マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
センチュリー:ゴーレム
  • センチュリー:ゴーレム当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 30~45分
  • 8歳~
  • 2017年~

センチュリー:ゴーレム

メーカー・卸元:アークライト

残り1点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
《ソウル・クリスタル》を取り引きし最高のゴーレムを作り上げよう!

 この星の地下深くには《ソウル・クリスタル》が眠っています。それは人間が生まれるよりもずっと前、かつてこの星に住んでいた住民の亡骸(なきがら)が変容したものだと、言い伝えられています。

 プレイヤーはクリスタル商人となり、さまざまな《ソウル・クリスタル》を交易します。取りそろえたクリスタルを使ってゴーレムを作り上げ、得点を競いましょう。

 『センチュリー:ゴーレム 完全日本語版』は、デッキ型カードゲームの要素を取り入れたシンプルかつ、スピーディ、そして独特なシステムをもつカードゲームです。覚えやすいシステムながら、常に戦略にもとづく決断を迫られる緊迫感は、あなたの心をとらえて離さないでしょう。

 勝利を目指して何度も何度も挑戦し、勘と腕を磨きあげてください。

 ※本作品は『センチュリー:スパイスロード 完全日本語版』からテーマを変えたものです。ゲームの内容は『スパイスロード』と同一です。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 20件

レビュー
1089名が参考
3年以上前

ゲーム内容はセンチュリー:スパイスロードと同じなので、コンポーネントの紹介です。

スパイスの木製トークンと比べ、クリスタルはプラ製トークンなので専用ケースに入っているとかなり見栄えがいいです。

1つ1つがスパイスのトークンの1.5倍位の大きさがあるためコンポーネントにこだわりがある人にはうってつけだと思います。

(女性人気が高そうなイメージ)

自分はプレマバンドル版を購入しましたが、プレマもクリスタル置き場専用の枠が設けてあり、カードのイラストとも雰囲気がマッチしています。

カードはスパイスロードと比べてイラストがファンタジーっぽく、洞窟探検(クリスタル採取)→クリスタル売買→クリスタル加工→ゴーレム錬成とイラストごとにストーリー立ってるのも高ポイントですね。


今は日本の店舗では購入できず、日本語版の販売が未定ですが、欲しい方はPLAN B GAMESさんのHPから購入可能です。

https://www.planbgames.com/en/century/28-century-spice-road.html

英語苦手な僕でも購入できたので、英語アレルギーな方でもぜんぜん買えますよ!オススメです!

続きを見る
閉じる
国王
retan0712
retan0712
レビュー
632名が参考
3年以上前

ルールや面白さは他の方が書いているので割愛。

さて、このゲームを買う時の最大の悩み所は『スパイスロード』か『ゴーレム』か、という方も多いかと思います。

ゲーム内容は同じですが、ゲーム単体で見ると僕はゴーレムの方がルールに雰囲気が合っていると感じました。

スパイスロードの方は集めたスパイスで入手できる勝利点カードの絵が市場的なものなんですが、冷静に考えると『この行為は何にあたるんだろう?』と思わないでもない(考えすぎ?)のですが、ゴーレムはクリスタルを払う事によって入手できる勝利点カードが、『その払ったクリスタルが体に埋め込まれたゴーレム』なので、あ、こいつを造ったんだなぁと、なんとなく納得できます。

なので、プレイへの没入感はゴーレムに軍配が上がるような気がしました。

木のトークンかクリスタルのトークンかについてですが、僕の周り内ではクリスタルの方がオシャレだと評判が良かったです。(これに関してはスパイスロードの方が大人のボドゲっぽくてオシャレだと個人的には思うんですが、、、、。)

ただ1つ気をつけて頂きたい事が1つ、センチュリーシリーズは三部作になってましてそれぞれの作品を混ぜて遊ぶ事ができるらしいのですが、三部作になっているのはスパイスロードの世界観の方だけで、ゴーレムの世界観のコンポーネントでは連作は作られる予定がないとの噂です。

もちろん単体でも面白いので気にしなくても良いのですが、確実に連作で遊ぶ人は、スパイスロードの方が良いかもしれませんね。

☆個人的評価☆良い+

続きを見る
閉じる
国王
コン(※個人の主観です。)
コン(※個人の主観です。)
レビュー
537名が参考
3年弱前

スパイスロードとの比較。

①ルール等内容は同一。スパイスとクリスタルで等級の並び順が微妙に異なるので、どちらかをやり込んでいるともう片方をプレイする時に若干戸惑います。

②コンポーネントが綺麗。個人的にはこれが決め手でこちらを購入しています。ただしスパイスのような立方体でなくなったことにより若干不安定さは増しました。(プレイには全く支障ありません)

③続編(イースタンワンダーズ)との接続がありません。スパイスロードは混ぜて遊べる拡張ルールがありますので、続編も合わせて購入される方はこの点を考慮する必要があると思います。強いてゴーレムの欠点を挙げるならこの点です。

【注】

続編が出ました。この点でのスパイスロードに対する不利はなくなったようです。


総評

スパイスロードのゲーム性をよりファンタジーな世界観でプレイできる良作です。ただし購入の前に一度イースタンワンダーズをプレイされる方が良いでしょう。

続きを見る
閉じる
国王
ド-キ
ド-キ
レビュー
386名が参考
2年以上前

家族3人でプレイしましたが、息子と嫁さんに好評でした。


まずテーマ性が良かったです。

6歳の男の子にもなると、ゴーレムってのはゲームやらアニメやら

色んな知識で、だいたいどんなものか理解してて

そして、ゴーレムを作るゲームともなると

そりゃ、もう目をキラキラしちゃいます。


カードのゴーレムの絵にも夢中で

階段ゴーレムとか、滑り台ゴーレムとか、めちゃ強そうなゴーレムとか

色んなゴーレムがいて、観てて飽きません。


点数より自分のお目当てのゴーレム作りにハゲんじゃう

それが男の子です。


ちなみに嫁さんにはシステムがうけました。

色々やりくりしながら、何かを得るってゆう買い物系が

やってて楽しい、それが女の人です。


ルールは8歳からってなってますが、

わりと簡単なので、6歳でもプレイできました。

ただ、カードがでかいので、小さい子が手で持つのはちょっと難儀なので

カードたては用意しました。


息子は最初は、

2枚のカードを使って→すぐ回収ってのを繰り返していました。

新たにカードを加えるより、そちらの方がわかりやすく

ゴーレムを入手できるからです。


でも、嫁さんとか僕が、新たなカードを加えて

効率よく、クリスタルを集めてるのを見て、

それを徐々に学んでおりました。


このゲームはデッキビルド要素があるので

その入門編として、小さな子とプレイするにはピッタリ

そんな印象です。


勝負の行方は、僕が6体ゴーレムを作ってゲームを終わらせましたが、

点数計算で、嫁さんが勝ちました。

嫁さんは銅コインをいっぱい入手していたので、コインはバカにできません。


息子はビリでしたが、僕との点差はそんなになかったので

このゲームに慣れてくれば、普通に大人に勝てると思います。


簡単で、ほどほどの運、それでいて色々考えどころがあって

やってて楽しい、そんなゲームでした。


あと、息子はゲーム後、色んなゴーレムカードを眺めていました。

続きを見る
閉じる
国王
レモネード
レモネード
レビュー
318名が参考
3年弱前

ルールやゲーム所感についてはセンチュリー:スパイスロードの方に書かれているので

https://bodoge.hoobby.net/games/century-spice-road/reviews/8552

こちらを見てください。


テーマをゴーレムに変更されたセンチュリー:スパイスロードです。


スパイスが宝石に置き換わってコンポーネントもアクリルのランダムカット石になって高級感?が増しました。ちょっと大きいのが好みによりますが私はもう少し小さくても良かったかなと思います。


カードはゴーレムの出てくる世界観に変更されていて、商人は細部や色が変更されている数種類の絵柄の半使い回しですが、点数カードのゴーレムはすべて違うゴーレムが描かれていて、一枚一枚じっくり見ると物語性を感じて良いです。

日本人にはスパイスよりはゴーレムのほうがテーマ的に理解しやすいかもしれないです。


ゲーム自体はまんまスパイスロードなので良作ゲームの評価は変わりませんし、三部作を混ぜて遊ばないならゴーレムエディション単体で末永く手軽に遊べるゲームになると思います。

続きを見る
閉じる
国王
一斗
一斗
レビュー
282名が参考
10ヶ月前

元々スパイスロードが気になっていたのですが、ファンタジックな雰囲気が気に入り、内容もスパイスロードと同様とのことでこちらを購入。

しばらく積んでしまって手をつけなかったのですが、小4の娘と遊ぶために開封。

ルールも分かりやすく、宝石も綺麗でゴーレムが多種多様で面白くプレイできました。

娘とプレイした結果、3回目くらいから私が勝てなくなり、やはり勝てた方が嬉しいのか娘もほくほく顔で楽しそうでした。

ボードゲームを敬遠してる妻も巻き込んで遊んだのですが、妻すらもこれは面白いと認定するほど。

ボードゲームにハマって一年ほどで結構な数のボードゲームを買い、その都度妻も引き込もうとしましたが全く受け入れてもらえなかったのに、このゲームは大成功です。

初めて家族で楽しくプレイできました。

続きを見る
閉じる
国王
ハンズ
ハンズ
レビュー
257名が参考
12ヶ月前

ゲームとしてはセンチュリースパイスロードと

全く同じでファンタジーテイストになったもの。


スパイスロードは数回プレイしていたのですが

その上で私はこちらを購入しました。


理由はいくつかありますが

ひとつはスパイスの物々交換というテーマと

アートワークに比べ、

クリスタルを生産、交換してゴーレムを造る

というテーマの方がアートワーク含め

子供ウケが良いと思ったから。

(当方小1と小3の息子がいます)


そしてスパイスロードでは

スパイスで市場(勝利点カード)を買う

という部分がどうにもこじつけが酷い

と感じていた部分が

クリスタルを使ってゴーレム(勝利点カード)

を造るというふうに設定とゲームルールが

ピッタリマッチしたこと。


最後は木のキューブに色がついただけの

スパイスのコンポーネントより

クリスタルの方が圧倒的にコンポーネントの

質感が上がったことですね。


スパイスロードも含めレビューによくあった

親番圧倒的有利はさほど感じませんでした。


カードの引き運の要素は確かにかなり大きい

ですがこれは手番順関係なく起こりますので

そういうものとして計算できるところはして

読めない部分をいかに臨機応変に

対応するかみたいなプレイが求められる

ゲームだと思います。


時間は4人で30分前後とかなり軽いですが

デッキ構築やエンジンビルド的な要素は

しっかり楽しめるので時間の割に

しっかりとゲームをやった感があるのも

良い点だと思いました。


唯一納得いかないのがゴーレムを取得した時に

山から一番遠い所とその隣に置かれる

金属製のコインが銀貨と銅貨なんですが

銀貨が1点、銅貨が3点と通常の感覚と

逆になってるところですね………

センチュリーのロゴがカッコよく入ってて

見た目はいいんですが紛らわしいので

片面に「1」「3」と数字が入ってたら

より親切だなと思いました。


来月頭(2020年9月)には続編も出ますし

いいタイミングで購入できました。

もちろんそちらも予約済みですw

続きを見る
閉じる
国王
BGF(ボードゲームの杜)
BGF(ボードゲームの杜)
レビュー
244名が参考
約2ヶ月前

■個人的な評価
・08/10

■概要
・カードの効果でクリスタルの入手や交換を行うゲーム
・集めたクリスタルでゴーレムを作成(ゴーレムは勝利点となる)
・誰かが5体のゴーレムを作成した時点で最も勝利点の高い人が勝ち(2~3人プレイ時は6体)

■体験プレイ人数、回数
・2~3人、30回くらい

■世界観
・この星の地中からは時折、クリスタルが発掘される。
・クリスタルは人が栄える前に存在した太古の生物の亡骸が結晶化したものだ。
・プレイヤーはクリスタル商人となり、交易で得たクリスタルから他の商人よりも価値の高いゴーレムを作ることを目指す。

■良いところ
・シンプルなルール
→B5くらいの大きさの紙の表と裏に書かれているのがルールの全てです。シンプルで小学生の息子でも楽しく遊べています。

・アートワーク
→ゴーレムカードは全てユニークカードで同じ絵がありません。農業の手伝いをしているゴーレムもいれば、兵器のようなゴーレムもおり、バラエティに富んでいます。
タロットサイズと呼ばれる大きめのカードサイズで、様々なゴーレムを眺めているだけでも楽しいです。

■気になったところ
・収納
→本体に収納用のプラスチックが付属しているのですが、カード収納部分がカードサイズにピッタリでスリーブをつけると入らなくなってしまいます。私の場合、クリスタルを入れるケース以外は捨てました。

・初期手札カードの背面
→片付けの時に他のカードと混ざると面倒です。表面のフチの色が違うので、そんなに困る訳じゃないんですが、背面で見分けがつくとなお良かったかなと思います。

■ゲームのコツ
→他の方のレビューや『センチュリー ゴーレム コツ』などをでググれば、詳しく書いてあるので、そちらを参考にして下さい。
大雑把に言うと、クリスタルは勝利点に換算すると、黄/緑/青/赤に1/2/3/4点の価値があり、点数を効率的に高める交換の仕組みを手札に作ることです。

■ミニ拡張
・海外の発売元であるPLAN B GAMES さんのサイトで販売されています。1枚の説明カード+3枚の商人カードが含まれるボーナスカードパックが2種類あります。説明カードは英語で書かれています。商人カードに言語依存はありませんので、使い方が分かれば遊べます。
アップグレードとクリスタルの入手を1つずつ出来る効果のカード、プレイしたカードを1枚戻す効果のカードなど、今までにない効果のカードが含まれています。
2種類買っても6枚しかカードは増えませんので、ゲームバランスを大きく変えることはありません。ちょっとした変化が欲しい方は購入してみて下さい。

https://planbgames.com/exclusives


ちなみに、このサイトではミニ拡張の他にプレイマットも販売されています。また、他のセンチュリーシリーズ、アズール、アルマ・マータなど同社の別のゲーム関連商品も多数販売されていますので、1度目を通してみるのをオススメします。
海外のサイトとは言え、購入の手続きは難しくはないと思いますが、あくまでも自信の責任で調べてから購入をお願いします。送料もそれなりにかかります。

※リンク先に上手く繋がらない時は『Century Golem Bonus Cards』でググれば見つかると思います。

■ルールに関する注意点
→商人カード(クリスタルを交換するカード)は1手番で出せるのは1枚ですが、複数回の交換が出来ます。
例えば、AAをBBに交換するカードは、1回の交換で2個のAをBに交換できます。手持ちにAが4個以上あるなら、2/3/4/5回の交換で4/6/8/10個のAをBに交換できます。
説明書にもちゃんと書いてあるんですが、入手やアップグレードは1回しか出来ないので、ついつい交換も1回しか出来ないものと勘違いしがちなので念のため書いておきます。

続きを見る
閉じる
国王
ヴァンホーン
ヴァンホーン
レビュー
223名が参考
9ヶ月前

センチュリーゴーレムとは、商人となってクリスタルを交易し、ゴーレムを作り上げていくボードゲームです。

デッキを構築してクリスタルを生産や変換していき、ゴーレムを作ります。リプレイ性が非常に高い戦略系のボードゲームです。

僕が運営しているボドゲ宿で圧倒的に人気だった「宝石の煌き」を超える勢いで定番になりました。

2人から5人用で、プレイ時間は2人-3人で30分、4-5人で45分程度。

戦略系のボードゲームで5人用なのは重宝するポイントです。

ルール難易度が低いのでボドゲ初心者にやさしく、中量級ボードゲームのデビューに相応しいでしょう。

きらきらのクリスタルを交換すること自体が楽しく、あのカードがあればもっといい感じにクリスタルが作れるのに!という欲求が、次のゲームへ渇望を生みます。

以下の方におすすめです。

  • デッキ構築のボードゲームが好きな人
  • 手軽に戦略系ゲームがやりたい人
  • ゴーレムの世界観にピンと来た人


「ドミニオン」と「宝石の煌めき」を足して2で割ったゲームなので、いずれかが好きな方には特におすすめです。

ブログに、概要・内容物・スリーブ・レビュー・ルール・戦略など、ここでは書ききれないセンチュリーゴーレムの情報をまとめたので、良かったらご覧ください。


センチュリーゴーレムのすべて(概要・内容物・スリーブ・レビュー・ルール・戦略)

続きを見る
閉じる
国王
ボドゲニスト
ボドゲニスト
リプレイ
213名が参考
3年以上前

4月14日、家族とプレイ。

過去に亡くなった人々の魂といわれる「ソウル・クリスタル」を取引し、それを使ってゴーレムを作り得点を稼ぎ競うゲーム。

急用が入り、通常のルールでは「プレイ人数が2人の場合、誰か一人が6枚のゴーレムカードを集めたラウンド終了時に得点計算」を4枚で得点計算するという変則ルールにて遊ぶ。

私が先に4枚のゴーレムカードを集め家族と1枚差をつけて終了するも、家族の方が得点の高いゴーレムカードを手に入れており、得点は同点。しかし、同点の場合は「手番が後のプレイヤーの勝ち」というルールがあって、それにより敗北。

今回はゴーレムカード4枚で終了というルールだったので枚数による得点の差が開かずこの結果になったのかなと分析するも、やっぱり得点の高いゴーレムに狙いを絞る方が勝ちやすいのかなと悩んだりも。

今度は元のルール通りに遊んで色々試してみたい♪

続きを見る
閉じる
国王
うさ
うさ
リプレイ
190名が参考
3年以上前

4月21日、家族とプレイ。

2戦行い、結果は1勝1敗。

1戦目は、以前に簡易的な感じでしか遊んだ事の無い家族が苦戦する中、運よく取引きしやすいカードを揃えた私が大差で勝利。

2戦目は、要領を覚えた家族に対し、私は闇雲に赤クリスタルばかり集め、結果は得点の高いゴーレムを揃えた家族に大差で敗退。

取引きカードとゴーレムカード共に、内容を覚えてくると勝負が白熱してくる。それほどたくさんプレイした訳ではないので、まだまだいくつもの効率の良い取引きカードの組み合わせがあるのだろう。遊べば遊ぶほどもっと遊びたくなるゲーム♪

(画像は1戦目のもの)

続きを見る
閉じる
国王
うさ
うさ
リプレイ
175名が参考
2年以上前

港町わたあめ村*ボードゲーム会(新年会)でプレイ

とりあえず、レシピの上にたまった宝石を回収していく方針だったが、なかなか、宝石がたまらん。みんな、高いの買おうよー

ということで、めんどくさいが、宝石をこねくり回して、なんとかかんとか、レベルアップさせていくプレーに方向転換

ゆにさんがピンク作りまくって、独走ペースのなか、こっちはレシピがイマイチでピンクには手が届かない。とにかく、ボーナス付きの安めのゴーレムを作って早上がりを目指す。

なんとか、トップで5体目完成も、僅差の2位。

うーん、方向転換が遅かったなあ。3ラウンドぐらいはパスみたいなカードとっちゃったもん。

スパイスよりゴーレムの方が、面倒くさくなく感じたのは、レシピのバランスが変わってるのか?単に、キューブが宝石に変わって、持ちやすくなったからか?

テーマ的にはスパイスなんだけど、ゴーレムが遊びやすい

あと、3点ボーナスにはちゃんと3と書いておいて欲しいなあ

続きを見る
閉じる
国王
てら@kotaronopapa
てら@kotaronopapa
レビュー
167名が参考
6ヶ月前

センチュリースパイスロードの絵柄違い。みたいなもの

宝石を交換したりランクを上げたりして

ゴーレム(得点)に必要な宝石を集めよう


市場から交換レート(黄色5個を赤2個に変えるなど)を手に入れて、

それを手札から使い宝石の価値を高めたり

逆に高い宝石を安い宝石複数個にしたり、

そうしながら手元の宝石を強くし得点源のゴーレムの購入コストに使います。


プレイ時間も30分から1時間とそこそこですが、

宝石の煌めきが好きな人は好きになる作品だと思います。

続きを見る
閉じる
国王
AQ Lounge
AQ Lounge
レビュー
161名が参考
9ヶ月前

センチュリー:スパイスロードのリメイクでしょうか。
フレイバー的に、勝利点カードの扱いがより分かりやすくなってる気がします。

下位の宝石を上位の宝石と取引することで資産を増やし、資産を消費して勝利点を得るのが基本の手順となります。
持っている宝石や商人カードなど、すべての情報が本質的に公開情報(手札は非公開だったかもですが、何を得たのかわかるため覚えていれば公開情報!)となっているため、他のプレイヤーの動きをみながら進めるのが良いのかもしれません。

どうでもいいことですが、このゲームは割と私は勝っている気がします(5人戦で1位率50%くらい、2位率30%くらい)。(*'ー'*)ヌフフ
ある勝ち筋を持っていますが、それは秘密にしておきますか。(。-∀-)ニヒッ♪
いろんな戦略を考えて試してみるのも、ボードゲームの楽しみかもです。

続きを見る
閉じる
国王
タケ
タケ
レビュー
138名が参考
約3年前

クリスタルキラキラ度 ★★★★★

ゴーレムってかわいいね度 ★★★★★

取引がちゃんと絵になってる度 ★★★★★

続きを見る
閉じる
国王
suzuyuBG
suzuyuBG
レビュー
132名が参考
3年以上前

スパイスロードと同じゲームです。

イラストとコンポーネントが違うだけですが、こちらの方が女性・子供に人気が出そうな感じを受けました。

スパイスロードと違い、木ごまのスパイスではなく綺麗なクリスタルを集めるのも見た目的に綺麗でオススメです。

続きを見る
閉じる
国王
ダニエル
ダニエル
戦略やコツ
74名が参考
6ヶ月前

今回は初心者向けの攻略として

基本概念と考え方を紹介します。


まず宝石ですが、

黄色1点、緑2点、青3点、赤4点になってます。


これはゴーレムカードの点数と必要コストから割り出せます。

※ただし、3色使うゴーレムは追加1点、4色も追加点が入ってます。


宝石を点数化していくと交換レートのカードは

大体2点増加だという事がわかります。

これは初期カードの黄色2個出すや

2ランク上げると点数効率が変わらないという事です。


よって単体で強いのは3点を直接作り出す、

青宝石獲得や赤宝石獲得などになります。


つまり、交換レートカードは2度以上発動しないといけないという事になります。

言い換えると2度以上発動しやすいカードが強いと思います。


次にゴーレムの購入タイミングですが、

素材がそろったらすぐに買うのは愚策です。


上記の通り、交換レートは2度発動しないとおいしくないのと合わせて、

すっからかんではコンボ起動のカードまでターン数がかさんでしまいます。


相手の状況見て、買わずにいられる間は我慢しましょう。


これだけで勝率はぐんと上がると思います。

続きを見る
閉じる
国王
AQ Lounge
AQ Lounge
戦略やコツ
69名が参考
約1年前

基本的には価値を一段階上げるカードを3種類取って順番に打つゲーム。ただし都合の良いカードはなかなか取れないだろう。カードが一つなぎになるように、時に変則的に、時に無理をして変換ルートを作ろう。

資源を全部使ってしまうと、効率の良い変換ルートに戻るのに余分な手数が発生するので、カード獲得のタイミングは慎重にを自分がエンドトリガー引かないといけないゲームかどうかも見極めて動こう。

続きを見る
閉じる
国王
カフカ
カフカ
戦略やコツ
65名が参考
9ヶ月前

センチュリーゴーレムで勝つためには、クリスタルを効率的に作る商人カードを組み合わせたデッキを作ります。

商人カードでクリスタルを手に入れ、点数効率の高い勝利点カード(ゴーレム)を獲得します。

効率性を計算するために、クリスタルを点数換算する考え方が必要です。

・黄色のクリスタルを1点

・緑のクリスタルを2点

・水色のクリスタルを3点

・ピンクのクリスタルを4点

として点数換算します。 

36枚の勝利点カードは、実は点数効率が違います。さらに銅貨銀貨によっても点数効率が変わります。

点数効率の高い勝利点カードを、クリスタルの生産効率の高いデッキで取っていきましょう。

デッキは初期商人カード含めて5~7枚で組めると良く、基本は初期商人カード2枚に加えてクリスタルカード1~2枚、トレードカード3枚~4枚です。

クリスタルカードとトレードカードが噛み合うように、商人カードを集めましょう。

・黄のクリスタルカードデッキ

・緑のクリスタルカードデッキ

・クリスタルカードが取れないときのデッキ

の3つがメインの方向性なので、試行錯誤してみてください。

デッキ例はブログで紹介します。

センチュリーゴーレムの戦略【攻略・コツ】

続きを見る
閉じる
国王
ボドゲニスト
ボドゲニスト
ルール/インスト
63名が参考
9ヶ月前

続きを見る
閉じる
隊長
バタやん
バタやん
  • 商品価格¥ 5,280(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 274興味あり
  • 775経験あり
  • 235お気に入り
  • 428持ってる

チェックした商品