マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 20分~30分
  • 8歳~
  • 2019年~

ピクチャーズすあまさんのレビュー

180
名に参考にされています
2020年09月24日 19時16分

★9(個人的10段階評価) 


連想系ゲームの新定番!

表現方法のままならなさが逆に楽しい!


お題の写真を手元の限られた道具で再現し伝えるボードゲームです。

ポイントはこの「限られた道具」という部分です。

他の連想系ゲームだと、その手段は文字や言葉、お絵かきだったりすると思うのですが。

今作では5種類提示される手段が、どれも特徴的。


「積み木」「石と棒」「長短一本ずつのヒモ」「3×3のドット表現」「イラストカード群」


です。石と棒とか、ヒモとかってなんだよって話ですよね(笑)。

それで何が表現出来るのかと。

いや、意外と出来るんですよ。……全然伝わらないことも多々あるけど。


この「意外と出来る」けど「伝わらなくても仕方ない」といったバランスが非常に秀逸。

渡されるモノと表現する写真の相性によっては、もの凄く難しい時もあれば、これだという表現が出来ることもある。

つまりは、当人の画力や語彙なんかで左右されすぎないんですね。


これをもって自由度が少ないと取られる方も勿論いると思うのですが、個人的にはこの絶妙さで非常に間口が広くなり、誰でも楽しめる表現ゲームになっているなと。


表現出来なくても、「いやヒモだけじゃ海の表現は無理だって!」みたいに、あくまで盛り上がりの一つとして機能する。画力や語彙のなさで悔しい思いをして終わり、的な無慈悲さが軽減されると言いますか。


素晴らしくよく出来た連想系ゲームかと。

個人的には他の連想系ゲームより、頭一つ抜けて好きなレベルですね。勿論ここは好みだと思いますが。


またこういう系統のゲームなので、繰り返しで当然飽きはくるかと思いますが、日本語版だとお題カードが増えていたり、表現方法との組み合わせもあり、この手のゲームとしてはリプレイによく耐えるゲームかと。


ディクシットやコードネーム、適当なカンケイといった連想系のゲームが好きな方には、是非お試し頂きたい傑作です!

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ビッチュウ
  • Nobuaki Katou
すあまさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 130興味あり
  • 341経験あり
  • 106お気に入り
  • 195持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルピクチャーズ
原題・英題表記Pictures
参加人数3人~5人(20分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

すあまさんの投稿

会員の新しい投稿