マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

うんちしたのだあれ?Who Did It?


簡単で盛り上がれるカードゲーム。思ってたより箱が小っちゃい。

発売後からツイッターとかでやたらと評価が高いので気になってましたが、遊ばせてもらえました。

全員に、トリ/ネコ/カメ/ウサギ/ネズミ/サカナ、の6枚のカードセットを配ります。これらは各自が飼っているペットです。全員6種ずつ飼っているブリーダーなのです。

突然、部屋の真ん中に、うん○ががが!

スタプから例えば「これはウチの『ネコ』がしたのではなく、他の『トリ』がしたのでは…」などと言いつつネコカードを場に出したとします。

これに素早く反応して、トリカードを最初に場に出せた人が次手番となり今度は「いやこれは『トリ』ではなく『カメ』がしたやーつ…」といった感じでゲームが進みます。

つまりスピード勝負ですね。

ただし、後半から少しずつプレイ感が変わっていきますw

何故なら、他の動物のう○ちだと宣言した時に、他人の手札にその動物カードが残っていなかった場合、嘘をついたとして、○んちトークンを押し付けらてしまうのです。3個集めると負け。要するにクソゲーw

という事で、序盤は完全なスピート勝負なのに、ルールは全く同じなのに、途中からは記憶勝負になるのです!

先に6枚の手札を出し切った人から抜けていき、間違えずに続くと最終的には1対1にまでなるワケですが、その時に相手がまだ出していない動物を当てられるかどうか?!という辺りの戦いがアツイ。

遊んでいる途中で、スピードから記憶にシフトしなければならないというこの感覚を是非とも体験してみて頂きたいところです。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:夏木なつき
マイボードゲーム登録者
  • 19興味あり
  • 139経験あり
  • 26お気に入り
  • 66持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力3
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見3
作品データ
タイトルうんちしたのだあれ?
原題・英題表記Who Did It?
参加人数3人~6人(15分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 8件

  • 91
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月08日 22時54分

    子供ってなんで、うんちが好きなんやろう。てゆうか、正直、僕も好きです。うんちって言いたいんです。みんな、言いたいよね、うんちって。世界の中心で叫びたいよねうんちってゆう響きがオモロイんかな。これがステッファンとかやったら、たぶん、全然おもんないかも。そんな、うんちが言えるゲーム。6歳の息子と、小6の甥と嫁さんのお義父さんと僕、4人でプレイしました。小6の甥は流石に早くカードを出せて、次々、自分のカードを無くしていきその次に息子と僕がカードを出すのが早く、お義父さんが、カード出すスピードが一番遅いので、こりゃ、悪いけど、お義父さんが負けかなって思ってましたがいざ、ゲームが終了したら・・僕の...

    レモネードさんの「うんちしたのだあれ?」のレビュー
  • 185
    名に参考にされています
    投稿日:2018年09月05日 00時37分

    7/10今、話題沸騰のクソゲー(笑)クソゲー(う○こゲー)には名作が多いというジンクスがあるが、またそれを証明するゲームが出てしまった(笑)このゲーム、タイトルどおり、う○こしたヤツを当てるゲーム。やることはとっても簡単で、6枚の動物が描かれたカードを出すだけ。出すときは、「自分のネコはう○こしてないよ。誰かのカメだよ」みたいな感じで出していく。他のプレイヤーは誰かの○○だよと言われた○○は出すことができる。このときに出すときも同じセリフをいっていく。これを繰り返していって、誰も持っていない動物にう○こしたと押し付けると、誰もいないので自分がう○こをしたことになってしまう(笑)そのため、...

    白州さんの「うんちしたのだあれ?」のレビュー
  • 172
    名に参考にされています
    投稿日:2018年09月01日 17時32分

     ☆8「オレじゃないよ、やったのはアイツだよ!」 リビングにウンチしたペットを見つけるというゲーム背景で、各プレイヤーは自分の手札に持つペットを犯人しないように誰かのペットを犯人にしたてあげます。ただ、ゲーム後半では誰がなすりつけられていないか思い出さなくてはいけないアクションから記憶ゲームへ変わっていく進行です。 細かいゲーム手順としては各プレイヤーには6種類のペット(金魚・亀・ハムスター・ウサギ・猫・インコ)があります。手番のプレイヤーが動物を出して台詞を言っていきます。例にすると、ウサギを出して犯人を他プレイヤー持っているインコに仕立てるなら「自分のウサギは犯人じゃないよ。犯人はイ...

    82BG@GM2日目(F04)さんの「うんちしたのだあれ?」のレビュー
  • 137
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月28日 23時58分

    部屋の真ん中にあるうんちをした犯人の疑いを擦り付け合う、スピードゲーム。全員が飼っている猫、ウサギ、ネズミ、鳥、魚、亀の6種類の誰かのペットがうんちをして、その濡れ衣を晴らすのだけれど、そもそも、そんなに生き物の種類が違うのだから、うんちを見ただけで、うんちをした動物の種類くらいは分かりそうなものだけれど、そこはゲームだから…。小さい子供たちと6人で対戦すると、みんな前のめりになって、頭や腕が邪魔になってお題が見えん!

    メガネモチノキウオさんの「うんちしたのだあれ?」のレビュー
  • 149
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月28日 21時27分

    ★8(個人的10段階評価)記憶系パーティゲームの新定番!だがなぜテーマにウンチを選んだのか!非常に楽しく悩ましい小箱カードゲームです。序盤こそ「他人に指定された動物カードを、誰より早く出す」という、俊敏性がものを言うリアルタイムアクションカードゲームなのですが。終盤になるにつけ、そのゲーム性は様変わり。「他人の持っていないカードを指定したら即負け」というルールにより、自分以外のプレイヤーがどのカードをまだ持っていたか、そこを必死で思い出す記憶系ゲームに。各自持っているのはたった六枚のカード。そんなもん、何を出したかなんて普通に覚えられているじゃないか……と思うのに、実際やるとまるで覚えて...

    すあまさんの「うんちしたのだあれ?」のレビュー
  • 143
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月27日 22時50分

    自宅で、小4と3歳児の息子の3人でプレイした感想です。ジョナサン・ファブレ・ゴダルがデザインした、スピードと記億ゲームを組み合わせた、新しい感覚のゲームです。カードは、色別に黄色、橙色、青色、緑色、赤色、紫色の6種類で、描かれている動物は各色とも同じオウム、金魚、猫、ハムスター、兎、亀の6種類です。スタートプレイヤーは1番若い人からで、手札の中から亀カードを出しながら「うんちをしたのはうちの亀じゃなくて、誰かのオウムでしょ!」と言って、うんちをしたのをなすりつけ合います。上記の例でいくと、他のプレイヤーの中で場に1番早くオウムカードを出したプレイヤーが、「うんちをしたのはうちのオウムじゃ...

    Nobuaki Katouさんの「うんちしたのだあれ?」のレビュー
  • 140
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月27日 00時15分

    あったっけ?ってなる簡単なメモリーゲームです。6種類しかない相手の手札を覚えて、やらかしたのが自分じゃないことにしちゃいましょう!▼ゲームの概要各プレイヤーに同じ種類の動物が書かれたカードを6枚ずつ配ります。スタートプレイヤーから始めます。手番では、「うんちしたのは、〇〇かもしれない」といいます。もし、他のプレイヤーがその動物のカードを手札に持っていたら、誰かが1人出します(誰かが出したら、他のプレイヤーが出す必要はありません)そして、カードを出したプレイヤーの手番となります。これらを繰り返し、「うんちしたのは、〇〇かもしれない(例えばカメかもしれない)」と言って、だれもそのカードを出せ...

    atcktさんの「うんちしたのだあれ?」のレビュー
  • 197
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月18日 00時00分

    簡単で盛り上がれるカードゲーム。思ってたより箱が小っちゃい。発売後からツイッターとかでやたらと評価が高いので気になってましたが、遊ばせてもらえました。全員に、トリ/ネコ/カメ/ウサギ/ネズミ/サカナ、の6枚のカードセットを配ります。これらは各自が飼っているペットです。全員6種ずつ飼っているブリーダーなのです。突然、部屋の真ん中に、うん○ががが!スタプから例えば「これはウチの『ネコ』がしたのではなく、他の『トリ』がしたのでは…」などと言いつつネコカードを場に出したとします。これに素早く反応して、トリカードを最初に場に出せた人が次手番となり今度は「いやこれは『トリ』ではなく『カメ』がしたやー...

    夏木なつきさんの「うんちしたのだあれ?」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    ※日本語版について書きます。カードサイズは88mm×58mmです。「CAC-SL105 アメリカンサイズ・ハード」などのスリーブが最適です。カードは36枚入っています。

    0件のコメント17ページビュー3ヶ月前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク