マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分前後
  • 8歳~
  • 2008年~

パンデミック(旧版)oshio_senseiさんのレビュー

99
名に参考にされています
2016年05月12日 10時12分

ゲームシステムが対戦相手となる協力型のボードゲームです。
つまり、プレイヤーの全員勝利か、全員敗北かのどちらかとなります。

世界が4種類もの新型ウイルスに脅かされた。プレイヤーはアアメリカ疾病予防管理センターの役員となり、
世界を駆け回って地球をパンデミック(世界的流行)から救うことを目指します。

ゲームの勝利条件はただ1つ、「4種類のウイルスに対する4種類の特効薬を開発すること」です。
このゲーム、勝利条件は1つなのに、敗北条件は複数あります。

「アウトブレイクが8回発生した時」
「病原体キューブがなくなった時」(=ウイルスの放置しすぎ)
「都市カードの山札がなくなった時」(=時間切れ)

これらの条件が1つでも満たされてしまった時、プレイヤーは敗北となります。
このゲームの肝となるシステムとして、「エピデミック」というイベントがあります。
ゲーム難易度の調整はエピデミックカードの枚数で調整されるのですが、
初級が4枚、中級が5枚、上級は6枚、英雄級は7枚となっております。
初級でも難易度は高いのですが上級はいくら手馴れのプレイヤーが、
最適な行動をとっても勝つ確率が低い絶望的な難易度になります。
(私も上級は1回しかクリアできていません。少しでも気を許すと敗北します。)

エピデミックカードが引かれた途端、ゲームは一気に進展します。
このゲーム、初見プレイヤーが居て、その人に向けてインストするときは、
エピデミックカードの効果は最初に、「とにかくヤバイです。」とだけ伝えておいて、
プレイ中にエピデミックカードが引かれたときに初めて、カードの効果を説明するという後付のインストが個人的に好きで、
説明が終わったときの絶望するプレイヤーの顔を眺めるのが好きです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
oshio_senseiさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 79興味あり
  • 555経験あり
  • 127お気に入り
  • 313持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力7
交渉・立ち回り9
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルパンデミック(旧版)
原題・英題表記Pandemic
参加人数2人~4人(45分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

oshio_senseiさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク