マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 40分~60分
  • 7歳~
  • 2018年~

パレオリシックぽっくり、息子のリプレイ日記(2018年6月2日)

539
名に読まれています
2018年06月03日 00時54分

レビューはこちらに上がっています。

2人プレイ(息子5歳 vs 34歳)
ちなみに初プレイですが、ルールブックを読んでいると「建物+品物の合計が5個になるとゲーム終了」と書いてありました。建物たてたいなー。でも2商品買ったら終わっちゃうのかー。と思ってたら、横っちょに「中級者ルール」の記載が。

・中級者ルールは合計8個がゲーム終了条件になる
・建物がワーカーとして機能するため展開がサクサク

という記載がありました。ルールが複雑になるわけでもないですし、ボドゲによくある「なんか発展してきたから、もう少し続きやりたかったなー。」みたいな不完全燃焼を避けるために、最初から中級者ルールで遊ぶことにしました。

というわけでセットアップ
※サイコロ2個写ってるけど、1つしか使いません。2つ目は上級者ルールで使うようです。

2ワーカー+1動物を、指定された初期位置にセットしてゲームスタート。ちなみに動物は拡張版を入れないと、ただのワーカーと一緒の扱いになるようです。

細かいルールは割愛しますが、基本的にアクションの種類は2つ。

① ワーカーのコマを移動して、サイコロ振って出目に応じた資源を受け取る。
② 資源を使って、陶器(得点カード)または建物(得点+移動できないワーカー)を購入する。

本当にこれだけです。
出目+資源というとカタンっぽい印象があるかもしれないですが、実際やってみると似て非なる感じです。簡単に大きな違いを挙げると、資源を獲得できないことがありません

サイコロを振る(例:2が出た場合)と、自分のコマがいるマス「2+置いてあるコマ数」で資源の獲得処理が行われます。なので「何で俺ばっかり資源ゲットできないんだよぉ~…」みたいな喪失感がありません。子供と一緒に遊んでいる身としては、このプレイ感とてもありがたい。ほら、子供ってすぐ匙投げるから・・。

まぁそれはさておき、

お父さん、建築がこのゲームの鍵になると睨んで、4順目にして電光石火の建築完了(大人気ない?そう、大人気ない。)

資源の払い方や、コンポーネントの感じは、ストーンエイジジュニアのそれと全く同じです(笑)。肉3個と赤キューブ4個だかを支払って、自分のボードに建設完了させました。

メインボード上にはこんな感じで家の形をしたコマを設置します。

ところで、コンポーネントのクオリティがとても高いですよね。青い家の横に立っているのは猿のコマです。よくみると、なんか青プレイヤーの初期位置は、猿がいっぱい描かれている土地です。

実際の台湾もこういう感じだった?のでしょうか。ちなみに台湾最北端が初期位置になっている息子は、鹿のコマです。ボードにも鹿がいっぱい描かれています。

最北端に居た息子は、移動を繰り返して少し南下してきました。


ちなみにこの時点で、、


お父さん既に3軒建築完了(大人気ない)。
サイコロを振るたびに、それぞれのマスで+2される状態です。資源の獲得スピードが息子を大幅に上回ります。電光石火の父、大きな誤算がありました・・・

それは

資源がめっちゃ偏ってる・・
プレイヤーは12個しか資源をもてない(肉を除く)のに、黒い資源しかほとんどゲットできません。

家の建て方を完全にしくじっていました。失敗の電光石火でした。。。ちなみに家は一度建てたら壊すことができません。やむを得ず、ワーカー側を動かしていくことにします。

ちなみに、陶器の購入で黒いキューブをサクサク消化出来ればよかったのですが、よくみると黒いキューブは少し高級品扱いのようです。大きなダイス目を出さないと集められないためか、、黒いキューブで買える陶器カードの出現率が非常によろしくありません。黒いキューブで買える陶器カードは基本的に点数が高い感じはあるのですが。

緑 >= 黒 >> 赤=グレー

くらいの希少性だと思います。

何もできずにジタバタと方針変更している間に、赤とグレーの資源を集めている息子が、家3軒+陶器5個=8個の状態を完成させてしまいました。この時点でゲームが終了しました。

得点計算

息子(5歳)

家1個につき3点=9点
購入した陶器合計=16点
文明固有の陶器ボーナス=2点

計27点


  (34歳)

家1個につき3点=9点
購入した陶器合計=14点
文明固有の陶器ボーナス=0点

計23点


いやあ、、、普通に負けてしまった。。普通に大人気なくプレイして負けてしまった。判断ミスったことに気付いたときには「時既に遅し」だったのと、息子の出目が結構よかったのも相まって、多少先行して有利だった部分が余裕で巻き返されてしまった感じでした。

まぁ、終始和やかにプレイできたのでとてもよかったです。たぶんちょこちょこ遊ぶと思います。もう少し遊んだら、動物が固有の能力をもつ拡張版も入れて遊んでみたい。

勝敗プレイヤー名最終得点
ぽっくり23点
勝ち
息子27点
2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Shepherd Kit
  • まつなが

参加者 2人
2018年06月02日

ゲスト
息子
このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 10興味あり
  • 9経験あり
  • 3お気に入り
  • 9持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルパレオリシック
原題・英題表記Paleolithic
参加人数2人~4人(40分~60分)
対象年齢7歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ぽっくりさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク