マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

それはオレの魚だ!Packeis am Pol / Hey, That's My Fish!

ライバルを狭い氷上に孤立させ、自分だけしか得られない氷上を作り魚を大量に獲得しよう!

「それは俺の魚だ!」は可愛いペンギンコマを操ってライバルよりもたくさんの魚を集めるゲームです。

①六角形のタイルに魚が1〜3描かれたタイルを敷き詰めて並べ、タイルの上にペンギンのコマを配置します。
②手番がきたらペンギンコマを動かしてタイルを取ります。
※コマの動かし方は六方向に直進のみ。他のペンギンやタイルのない場所を飛び越える事は出来ません。
③移動したら、最初にいたタイルを取ります。

ルールはたったこれだけ!
全員のペンギンコマが動けなくなったらゲームセットです。一番多くの魚を獲得したペンギンの勝利!

インストも簡単なのでお手軽に真剣勝負をしたいという方にぴったりのボードゲームです。
プレイながら「それは俺の魚だ!」と思わず叫んでしまいたくなること請け合いです。

北極でおなかをすかせたペンギンたちを動かしてより魚を多く集めるボードゲーム。
全員がそれ以上動けない状態になったらゲーム終了で、獲得した得点が一番多い人の勝利です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まままま
  2. オグランド(Oguland)オグランド(Oguland)
マイボードゲーム登録者
  • 257興味あり
  • 1404経験あり
  • 213お気に入り
  • 935持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力29
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘14
アート・外見2
作品データ
タイトルそれはオレの魚だ!
原題・英題表記Packeis am Pol / Hey, That's My Fish!
参加人数2人~4人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2005年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 17件

  • 83
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月14日 00時42分

    ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!ペンギンを動かして魚を獲得するだけの簡単ルールで駆け引きが楽しめるカ面白いボードゲームです!ペンギンが通った道はタイルが無くなるので、自然と他のペンギンが進める選択肢が狭くなっていきます。ここが考えどころで、自分にはなるべく有利に他の人には不利になるように魚をとっていくのが楽しいです。ルールが非常に簡単で、誰でも楽しるもポイントです!ただ、何回かやってみると得意な人と不得意な人とが分れるゲームでもありました・・・好き度(Like)▶3pt.≪★★★≫おすすめ度(Recommended)▶3p...

    オグランド(Oguland)さんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 140
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月07日 12時50分

    タイトルの通りのゲームで、タイルに描かれた『1~3匹』の魚を沢山獲得した人が勝ち!氷に見立てた、タイルを敷き詰めて、各4体の自分のコマを好きなタイルの上に配置。そこから、自分のコマ1体をルールに従って滑らせて、ストップ。もといた場所のタイルを獲得。それが、勝利点となります。タイルをとると、ポコポコ穴があき、穴があいているところはコマを滑らせることができないので、うまく自分の4体のコマを動かして美味しいタイルを相手にとらせないように考えさせる楽しいながらも考えさせられるゲームです。ルールもシンプルなので、年長さんから一緒に遊べました。最後に、タイルに書かれている1匹~3匹の魚の合計数を考え...

    ボドゲ好きのてんちゃんさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 263
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月23日 09時59分

    自分のペンギン駒を移動させ、タイルに描かれたお魚をたくさん獲った方が勝ちというゲーム。1〜3匹の魚が描かれた六角形のタイルをランダムに敷き詰めて、その上に自分のペンギン駒を配置すれば準備完了。↓2人プレイの図。開始時は、駒は魚1匹のタイルに置ける。手番でやることは1つ。ペンギンを1回移動させて、「元いた場所のタイルを取る」だけ。移動にはルールがあって、・六角形の6辺のいずれかの方向へ一直線にしか進めない・他のペンギンを飛び越えることはできない・タイルがない場所を飛び越えることはできない以上を守っていれば、進む距離には制限がない。 このゲームが面白いのは、移動したら「移動した先のタイル」で...

    dodoさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 152
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月03日 21時36分

    ペングゥインさんをスイ――っと動かして、お魚をぶんどる!Hahahaha!それはオレの魚だ!まっすぐにしか動かすことが出来ない。でもそこには、じゃまなペングゥインさん!「ソコオドキナサイ!」でも、そんな簡単にこの氷の上を動いてなるものか!!こどもとするときは、☆(ゝω・)vキャピってしながら、かわいいペンギンさんを動かして、「たくさん捕れたー!」ってなりますが、年齢を重ねると嫌ですね。一手一手がおもく、どこに動かすのか、そしたら、そこにはペングゥイン様が._:(´ཀ`」∠):_ただし、うまく動かして、自分だけ他のエリアから切り離すことが出来た時の爽快感!やばい!これそ、それはオレの魚だ...

    zЁnさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 192
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月12日 00時29分

    ペンギンを動かし魚を集めるゲームですまずこのゲーム、致命的にセットアップが大変ですさらにゲーム中にずれたタイルを並べるのにも時間を要しますとは言ってもそこまで時間がかかるわけでは有りませんが、1ゲーム辺りの時間(早ければ10分15分くらいです)を考えると「よし次のゲームぅ、、、(並べるのめんど)」ってなりますルールはとても簡単で下の娘が小学校2年生ですが、遊びながらすぐに憶えましたただコツをつかむまでは至っていないようで、タイルが減ってきた時のリスクやリターンまで考えるのは難しいようです魚を沢山取ることはもちろんですが、道を分断させて相手を動けなくするように立ち回ることも大事で、全体を把...

    hiroさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 42
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月18日 11時32分

    ゲーム開始すぐのざくざく進んでどんどんお魚ゲット!爽快感から少ししか進めなくなり、氷上に取り残され、どんどん手駒が脱落する展開が緊張感があって良いです。

    うさこさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 215
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月06日 23時46分

    崩れていく氷の足場を動き回り、他プレイヤーを孤立させながら魚を取り合うゲームです。足場には1匹から3匹の魚が埋まっており、その魚を最終的に多く獲得したプレイヤーの勝利になります。ペンギンの駒を動かすと、元々ペンギンが立っていた足場が無くなるので、どんどんと各プレイヤーの動ける範囲が制限されていきます。上手く他プレイヤーを孤立させることで、広いエリアの魚を独り占めすることも可能です。しかしながら、どれだけ広いエリアを確保しても、そこに埋まった魚が少なければ勝てません。そのため「相手を孤立させるだけ」というワンパターンなゲームにはならないのが特徴。最後の最後まで勝者が分からない面白さがありま...

    Ellisさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 184
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月09日 07時57分

    友達3人と私の4人で対戦してみましたが、非常に好評でした。しかも、初めてこのゲームをやる人から、またやりたいと言われてとても嬉しい気持ちになりました。やることは非常に単純で、ペンギン駒をいかに動かすのかが、鍵を握っています。プレイ人数は2〜4人で、2人の場合は各自ペンギン駒を4個で、3人の場合は3個、4人の場合は2個になります。他の人の考えを読みながら、自分だけの大きい島を作れたときは、非常に嬉しくなるゲームです。このゲームは、セットアップだけ面倒ですが、何度も繰り返しワイワイと遊べると思います。

    Nobuaki Katouさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 253
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月10日 05時25分

    「それはオレの魚だー!」とか言いながらタイルを取り合うゲームです(笑)セットアップが少々面倒で淡々と準備をする事になりますが、まぁそこは得意の話術で乗り切って下さい♪さて、苦痛なセットアップが完了したらいよいよゲームスタート!セットアップが大変な分「やるぞー!」という気にさせてくれます(笑)最初は3匹のタイルを狙っていくのですが、そのうちうまい具合にタイルを取ったり、体でガードしたりして相手をうまみの無い猟場へ分断していくことになります。非常に楽しいアブストラクトゲームなんですが、2人プレイの場合、分断が進むと勝ち負けがはっきりしてしまう事が多いです。そうなるともう負け確定の人は面白くな...

    なまゆきさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 164
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月23日 12時13分

    箱も小さいですし、価格もお手頃、多人数アブストラクトゲームはこれで決まりではないでしょうか。氷のセットアップがめんどくさいのとゲーム中タイルがずれないように注意すればどんなプレイヤーとも楽しくプレイできると思います。アブストラクトなんですがゲームに全然慣れていない人がサクッと勝ったりして面白いです。子供とゲームをする方は遊ばれたほうがいいですね。ペンギンですし。

    じーふいさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 140
    名に参考にされています
    投稿日:2016年07月25日 15時03分

    ペンギンのコマを使って魚を獲得していくゲームです。ゲームシステムは単純でわかりやすく、子供でも親しめるのですが、.サイコロや山札などのランダムな情報、見えない情報が一切なく、将棋や囲碁のように、運に左右される要素がなく、実力勝負の「二人零和有限確定完全情報ゲーム」です。可愛い見た目に反し、ゲームの内容は陣取りゲームの風体をしており、相手の数手先を読む戦略が求められます。家族4人でワイワイやるのもよし、大人2人でガチ勝負をするのもよし、簡単なゲームで老若男女に親しめるゲームです。

    oshio_senseiさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 156
    名に参考にされています
    投稿日:2016年07月15日 19時51分

    ライバルより多く魚を得た人が勝利するという非常にシンプルなルールです。運要素よりも詰将棋的な要素を多分に含むので、負けてしまうと思わず「もう1回!」と言いたくなってしまう、そんなゲーム。移動すると足場の氷が溶けてなくなっていくという点が非常に重要で、序盤に狭い場所に孤立してしまうとあまり魚を獲得出来なくなりますが、反対にライバルを寄せ付けないように自分だけが魚を獲得出来る大きな氷上を作れると非常に展開が有利になります。自分のコマで相手の動線を遮りながら、ああして、こうしてと頭を悩ませている時間がとても楽しくて個人的に結構好きです。ただ1つ難点を挙げると、ゲーム開始までにタイルを敷き詰める...

    ままさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 66
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月25日 16時44分

    非常に簡単なルールで、お子さんでも一緒に遊べるゲームです♪ただしゲーム性は非常に高く、運の要素は全くないため、大人でも非常に頭を悩まされるゲームです。たくさんの魚は欲しいが、相手の邪魔もしたい・・・あれ?気づいたら足場がなくなって移動できないぞ!うっかりしているとそんな場面もちらほら。価格も安く、コンパクトで持ち運びも楽なので、アブストラクトゲームの入門としては持って来いではないでしょうか。間違いなく、名作です。

    Utyさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 37
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月19日 23時06分

    氷上の上にいるペンギンたちは魚を奪いあっていますが移動すればするほど、どんどん氷が溶けて移動する場所が減っていきます。最終的にとった魚の数が多かったペンギンの勝利になります。ペンギンの移動はまっすぐしか移動できず他のペンギンを飛び越えることはできません。移動するとさっきまでいた氷は溶けてなくなります。このルールを頭にいれて移動していかないと自分のスペースがどんどん狭まっていきます。溶ける氷で相手を閉じめたり魚を守ったりといろんな戦略を練ることができなかなか盛り上がります。

    紙の城:亞猫【あにゃん】さんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 56
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月18日 09時10分

    可愛いペンギンのコマをズサーッと動かして魚を沢山取るゲーム!2人だと実力勝負になるけど3人以上だと、初心者が圧倒的ボロ負けみたいなパターンにならなくてバランス良く遊べると思います。最初に間違えて孤立するとちょっと悲しいけど、逆に自分だけ魚を独占出来る状態になると、超気持ちイイ!タイルを並べるのは大変だけど、思わず熱くなれちゃう良作です!

    みーぷる♡さんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 42
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月18日 13時24分

    考え方としては簡易版囲碁のようなゲームです。ルールは簡単で誰でもすぐにできるようになるのと、3人以上でやると実力者だけが勝てるゲームにはなりません。逆に2人でやる場合はほぼ、実力勝負になります。シンプルでとても魅力的ではあるのですが、ゲームの準備の段階でのタイルの設置が面倒です。デラックス版だとタイルのサイズが大きく比較的設置は楽なのですが、現在日本で売っているバージョンだとタイルが小さい為、少しやりにくさは感じました。そこを除けば間違いなく名作だと思います。

    panpkingさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー
  • 47
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月07日 08時20分

    1〜3匹の魚が描かれた六角形タイルをペンギンの駒で移動して1番魚を集めた人が勝つ陣取りゲーム。移動した後のタイルは溶けてなくなってしまうのでうまく移動して孤立したタイル群を独り占めできた時は爽快。ペンギンの駒もちょっとずつ違って可愛いです。タイルが小さく敷き詰めるのがやや面倒でセットアップに難がありますが、行えるアクションは単純かつ軽めなのにきちんと戦略的な要素があって面白いです。

    くろみねさんの「それはオレの魚だ!」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 4件

  • 27
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月14日 00時43分

    初期配置がひとつめのポイントです。他の人の動きを封じつつ、自分のペンギンがいきる位置取りを狙います。ゲームが始まったら、いかに自分だけが獲得できるエリアを作れるようにするかがポイントになってきます。

    オグランド(Oguland)さんの「それはオレの魚だ!」の戦略やコツ
  • 71
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月06日 18時25分

    採れる魚よりも、いかに孤立しないかを優先した方が勝っている気がする(3人、4人でプレイ)。人を孤立させることを考えるよりも、自分の餌場を確実に確保することで、安定して魚をゲットできます。ペンギンが2体とも隅っこにいると、どちらかを救えないことがあるので、できれば1体は孤立しない安全地帯に置いておきたい。

    泳遊さんの「それはオレの魚だ!」の戦略やコツ
  • 96
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月21日 22時58分

    自分の漁場を作りましょう。大きめ、獲得お魚数多めのエリアを囲うように・境界線をつくるように移動して離れ小島にしてしまえばざくざく取り放題です。

    うさこさんの「それはオレの魚だ!」の戦略やコツ
  • 229
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月26日 23時59分

    -接待プレイのコツ-このゲームを多人数で遊ぶ場合、稀にですが初心者が初期配置のまずさでいきなり脱落の危機に陥る事があります。初めてこのゲームを遊ぶ子どもやパートナーとプレイする場合はその辺も考慮して自分のペンギンを配置するのが歴戦の古強者の武略というものだと思います。

    GUDAGUDASAMAさんの「それはオレの魚だ!」の戦略やコツ

ルール/インスト 1件

  • 207
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月28日 23時44分

    ■■■声に出して読みたいインスト■■■おい!それはオレの魚だ!と思わず叫んでしまうこのゲーム。自分のペンギンを誘導して一番多くの魚を集めた人の勝ちです!■準備はじめに六角形のタイルをよく混ぜます。混ぜたタイル横に8枚並べます。次に今並べた8枚の上に7枚並べます。これを繰り返し、8段の列を作ります。この時1,2,3匹の魚のタイルが満遍なく混ざる様に注意しましょう。次に自分の色のペンギを手元に置きます。プレイ人数によりペンギンの数が異なります。2名→4匹3名→3匹4名→2匹適当な方法で順番を決めたら、最初の人から順番にペンギンを1匹ずつタイルの上に置いてください。ペンギンを置く時のルールは以...

    五行思想【ごぎょうしそう】さんの「それはオレの魚だ!」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク