マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 60分~150分
  • 12歳~
  • 2017年~
203
名に参考にされています
2018年09月26日 21時53分

「よくある第1ラウンドの動き」について

ガイアプロジェクトでは、最初に自分の使う種族を選ぶ。
その時の指標のひとつが「第1ラウンドでどんな動きができそうか」

BGGの戦略フォーラムに「よくある第1ラウンドの動き」についての記事があったので、意訳を基本にしつつ、私の考えを追加した記事を作ってみた。
初心者が「一足飛びの上達」をするのに役立つと思ってる。
ただし長い!

参考にしたBGGの記事はこちら

この「一足飛びの上達」をしても良いのかどうかは各自判断でおね。
要は「ネタバレ注意」ってこと。

自分で(もしくは仲間で)戦略を考えて、上達するのも楽しいぞ。(同じ時期にスタートできる仲間がいるのって最高に幸せだと思う)

でも、すぐに上級者がいる中で戦っていきたいなら、これを参考にしちゃうのもアリだと思うぞ。(このゲームはこの記事を読んだ程度で面白くなくなるものではない)


では、「どんな動きが目指すのか」の例(ルート)を、第1ラウンドの最後に建ってる建物のパターンごとに、ここで紹介する。


【1】1研究所+1交易所+2鉱山

おススメ種族:アンバス、タクロン、グリーン、ゼノ、ジオデン、バルタック、ハッシュホラ、地球人、ランティダ、ネヴラ、フィラク、マッドアンドロイド
(地球人とジオデンは【5】や【6】のほうがおススメ)

スタート惑星以外に2つの惑星の開拓が必要なので、3距離以内に、母星(自分の色の惑星)・1改造惑星・ガイア惑星が2つ以上あることが望ましい。他プレイヤーの動きに対応する必要があるので、3つ以上あったほうがいいかも。手番も早いほうが良い。
惑星改造が必要な場合、大抵ラウンドブースターか1改造パワーアクションに頼ることになるので、取れるかどうか考慮する。
ガイア惑星は先に誰かに取られる可能性も考慮する。
全部で9鉱石が必要なので、その調達方法も考慮する。
4番手で、+3距離ラウンドブースターが取れそうなら、その分も考慮してもよい。
5パワー集まりそうなら、2改造パワーアクションも考慮してもよい。


【2】1学院+1鉱山(できれば+1鉱山)

おススメ種族:アンバス、ゼノ、バルタック、ジオデン、ハッシュホラ、イタル、ネヴラ
(タクロン、ランティダもやって良いと思うけど、原文にはないね。なんでだろ?)

11鉱石が必要。その捻出には、惑星改造レベル1か、2鉱石パワーアクションか、1QIC+1鉱石の技術タイルが必要。2鉱石パワーアクションが取れればかなり良いので、順番が早いなら狙っていく。
あとはラウンドブースターや、最初に持ってるQICを鉱石に変換したり、パワーを変換したりする。
技術レベル2段階と技術タイル2枚の組み合わせをどうするかを、その後のビジョンを持って考えておくこと。特に2ラウンド目の収入について。プレイヤーボードからの収入はたいていの種族では、3知識と2鉱石しかなくなる。なので、鉱石とクレジットの追加収入を技術ボードか技術タイルから確保する。欲を言えば、知識収入も4を確保できると良い。
うまく学院が建てれて(建てれそうで)、可能だったら、鉱山を建てる(建てておく)。


【3】1研究所+4以上の鉱山

おススメ種族:ネヴラ、ハッシュホラ、アンバス、ゼノ、タクロン、グリーン、ランティダ、ジオデン

とにかく鉱山をバラまくルート。
たいていの場合、航法レベル2にする必要がある。
最初に持ってるQICと、航法レベル1でもらえるQICを使って、2つのガイア惑星を開拓できるといいなぁ。つまり2距離で届くところに2個以上のガイア惑星があることが望ましい。
開拓した惑星の先に母星・ガイア惑星があるなら、それも考慮する。
4番手とかで惑星改造ラウンドブースターが取れるなら、それも考慮する。1改造パワーアクションはあまり期待しないほうがいいが、チャンスがあれば狙っていく。
手番が早いならガイア惑星、手番が遅く惑星改造ラウンドブースターが取れそうなら惑星改造って感じ。
全部で8鉱石が必要。ラウンドブースター、パワーアクション、パワー変換で何とでもなるっしょ。

なお、3鉱山目は鉱石収入がないので、急いで場所取りする必要や、欲しいラウンドブースターがある関係で時間稼ぎをしたいなどの理由がなければ、4鉱山が無理めなら、2鉱山で止めちゃうね。


【4】2研究所(できれば+1鉱山)

おススメ種族:タクロン、マッドアンドロイド

10鉱石+16クレジットが必要で、【2】の学院建設ルートよりも資源調達が簡単。1QIC+2クレジットのラウンドブースターが取れれば楽。「残り2鉱石」が必要。
また、スタート鉱山を両方とも誰かのスタート鉱山の近くに建てるようにする必要がある。なので、手番が遅いほうがやりやすい。
マッドアンドロイドは研究所がクレジット収入になるので、このルートだと今後の収入が安定する。上記の「残り2鉱石」を惑星改造1レベルで入手するのは避けたほうがいいかも。「一番低い技術レベルを上げる」能力との兼ね合いを考えるとね。
タクロンならブレインストーンをうまく使って、2研究所を建てたうえで、鉱山をひとつ建てるところまでいける。また、両方共をレベル2建物にするのは、タクロンのパワー獲得戦略面でもマッチしてる(気がする)。首府建てるのも遅くていいしね。

ルート【2】と同じく、技術レベル2段階と技術タイル2枚の組み合わせをどうするかを、その後のビジョンを持って考えておくこと。


【5】1首府+1交易所+2鉱山

おススメ種族:ジオデン、地球人

スタート惑星以外に2つの惑星の開拓が必要なので、3距離以内に、母星(自分の色の惑星)・1改造惑星・ガイア惑星が2つ以上あることが望ましい。他プレイヤーの動きに対応する必要があるので、3つ以上あったほうがいいかも。手番も早いほうが良い。
全部で10鉱石が必要なので、惑星改造レベル1か、2鉱石パワーアクションを取る必要がある。
ジオデンは初めから惑星改造レベル1なので、最初から持ってるQICかラウンドブースターで何とかなる。でも、ラウンドブースターは惑星改造があれば取りたいし、取るべき。
地球人の場合は、次元惑星が到達可能距離内にあることも重要。
このルートが達成できれば、すぐに同盟が組める。


【6】1首府+1研究所

おススメ種族:地球人、イタル、フィラク

11鉱石が必要。その捻出には、惑星改造レベル1か、2鉱石パワーアクションか、1QIC+1鉱石の技術タイルが必要。2鉱石パワーアクションが取れればかなり良いので、順番が早いなら狙っていく。
クレジットも17必要。また、両方のスタート惑星を誰かの惑星の近くにする必要があるので、遅い手番のほうが良い。
フィラクはこのルートを狙いたい、のだがスタート時の鉱石が1個少ないのだ!1QIC+2クレジットラウンドブースターを取りたいと強く思う!
イタルは研究所にしないで、2鉱山にしても良い。むしろそのほうが良いかも。技術タイルはすぐに取れるし。早いとこ場所取って、ガイアフォーマー派遣候補になる次元惑星を増やしたいし。
地球人は首府を作ったらガイアフォーマー派遣は必須なので、次元惑星の位置を考慮する。


さて、これらのルートの・・・

【奇数番】は第1ラウンドから開拓が始まっている。なので、邪魔されて達成できない可能性がある。しかし、以降のラウンドでの場所取りはラク(なはず)。

【偶数番】は開拓していない。スタート惑星だけ。なので、資源さえ調達できればOK。しかし、以降のラウンドでは周りが埋まっていて、狭苦しい思いをするかも。


あと交易所が残らないルートだと、クレジットが足りなくなるので、4クレジット収入技術タイルを取ったり、経済技術レベルを上げたり、うまいタイミングで7クレジットパワーアクションを取っておいたり、第2ラウンドの最初に7クレジットパワーアクションを取る算段をしたりしておくこと!

※マッドアンドロイドとバルタックと地球人は、別のクレジット入手手段があるよ!あと一応、ハッシュホラもね!


では、以下は特殊な種族のルート。


【ダーシュワーム】

1首府+1研究所+1鉱山(+1宇宙ステーション)

ダーシュワームのスタート時の特性は、パワーが最初にもらえること。
つまり・・・

・パワーアクションが取りやすい→1改造パワーアクションが取りやすい

・1QICに変換ができる→最初の2個と合わせて3個もらえる→ガイア惑星を複数取れるand/or高跳びできる

ということを考慮する。
あと宇宙ステーションがあるので、2距離内にガイア惑星か1改造惑星があるところにスタート地点を置くことを考慮する。1改造パワーアクションが取りやすいので、なかなか邪魔できないはず。自分より手番の早いプレイヤーがどの種族でどの位置かを見て、1改造パワーアクションを取ってくるかどうかも考慮しておくと良い。

最初のラウンドブースター選択は、パワーがもらえる「レベル3建物4点+4パワー」か「+3距離+2パワー」がおススメ。
同盟を作ったり、航法技術をレベル2にしたりして、いろいろ状況が許せば、もう1個鉱山を作れるかも。

研究所を建てるのをやめて、「1首府+1交易所+2鉱山」とか「1首府+3鉱山」にするルートもあるけど、なかなかそうはならなそう。なぜかは・・・シミュレーションしてみよう!
たまに、そうしたほうが良い状況もあるかもよ!


【ランティダ】

1首府+4鉱山

9鉱石と15クレジットが必要。つまり、2鉱石と2クレジットを調達する必要がある。これはラウンドブースターやパワー変換などで手にはいるっしょ。
それよりも、スタート惑星の位置取りが重要。他のプレイヤーの惑星と隣接している惑星からスタートするようにする。もしくは、QICや+3距離ラウンドブースターで密集地に入り込むことを考える。

開拓する3鉱山のうち、少なくとも2つは寄生して、4知識(最初のと合わせて8知識)を手に入れて、1回(合計2回)技術レベルを上げておきたい。欲を言えば、3つ寄生して、2知識パワーアクションを取って、2回(合計3回)技術レベルを上げたい。ただし、クレジット収入がなくなるので、経済技術レベルを上げるのは必須になりそう。

みんなの近くからスタートすることを選べたり、+3距離ブースターが取りやすい、遅い手番のほうがやりやすい。


以上です。

もちろん、このエントリは一般的なガイドラインです。ガイアプロジェクトは多面的なので、優秀なプレイヤーはほとんどのゲームで標準的なルートから離れていくことがあります。(突然の直訳&丁寧語)

最初に言ったように原文から大幅に追加・改訂・意見挿入・削除してるので、みんなも自分の意見を投稿すると良いと思うよ!

これを読んだ、「掲示板」のsawadaさんのエントリも読むと良いと思うよ!


【おしらせ】

最近は川崎の「FlipDrop」さんの木曜のガイアプロジェクト会にお邪魔してます。

https://bodoge.hoobby.net/spaces/flip-drop


(2018年9月26日:掲載)

(2018年11月1日:「おしらせ」を追加)

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • はだしん
  • まつなが
stackerさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 184興味あり
  • 274経験あり
  • 111お気に入り
  • 186持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力17
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見7
作品データ
タイトルテラミスティカ:ガイアプロジェクト
原題・英題表記Gaia Project
参加人数1人~4人(60分~150分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格10.800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク