マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

テラミスティカ:ガイアプロジェクトGaia Project

宇宙を舞台に惑星をテラフォーミング!自分の種族を入植させることで勢力を伸ばそう

 超人気ストラテジーゲーム「テラミスティカ」のシステムをベースにした派生作が登場しました。

 プレイヤーは、宇宙を舞台に、惑星をテラフォーミングし、自分の種族を入植させることで勢力を伸ばし、より高い得点を獲得することを目指します。

 種族ごとの特性や、循環するパワーコマのマネージメント、建物のアップグレードといったベース部分は「テラミスティカ」と近いものがありますが、技術の発展とそれに伴う基礎能力の強化や、宇宙空間を介した自由度の高い入植など、さまざまな箇所にアレンジが加えられています。

 また、各ラウンドごとの得点要素のみならず、最終ボーナス得点、技術発展タイル、モジュラータイプのボードなど、多くのランダム性、多様性が盛り込まれているのも大きな特徴と言えるでしょう。

 さらに、ソロプレイルール制作集団「オートマファクトリー」による1人用ルールは、それだけでルールブックが一冊用意され、NPC相手に本格的なゲームが楽しめるようになっています。

 2017年のエッセンシュピールでは、海外のアナログゲームメディア「Fairplay」による会場での人気投票でも見事一位に輝いた話題作です。
 「テラミスティカ」ファンはもちろんのこと、重厚な戦略ゲームファンにもオススメの一作です。

 ※単体でプレイ可能です。拡張セットではありません。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 135興味あり
  • 178経験あり
  • 71お気に入り
  • 134持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力14
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトルテラミスティカ:ガイアプロジェクト
原題・英題表記Gaia Project
参加人数1人~4人(60分~150分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 267
    名に参考にされています
    投稿日:2018年02月13日 13時34分

    本家テラミスティカに比べルールが多いので始めてやる人にはテラミスティカ以上に重い。ただし、ゲーム性としてはある程度の事前知識が無いと点数の取り方がわかりづらい本家(研究が進んでいることも差がつく要因)に比べ、どの選択をしてもある程度点数に結びつくので遊びやすいというややこしい状態になっている。詳しくは他の方のレビューをどうぞm(__)m。本家とどちらが好きでもおかしくない面白さは感じた。ただ個人的には本家の方がコストの厳しさをくぐりぬける快感やゲームを重ねる度に新しい発見がある気がするので本家派です。

    jun52910さんのレビューを読む
  • 777
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月30日 02時43分

    傑作と言われる前作『テラミスティカ』との比較で語られることの多い本作。前作をやったことのない人にはプレイ感がイメージしにくいのでハードルが高く、前作を持っている人であればベースは同じのゲームにしては高価なので躊躇する(自分はそうでした)ところもあるかと。迷った末に購入しプレイした感想は「傑作を超えた傑作!買えてよかった!」なので、少しもったいないなと感じ、このゲームの何が面白いのか(超複雑なシステムなので難しいですが)できるだけわかりやすく分析してみたいと思います。乱暴にまとめると本作のシステムは以下の3つのレイヤーから構成されています。レイヤー1地形変換陣取り建築合戦:テラミスティカか...

    hanupadさんのレビューを読む
  • 710
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月13日 12時33分

    テラミスティカ・ガイヤプロジェクト(以下ガイア)が本家テラミスティカ(以下テラ)と異なる点をいくつか書きます。(テラミスティカで使っている言葉で書きます)・掘るだけが出来ないガイアでは土地の上に土地のタイルを置かない(特殊な惑星の上に置く緑のガイア以外)土地を掘ったら必ず建てなくてはならないなので魔力を使う2スコップで違う場所を2ヶ所掘れない1ヶ所を2掘りするのみ・都市化の概念が異なる都市化するために直接隣接している必要がない都市化を宣言して離れた支配惑星間にネットワークのキューブを置いて7ポイント以上にするキューブはどこからでも魔力を焼けば置ける最低4土地(神殿があれば3)の制限がない...

    異人館さんのレビューを読む
  • 806
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月13日 00時15分

    宇宙版テラミスティカ!!特殊能力満載の宇宙発展陣取りゲームです。リソース管理とか自分の国を発展させて気持ちいい!みたいな人にオススメです。また、リプライ性MAXと言っても過言ではないほど特殊能力が詰め込まれています。めちゃくちゃ面白いですが本家未プレイだと相当ハードルは高いです。特に今回の肝?である新アクション「ガイアプロジェクト」の仕組みがとっかかりにくい印象でした。誰か1人でもいると嬉しいですね!個人差はあると思いますが、お金に余裕があれば本家→ガイアプロジェクトがいいかなあと思います。。好みとしてはガイア>本家です~以下本家プレイした人用~本家との主な変更点をまとめると①ボードが惑...

    けーさんのレビューを読む
  • 838
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月12日 21時59分

    テラミスティカのシステムはベースになっているが、プレイ感は大分違う。特に、陣取り要素のキツさがなくなったため、一手間違えたら詰み、みたいな状況はあまりなくなった(なくなったとは言ってない)。全体的にテラミスティカよりもガチガチ感が減り、自由度は高い。その分、相手のプレイを見なくて良くなり、ソロプレイ感が増した。その代わり、最終得点タイルや上級技術タイルの配置によって展開の向き、不向きがはっきりと出るため、どの種族でも基本さえ押さえておけばそこそこに戦えたテラミスティカよりも最初の種族選択の重要度がかなり増した。選択を誤ると中盤以降で点数が全然伸びない結果になるかも。特に、テラミスティカ以...

    不破(仮)さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 3件

  • sawadaさんの投稿
    初心者が考えた戦略など

    初心者が考えたハッシュ・ホラの序盤戦略について。本エントリは私のオリジナルではなく、元となる発想はryoさんという人のものです。その後、私なりのアレンジを見つけたためこちらに展開します。ハッシュ...

    2件のコメント1189ページビュー5ヶ月前
  • xjnk38204さんの投稿
    ガイアプロジェクト種族のフレーバー(非公式)

    前作テラミスティカには、説明書に種族のフレーバーが記載されていましたが、今作のガイアプロジェクトにはフレーバーがなくて悲しみに暮れました。そんなわけでガイアプロジェクトの種族のフレーバーを考えて...

    0件のコメント360ページビュー3ヶ月前
  • sawadaさんの投稿
    基本戦略原則(BGGの戦略エントリの和訳)

    久しぶりの投稿となります。昔イタルの初手首府の手順を書いた気がしますが、今はイタルを持つ場合はほぼ初手学院です。そんな感じの今日この頃です。ガイアプロジェクトについて、BGGで面白い戦略エントリ...

    0件のコメント138ページビュー約1ヶ月前

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク