マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2017年~

センチュリー:ゴーレムKoniromann_Aさんのレビュー

412
名に参考にされています
2018年04月16日 12時59分

ルールや面白さは他の方が書いているので割愛。

さて、このゲームを買う時の最大の悩み所は『スパイスロード』か『ゴーレム』か、という方も多いかと思います。

ゲーム内容は同じですが、ゲーム単体で見ると僕はゴーレムの方がルールに雰囲気が合っていると感じました。

スパイスロードの方は集めたスパイスで入手できる勝利点カードの絵が市場的なものなんですが、冷静に考えると『この行為は何にあたるんだろう?』と思わないでもない(考えすぎ?)のですが、ゴーレムはクリスタルを払う事によって入手できる勝利点カードが、『その払ったクリスタルが体に埋め込まれたゴーレム』なので、あ、こいつを造ったんだなぁと、なんとなく納得できます。

なので、プレイへの没入感はゴーレムに軍配が上がるような気がしました。

木のトークンかクリスタルのトークンかについてですが、僕の周り内ではクリスタルの方がオシャレだと評判が良かったです。(これに関してはスパイスロードの方が大人のボドゲっぽくてオシャレだと個人的には思うんですが、、、、。)

ただ1つ気をつけて頂きたい事が1つ、センチュリーシリーズは三部作になってましてそれぞれの作品を混ぜて遊ぶ事ができるらしいのですが、三部作になっているのはスパイスロードの世界観の方だけで、ゴーレムの世界観のコンポーネントでは連作は作られる予定がないとの噂です。

もちろん単体でも面白いので気にしなくても良いのですが、確実に連作で遊ぶ人は、スパイスロードの方が良いかもしれませんね。

☆個人的評価☆良い+

4
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Craftsman
  • sgh
  • 喫茶あかね・マスター
  • Nobuaki Katou
Koniromann_Aさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 89興味あり
  • 204経験あり
  • 70お気に入り
  • 124持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力7
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見8
作品データ
タイトルセンチュリー:ゴーレム
原題・英題表記Century: Golem Edition
参加人数2人~5人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Koniromann_Aさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク