マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

グレンモアGlen More

時間トラックシステム・タイル配置・特殊効果・伝説の土地…盛り沢山なアレコレを、よりコンパクトに!

中世のスコットランドを舞台に、自分の領土を増やし資源やお金を獲得し、勝利点を稼いでいく。
独自性の高いゲームシステムや、細かいルールが随所に散りばめられていて、最初は戸惑うかもしれないが
ひとつひとつ確認しながらでもいいので是非遊んでもらいたい。

基本は共通のボードに毎回並んでいくタイルを獲得していくのだが、
ここにもルールが存在する。我先にとボードの突端の方に補充されたタイルを取ってしまったら
しばらく手番は回ってこない。今では当たり前となっている時間トラックシステムがここで生きてくる。

では順繰りにタイルを取っていけばいいのか?ゲーム終了時、一番タイルを取らなかったプレイヤーを
基準に一枚タイルが多いごとに-3点という強烈なペナルティが発生する。

タイル自体も中盤から、獲得するのに資源というリソースを事前に払えないと獲得できないものが登場したり、
タイル配置のルールも、事前に用意した黒ミープルの周囲にしか置けない…など、独自のルールが存在する。

ここまで読んで、興味を持った人はいるだろうか?非常に窮屈で苦しいゲームなんだろうか?
答えはNOだ。ゲームを理解した後は驚くほどスムーズに遊べるだろう。
タイルを配置すると、事前に配置した周囲8パネルのタイルが同時に効果を発動する。
このコンボを考えるのが非常に楽しい。
また、次々に補充されるオンリーワンな能力を持つ「伝説の土地」は是非とも手に入れてみたくなる。
タイルから発生した資源というリソースを可能ならばお金に変えることができる。
お金は別の資源も買えるし、持っていれば1枚1点になるのでこれも大事な要素のひとつだ。

まだ書ききれていないポイントはいくつかあるのだが、
ともあれ単純にタイルを広げて自分の場が広がっていくのは楽しいと思う。

インスト込みの一回目は、恐らくプレイ時間は2時間を超えると思うが、二回目は1時間もかからずに遊べるはず。
多少の理解力とインストの腕の見せ所であるw

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. わたんわたん
マイボードゲーム登録者
  • 40興味あり
  • 204経験あり
  • 42お気に入り
  • 185持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力10
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルグレンモア
原題・英題表記Glen More
参加人数2人~5人(60分~80分)
対象年齢10歳から
発売時期2010年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 208
    名に参考にされています
    投稿日:2019年03月24日 08時57分

    スコットランドを舞台にした適度に悩ましいタイル配置ゲーム!一列に並んだタイルを一番後ろにいるプレイヤーが獲得する仕組み。なので、どーんと進んで重要なタイルを獲得してもいいし、ちょこちょこ進んで後ろのタイルを獲得し続けて連続手番!なんてこともできる。配置の条件も特殊で、後半はつよい効果を持つタイルも出てきたりと、盛りだくさんな内容がギュッと詰まって1時間くらいのゲームになってるのがホントすごい!ルールの説明がややこしいかもしれませんが、遊び始めるとすんなりいけます。ここの一番下の記事を参考に、小6男子にインストしましたが、20分くらいで遊び始められました。http://tomosakata...

    さと(いぬ)さんの「グレンモア」のレビュー
  • 108
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月23日 18時52分

    スコットランド高地を舞台に一族の長となり、羊と牛とウイスキーにまみれよう。手番が回ってきたら土地タイルを手に入れ、自分の場に配置し、効果を発動して、資材や勝利店を得る。タイル獲得と手番順、資材の売買、勝利点計算と、独特のシステムが面白い。人数によってはダミープレイヤーが登場するので、好きなキャラやその場にいない知人などの名前を付けると一気に人間味が増します。例:「ほむらちゃん、醸造所もってったらダメー!」中量級ゲームの入門に、おすすめです。

    辰城さんの「グレンモア」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク