それはオレの魚だ!五行思想【ごぎょうしそう】さんのルール・インスト

126
名に参考にされています
投稿日:2016年12月28日 23時44分

■■■声に出して読みたいインスト■■■

おい!それはオレの魚だ!と思わず叫んでしまうこのゲーム。
自分のペンギンを誘導して一番多くの魚を集めた人の勝ちです!

■準備
はじめに六角形のタイルをよく混ぜます。
混ぜたタイル横に8枚並べます。次に今並べた8枚の上に7枚並べます。
これを繰り返し、8段の列を作ります。
この時1,2,3匹の魚のタイルが満遍なく混ざる様に注意しましょう。

次に自分の色のペンギを手元に置きます。
プレイ人数によりペンギンの数が異なります。
2名→4匹
3名→3匹
4名→2匹

適当な方法で順番を決めたら、最初の人から順番にペンギンを1匹ずつタイルの上に置いてください。ペンギンを置く時のルールは以下の2つです。
1).魚が1匹のタイルの上
2).他のペンギが置かれていないタイルの上

すべてのペンギンが置かれたらゲーム準備完了です。

■プレイ
適当な方法でスタートプレイヤを決めたら、以降時計回りでゲームを進行します。
手番プレイヤは、まず初めに自分が動かすペンギンを1匹決めます。
動かすペンギンを決めたら、そのペンギンがいるタイルの場所を覚えておいてください。

次にペンギンを動かします。ペンギンを動かす時のルールは次の3つです。
1).今乗っているタイルと隣接する6方向のうちのいずれか1方向に好きなマス分真っ直ぐに動かす。途中で曲がる事は出来ません。
2).進路上にいるペンギン(自分の色も含め)を飛び越える事は出来ない。従ってペンギンがいる場合はその一つ手前のタイルまでしか進めない。
3).ペンギンは地続きのタイルしか移動できません。誰かにタイルを取られてしまい、空白地帯があった場合はその一つ手前のタイルまでしか移動できません。

ペンギンの移動が完了したら、元居たタイルを取り、自分の手元に置きます。手元に置いてあるタイルに描かれている魚の数があなたの得点になります。

もし、自分の番に動かす事の出来るペンギンが居ない場合、あなたの手番はパスされます。

■終了
すべてのペンギンが動けなくなったらゲーム終了です。
最後に、今ペンギンが乗っているタイルを手元に置き、すべてのタイルの魚の数を合計してください。魚の数が最も多い人が勝者です!

  • 興味ある(58人)
  • 経験あり(437人)
  • お気に入り(78人)
  • 持ってる(340人)
投稿イメージ
画像クリックで拡大します
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルそれはオレの魚だ!
原題・英題表記Packeis am Pol
参加人数2人~4人(20分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2005年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインギュンター・コルネット(Guenter Cornett)アルヴィダス・ジャケリウナス(Alvydas Jakeliunas)
アートワーク未登録
関連企業/団体メイフェア ゲームズ(Mayfair Games)ファランクス ゲームズ(Phalanx Games)アークライト(Arclight)

五行思想【ごぎょうしそう】さんのルール・インスト

会員の新しい投稿