マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 15分前後
  • 6歳~
  • 2018年~

うんちしたのだあれ?すあまさんのレビュー

169
名に参考にされています
2018年08月28日 21時27分

★8(個人的10段階評価)


記憶系パーティゲームの新定番! だがなぜテーマにウンチを選んだのか!


非常に楽しく悩ましい小箱カードゲームです。

序盤こそ「他人に指定された動物カードを、誰より早く出す」という、俊敏性がものを言うリアルタイムアクションカードゲームなのですが。

終盤になるにつけ、そのゲーム性は様変わり。「他人の持っていないカードを指定したら即負け」というルールにより、自分以外のプレイヤーがどのカードをまだ持っていたか、そこを必死で思い出す記憶系ゲームに。


各自持っているのはたった六枚のカード。そんなもん、何を出したかなんて普通に覚えられているじゃないか……と思うのに、実際やるとまるで覚えていられない。なぜなら序盤はスピード重視アクションゲームだから。意識のリソースを記憶に全振りしているわけにも、いかないから。


これが非常に良く出来ている。


一見子供向けパーティゲームに見えるし、実際子供も楽しいゲームではありますが、大人だけでも十二分にガチで挑める良ゲーです。


重たいゲームの合間に、パッと始めてパッと盛り上がり、なのにそのわずか数ターン後には凄まじく悩む。


そんな役割のゲームとして、是非持って置きたい一作ですね。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
すあまさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 37興味あり
  • 325経験あり
  • 52お気に入り
  • 153持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力5
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘2
アート・外見4
作品データ
タイトルうんちしたのだあれ?
原題・英題表記Who Did It?
参加人数3人~6人(15分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

すあまさんの投稿

会員の新しい投稿