マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~60分
  • 12歳~
  • 2018年~

レイクホルト山本 右近さんのレビュー

351
名に参考にされています
2019年06月25日 04時16分

ウヴェローゼンベルクの中量級ワーカープレイスメント。温室を獲得し、そこで野菜を育て収穫し、それを客人に提供する事によりトラックを進め、最終的に最もトラックを進めているプレイヤーの勝ち。

ワーカープレイスメントでありがちな煩雑な勝利点計算が無いのはプレイアビリティが高くて良い。ワーカーが3固定なのもテンポが良く◯。

特徴的なのがトラックの進め方で、通常は野菜を支払ってトラックを進めるところをラウンド毎に1度だけ野菜をもらう事によりトラックを進める事ができる。当然トラックを進めるほど進めるのに必要な野菜の数は増えていくが、もらって進める際には支払って進める場合と同数の野菜をもらえるため、なるべく早くトラックを進めた方がより多くの野菜を獲得する機会を得ることができる。しかし野菜は栽培する際に資源としても必要であるため、先を見据えて必要最低限は手元に置いておく必要がある。

このもらって進めるという手段があるおかげで、プレイヤーはより計画的なゲーム進行が求められる事になる。

ゲーム内容は特に目新しいギミックなどは無く終始地味ではあるが、他プレイヤーが何をやりたいかが比較的読みやすいためインタラクションは強めに感じられ、そこに頭を悩ませるのが楽しい。計画性が最も重要だが、あくまで相対的なパフォーマンスで勝敗が決まるので、自分の手を進めるか、他プレイヤーの邪魔をするか、その辺りの駆け引きも重要な要素となっている。

インタラクションの強さに加えてストーリーモードが存在する上に支援カードのデッキも数種類用意されているため、リプレイ性は高く遊ぶほどに面白い。またルールも複雑でなく導入もしやすいため、(基本的にはゲーマーズゲームだが)ピュアゲーマー以外にもとっつき易く幅広い層にオススメできるゲームだと思う。

4
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • くたくた
  • ggjhhi
  • Nobuaki Katou
  • Jarry
山本 右近さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 80興味あり
  • 134経験あり
  • 21お気に入り
  • 91持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力5
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルレイクホルト
原題・英題表記Reykholt
参加人数1人~4人(30分~60分)
対象年齢12歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

山本 右近さんの投稿

会員の新しい投稿