• 2人~4人
  • 45分前後
  • 8歳~
  • 2008年~

パンデミック(旧版)Pandemic

プレーヤーが一致団結して病原菌の撲滅を目指す協力プレイゲーム!

このボードゲームは、世界に蔓延する病原菌が「パンデミック」を起こさないように、プレーヤー全員が協力して撲滅を目指す全員参加型協力ゲームです。プレーヤーは医療研究チームの一員として世界各地に研究所を作り、人類に広がる4種類の感染症を治療して感染を防いでいきます。

1つの都市に同じ種類の病原体コマが4つ置かれると「アウトブレイク」が発生します。これが発生すると、周囲の都市に病原体コマが広がり、病原体が蔓延していきます。最終的に病原体コマが足りなくなったり、アウトブレイクが8回発生したりするとプレーヤーの敗北となります。そうなる前に、病原体に対応するためのワクチンを開発し、感染を終息に向かわせるようプレイしていきます。

プレーヤーは5種類の中からいずれか1つの役割を担うことになります。その役割によって特殊効果があり、これを上手く活用しながらプレイしていきます。プレーヤーは1回の手番で4アクション行うことができ、隣接する都市に移動するか自分のいる都市の病原体コマを1つ減らすことができます。また、ワクチンが開発されれば、1アクションでワクチンが対応する病原体コマを全て除去することができます。

また、1アクションを知識の共有として、他のプレーヤーとカードを交換することができます。但し、その都市にプレーヤーがいることと、交換するカードの都市にいることが条件となります。この条件がなかなか厳しいため、移動するための方法もいくつか用意されています。カードを揃えてワクチンを開発することは大きな対応手段となるので、プレーヤー間で連携した話し合いを行う必要があります。
更に、エピデミックカードというものがあり、これが病原体の感染を大きく進行させてしまいます。そのため、このカードをどのくらい混ぜておくかによってゲームの難易度が変わってきます。

全員協力型のゲームとして有名なボードゲームです。コミュニケーション能力も必要とされるため、1人で何かを成し遂げるよりも大人数で目標へ突き進むゲームが得意な人に向いています。やり取りしながら、どうしたら自分が役に立てるか、どうやったら他の人をサポートできるかを考えながらプレイするのも楽しみの1つだと思います。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局
  • 興味ある(75人)
  • 経験あり(431人)
  • お気に入り(116人)
  • 持ってる(266人)
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力6
交渉・立ち回り7
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルパンデミック(旧版)
原題・英題表記Pandemic
参加人数2人~4人(45分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 80
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月02日 21時33分

    協力型ゲームの楽しさは、みんなで知恵を出しあいながらゲームを進めることにあると思います。パンデミックはいくつかの役職に別れてプレイするため、自身の役職が持つ能力を活かすことができると、とても達成感が得られます。みんなでわいわい盛り上がるにはうってつけのゲームだと思います。

    続きを読む
  • 107
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月24日 00時21分

    ・世界を全員で救うという設定の面白さ、協力型ゲームであること、全員に仕事があり見せ場があること、勝っても負けてもギリギリ、終盤の白熱さ・・・このゲームこそまさに、コヨーテとニムトで惹きつけたボドゲ初心者をこちらの世界に完全に引き込む「初心者キラー」です。そして、ボドゲで唯一の負けたほうが面白いゲームとも言えるんじゃないでしょうか。あっさり勝っちゃうとつまらない!・ルールに難しい点はありません。少しややこしいスペシャルイベントカードは出てくるたびに確認すればいいでしょう。難易度普通でもクリアはメチャクチャ難しいです。こんなん無理だろ!と文句をいいつつ、今度はこうしようか、今回はこれが悪かっ...

    続きを読む
  • 82
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月17日 07時09分

    全員協力型の定番ゲームです。ボドゲ初心者には少し難易度が高いですが、協力型なので他のプレイヤーがアドバイスをしてくれるので安心です。プレイヤーや病原体対策チームの一員となり、それぞれの能力を活かして世界を病原体から守ります。エピデミックカードを引くと病原体どんどん広がり、アウトブレイクの連鎖で世界が即滅亡、みたいな展開もよくありますが、それはそれで結構楽しいです(笑)チームワークを発揮していかないとなかなかクリアできないので、見事クリアできた時の達成感は大きいです。少しボードゲームに慣れた方に「こんなゲームもあるよ!」と誘うのにちょうど良い作品だと思います!

    続きを読む
  • 93
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月12日 10時12分

    ゲームシステムが対戦相手となる協力型のボードゲームです。つまり、プレイヤーの全員勝利か、全員敗北かのどちらかとなります。世界が4種類もの新型ウイルスに脅かされた。プレイヤーはアアメリカ疾病予防管理センターの役員となり、世界を駆け回って地球をパンデミック(世界的流行)から救うことを目指します。ゲームの勝利条件はただ1つ、「4種類のウイルスに対する4種類の特効薬を開発すること」です。このゲーム、勝利条件は1つなのに、敗北条件は複数あります。「アウトブレイクが8回発生した時」「病原体キューブがなくなった時」(=ウイルスの放置しすぎ)「都市カードの山札がなくなった時」(=時間切れ)これらの条件が...

    続きを読む
  • 59
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月07日 16時51分

    世界を未曽有のウィルスの危機から救え!をテーマとしたゲームです。協力ゲームの定番って言っても過言じゃないような気がします。プレイヤーは、世界中を飛び回ってウイルスの除去や特効薬の開発を目標とします。1人がターンを終えると必ずウィルスが何処かの国で発生します。うかうかしていると、アウトブレイクが起こってしまいウィルスが近隣の国に広がってしまうのです・・・。もし何度目かのアウトブレイクだったり、山札が尽きてしまったらゲームオーバー。「今回も世界を救えなかったよ・・・」が口癖になります。ほんと・・・あと一寸で救えたのに・・・って言うのがありますからね・・・。難易度も自分たちで選べるので、ちょっ...

    続きを読む

リプレイ 1件

  • 155
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月01日 11時38分

    今日は世界を救っちゃうか!ということでたかちゃん持参のパンデミックをプレイ。なんか拡張がいくつか入っているようだった。ちなみにプレイしたことのない人向けに説明をしておくと、疫病が広まり始めているところからゲームがスタートし、プレイヤー達は協力してあの手この手で「世界的流行」、すなわちパンデミックを阻止するという協力型ボードゲームの定番です。簡単に言ってしまえば、12モンキーズのライリー博士みたいなことをするボードゲーム。ジェームズコール要素はないけど。「疫病が止まらねえ!阻止しなきゃ!ワクチンワクチン!」みたいな。(…12モンキーズのリメイク版が出たらもっと売れるんじゃないか?タイムリー...

    続きを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿