マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 120分~180分
  • 12歳~
  • 2021年~

カーネギーリーゼンドルフさんのレビュー

418名
4名
0
6ヶ月前

アンドリューカーネギー、彼はイギリスで手織り職人の子として生まれた。

産業革命のの波により繊維業は蒸気機関による製造が盛んにおこなわれる時代、アメリカに移住し工場で働くこととなる。

その後様々な仕事につき、鉄道会社の秘書を務め出資や投資を行い大会社の株主にになる。

その後南北戦争を経て鉄鋼の需要が高まるとキーストン鉄橋会社を設立し鉄道王となる傍ら、著作家の支援や、自ら活動家としてアメリカの政治に多大な影響力をもつようになる。


晩年は篤志家となり図書館に多額の寄付や、大学の設立資金を融資、そしてカーネギーと名の付く建物が生まれていく。


このゲームでは会社経営を行い、アメリカ各地に鉄道網を構築し、慈善事業としての寄付を行い勝利点を稼いでいくというものとなる。

会社経営の鉄道ゲームという側面ではなく、あくまでもアメリカの都市に事業を展開させて主要都市同士をつないでいけるかが攻略の鍵となっている。

このゲームに関しては今までのボードゲーム(とはいってもボドゲ歴1年も満たない浅い知識でいっています)にはないギミックがふんだんに入っていると思います。


ではざっくりと流れを説明していきます。


ゲームの準備

まず、人数によって変わるのですが、こちらのゲームボードにカードでランダムに選ばれた場所を埋めていき使用不能になります。


こちらが個人ボードですが、結構厚みがありまして右側の側面を見ると差し込む穴があります。


こちらが初期配置となります。右側に長いボードを差し込んでいき、見えるところに丸いコマが置かれています。

ちなみにミープルさんはプレイヤーの社員であり、各マスは部署で現在この会社には5つの部署があります。

各社員が部所ごとに一人だけ詰めています(ボードに描かれているミープルさんは常駐しているイマジナリーミープルさんです)

ちなみにミープルさんが倒れているところはロビーとなり、勤めを終わらせた(出張帰りと考えるとわかりやすいか)社員が直帰ということを許されないのでロビーでたむろっている状態です。


ゲームの最初にこのミーブルさんたちを部署に異動させて働かせる必要があります。

移動が終わったミープルさんは当然働かせるにはお金が必要です。彼らの足元にある金額を支払うと・・・


社員さんが働くことになります。


このゲーム部署によっては社員を派遣してイベントによって帰ってくるというを繰り返します。事務職の部所は当然ボードに常駐しているので、人員配置に気を使う必要があります。


ゲームのプレイ



スタートプレイヤーはこの歯車のスタピを手にしてこちらのアクション選択ボードで左一列に並んだアクションピースの隣に重ねるように置いてプレイヤー全員がイベントとアクションしていきます。


アクションが全員終わったら一歩進み次のプレイヤーにアクションを決めていきます。


つまりこのゲームの特徴として、4つの選択肢の1つを選び全員がイベントでアクションを行っていきます。

全部が右に移動したらゲームは終了します。つまり20アクションを全員が行うとゲームが終わるのです。

このラウンドボードもちょっとした仕掛けがありまして。

こちらのタイル(両面に印刷されている)のを4つ並べていきます。つまり毎ゲーム並びは変わっていきます。


人事

言わずと知れた会社の部署移動の一切を仕切れる部門、基本こいつらに逆らうと離島支局とかも夢ではない(会社によります)


とはいってもスタートアップ時にやったミープルさんを移動させるのが基本の動きです。とはいっても軽んじてはいけない。適材適所に配置しなければ会社化機能しないのだ。

ちなみに見ての通りこの建物は4階建てなので部署が設立していなくてもミープルさんを置くことはできます。

それはどうしてなのかは後ほど・・・


研究


技術開発部門、移民したばかりのアメリカで鉄道を敷設するにも技術は必要になります。

そして新しく事業を興すのにも日々研究は欠かせません。

ちなみにこの研究部門にどれだけの社員が立ち上がっているかで研究できる量が決まります。

ちなみにこの部門は一人頭3の研究力が得られる部署です。


研究はアメリカの東西南北に別れた地域の運送技術を上に書かれた数字だけ消費すると右へ動かすことができます。ちなみにアメリカ東部は移民者が最初に足を踏み入れる地ですので、馬車が運送のかなめとなっていて、3研究力を入れると鉄道に切り替わります。

もう一つは事業拡大の木ゴマを増やすことができます。ボードの中に差し込まれたものを右にずらすことによって増やすことができますが、研究力を消費しないと増やすことができません。


ちなみに上から公共事業、工業事業、金融、住宅となっています。主に大都市のアイコンにおける木ゴマがこれになります。


建築

いよいよ都市に出向して事業を展開します。


こちらの建築部門から事業を展開したい地域に出向させます。その際には事業種をあわせないといけません。


社員を配置し、木ゴマを覆い事業が完成しました。その際に資材を支払う必要があります。社員は収入イベント以外で帰社することはできません。


管理


会社の空室に新たな部所を立ち上げたい時に動かす部門です。


初期段階だと2つあるので任意の順番で動かしていきます。

左は3ドルか1資材のどれかを得るか

社員を出向させて6ドルか2資材を得ます。


出向させるとお得なんですが、出向させて人事でこの部署に誰かいない場合起動しないのでよほどのことがない場合出向させない方がいいと思います。


次に右がわの部署でようやく新たな部署タイルを会社に配置できます。


ここで空室に社員がいる場合資材2払う所を資材1で済むわけです。その後部署の金を支払うと立ち上がり働いてくれます。



イベント 収入



それでは収入の方法ですが、イベントでどこかの地域に収入が発生するイベントが起こります。それは手番プレイヤがどこをアクションするかで決まります。

見ての通りアメリカ4つの地域の収入イベントのアイコンがそれぞれ描かれています。



そして収入の条件2つめイベントが発生した地域に社員が出向していた場合帰社させないと収入が入りません。その際に輸送トラックの位置によって下に描かれたボーナスが入ります。


そして個人ボードの右側で見えているアイコン分が全部入手できます。なので左側にいれば行くほど勝利点が直接手に入る展開もあります。


寄付

カーネギーの慈善事業にならい寄付をして最終勝利点を獲得できます。


ただ、場所は1つだけの奪い合いで、基本1つ置くことに5ドルその後5ドルずつ増えていきます。


ただ寄付して木ゴマを置くのではなく自分の事業や会社の状態に応じて置

くのが高く得点を稼ぐコツとも言えます。


そして最終的にアメリカの各地域の運送技術及び、自分のコマでの大都市間のリンクによってボーナス点が変わってきます。


事業の展開、寄付による勝利点、動かせる社員の数、自社をどれだけ大きくできたかなどを合計して勝利点の高い人が勝利します。


ソロモードも面白い


レビューされている諸先輩方からもソロモートで遊ばれた感想を上げている方もおられるように、アンドリュー・カーネギーのBOTと対戦ができます。

難易度調整やプレイ感も軽く、いい練習にもなりますし、ガチで戦える難易度も変えることができます。


全体的にこのゲームはボードゲーム歴が浅い私の感想では、会社を作るゲームとしての経営的な側面というより、まわりまわって結果会社が大きくなるというカーネギー氏の言葉をそのまま描いているようなゲームになっていると思います。


ミープルを社員に見立ててプレイする感覚が面白い。

事業を立ち上げるにも社員を派遣しないといけませんが、収入するタイミングは全プレイヤー共通で起こるのではなく、そこに社員を出向させている必要があるというのがよく効いていて、ラウンドボードを眺めながら・・・

「次はどのアクションを選択するか」

を予測して社員を派遣しないと収入がもらえません。


研究は当然大事なんですが、実はこのゲーム言ってはいませんでしたが、部所タイルが強かったりします。


人数によって初期枚数は変わりますが、初期段階で一枚もらって建てた後は、この中から選んではいちできますが、当然早取りな上に、同じタイルは2枚しかないので強いタイルは速攻無くなっていきます。


なのでこの部所タイルの選択がカーネギーの勝利のカギではないかと思います。


こうして会社の能力を上げていくという要素も入る上階に作れば作るほど最終得点が高くなります。


人事で移動させるのに手間がかかる?


安心してください、部所タイルには新たなロビータイルなんてものもあります。それを3階や4階に設置したら社員はソコノロビーからも移動ができるようになります。


変わった会社経営ゲームを味わってみたい方、ご興味を持たれた方は試してみてはいかがでしょうか。


長文おつきあいくださりありがとうございました。

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
ぺるにゃんにゃん
山の川
じむや
びーている / btail
カーネギー 日本語版
カーネギー 日本語版の通販
「トロワ」、「銀杏都市」のデザイナーによる戦略ゲーム
1~2営業日以内に発送
日本語ルール付き/日本語版
¥8,800(税込)
リーゼンドルフ
リーゼンドルフ
シェアする
  • 232興味あり
  • 423経験あり
  • 135お気に入り
  • 314持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

リーゼンドルフさんの投稿

会員の新しい投稿