マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 45分~120分
  • 10歳~
  • 2018年~
104
名に参考にされています
2020年09月19日 23時16分

紅茶畑を整備し、紅茶を栽培しつつ、シリグリの町からダージリンの山頂までの線路を敷くというゲーム。


ゲームタイトルからは「紅茶を栽培し、売るゲームなのか」と思わされるが、紅茶は全てワーカーが飲む用です。GWT並みにタイトルに騙された感があります。


ゲームシステムはワーカープレイスメントで、配置フェイズで配置し、解決フェイズで決められた順番でアクションを解決する。

アクションとしては、資源獲得、変換、紅茶畑整備、線路を敷く、建設、契約カードの獲得、茶葉獲得/紅茶製造の8アクションにそれぞれ2〜4のアクションスペースがあり、番号の若い順番に解決する。

各アクションを解決する際に紅茶(チャイ)を消費することでアクションを強化することができる。また紅茶を消費することでワーカーを増やすことも可能となる。

このゲームで紅茶は非常に重要なリソースであり、栽培・製造する以外にアクションで獲得したり、線路や設備のボーナスとして獲得する機会がある。


ラウンド毎に天候という要素があり、晴れていると茶畑整備や線路を敷くアクションでの作業効率が上がり、雨だとそれらの作業効率は下がるが、紅茶の収穫量が上がる。最悪なのが曇りで霧がかかりアクションスペースが減り、紅茶の収穫量も減る。


線路がダージリンまで到達したらゲーム終了で得点計算となりる。

メインの得点源は契約カードで、終了時に書かれた条件を満たしていれば、大量得点を獲得できる。

その他の得点源は、紅茶畑、線路、駅の建物、設備、紅茶(チャイ)の残りが点数となる。


個人ボードのようなものがなく、非常にシンプルな様で獲得したリソースの殆どが変換しないと使えないというリソースマネジメントの要素も含んでいるため、次のラウンドのアクションを考えて動く必要があるため、奥深いゲームとなっています。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
きねちんさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 5経験あり
  • 4お気に入り
  • 8持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルアルバリ:ナイス・カップ・オブ・ティー
原題・英題表記Alubari: A Nice Cup of Tea
参加人数1人~5人(45分~120分)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイントニー・ボイデル(Tony Boydell)
アートワーク未登録
関連企業/団体サプライズド・ステア(Surprised Stare Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿