• 2人~5人
  • 120分前後
  • 12歳~
  • 2000年~

ラ・チッタぽっくり、まま、たかちゃん、hasimoty19731のリプレイ日記(2016年10月29日)

121
名に読まれています
投稿日:2016年11月01日 11時36分

絶版と噂のボードゲーム、ラチッタ(拉致った)を4人でプレイ。経験者 hasimoty19731さむきょう → ぽっくりパパ しゅうままママ たかちゃんたかちゃんがインストをうけてスタート。ちなみにインスト1時間くらいかかった。

開始ボード

初心者用の初期配置だそう。

超ざっくり説明すると、プレイヤーは六角のマスに自分の建物を建設して、都市を発展させていく。麦畑=茶色の山に隣接する形で農場を建設すれば人口(1点)を養える。鉱山=白い山はコインになる。コインは特殊効果や特殊建設をするのに必要になる。ようは人口が一番多い人が大体勝てるボードゲームだ。

人口を支えるために色々な施設を建設していく必要があるけれど、プレイヤー間で人口の奪い合いが発生する。奪い合いによっては都市が維持できなくなり、建物や市民が消えてしまう。また、単純に奪えばいいというものではなく、奪ったことで人口オーバー(食糧不足)に陥ることでペナルティを受けることもある。

なかなかシビアなプレイ感という印象だ。1ラウンドが始まると人口が増え、鉱山の収入があり、人口移動を行ってからアクションフェーズへと移る。アクションは1回づつ5周おこなう。1ラウンドが終わるとこんな感じになった。

ちょっと見にくいのだが ぽっくり黄色 hasimoty19731ピンク たかちゃん茶色 しゅうまま青色 がプレイヤーのベース都市。ここを拠点に建設物をどんどん展開していく。ボード上にいっぱいある黄土色っぽいのは建設物。↑の画像の一番下にある ぽっくりパパの黄色はいきなりベース都市を追加してみたやつ。

民衆の要求

ラウンド終了ごとに民衆の要求というのが発生する。ラウンド開始時に設置されていた「?・?・?・教育」の民衆の要求は、ラウンド終了時に健康教育文化教育という状態でオープンされる(下図の色に対応している)。

結果は黒=教育が最多票。民衆は教育(黒)を望んでいるということらしい。この時点で教育の建物をたくさん建設しているプレイヤーは、隣接している他プレイヤーの都市から市民を奪えるというルールになっている。空きマスが3マス以内だと、市民は引越しできるということらしい。せっかく増やした人口を奪われるので拉致った(ラ・チッタ)。ということらしい(笑)

ゲーム中盤 

ボード左の たかちゃん茶色の都市 が猛威を奮っていた。ぽっくりパパと しゅうままママは たかちゃんたかちゃん に人口を搾取され続ける。単純なパワーバランスによって人口移動が起きるうえに、人口が減るとどん詰まりになってくるので奪い返すのがどんどん難しくなってくる。初心者同士が混じってると後半の逆転が結構むずかしい感じがした。

スタート都市は各プレイヤー2つ与えられているので、二虎競食(お互いが行くところまでいって、どっちかが潰れる)はさっさと損切りして、もう1つの都市を上手く運用に乗せておくのが大事なんじゃないだろうか。

ゲーム終了時

hasimoty19731さむきょう vs たかちゃんたかちゃん の構図に。ゲームは下の写真でいう左下と上で人口争奪合戦が繰り広げられていた感じ。ぽっくりパパしゅうままママ は2人の養分となってしまった(笑)特に左下たかちゃんの茶色い都市は、ゲーム序盤から人口搾取に成功し、最終的に4都市から吸い上げられる状態になっていて、人口をまかないきれなりそうで終盤まで麦畑を拡張していた。

最終的にたかちゃんの優勝となる。ぽっくりパパと しゅうままママがもうちょい上手く立ち回れてたら養分になるのを防止できてたことで、さむきょうさんが勝ってたのかなという感じのゲームだった。振り返ってみると、インスト込みで3時間~4時間くらい掛かった。あっという間だった気がする。

勝敗プレイヤー名最終得点
ぽっくり22点
まま21点
たかちゃん31点
勝ち
hasimoty1973135点
  • 11興味あり
  • 28経験あり
  • 8お気に入り
  • 27持ってる
販売中の商品
該当商品が見つかりませんでした
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルラ・チッタ
原題・英題表記La Citta
参加人数2人~5人(120分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2000年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

同じプレイヤーが含まれるリプレイ日記

会員の新しい投稿