マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
うんちしたのだあれ?
  • うんちしたのだあれ?当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~6人
  • 15分前後
  • 6歳~
  • 2018年~

うんちしたのだあれ? / Who Did It? の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
リアルタイムの記憶ゲーム!シンプルながらも緊張感たっぷり
  • ジョナサン・ファブレ・ゴダル(Jonathan Favre-Godal)作

 プレイヤーは、自分のペットにかけられた疑いを晴らし、ペナルティを受けとらないことを目指します。

 各プレイヤーは、同じ組み合わせのカードセットを持ってゲームをはじめます。
 それぞれのカードには、いろいろなペットが描かれています。
 指定されたペットをいち早く出すことが出来たプレイヤーは、任意のペットの種類を宣言することで、そのペットに粗相をした疑いをなすりつけます。
 他のプレイヤーは、そのペットのカードをいち早く出し、また、別のペットの種類を宣言し・・・以後、これを繰り返していきます。
 もし、すべてのカードを出すことが出来たら、ゲームから抜けます。そう、あなたは自分のペットにかけられた疑いをすべて晴らしたのです!
 しかし、もし、すでにすべてのカードが出された動物を宣言してしまったならば・・・あなたは疑いを晴らすことが出来なかったことになり、ペナルティを受けなければなりません。
 これを一ゲームとして繰り返し、決められた数のペナルティを受けとったプレイヤーが負けとなります。

 疑いをほかのプレイヤーにかけ続け、自分のカードをなくすには、まだ残っている動物の種類を記憶していることが重要となります。
 しかし、ゲームは非常にテンポ良く進んでいくため、すべてを記憶しきることは難しいでしょう。
 そのことにより、大丈夫だと思って宣言した種類の動物がすべて出された後だったり、意外なところで負けてしまうことも・・・。
 そして、それにより大いに盛り上がるのです。

 とても簡単なルールではありますが、リアルタイムゲームのテンポ感と記憶ゲームの緊張感がうまくミックスされた緩急あるゲーム展開は独特な面白さに繋がっており、子どもから大人まで楽しめるゲームになっています。

うんちしたのだあれ?に7件の書き込みがあります

213
名に参考にされているレビュー
2018年09月05日 00時37分

7/10

今、話題沸騰のクソゲー(笑)

クソゲー(う○こゲー)には名作が多いというジンクスがあるが、またそれを証明するゲームが出てしまった(笑)

このゲーム、タイトルどおり、う○こしたヤツを当てるゲーム。

やることはとっても簡単で、6枚の動物が描かれたカードを出すだけ。

出すときは、「自分のネコはう○こしてないよ。誰かのカメだよ」みたいな感じで出していく。

他のプレイヤーは誰かの○○だよと言われた○○は出すことができる。このときに出すときも同じセリフをいっていく。

これを繰り返していって、誰も持っていない動物にう○こしたと押し付けると、誰もいないので自分がう○こをしたことになってしまう(笑)

そのため、スピード勝負でありながら、記憶勝負しなければいけないという斬新さ、ボードゲームやっていない人でもすぐに入れるシンプルさ、テーマとシステムの融合とどれをとっても素晴らしく、今、話題になるのも納得の作品。

欠点として、2人のプレイヤーがうまく組むと、互いにぽんぽん出せてしまう流れができてしまうことがあることがあるが、そこまで気にはしないかな。

ガチでやるよりもパーティーゲームに近い感じなので、短時間で盛り上がりたいときにおすすめのゲーム。

続きを読む
閉じる
207
名に参考にされているレビュー
2018年08月18日 00時00分


簡単で盛り上がれるカードゲーム。思ってたより箱が小っちゃい。

発売後からツイッターとかでやたらと評価が高いので気になってましたが、遊ばせてもらえました。

全員に、トリ/ネコ/カメ/ウサギ/ネズミ/サカナ、の6枚のカードセットを配ります。これらは各自が飼っているペットです。全員6種ずつ飼っているブリーダーなのです。

突然、部屋の真ん中に、うん○ががが!

スタプから例えば「これはウチの『ネコ』がしたのではなく、他の『トリ』がしたのでは…」などと言いつつネコカードを場に出したとします。

これに素早く反応して、トリカードを最初に場に出せた人が次手番となり今度は「いやこれは『トリ』ではなく『カメ』がしたやーつ…」といった感じでゲームが進みます。

つまりスピード勝負ですね。

ただし、後半から少しずつプレイ感が変わっていきます

何故なら、他の動物のう○ちだと宣言した時に、他人の手札にその動物カードが残っていなかった場合、嘘をついたとして、○んちトークンを押し付けらてしまうのです。3個集めると負け。要するにクソゲーw

という事で、序盤は完全なスピート勝負なのに、ルールは全く同じなのに、途中からは記憶勝負になるのです

先に6枚の手札を出し切った人から抜けていき、間違えずに続くと最終的には1対1にまでなるワケですが、その時に相手がまだ出していない動物を当てられるかどうか?!という辺りの戦いがアツイ。

遊んでいる途中で、スピードから記憶にシフトしなければならないというこの感覚を是非とも体験してみて頂きたいところです。

続きを読む
閉じる
192
名に参考にされているレビュー
2018年09月01日 17時32分

 ☆8

「オレじゃないよ、やったのはアイツだよ!」

 

リビングにウンチしたペットを見つけるというゲーム背景で、各プレイヤーは自分の手札に持つペットを犯人しないように誰かのペットを犯人にしたてあげます。ただ、ゲーム後半では誰がなすりつけられていないか思い出さなくてはいけないアクションから記憶ゲームへ変わっていく進行です。

 

細かいゲーム手順としては

各プレイヤーには6種類のペット(金魚・亀・ハムスター・ウサギ・猫・インコ)があります。手番のプレイヤーが動物を出して台詞を言っていきます。例にすると、ウサギを出して犯人を他プレイヤー持っているインコに仕立てるなら「自分のウサギは犯人じゃないよ。犯人はインコだよ」といった台詞です。そしたら、手番プレイヤー以外のプレイヤーは急いで手札からインコを出します。一番早く真ん中に出せたプレイヤーが手番プレイヤーで続けて台詞を言って、他の動物へ犯人を仕立てていく。

 

という流れが続きます。

そこでペナルティーチップ(ウンチ)を受け取る条件は2つです

・手札持ちが1人になった時のプレイヤー

・既に誰も手札に持っていない動物を犯人に仕立てあげたプレイヤー

そして、ゲームのネックは最後の手札1枚を出せても台詞を言わないといけないことです。

 

以上を踏まえて、ペナルティーチップ(ウンチ)を3つ受け取ったプレイヤーが敗北して終了します。

 

 

プレイの感想としては、本気でアクションしていて気づいたら記憶ゲームしているという展開の変化がユニークです。

瞬発系のアクションが得意な人も記憶ゲームが得意な人も何かしらに苦戦する塩梅が好みです。それに手軽なプレイ感と時間調整として使いやすい。タイトルや雰囲気で少し敬遠されがちではありますが、遊んでみたら思いのほか面白く良い意味の裏切りに感じる方が多いと思います。

 

ですが、ゲーム展開として少し解せないのは記憶ゲームに変わるということは「カードを出して手番になりたくない」という気持ちになってしまうことです。

ひねくれた人同士でゲームすると記憶に自身がなかったらカードを出さない展開になったり、カード出そうか悩んでいる人や出す気がないプレイヤーのリアクションを見極めて、手札にあるペットを探るプレイヤーが現れたり、持っていても悟られないように振る舞うプレイヤーが現れたりして。遊ぶメンバーによっては、このゲームが求めている展開にならないこともあるのではないかなと思いました。

 

ルール上仕方のないことなのですが、ほんのそこだけどうにかなるルールがあったら尚良かったです。

 

遊評:☆8

続きを読む
閉じる
157
名に参考にされているレビュー
2018年08月28日 21時27分

★8(個人的10段階評価)


記憶系パーティゲームの新定番! だがなぜテーマにウンチを選んだのか!


非常に楽しく悩ましい小箱カードゲームです。

序盤こそ「他人に指定された動物カードを、誰より早く出す」という、俊敏性がものを言うリアルタイムアクションカードゲームなのですが。

終盤になるにつけ、そのゲーム性は様変わり。「他人の持っていないカードを指定したら即負け」というルールにより、自分以外のプレイヤーがどのカードをまだ持っていたか、そこを必死で思い出す記憶系ゲームに。


各自持っているのはたった六枚のカード。そんなもん、何を出したかなんて普通に覚えられているじゃないか……と思うのに、実際やるとまるで覚えていられない。なぜなら序盤はスピード重視アクションゲームだから。意識のリソースを記憶に全振りしているわけにも、いかないから。


これが非常に良く出来ている。


一見子供向けパーティゲームに見えるし、実際子供も楽しいゲームではありますが、大人だけでも十二分にガチで挑める良ゲーです。


重たいゲームの合間に、パッと始めてパッと盛り上がり、なのにそのわずか数ターン後には凄まじく悩む。


そんな役割のゲームとして、是非持って置きたい一作ですね。

続きを読む
閉じる
152
名に参考にされているレビュー
2018年08月27日 22時50分

 自宅で、小4と3歳児の息子の3人でプレイした感想です。

 ジョナサン・ファブレ・ゴダルがデザインした、スピードと記億ゲームを組み合わせた、新しい感覚のゲームです。

 カードは、色別に黄色、橙色、青色、緑色、赤色、紫色の6種類で、描かれている動物は各色とも同じオウム、金魚、猫、ハムスター、兎、亀の6種類です。

 スタートプレイヤーは1番若い人からで、手札の中から亀カードを出しながら「うんちをしたのはうちの亀じゃなくて、誰かのオウムでしょ!」と言って、うんちをしたのをなすりつけ合います。

 上記の例でいくと、他のプレイヤーの中で場に1番早くオウムカードを出したプレイヤーが、「うんちをしたのはうちのオウムじゃなくて、誰かの猫でしょ!」などと、他のプレイヤーにうんちをしたことをなすりつけます。

 これを繰り返し、手札を無くしてかつ、最後までうんちを出した責任をなすりつけられればゲームから抜けられますが、他の人が持っていない動物カードに責任をなすりつけようとしたときは、うんちの駒をもらう羽目になります。

 勿論、他のプレイヤーが全員カードを無くしてかつ、責任をなすりつけられた場合にもうんちの駒をもらう羽目になります。

 そのうんちの駒を、3つ取ったプレイヤーが負けとなります。

 プレイした感想は、手札が6枚から3枚まで減らす前半戦はスピード勝負で、手札が3枚から1枚になる後半戦は記億ゲームとなります。

 このゲームの特徴として、責任をなすりつけるプレイヤーは、場にカードを出せないため、結構手札が同じくらいのスピードで減っていきます。

 それに、手札が少なくなると、他の人が持っているカードが何なのか忘れてしまうため、大体間違ってうんちの駒をもらって終わることが多いです。

 また、3歳児にこのゲームは早いと思ったのですが、どうしてもやると聞かないので、やらせてみたら意外にゲームを楽しくプレイしていました。

 勿論、何が間違いで何があっているのかは、完全に分かっていないと思いますが、「うんちをしたのはうちの○○じゃなくて、誰かの○○でしょ!」と言うのがとても楽しいようでした。

 何度もプレイしてみて、もう少し大きくなったら、本格的なプレイを楽しみたいと思います。

 なお、小4の息子が焦って、私たちの持っていない動物カードを連発したため、今回は小4の息子の負けでした。

 悔しがりながらも、なぜが嬉しそうなのが、このゲームのユニークなところだと感じました。

続きを読む
閉じる
142
名に参考にされているレビュー
2018年08月28日 23時58分

部屋の真ん中にあるうんちをした犯人の疑いを擦り付け合う、スピードゲーム。全員が飼っている猫、ウサギ、ネズミ、鳥、魚、亀の6種類の誰かのペットがうんちをして、その濡れ衣を晴らすのだけれど、そもそも、そんなに生き物の種類が違うのだから、うんちを見ただけで、うんちをした動物の種類くらいは分かりそうなものだけれど、そこはゲームだから…。小さい子供たちと6人で対戦すると、みんな前のめりになって、頭や腕が邪魔になってお題が見えん!

続きを読む
閉じる
126
名に参考にされているレビュー
2018年11月08日 22時54分

子供ってなんで、うんちが好きなんやろう。

てゆうか、正直、僕も好きです。うんちって言いたいんです。

みんな、言いたいよね、うんちって。

世界の中心で叫びたいよね


うんちってゆう響きがオモロイんかな。

これがステッファンとかやったら、たぶん、全然おもんないかも。


そんな、うんちが言えるゲーム。

6歳の息子と、小6の甥と嫁さんのお義父さんと僕、4人でプレイしました。


小6の甥は流石に早くカードを出せて、次々、自分のカードを無くしていき

その次に息子と僕がカードを出すのが早く、

お義父さんが、カード出すスピードが一番遅いので、

こりゃ、悪いけど、お義父さんが負けかなって思ってましたが

いざ、ゲームが終了したら・・

僕の負けでした。


なに、これ、

単純なルールやのに、めちゃくちゃ面白いやん。

なぜ、今まで、誰も、このルール思いつかんかったんやろう。

それとも、似たようなん、どっかに、あんのかな? わかんないですけど。

とにかく、スピード勝負と記憶勝負の融合が見事なゲームでした。


子供はうんち、うんちって言えるので、大盛り上がり

僕は、スピードで抜けようにも、たった6種類のカードやのに

誰がなんのカードを出したのかサッパリ覚えられず撃沈。

ついつい、もう1回、もう1回ってなります。


ルールを読んだ時は、よくあるスピード系ねと、あんまピンとこなかったのですが

やればわかる、面白さ。おススメです。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,620(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 26興味あり
  • 247経験あり
  • 40お気に入り
  • 121持ってる

チェックした商品