笑った方が楽しいと思います。

続きを見る
閉じる
国王
五行思想【ごぎょうしそう】
五行思想【ごぎょうしそう】
レビュー
224名が参考
3年以上前

正直今のところ、これ以上に笑いが起きるボードゲームはないです。誰とやってもいつ何処でも大爆笑。盛り上がらなかった事がありません!ボードゲーム全くの初心者が後からこれだけ買ったって報告をよく受けます。それだけ盛り上がる超オススメなボードゲームです!

先日プレイした時も「白菜」というお題なのに、最終的にくす玉🎊になってて大爆笑しました。ちなみに絵が下手な人が混ざらなくても笑えます。下手が混ざれば腹筋崩壊です。

難点はやはり人数が必要。絵を書く→その絵を元に予想を文字で書く→前の予想を元に絵を書く→その絵を元に予想を文字で書くと順番にやっていきます。その過程で爆笑を生む為、5人は必要だと思います!

続きを見る
閉じる
国王
B.Pegg
B.Pegg
レビュー
193名が参考
3年以上前

評価:4


ちょっと低めの評価に思えるかも、パーティゲームとしては秀逸。

絵を描くことに、どうしても抵抗がある人がでると思いますが、そこを乗り切れれば・・・


お笑い番組の面白さと、エジプトミステリーの面白さのように面白さでも求めてるものが違うので、

いわゆるnot for meなゲームです。


メンバー依存もあるとは思いますが、やれば面白いと思いますし、盛り上がると思います。

続きを見る
閉じる
国王
ももんが
ももんが
レビュー
186名が参考
2年以上前

絵の伝言ゲーム。


お酒が入った忘年会で、8人という大人数でやりました。


やはり8人もいれば画伯は存在して、「キャベツ」がいつのまにか「ハロウィーン」になったりして、ゲラゲラ楽しむパーティゲームです。


ボドゲ+お酒+笑い。最高です。


※ 発表する際には、逆再生とかも織り交ぜると面白くなることもあるのでお試しあれ。

続きを見る
閉じる
国王
西塚 育郎 👻 @スプーキーズ 🐉
西塚 育郎 👻 @スプーキーズ 🐉
レビュー
183名が参考
5年弱前

中学生以上が集まって楽しむなら、盛り上がる事まちがいなしのお絵描き伝言ゲーム。
たまに中学生でもわからない単語があって、「意味がわからん」と前の人に耳打ちしてこっそり意味を教えてもらったり。
フランスパンがいつの間にかリコーダーに変身していたり、家族旅行をしている一家の絵が何故か最後は家族で大縄跳びをしていたり…で最後のオープンの時にお腹がよじれるほど笑いました。
絵が上手い子のページにはおお~! と歓声があがり、シュールな絵が出てきた時には転がって笑い…と勝ち負け関係なしで盛り上がりました。必要ないかなと思ってスコアはつけませんでした。

7歳も仲間に入れて欲しくてアピールしてましたが、漢字が読めないのとお題の意味が理解できないのとで、むくれてしまいました。
低年齢層向けの、ちょっと難易度の低いふりがな付きカードが別売りされてれば買うんだけどなー。

続きを見る
閉じる
将軍
DARKGREEN99
DARKGREEN99
レビュー
180名が参考
5年弱前

大人も子供も楽しめる絵で伝える伝言ゲームです。
カードのお題を元に、絵を描いて隣に伝えます。
時間制限内に書き終わったら隣に回し、そのお題が何かを推理してもらいます。
この動作を全員が同時に行うため、8人プレイのときは8個のお題を各プレイヤーが持ち、
全員が同時に絵を書き、同時に推理をするため、手持ち無沙汰になることはありません。
このゲームで面白いことはなんと言ってもゲーム終了後!
.
このゲーム、お題が滅茶苦茶難しいのです。
一人ひとりの絵を好きな順番に公開して爆笑してください。
本当に笑えます。
.
お題:かにみそ→かにかま→かまぼこ→ネズミ捕り
.
1つ1つの繋がりはなんとなくわかるんですが、最初と最後だけをみると意味不明で爆笑必至です。
この人の絵が上手い!とか、発想力が面白い!とか、そういったトークで楽しむゲームです。
絵の上手い下手は関係ありません。
逆に、絵が下手な人がいると盛り上がる稀有なゲームです。

続きを見る
閉じる
国王
oshio_sensei
oshio_sensei
レビュー
175名が参考
3年弱前

絵と文字を順番に使う伝言ゲームですが、絵がうまい下手はそこまで重要ではないです。
プロの漫画家の友人を含むメンバーとプレイしましたが、どんなにうまく描いても次の人がその絵のどこに注目するかで解答が少しずつずれていくのでなかなか完璧にお題が伝わることは稀です。
その意図のズレを楽しんだり、逆に答え合わせでこっちの意図がちゃんと伝わっていたのを確認できたときには、よくぞ自分のメッセージを受け取ってくれたとメンバーとの一体感や親近感がグングン出てきます。
伝えるゲームですがうまく伝わらなくてもそれはそれで笑えるので、あんまり勝ち負けを意識せずに楽しめることでしょう。
ルールは簡単、でも意図通りにいかないもどかしさ、待ち時間のなさ、全員で共有できる体験、誰もが笑えるゲームです。


まず事前の準備として各自一冊ずつスケッチブックをもって、それぞれのスケッチブックで伝えるお題を決めます。
つまり人数分のスケッチブックとお題が存在することになります。
お題カードというものがたくさん入っていて、片面に6つ、両面あわせて12のお題が書かれています。
お題は各自で引いたお題カードに書かれている中から自由に選んでも良いし、付属のサイコロを振ってお題カードにふられている番号と出た目とを対応させて選んでもかまいません。
お題はスケッチブックを一枚めくったところに書き込んで次のページをめくっておきます。

ここからがゲームのスタートです。
人数が奇数か偶数かで開始後にすることが少し変わりますが基本的には、
左の人に持っているスケッチブックを渡して、右の人からスケッチブックを受け取る→
文字、もしくは絵が描かれているのを確認して次のページをめくる→
前の人が文字を書いていたら絵で、絵を描いていたら文字でお題と思われるものを次の人に伝えるべく書いていく→
自分の書いたページを開いたまま左の人にスケッチブックを渡して、右の人から次のスケッチブックを受け取る
この手順を最初にもっていたスケッチブックが手元に戻るまで繰り返します。
ゲーム中は同じタイミングで受け渡しを行うので全員が一斉に絵を描くか字を書くかをするので、他の人を待つ時間は発生しません。
書く時間は決まっていて付属の砂時計を使うかもしくはスマートフォンのストップウオッチなどで時間を計って行います。

スケッチブックが1周して元の持ち主に戻ったらお楽しみの発表会です。
一人ずつ順に手元にもどったスケッチブックを全員に見せながらお題の発表、そして1ページずつページをめくってプレイヤーたちの傑作・奇作を全員でいっしょに確認してお題の変化を楽しみます。
ここで得点計算も行います。
得点の計算は2種類あって、一つは最初のお題から何人目まで正確に文字のお題が伝わったかを得点にする方法で、スタートの人から正確に文字のお題を書いた人までのあいだの人全員に得点を加算します。
こちらは正確さや勝敗を楽しみたい人向けです。
もう一つは各スケッチブックのスタート時の持ち主が何点か得点を持ち、そのスケッチブックに描かれた全員の絵や文字の回答の中からファインプレー賞や好きな回答、おもしろい回答を選んでそのプレイヤーに直接点数を付与するコンペ方式です。
こちらはよりパーティーゲーム感が強くなります。

これらを一応規定では3ラウンドおこなって得点の一番高い人が勝利となります。


誰とやっても盛り上がる最強のゲームの一つです。
手持ち無沙汰になる時間もなく、決まった時間で進行していくので伝言ゲーム中はサクサク進みます。
ルールも文字おこしすると回りくどくなりますが、軽く実演するとすぐに理解できるシンプルなルールです。
ゲームの最中は悩める唸り声がこぼれるくらいで時間制限もあってみんな無言で真剣に描いています。
個人的にはゲーム中もおしゃべりしたり会話が生まれるゲームが好きなのですが、これは発表会での会話がゲームのメインといっても過言でないくらいに全員で笑って盛り上がれます。

誰とでもやれるゲームだとは思いますが参加するプレイヤーによっては少しルールの配慮をするのもありかもしれません。
例えば子どもをいれてやるときはお題を全体的にやさしいものに変更したり、絵を描くことを嫌がる人がいたらその人は誰かとペアを組む形にして、絵が回ってきたときにお題の予想をしてもらうなどの役割を負う形にするなど。

このゲームをいっしょにやった友人から何年かたった今でもまたこのゲームをやりたいとリクエストをいただくこともしばしば。
飲み会やパーティでボードゲーム未経験者が大勢集まりなにかやれればというときのために一つ持っておくなら候補の筆頭にあげてもいいと思います。

続きを見る
閉じる
国王
弥七
弥七
レビュー
173名が参考
2年以上前

ちがう!そうじゃないんだ!!(笑)


ついつい笑いが巻き起こる子のゲーム。絵がうまい、下手じゃないんだ。受け取り方、伝え方次第なんだ!!


ゲームには様々なお題がありますが、お題の伝え方は人それぞれ、受け取り方も人それぞれなんだなぁと改めて思わされるゲームでした。


水たまりを書いたつもりが、気付けばじゃがいものおばけにされていたり、パラボラアンテナを書いたつもりが、気付けば電柱になっていたり…。「ちがう、そうじゃないんだ!」と笑いが巻き起こります。


思った通りに伝わったらそれはそれで気持ちがよく、伝わらなかったらそれはそれで笑いが巻き起こる。

そんな一時をくれた素敵なゲームでした。


低年齢から遊べるのもポイントです。惜しむらくは、ある程度人数が必要になってくる事ですかね。

パーティの余興の一環としてやったりすると盛り上がると思います。

続きを見る
閉じる
国王
だか(こ)さん
だか(こ)さん
レビュー
165名が参考
4年弱前

※絵の苦手な人を「画伯」とかいっていじめないように


それさえなければ楽しいゲームです


絵を書き→それが何であるかを読み取って文字で書き→その文字の内容を絵で→文字で…

で一周してテーマがなんだったのかを当てる伝言ゲームです


たいがい画伯の絵がSNSに晒される運命にあるゲームなんですがねw

笑いものにしない!笑い飛ばそう!の精神で


※経験談

最近プレイした際、途中で「鳥ライオン」というお題が飛んできましたw

絶対もとの絵のお題な訳がないw&鳥ライオンなんてそもそも見たことがないw

前の人には「は?ww何??ww正気??ww」後の人には「お題の通り描いたんだよwwでもごめんねww」

面白いゲームですねやっぱり 

続きを見る
閉じる
国王
tapy_walker
tapy_walker
レビュー
163名が参考
9ヶ月前

【投稿者情報】

ライトユーザ同士でプレイすることが多く、軽量級(30分前後)と中量級(40~90分)をメインで保有。和気あいあいと出来るボドゲが好みです。

【個人総合評価】

10/10点

※人数が揃えば(6人以上)絶対にやりたい

【評価基準】←私が買うときに大事にしているものです。

■負けていても最後まで楽しいか:10点

→勝ち負けはないので、絵の上手さ、下手さ、推測のすごさ、ダメさをすべて楽しめます!

■初心者がいても楽しいか:10点

→ルールも明快で、毎回絶対に楽しいです!

■頭を使うのが苦手、競争が苦手な人も楽しめるか:10点

→人を選ばず、いままで100%楽しかったです。

■繰り返し遊んで楽しいか:10点

→楽しいです!

■プレイ時間に対する満足感:10点

やっている時間、ずっと楽しいですね。

【所感】

いろんなボドゲがありますが、一番外れがないのがテレストレーションです!

絵がうまくても下手でも楽しい!

なんだかんだ絵を描くことは大人になると無いですが、サラリーマンみんなで爆笑しながらお絵かきしてます。

こんなんでホントに面白いのかと思われるかと思いますが、騙されたと思ってぜひ!


※あくまで個人的な評価になります。同じような嗜好の方の参考になれば幸いです。

続きを見る
閉じる
国王
ゆん
ゆん
レビュー
163名が参考
6ヶ月前

1回やりましたが、何回かの絵を経て皆迷走してしまい、それを笑いあうという本来のルールとはちょっと異なる遊び方でした。それでも非常に楽しく、笑いが絶えません。

タレントのはいだしょうこ氏に是非やらせてみたいです。

続きを見る
閉じる
皇帝
哀川 勉
哀川 勉
レビュー
161名が参考
4年以上前

誰がやってもおもしろい! パーティゲームの傑作です!

お題を絵にして相手に伝える、いわゆるお絵かきジェスチャーゲームなのですが、このゲームは絵がうまいとかへたとか、うまく伝わったとかそういうのは度外視で、とにかく全員で爆笑できます!
1度ゲームカフェで8人くらいで遊びましたが、クルトン(ポタージュスープに浮かんでいるカリカリのあれ)がお題で回ってきたときには「こんなの絵で描けるか!」と悶絶したものです。(なんと次の人に「クルトン」が伝わったときの感動といったら!)
妙な笑いや感動を生むゲームです。

ただ最低でも4人、いや5人以上は必要ですね…これがこのゲームの唯一の弱点ですね。ただでさえいつも人数集まらないっちゅうの。

続きを見る
閉じる
国王
ねこぜ
ねこぜ
レビュー
153名が参考
1年以上前

パーティゲームで盛り上がること間違いなしの

伝言ゲーム。


まず、お題カードの量が半端ない!!

多々あるカードの中からプレイヤーが各1枚選択し

サイコロの目にあった、お題を

自分のお題を書くボードに書きます。


例えば、『チェス』というお題の場合、自分のお題ボードに

自分の名前を書く欄があり、名前とお題を書く場所にチェスと記入。


手番では、自分のボードを左の人にわたし

右から来たボードを受け取ります。


ボードに書かれているお題を確認し

一枚めくり、今度は、お題にあった『絵』をかきます。


砂時計が落ちるまでに

書いたら


そのまま、今度は左の人に

ボード毎わたします。


自分は右から新しいボードを受け取ります。

『絵』を確認し

1枚めくります。


今度は、絵から想像する言葉を書きます。


これを繰り返します。

言葉⇒絵⇒言葉⇒絵と人数分繰り返し、

自分のボードが手元に戻ってきたら1ラウンド終了です。


1人ずつ、お題を発表して

皆が書いた絵を見ていきます。


皆で大笑いできて楽しいゲームです♪

ちょっとボードマーカーが消えやすいので

時々文字や絵が消えてしまうことがあるのが

注意でしょうか。

続きを見る
閉じる
国王
ボドゲ好きのてんちゃん
ボドゲ好きのてんちゃん
レビュー
146名が参考
約5年前

鉄板パーティーゲーム。一応勝ち負けをつけるためのルールもありますが、本当に一応。みんなでゲラゲラ笑って楽しむゲームです。

対象年齢は12歳からとなっていますが、ひらがなとカタカナの読み書きさえできればプレイ可能。ただし、お題カードの中から全員理解可能であろうお題を選ぶようにルール変更して漢字を使わないようにする必要があります。わが家は小二の息子も楽しく遊んでいます。

「いただきます」など、絵にするのに悩ましい絶妙なお題が大量に書かれたカードがこのゲームの肝で、日本語版はていねいにローカライズしてあります。おすすめ。

続きを見る
閉じる
国王
木公ナビー
木公ナビー
レビュー
138名が参考
4年以上前

お題を決め、1分でその絵を描き、次の人に渡してその絵が何なのか文字で書いてまた次の人に渡す。その文字を読んでまた絵を描き………という流れの「お絵かき伝言ゲーム」です。

ルールは単純で、恐らく勝ち負け関係なく盛り上がるテッパンゲーム。絵が苦手な人ほどヒーローになれるゲームです。

初対面の人同士であっても老若男女の別なく楽しめる非常にいいゲームです。空いてしまったちょっとした時間でも、全くの初心者でも問題ありません。

アドバイスとして言えるのはメンバーの中に「絵が得意だ」という人がいた場合、高確率で「もっとちゃんとした絵を描きたいから時間を伸ばしてほしい」と要求があると思いますが、その意見は聞かないことを強く勧めます。むしろ最初に「時間は伸ばしません」と宣言して下さい。

ちゃんとした絵でなくていいんです。

ちゃんとした絵でない方がいいんです。

「もう時間がない!」と焦る中で必死に描くから盛り上がるのであって、余裕たっぷりに描き上げたものを他の人に誉めてもらうゲームになるとテンポも落ちて盛り下がってしまいます。

続きを見る
閉じる
国王
Furukawa Sorwhich
Furukawa Sorwhich
戦略やコツ
133名が参考
4年以上前

このゲームは、伝達の結果お題がどのように変わるかを
答え合わせで笑えばいいだけのゲームだとは思いますが、
少しでも正しく最後まで伝達させるためのアドバイスを。

どんな伝達でもそうですが、伝達中に元の情報は減る、
情報が欠如してしまうものです。
欠如した情報は戻らずに少ない情報のまま伝達してしまいます。
例えば、チーズバーガーはただのハンバーガーに、
トノサマガエルはただのカエルに、といった具合に。
欠落しそうな部分を強調して描きましょう。
またお題にはあまりに簡単なお題はありませんので、
そのような絵が来たら追加の情報を見逃さないようにしましょう。

文字で伝える場合にもひらがなで書いたら情報が欠落します。
車が多く連なっている絵を見て渋滞だと思っても、
平仮名でじゅうたいと書いてしまうと、
次の人は重体と思って大怪我をした人の絵を描くかもしれません。
書けるものは漢字で書きましょう。
漢字が思い出せない時には、またそれ以外の時も、
文字の情報を付け足すのは間違いを防ぐためにもいいことです。
じゅうたい、だけではなくて車のじゅうたい、と書くのです。

回ってきた絵が何なのか全く分からない場合もあります。
考えても何も思い浮かばない場合の手段として、
その描かれたものをすべて文字で表現する手段があります。
画面の上から1/3の所に水平に画面幅1/2の線が中央に1本、
その線の中央上に丸が1個、その線の下には・・・・・・・
という具合に。
とても書くのに手間がかかりますが、
その通りに描いてもらえればそのまた次の人によって
元の正解のお題が出て来るかもしれません。

続きを見る
閉じる
国王
異人館
異人館
レビュー
128名が参考
約4年前

ドウシテコウナッタ。


ゲームとしては、伝言ゲームのお絵かき版です。お絵かきゲームは画力が低くても高くても盛り上がるので、楽しいですね。

このゲームの場合は、お題→お絵かき→何のお題か答える→答えられたお題の絵を描く→絵のお題を答える→

の繰り返しなので、途中で訳のわからない絵が挟まると結構辛いです。

お題も自由度が高いものとガチガチなものとありますが、どちらも楽しめます!

続きを見る
閉じる
国王
matagistar
matagistar
レビュー
126名が参考
約1年前

先日、オンライン飲み会でテレストレーションすることができました!
ゲームは主催の方が持ってるのが1つあればよくて、他の方はメモ帳などを準備し主催の方が順番を決め、お題カードを引いて描いたイラストや答えを画面越しに次の人に見せていき、他の方は自分の番じゃない時は画面を見ないようにして行いました。

待ち時間がちょっと長くなりますがとても面白くオンライン飲み会向けで盛り上がりました!

続きを見る
閉じる
国王
みなみん
みなみん
レビュー
121名が参考
約4年前

「テレストレーション」は絵を描くシンプルゲーム…なのに笑いの絶えない(笑)

テレストレーションは
右隣の人がお題(カードとサイコロによって個々に決まる)を書いて自分はその絵を描く
→左隣にパスし、その人は絵から名前を書く

上記を繰り返すというシンプルなルール!
その結果、ノートの最後は「なんでこうなった!?」という事が多発します(笑)

私は最初のゲームで、かき氷がまさかの暖炉になって返ってきたのには驚きました!そして、サソリの絵を最初に描いた絵がザリガニになってて「なるほどw」と思ったり、梅雨前線を雨と書いた犯人が自分だったのにショックを受けたり…他の人のも話題と笑いが絶えなかった恐ろしいゲームでしたね!

絵が得意な人にお勧めというよりは、ピカソもビックリするような絵を描ける人が潜伏していると楽しいでしょう(笑) その人の絵を解読する人は大変ですがw

席によっては「この人、絵がうまい!」とか「抽象画かな?」といった感想が飛び交いつつも、「化石ってどうやって描くねん」ってな感じで、いかに絵を伝えれるかに悶々とするでしょう(笑)

直前まで順調に「みじんぎり」が成立してたのに、隣の”画伯(笑)”がスゴイ絵を描いてきて頑張って考え抜いた結果、”アラジン”と描いた私の気持ちを分かってもらいたい…しかし、その絵を言葉では伝えきれないのが残念!脳裏にはハッキリ写るのにw無駄に脳のメモリーをバグデータが占領していることも間違いないのにwww

あと思い出し笑いを堪えてしまうのが
「ヨーロッパ→自殺の名所」
「わしづかみ→おはぎ→」

この辺りが凄かったですね。10人でプレイしての賑わいとしてはナンバー1となるゲームでしょう!

(※先日更新した自分のブログの記事を元にレビューを記載しました)

続きを見る
閉じる
国王
かかりちょー
かかりちょー
レビュー
120名が参考
約1年前

旧版でのレビューです。

我が家(5人家族)でおそらくもっとも高い稼働率を誇るパーティゲームです。

人数的には6人以上いたほうが絶対にいいと思いますが、5人でもまずまず楽しめます。


伝言/インスピレーション系ゲームの中では人気、認知度ともに高く、10年以上まえに出版されて

から正に定番の1つとして数えられている良いゲームです。


当然お題カードには言語依存があるわけですが、日本語版も2版が販売されており、入手性にも

現在は問題ないことも素晴らしいところです。


よく言われるように、絵がうまい、下手に関わらずゲームは楽しめます。むしろ下手な人が好いアクセント

になることもその通りです。ただしあまりにも絵が雑な人や、絵を描くこと自体が嫌いな人、また、

自分の描く下手な絵をけなされることが苦痛な人なども世の中には存在するため、必ずしもすべての参加者が

平等に楽しめるとは言い切れない部分もあります。


ルールとしては推理の結果から、各プレイヤーに点数が入るようになっていますが、本質的なところが、

この描画によりコミュニケーションを楽しむものであるため、勝敗というのはあまり重要ではないと

感じます。


ファミリーゲームとして、10歳未満の子供を含めて遊ぶことを考えると、やはり設定されているお題は

やや難しいものがあることは事実です。そこはいくつかハウスルールを使用することになりますが、

どう考えても大人でも表現困難なのも結構多く、バランス的にどうなんだろうと思うこともあります。

対象年齢は12歳以上とはなっているんですけどね・・・・

そのあたり、昨年発売された2版ではどうなっているのか気になるところです。


コンポーネントは普通です。5000円くらいという値段を考えれば充分です。スケッチブックの耐久性も

問題ありません。ただし付属のペンはすぐに使えなくなりました。ホワイトボード用のペンは容易に入手

可能なので気にはなりませんが。


現在ではこのような、絵や言語や粘土などでコミュニケーションを楽しむパーティゲームはすでに1大勢力を

築いているといえますが、その中でもしっかりとデザインされた、屈指の名作といえると思います。

こんなのがアプリになっても面白いと思うのですが・・・・

続きを見る
閉じる
たまご
maro
maro
レビュー
119名が参考
4年以上前

『テレストレーション』の特徴はお絵かきゲームと伝言ゲームを上手く混ぜたところでしょう。
上手く伝えるために綺麗にかくというよりかは、時間制限の中で如何に特徴をつかむかがポイントになっていますし、
シンプルなお題から難易度の高いものまで幅広く遊びつくせるゲームになっています。

問題点は本来の点数ルールがなくても遊べてしまう部分でしょう。
お絵かきゲームに点数をつけると、シビアになって純粋に楽しめなくなってしまうので、
失敗してもいいから、楽しくやるというスタイルの方がパーティゲームとしては向いているでしょう。


<こんな人におすすめ>

・伝言ゲームが好きな人。
・絵は下手だけど描くのは好きな人。
・あえて難しいお題にチャレンジしたくなるマゾい人。


<おまけ動画>


続きを見る
閉じる
国王
鉄狼(てつろー)
鉄狼(てつろー)
リプレイ
115名が参考
約2年前


プレイ動画

続きを見る
閉じる
国王
KAZ
KAZ
レビュー
115名が参考
約5年前

絵心のない人がいると更に楽しくなるお絵かき系のパーティーゲームです。
またどんなに絵に自信がある人でも、カード運によってはとても難しいお題が出てくるので油断は禁物!
ホワイトボードに黒一色だけで表現するのが難しかったりします!実際私も表現しにくいお題になって頭を抱えましたw
勝ち負けを気にせずに遊べて、8人まで遊べるオススメのパーティーゲームです!

続きを見る
閉じる
国王
みーぷる♡
みーぷる♡
レビュー
115名が参考
10ヶ月前

絵が上手くても下手でも注目されるゲームです。

大人数でやるのがおすすめです。

お題を見て絵を描いて、次の人は前の人が描いた絵だけを見てその絵が何なのかを書きます。そのまた次の人は前の人が描いた文字をお題にして絵を描くということを繰り返していくだけのゲームです。

ただそれだけなのに私がやったときには「 マーライオン」が「温泉」に、「雪男」が「傘地蔵」になったりとかなり場が荒れました。

爆笑と画伯が生まれる最高のゲームです!

続きを見る
閉じる
国王
工藤ともか
工藤ともか
レビュー
110名が参考
4年以上前

絵を使った伝言ゲーム!

単語→絵→単語→絵で伝言ゲームをするボードゲームで、仲の良い友人達とやるととても盛り上がります。

絵を描くのに使うペンが太くて絶妙に描きにくかったり、制限時間があったりと不自由な中で工夫する楽しみがあるところが面白いです。

勝敗を決めるルールがありますが、そんなこと気にせずに皆で伝言ゲームのジレンマを楽しんだら良いと思います。

続きを見る
閉じる
国王
男爵
男爵
レビュー
103名が参考
約1年前

絵と文字で交互に繋ぐ伝言ゲーム。伝言が移り変わりが異次元で面白い!


【ざっくり解説】

 絵と文字で交互に繋いでいく伝言ゲームです。文字にすればあっさりした内容なのですが、伝言ゲームとしては予想外に元のお題と最終で伝わる内容に変化が生じます。原型をとどめないこともしばしば(笑)。

 この手のゲームでは空気になりやすい得点システムも、本作ではとてもよく捻られております。絵と文字の伝言ゲームという大きなアイデアに目を取られがちですが、得点システムという小さなアイデアも画期的です。まさにパーティゲームの新定番たる地位を確立したゲームといって良いでしょう。


【長所】

 絵と文字での伝言という画期的アイデアですね。このシンプルなアイデアでこれだけ面白いパーティゲームを生み出せたのだから凄いことです。

 また小さな革新的アイデアである、得点システムも良いですね。伝言に失敗していても、前手番の人の意図を後ろ手番の人に伝えることができればOKというシステムは、この手のゲームとしては革新的だと思います。

 絵は上手くなくても問題ありません。要は要所を掴んだざっくりした絵を描ければ問題ないので、子供とも遊べます。その時は、お題をある程度選んであげるぐらいはした方が良いかもです。


【短所】

 絵を笑われることがあるゲーム性です。特に絵が下手な人伝言を大きく捻じ曲げた人が笑われることが少なくありません。そういう前提のゲームであるので、そういうゲームであることをしっかり認識したうえで参加したいです。苦手な人は一定数居るので、不幸な事故だけは避けたいものです。

 あとは3ラウンド制ですが少し長いと思います。僕の時は時計回り、反時計回り、時計回りでプレイしたと記憶していますが、3ラウンドやるなら最終ラウンドは席替えしたほうが新鮮に楽しめるかと思いました。


【個人的な評価】

 絵と文字でつなぐ伝言ゲームという画期的アイデアに、言失敗しても前の人の伝言を後ろに正確に伝えればOKというシステムは本当に素晴らしいアイデアだと思います。この大小アイデアの2本柱の素晴らしさは群を抜いており、本作を唯一無二たらしめている要素だと思います。

 文字を絵にコンバートしたり、絵を文字にコンバートしたりと頭の体操にもうってつけです。具体化と抽象化の訓練になるので、『コードネームピクチャーズ』同様に学校教育で取り入れても良いと思います。 


 ただ、この手のゲームの面白さはメンツ依存度が高いと考えているので、同じ会で毎回プレイされると流石に参ってしまいそうです。適度にメンバーが変わるなら、会ごとに1回ぐらいはと思えるぐらいのポテンシャルは感じます。

 パーティゲームが苦手な僕でもそれぐらい評価しているゲームです。

続きを見る
閉じる
たまご
マクベス大佐@ボドゲブロガー
マクベス大佐@ボドゲブロガー
レビュー
99名が参考
3年以上前

絵がへたくそなあなたでも、画伯になれますよ、きっと。

ことばと絵を交互に伝える伝言ゲーム。

どうせ制限時間は短いんです。みんなそんなに絵は上手じゃないです。だから、あなたも勇気を出して絵を描いてみましょうよ。「それはないわーw」「なにをどうすればそうなるのw」って笑われることだってあるでしょう。でも、それでいいのです。そうして笑いあえたならそれがこのゲームの「勝ち」なのですから。

続きを見る
閉じる
国王
おっきー
おっきー
レビュー
97名が参考
6ヶ月前

各プレイヤーはひとつずつボードを使い、お題カードから選ぶorダイスで決めて描きます。
それを隣に回してその人は絵を見て感じた答えを絵で描き、隣に渡し・・・それを繰り返して戻ってきたら、発表して正しく伝わっているかを発表して争います。

お題に対して、そのまま描いてもいいが「相手にわかりやすく」描けばいいので、どんな風に描いて伝えるかがポイントになります。
・・・お題自体もやたら抽象的なのもあり、うっかり当たると描くのを悩みます。

しかも描く時間は原則「砂時計が落ちるまで」の時間なので、どんなに絵が得意でも相手に伝わらなければ意味がない。
ここでは「絵のうまさ」ではなく、「情報を伝えるか」なのです。

そこを上手くできれば、例え画伯でも勝てるゲームです。


このゲームでは「絵を描く」のがお子様にとって好きな要素のためプレイをやりたい場合があります。
しかし、元のゲームのお題カードの内容は簡単な物でも抽象的で難しい場合があります。

その場合は、詳しい大人がゲームマスターになってあげ、お子様プレイヤーにはわかりやすいお題を選べるようにしたり、出来るならお子様用のお題カードを作るのもいいかもしれません。

お題の問題さえ除けば、お子様でも遊べるゲームなのでいいですよ。

続きを見る
閉じる
勇者
向井咲喜
向井咲喜
レビュー
96名が参考
1年以上前

4/5点

お絵描き伝言ゲーム。


絵が下手な人いるほど

面白いが

上手い人多いなら

あえて難しいお題を

挙げてみたら

絵の上手さに感動するし

それはそれで

良いかと思う。


慣れてきたら

自由にお題決めるのも

面白いが

一応皆が知ってそうな

お題書いたほうが良いか。


ワイワイ盛り上がるし

実に楽しいが

お絵描きタイムが

チョット長いかな。


昔マジカル頭脳パワー

という番組で

似たようなことやってて

そちらは描く時間

数秒だったが

アレぐらいのほうが

サクサク進んで

良いかなという気もする。


あと

テーブル汚れやすいので

次使用する方のために

キチンとキレイに

拭いておく必要あり。

続きを見る
閉じる
国王
ワタル@ボドゲ
ワタル@ボドゲ
レビュー
96名が参考
3年弱前

パーティーゲームとして、外れなしの名作。これがダメなら、パーティーゲームをすることを辞めましょう。

各プレイヤーが、カードとサイコロでそれぞれのお題を決め、次のプレイヤーが絵を書き、その次のプレイヤーは絵を見てお題を書き、その次のプレイヤーはお題を見て絵を書き…を、繰り返すだけのゲーム。

しかし、なぜかそこにいつもドラマが生まれます。

正解しなくていいんです。というより、このゲームは正解することが間違い。不正解をみんなで笑って楽しむのが正しい楽しみ方です。

このゲームはみんなが一斉に、絵を書く、絵を見て答えを書くを繰り返すため、待ち時間がほとんどありません。それも評価が高いところです。

それとお題も秀逸です。「遠心力」ってどうやって表現するんだあ。


人数は8人がベスト。少ないと繰り返しが少ない分、楽しみに欠けます。8つの作品ができることが、楽しみを生み出します。

また、8人までとなっていますが、途中で9人目の人を挟んでやってもOK。その場合には、ちょっとの時間何もしない人が出てきますが、見ているだけでも楽しいのであまり問題ないでしょう。このやり方で12人くらいでもやりましたが、十分に楽しめました。

続きを見る
閉じる
国王
はだしん
はだしん
レビュー
93名が参考
約2年前

絵を描いてキーワードを伝えるゲームなんですが、

その能力が「ない」人が何人かいないと単なるスケブ回しゲームになってしまい面白さが半減する印象です。

絵心の強い人ばかりだと似たような言葉でぬるっと回って合ってるようなあってないような?という結果になります。

それよりはなんじゃこりゃあ!な絵が回って来る方がそこから発想が飛んでいき推理ゲームとしても勝りますので。

そういう意味では絵が下手くそな人ほど(はっきり言い切るな!)このゲームは買ってほしいところ。

続きを見る
閉じる
国王
碧海吟遊@シーランド王国伯爵
碧海吟遊@シーランド王国伯爵
リプレイ
83名が参考
1年以上前

プレイ動画を作成しました!4人プレイです。

絵を使って楽しむ伝言ゲーム!うまく書いたつもりでも他の人には全然違うものに見えたり...!そんな表現のセンスの違いを楽しむゲームです。

ゲームのルールや雰囲気を知りたい方は是非動画をご視聴ください!


verywellボードゲームでは週に一本以上、ボードゲームの動画をアップしています。

ボードゲームが気になる方、ボードゲームが好きな方は是非チャンネル登録よろしくお願いします!

チャンネル登録リンクはコチラ↓↓↓ 

https://t.co/QLysk5QKcg?amp=1

続きを見る
閉じる
国王
verywell boardgames
verywell boardgames
レビュー
78名が参考
5年以上前

絵とお題を交互に繰り返していく伝言ゲームです。
自分の描いた絵が誤解されてそれがどんどんおかしな方向へと向かうのが面白く、最後の答え合わせの瞬間も非常に盛り上がります。
用意されたお題カードの種類も豊富で、何度でも飽きる事なく遊べる盛り上がる事間違いなしのパーティーゲームです。
ちなみに私が遊んだ時のお題がロープウェイでしたが、途中からケーブルカーに変わり最終的にロープウェイに戻ってきました。
レビュー的にはイマイチですが大抵ハチャメチャな展開になるので是非一度遊んでみて欲しいボードゲームです!

続きを見る
閉じる
国王
まま
まま
レビュー
68名が参考
3年以上前

画力が乏しい方が珍回答が飛び出すようになり、より楽しめるように設計されています。

絵心がない事がこんなに人を楽しませられるとは。名作です。

続きを見る
閉じる
国王
ボードゲームカフェ『ぐらすぺ!』
ボードゲームカフェ『ぐらすぺ!』
レビュー
64名が参考
約2年前

プレイヤーに絵心がないほど盛り上がるゲーム。

ルールに難しいところもなく、誰とやっても盛り上がるので、安心してプレイできます!

続きを見る
閉じる
国王
京橋URA
京橋URA
リプレイ
60名が参考
約2年前

ボードゲーム初心者な、会社のメンバーを誘ってプレイしました。


  さんのお題は「子守歌」でした。

  さん画

多分…おくるみの赤子を描こうとしたのだと思いますが…

  さん:「難易度高すぎです!」

  さんの答え『陰陽師

勾玉だと思ったそうです。

  さん画

これは袍が相手に伝わっていないようで…

  さん『サムライ

シグルン

最後は『』で終わりました。


  さんには苦行のようでしたが、かなり盛り上がりました。

続きを見る
閉じる
国王
ルシュエス
ルシュエス
レビュー
47名が参考
6日前

【大人気!絵で伝える伝言ゲーム】
リンクスでも大人気のゲーム。
ルールは「絵で伝言ゲームする」ただそれだけです。

具体的には、

  1. お題カードに書かれたお題と、その絵を描く。スケッチブックをめくって左隣に渡す
  2. 左隣の人は1つ前に描かれた絵のみを見てその答えを書く。スケッチブックをめくって左隣に渡す
  3. 左隣の人は1つ前に書かれた答えのみを見て、その絵を描く。スケッチブックをめくって左隣に渡す・・・

    を一周するまで繰り返すだけ。(偶数人数の場合。奇数の場合は1でお題のみ書く)

    見ていいのは1つ前のページのみなので、それまでにどういうやり取りがなされたかは、最後のお楽しみ。
    一周して自分のスケッチブックが戻ってきたら、答え合わせ。
    1人ずつスケッチブックを紙芝居形式でみんなに見せてワイワイしましょう。

    画力の差がモロに出るので、画伯(「絵が上手い人」とは言っていない)がいるとめちゃくちゃ盛り上がります。
    人数が多いほど盛り上がるのでできれば7,8人で遊びたいところ。

    「お前なんやねんコレェ!!」とか言いながら楽しみましょう!

戦略性

★☆☆☆☆

洞察力

★☆☆☆☆ 

ワイワイ度

★★★★★

オシャレ度

★★★☆☆

続きを見る
閉じる
国王
リンクス川越事業所
リンクス川越事業所
戦略やコツ
44名が参考
11ヶ月前

写実的な絵を描ければよいのですが、私は絵が下手くそなので、誤解させない絵を心掛けています。特徴を誇張する。例えば、お題が「たぬき」だとすると、写真さながらリアルな狸を描けたとしても、4足歩行動物なのは分かるが、狐なのかレッサーパンダなのか(はたまた犬なのか猫なのか、)迷ってしまいます。迷いそうな選択肢を描き手が想像して、差別化すること。おへそに☓を書くとか、葉っぱを頭に乗せるとか、明らかに狸に紐づくヒントを添えることで、狸以外の選択肢を排除できます。絵が下手でも頭を使って楽しめるのがこのゲームの奥深さ。

続きを見る
閉じる
国王
いのてぃー
いのてぃー
レビュー
43名が参考
29日前

イラスト系のパーティーゲーム。

各プレイヤー、写真のようなフリップと、お題カードを持つ。

ダイスを振ってお題を決めたら、そのお題のイラストを描いて、次の人に回す。

次の人は、そのイラストが何を表すかを次のフリップに書いて、次の人に回す。

これを1周回して、最初のお題と合っていればミッション達成。

一応ルール上はスコアもあるが、絵ややり取りを楽しむパーティーゲーム。


自分のブログでもレビューしました。よろしければどうぞ。

https://minarinbg.com/telestrations/


続きを見る
閉じる
国王
みなりん
みなりん
リプレイ
33名が参考
約1年前

親戚一同6人ですごい盛り上がった

ある程度絵心があれば大きく道が外れることは無いかな

最後の答え合わせが一番​の醍醐味かと
続きを見る
閉じる
国王
こけし
こけし
レビュー
29名が参考
12ヶ月前

人数が多ければ多いほど騒げて楽しいタイプのゲーム。また、絵の上手さは特に気にすることなく、むしろ個性的な絵を描ける人の方が面白く遊べる、伝言ゲームの特徴を上手く活かしたゲーム。

続きを見る
閉じる
国王
ナオト
ナオト
  • 商品価格¥ 5,500(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 615興味あり
  • 3010経験あり
  • 976お気に入り
  • 1298持ってる

チェックした商品